カテゴリー
EXFIGHT02 MMA エフェヴィガヤニック雄志 藤波勇飛

【EXFIGHT02】負傷判定決着も--組んだが削れない藤波をエフェヴィガヤニック雄志がMMAで上回る

【写真】ローブローによる負傷判定決着となったが、相手の組みをかわして打撃を当てたエフェヴィガヤニックが勝利した(C)MMAPLANET

<ウェルター級/5分3R>
エフェヴィガヤニック雄志(日本)
Def.負傷判定3-0:20-19.20-19.20-19.
藤波勇飛(日本)
※2R0分12秒までの採点

エフェヴィガヤニックが左ジャブから右ロー。藤波が右ローを返したところに、エフェヴィガヤニックは左ジャブを当てる。藤波がダブルレッグを仕掛けるも、エフェヴィガヤニックはスプロールしてワンツーから左フックにつなげる。藤波は右ローから組み付いていくが、エフェヴィガヤニックは右腕を差し上げてディフェンス。判定に藤波をケージに押し込み、左ヒザをボディに突き刺した。そして細かいパンチを当てながら、ケージから離れる。

エフェヴィガヤニックの左ジャブが藤波の顔面を捉える。藤波は左フックから組み付き、ケージ際で左足へのシングルレッグを仕掛けるが、エフェヴィガヤニックは倒れない。エフェヴィガヤニックがパンチを出したところで足を払い、尻もちをつかせた藤井。すぐに立ち上がるエフェヴィガヤニックのバックに回るながら、切り返してテイクダウンを奪う。

左腕をエフェヴィガヤニックの首に回してバックを狙う藤波。正対したエフェヴィガヤニックをサイドから抑え込むが、パンチがなく相手を削ることができない。エフェヴィガヤニックは立ち上がり、ケージに押し込まれながら右のオーバーフックで倒れない。藤波は狙いを左足に切り替え、一瞬エフェヴィガヤニックに手を着かせるが、立ち上がったエフェヴィガヤニックがスプロールしながら鉄槌を落とす。ラスト30秒は、藤波がエフェヴィガヤニックの右足を抱えて押し込んだ。


最終回、サウスポーに構えるエフェヴィガヤニックは、組み付いてくる藤波にパンチを合わせる。構わず組んでくる藤波の下腹部をエフェヴィガヤニックの左ヒザ蹴りが捉え、試合は一時中断される。

藤波は立ち上がることができず、ここで試合終了。ローブローが起こった2R0分12秒時点までの負傷判定に。
裁定はジャッジ3者とも20-19でエフェヴィガヤニックの勝利を支持した。


The post 【EXFIGHT02】負傷判定決着も--組んだが削れない藤波をエフェヴィガヤニック雄志がMMAで上回る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA EXFIGHT02 MMA エフェヴィガヤニック雄志 キック 中村倫也 修斗 吉村天弥 吉村海飛 海飛 藤波勇飛 鈴木崇矢 長野将大 高木オーディン祥多

【EXFIGHT02】鈴木崇矢、連続出場。藤波勇飛は北斗旗で活躍したエフェヴィガヤニックと対戦

【写真】9月と10月の2カ月で、どれだけ伸びているか (C)MMAPLANET

30日(土・現地時間)に東京都渋谷区のEXFIGHTで開催されるEXFIGHT02の対戦カードが発表されている。

16歳以上、プロ戦績3戦以内(4戦以上の出場は主催者側との協議によって決定)の格闘家に出場資格があるEXFIGHTの第2回大会。プロ顔負けの舞台で戦うことができるアマMMAイベントは3分2R制のプレリミナリークラスが6試合、5分2R制が7試合の計13試合が組まれる。


第1回大会で格上の長野将大を衝撃の左ストレートでKOした──夢と希望しかない鈴木崇矢は、今大会も出場しセミでTRIBE所属、NEXUS SPROUT出場経験のある水戸邊荘大と対戦する。

その第1回大会をフリーという名目で出場し、高木オーディン祥多と戦う予定だったが、欠場となった藤波勇飛は改めてEXFIGHTと所属ファイターとして、これもTRIBEからの出場となるエフェヴィガヤニック雄志と戦うことも決まった。

藤波は2018年全日本選手権フリースタイル74キロ級優勝、世界カデット、ジュニア五輪で共に準優勝、世界ジュニア2位、全日本学生優勝、2017年の世界選手権の70キロ級で3位という実績を残しているワールドクラスのレスラーだ。

対戦相手のエフェヴィガヤニックは今年4月のアマ修斗EXトーナメントのウェルター級で優勝しており、プロ昇格が認められている選手だ。2019年北斗旗体力別全日本-260級でベスト4という結果を残しており、打撃と組みの融合という部分では藤波よりも経験豊富だ。

EXFIGHTのレスラーといえば、中村倫也がプロ初陣で左ハイキックによりKO勝ちを収めているが、中村は幼少期からMMAファイターになることを目標とし、そのために始めたレスリングで成功を収めたという別格のファイターだ。

藤波もEXFIGHTで打撃の練習を当然のようにこなしてきているだろうが、言ってみれば殺しに来るパンチを被弾した経験はないはず。アマの育成マッチながら、髙谷イズム爆発のガチンコファイトといえる。

さらに『格闘DREAMERS』シーズン01組からは、高木が出場。前出したように前回大会で無情の同門大会が組まれていた高木は、HEARTSの吉村天弥と戦う。

吉村海飛の実弟・天弥は前回大会で宇土冬真のテイクダウン&コントロールに苦しみ、バックマウントからパウンドという危機を迎えながら、スタンドの打撃で反撃し2-1の判定勝ちを収めている。

高木は柔道出身、DREAMERS出演時から分かるように組みの強さは定評がある一方で、打撃が課題だった。互いに長所と短所が明らかなだけに、弱点を克服率の高い選手が勝利に近づくことは間違いない。

なおEXFIGHTではヒジや前腕、掌での打撃、跳び関節、ヒールフック、頭部や頸部を垂直に落とす行為、ヒザを正面から蹴る関節蹴り、脊髄に圧力を掛けるツイスターやネッククランクは全面的に禁止。またプレリミクラスの試合はスタンドでの顔面へのヒザ攻撃、跳びついてのクローズドガード、立ち関節、スラムは反則となっている。

■視聴方法(予定)
10月30日(日・日本時間)
午後6時00分~ABEMA格闘ch

The post 【EXFIGHT02】鈴木崇矢、連続出場。藤波勇飛は北斗旗で活躍したエフェヴィガヤニックと対戦 first appeared on MMAPLANET.