カテゴリー
ONE ONE TNT04 ONE119 Report ウマウ・ケニ・ログログ キリル・グリシェンコ ブログ

【ONE TNT04】えっ?! タイムアップ後のパンチでログログが続行不能──グリシェンコがTKO勝ち

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)
Def.2R5分00秒 by TKO
ウマウ・ログログ・ケニ(セネガル)

リーチで優るグリシェンコが前蹴りから距離を詰める。組んだログログは、両ワキを差されヒザをボディに受ける。ケージの前でポジションを入れ替える両者、グリシェンコのヒザが続く。胸を合わせることができないログログは左腕を差し返し、相四つでボディを打ち合う。グリシェンコは右腕を再び差し返し、ヒザ蹴りへ。

ショーツを掴む行為を離れた直後に注意されたログログが、ローキックへ。グリシェンコも右ローを蹴り、右ハイからショートのワンツーを放つ。必死に組んだログログだが、テイクダウンは奪えず逆に削られているか。離れたログログに左ジャブを入れたグリシェンコは右ロー、ログログも右ローを返しスピニングバックフィストに組んでテイクダウンを狙ったところで初回が終わった。

2R、前蹴りからワンツーを放ったグリシェンコ。ログログもフックを連弾し組みつくも、自ら離れる。後ろ回し蹴りでバランスを崩したグリシェンコに対し、組んだログログはケージに押し込むがそれ以上の攻撃はない。ヒザ蹴りに離れたログログがショートのフックを連打する。

残り2分を切り、グリシェンコは左前蹴り、ログログが右ロー。飛び込んでパンチを放ったグリシェンコだが、空振りに終わり組みつかれてケージに押し込まれる。ヒザを見せるが重心が上がってきたグリシェンコも削られてきたか。離れてパンチを打ち合った両者、時間後の1発を被弾したログログが、抗議の声を挙げた直後にマットに倒れこむ。

喉を抑えるログログ、3Rのスタートに応じられずグリシェンコのTKO勝ちに。

最後のパンチは不可抗力かもしれないが、明らかに時間後。ここまでの集計でテクニカル判定ではなく、グリシェンコのTKO勝ち──それがONEのレギュレーションということか。


The post 【ONE TNT04】えっ?! タイムアップ後のパンチでログログが続行不能──グリシェンコがTKO勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE TNT04 ONE119 ウマウ・ケニ・ログログ エドゥアルド・フォラヤン ブログ 青木真也

【ONE TNT04】4月29日──青木真也✖エドゥアルド・フォラヤンはリードカードに。メインにログログ・イン

【写真】このグラフィックの上にメインのライトヘビー級選手権試合が組まれている。ONE米国進出のロジックが見える?! (C)ONE

20日(火・現地時間)、ONE Championshipの公式SNSより4月29日(木・同)に開催されるONE119:ONE TNT04のラインナップがアップデートされ、なんと青木真也✖エドゥアルド・フォラヤンがメインカードからリードカードに格下げになっていることが分かった。

同大会で青木はセイジ・ノースカットと対戦予定だったが、ノースカットはCOVID19の治療後の後遺症により欠場、同じく対戦相手の秋山成勲が負傷欠場となっていたフォラヤンと戦う。


その青木の試合がリードカードだ。ONEではホームページ上で22日中継のマラット・ガフロフ✖オク・レユンの勝者にエディ・アルバレスが対戦することをアナウンスしており、当然のようにエディの試合はメインカードとなる。

それにしても、まさかの青木✖フォラヤンのリードカード降格により、ヘビー級のウマウ・ログログ・ケニ✖キリル・グリシェンコがTNTライブ中継に加わった。

ONE初陣のとなるグリシェンコは、2019年に母国ベラルーシのミンスクで行われたレスリング欧州選手権グレコ130キロで優勝している猛者だ。特筆すべきは準決勝で世界王者のセルゲイ・セメノフを下している。

セネガル相撲の英雄とグレコ欧州最強の男のマッチアップは、興味深いといえば興味深いのだが、それでもONEライト級の歴史を紡いできた青木とフォラヤンの一戦がメインカードを外れるのは心穏やかではいらないのも事実だ。

米国市場はONEの未来。そこでは過去の実績よりも、ヘビー級がより重要なる──これが北米進出の事実ということだろう。

またMMAマッチでいえば、注目のローウェン・タイナネス✖
ピーター・バウシュトもなくなり、セイジの姉コルビー・ノースカットの相手が、ソヴァナリー・エムからコートニー・マーチンに変更されている。

■ ONT TNT04 対戦カード

<ONE世界ライトヘビー級(※102.01キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]オンラ・ンサン(米国)
[挑戦者] ヴィタリー・ビクダシュ(ロシア)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エディ・アルバレス(米国)
マラット・ガフロフ✖オク・レユンの勝者

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
ウマウ・ログログ・ケニ(セネガル)
キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)
青木真也(日本)

<ムエタイ女子ストロー級/3分3R>
ジャッキー・ブンタン(米国)
エカテリーナ・ヴァンダリエヴァ(ベラルーシ)

<60.6キロ契約/5分3R>
コルビー・ノースカット(米国)
コートニー・マーチン(豪州)

The post 【ONE TNT04】4月29日──青木真也✖エドゥアルド・フォラヤンはリードカードに。メインにログログ・イン first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE TNT01 ONE118 Report ウマウ・ケニ・ログログ ブログ

【ONE TNT01】セネガル相撲の英雄ログログ、打撃でもキックのシミッドを圧倒し秒殺パウンドアウト

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
ウマウ・ログログ・ケニ(セネガル)
Def.1R1分48秒by KO
パトリック・シミッド(スイス)

対戦相手がキックボクシング戦に出場予定だったシミッドに変更された──セネガル相撲の英雄ログログのONE2戦目。ワンツーを見せたシミッドが、右ローを蹴る。ログログは右を振るい、左右に回って距離を取る。フックの連打で前に出たログログは、打撃で打ち勝つと組んでボディロックテイクダウンを決める。

ガードを取るシミッドを殴り、足を越えたログログは逆マウントで鉄槌を打ちつけ、背中を向けたシミッドのサイドバックからパンチを纏め一気に試合を決めた。

「神の導きのおかげだ。誰よりも強い、ヘビー級のチャンピオンになる」とログログは話した。


The post 【ONE TNT01】セネガル相撲の英雄ログログ、打撃でもキックのシミッドを圧倒し秒殺パウンドアウト first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE TNT01 ONE118 アドリアーノ・モライシュ ウマウ・ケニ・ログログ エディ・アルバレス デメトリウス・ジョンソン ブログ ユーリ・ラピクス

【ONE TNT01】計量&ハイドレーション結果 モラエスの現地入り大きく遅れる&ログログはキックボクサーと

【写真】相当な身長差は、どちらのアドバンテージになるのか (C)ONE

いよいよ明日8日(木・現地時間)にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE118:ONE TNT01の計量及びハイドレーション・テストの最終結果がONEより発表された。

昨日に第1試合のウマウ・ログログ・ケニの相手が、キックのヘビー級戦に出場予定だったパトリック・シミッドに変更になったことは明らかとされていたが、そのヘビー級キックの代わりに組み込まれる試合が何になるかはアナウンスされていなかった。

そして計量及びハイドレーション・チェックの結果発表により、TNT03でマッチアップされていたエンリコ・ケール✖チンギス・アラゾフが第2試合で行われることが分かった。


TNTによる米国のプライム・タイム用の目玉カード=ONE世界フライ級王者アドリアーノ・モライシュ✖デメトリウス・ジョンソン、エディ・アルバレス✖ユーリ・ラピクスの2試合を含め、全6試合出場選手は計量&ハイドレーションをクリアしている。

そんななか度重なる飛行機の運航トラブルによりシンガポール入りが大幅に遅れたミキーニョ。MMAPLANETでは予定されていた個別インビューもNGが出た。疲労回復に努めていたのか、ナーバスになっているのか。いずれにせよ、過去にミキーニョが試合前日であろうが取材に応じないということはなかっただけに気になるところだ。

■視聴方法(予定)
4月8日(木・日本時間)
午前9時30分~ ABEMA格闘チャンネル

■ONE TNT01計量及びハイドレーション結果

<ムエタイ契約体重戦/3分5R>
ロッタン・シットムアンノン:61.5キロ/ 1.0248
ダニエル・ウィリアムス:60.65キロ/ 1.0099

<ONE世界フライ級 (※61.2キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]アドリアーノ・モライシュ:60.95キロ/ 1.0152
[挑戦者] デメトリウス・ジョンソン:60.95キロ/ 1.0183

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
エディ・アルバレス:77.0キロ/ 1.0176
ユーリ・ラピクス:76.85キロ/ 1.0112

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
テイラー・マグワイア:83.25キロ/ 1.0160
ライモンド・マゴメダリエフ:83.2キロ/ 1.0244

<キック・フェザー級/3分3R>
エンリコ・ケール:69.65キロ/ 1.0168
チンギス・アラゾフ:69.85キロ/ 1. 0214

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
ウマウ・ログログ・ケニ:118.85キロ/ 1.0044
パトリック・シミッド:111.95キロ/ 1. 0132

The post 【ONE TNT01】計量&ハイドレーション結果 モラエスの現地入り大きく遅れる&ログログはキックボクサーと first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE TNT01 ONE TNT02 ONE TNT03. ONE TNE04 ONE118 ONE119 ウマウ・ケニ・ログログ トロイ・ウォーセン ピーター・バウシュト ブログ マーカス・アルメイダ リース・マクラーレン ローウェン・タイナネス 上久保周哉 若松佑弥

【ONE TNT03】TNT大会で若松佑弥✖マクラーレン&上久保周哉✖ウォーセン戦。ブシェシャ、ログログも

【写真】ついにタイトル挑戦へ向けての最後の関門といえるマクラーレン戦が実現する若松佑弥 (C)ONE

3日(水・現地時間)、ONE Championshipから4月のONE118 : ONE on TNTシリー第3週=ONE TNT03で若松佑弥がリース・マクラーレンと上久保周哉がトロイ・ウォーセンと戦うことが公式SNSで発表された。

TNTシリーズとしては第一弾として、4月8日(木・同)開催のONE on TNT01でONE世界フライ級王者アドリアーノ・モライシュ✖デメトリウス・ジョンソン、エディ・アルバレス✖ユーリ・ラピクス、ロッタン・シットムアンノン✖がジェイコブ・スミス。15日(木・同)に中継のONE TNT02ではONE世界ライト級選手権試合=王者クリスチャン・リー✖ティモフィ・ナシューヒン。22日(木・同)中継のTNT03ではウェルター級コンテンダーバウトとしてオンラ・ンサン✖ヴィタリー・ビグダッシュのカードが発表があった。


その後、4月29日(木・同)に開催されるONE119: ONE TNT04で青木真也✖セイジ・ノースカット戦がアナウンスされると、6日(金・同)のONE Fists of Furry02の国際中継では、今後のスケジュールとして──ONE TNT02でマーチン・ウェン✖キム・ジウン、ムエタイのワンダーガール・フェアテックス✖アンバー・キッチン、ONE TNT03ではアミール・アリアックバリ✖アナトリ―・マリューヒン、ムエタイのニキー・ホルツケン✖ウエイン・パー、そして秋山成勲✖モハマド・カラキ(※フライング発表という話も……)、ONE TNT04でオンラ・ンサン✖ヴィタリー・ビグダッシュがリスケジューリングされ、青木✖ノースカットとともにジョン・リネケル✖スティーブン・ローマンの試合がアナウンスされた。

フライ級の頂点を目指す若松にとっては、昨年10月にキム・キュソンに勝利して以来、約5カ月振りの実戦。リース・マクラーレンは挑戦権を手に入れるために落とすことはできない必勝のマッチアップだ。

また上久保にとってONE参戦とMMA出場は2019年11月のブルーノ・プッチ戦から、実に1年4カ月振りとなる。

コロナ禍ではグラップリングや柔術に出ながら、戦力アップを心掛けてきた黒いステルス。MMAでは2年5カ月振りのケージMMAで、永久電池ファイトにより、人知を越えた肉体を持つウォーセンを削ることができるか──非常に楽しみな2試合だ。

また今回よりリードカードと呼ばれるようになったプレリミだが、TNT01ではテイラー・マグワイア✖ライモンド・マゴメダリエフのウェルター級戦、ウマウ・ログログ・ケニ✖メディ・バゲリのヘビー級戦、TNT02でもヘビー級戦が2試合=ダスティン・ジョインソン✖イスラム・アバソフ、さらにはマーカス・ブシェシャ・アルメイダのMMAデビュー戦となるカン・ジウォン戦、TNT04ではライト級のローウェン・タイナネス✖ピーター・バウシュト、女子フライ級のコルビー・ノースカット✖ソヴァナリー・エムも決まっている。

ログログ、ブシェシャというヘビー級勢。ライト級の再起戦対決=タイナネス✖バウシュトなど興味深いリードファイトは、MMA2試合と立ち技1試合の計3試合が米国東部時間の水曜・午後8時半にB/R LIVEで配信される。日本では木曜・午前9時半スタートでABEMAでメインカードまで通して中継となる。サラリーマンのMMAファンはメインカードの後半戦は昼休みにチェックできるといったところか。

なお若松と上久保の今回の試合に関する、意気込みは以下の通りだ。

若松佑弥
「今回の試合に向けてやっている事は、対策というよりも全ての局面で圧倒出来る様にまんべんなく強化しています。若松佑弥といえば打撃だと思われていますが、相手がテイクダウンを狙ってきても切って隙間ができればヒザ、ヒジも打つし、どんなポジションでも打撃を叩き込んでいきます。逆にテイクダウンにもいきます。相手が何も出来ない状況を作って圧倒します。

体中に武器を持っていて、それで殺傷しまくるイメージでいきます。まだ知られていない若松佑弥を魅せたいと思っています。ただ今回もすぐに相手が怯んで、終わるかもしれないです。相手はきっと必死で組んでくると思いますが、何も通用しないところを見せて勝ちますので楽しみにしていてください。日本にはこんな強い奴がいるんだと、世界に知らしめるような戦いをします」

上久保周哉
「コロナ禍が始まり、世界の人々が危険に晒され、多くの国でロックダウンが行われ、日本も緊急事態宣言や外出自粛などをせざるを得ない状況の中、『強くなり続ける』事を選択して練習を続けてきました。それは格闘技が好きで、自身が成長できている実感こそが生きている楽しさの一つだったからです。

ただ、それは実際には世間からすれば大変に我儘な事である事も承知していて、家族や友人などにも負わせるリスクを考えると『すぐにでも試合がしたい』という気持ちにならなかった事も事実です。

ただ、松嶋こよみ✖ゲイリー・トノン戦を見て熱くなる自分がいましたし、自分もベストを尽くす試合をしたいと思いました。一定の期間様子を見てきて、万が一自分がコロナの陽性だった場合の対応も確認しつつ強くなるための時間を過ごしてきました。

今回の相手は強いです。前戦はスプリット負けながらも勝っていてもおかしくない試合だったし、厳しい試合になると思います。僕が乗り越えていかなければならない壁になる素晴らしい選手が来たと思いました。相手には『もう二度と上久保とは試合したくない』と思わせるような試合をできるようにしたいです。

ベストを尽くしてサバイブする。僕には頑張る事しかできないので」

■視聴方法(予定)
3月5日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE117 02 「Fists of Furry02」対戦カード

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
アミール・アリアックバリ(イラン)
カン・ジウォン(韓国)

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
アナトリー・マリューヒン(ロシア)
アレッシャンドリ・マシャド(ブラジル)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
高橋遼伍(日本)
タン・カイ(中国)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>※
中原由貴(日本)
ラスラン・エミルベク(キルギス)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>※
ロシャン・マイナン(インド)
アジス・カリム(インドネシア)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
マーク・アベラルド(ニュージーランド)
エミリオ・ウルティア(米国)

※昨年12月18日に行われた試合。それ以外の試合は2月26日に実施され、録画中継される。

The post 【ONE TNT03】TNT大会で若松佑弥✖マクラーレン&上久保周哉✖ウォーセン戦。ブシェシャ、ログログも first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE Unbreakable II ONE116 02 Report アラン・ンガラニ ウマウ・ケニ・ログログ ブログ

【ONE Unbrakable02】セネガル相撲のログログが、小内刈りからウィザー&パンチでンガラニをTKO

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
ログログ・ウマウ・ケニ(セネガル)
Def.1R4分32秒 by TKO
アラン・ンガラニ(香港)

セネガル相撲の猛者、ログログがついにONE初陣へ。ンガラニより一回り大きなログログ、パンチ有りのセネガル相撲出身だが蹴りをいかに捌くことができるのか。ンガラニが左ローを蹴ると、ログログも右ローを蹴る。スイッチしたンガラニ両者手が出ないところでンガラニが左ミドル、ログログも右ミドルを返す。左ミドルを繰り返したンガラニ、続いて左ハイを狙う。

大きく腹が開いた構えのログログは、左に回りながら待ちの姿勢でンガラニが蹴りを数だけリードする。と、ここで両者に攻めるよう注意が与えられる。ンガラニは左右のローを蹴ると、前に出たログログが粗いパンチ、鉄槌を見せて組みつく。ケージにンガラニを押し込み、小内刈りでテイクダウンを奪ったログログは、右腕を差してきたンガラニに右のパンチを連打し、立ち上がられても崩してパンチを続ける。

ンガラニがスイープを仕掛けた直後にレフェリーが試合をストップ、ログログがTKO勝ちを決めた。


The post 【ONE Unbrakable02】セネガル相撲のログログが、小内刈りからウィザー&パンチでンガラニをTKO first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Unbreakable II ONE116 アブドゥルバシール・ヴァガボフ アラン・ンガラニ ウマウ・ケニ・ログログ ブログ マウロ・チリリ

【ONE Unbreakable 02】ルッ・セネガル=パンチ有り相撲のスーパースター=ログログがONEデビュー

【写真】この豪快な投げがサークルケイジに発揮されるのか。それともンガラニの蹴りに反応できないということもあるのか(C)ARES FC

12日(火・現地時間)、ONE Championshipより22日(金・同)にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE116「Unbreakable」の中継枠=Dark Seriesのカードが発表され、2月5日(金・同)の放送分で佐藤将光✖ファブリシオ・アンドラジ戦と同様に、1月29日(金・同)の中継分としてヘビー級の2試合が明らかとなっている。

マウロ・チリリ✖アブドゥルバシール・ヴァガボフと同時に発表されたとアラン・ンガラニ✖ウマウ・ケニ戦、ケニのONE初陣は必見だ。


ケニはパンチ有りのレスリング=ルッ・セネガル(セネガル相撲)出身で、ログログのニックネームで親しまれている同国のスーパースターだ。そのルッ・セネガルでは殴ってくる相手を組んで投げ、耐えられたところでパンチを入れるという組み有りきパンチを披露してきた。

ログログのMMA転向は2019年12月で、いってみれば大銀杏を切り落とした横綱が第2の人生でMMAを選択するのではなく、27歳というこれからピークを迎えるチャンピオンが新たなるチャンレジに踏み出したというモノだ。

おひざ元セネガルのダカールで開催されたARES FC01でMMAデビューを果たしたログログは、キムラを取られた状態で対戦相手を持ち上げてスラムするなど豪快なファイトでTKO勝ちを収めている。

ログログは2月大会でマーカス・ブシェシャ・アルメイダのデビュー戦の相手でONE初陣を戦うという話もあったが、一足先にンガラニでサークルケイジ初陣を戦うこととなった。

対戦相手のンガラニは超マッチョなキックボクサー、スタミナとともかくスピードと爆発力があり、組み前提でない倒すことを前提として打撃にログログが如何に反応できるか。特に後ろ回し蹴りやローを見ることができるかがカギを握りそうだ。

昨年来、女子アトム級とともにヘビー級のGPの開催に伴い、重量級の人材を集めると公言していたチャトリ・シットヨートンCEOだが、ブラジリアン柔術からブシェシャ、グレコローマンレスリングからアミル・アリアックバリ、フリースタイルレスリング及びクシュティからアルジャン・ブラーに加え、セネガル相撲からログログが参戦。ヘビー級の異種格闘技MMAが展開されそうだ。

■ONE Unbreakable視聴方法(予定)
1月22日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE Unbreakable対戦カード

<キックボクシング世界バンタム級選手権試合/3分5R>
[王者] アラヴェル・ラマザノフ(ロシア)
[挑戦者] カピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)

<キックボクシング世界ライト級選手権試合/3分5R>
[王者]レギン・アーセル(オランダ)
[挑戦者] ムスタファ・ハイダ(イタリア)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
青木真也(日本)
ジェイムス・ナカシマ(米国)

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
ゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)
ザキムラッド・アブデュラエフ (ロシア)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
モン・ボー(中国)
サマラ・サントス(ブラジル)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
チェン・ルイ(中国)
クォン・ウォンイル(韓国)

■ONE Unbreakable II視聴方法(予定)
1月29日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE Unbreakable II対戦カード

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
マウロ・チリリ(イタリア)
アブドゥルバシール・ヴァガボフ(ロシア)

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
アラン・ンガラニ(香港)
ウマウ・ケニ・ログログ(セネガル)

■ONE Unbreakable III視聴方法(予定)
2月5日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE Unbreakable III対戦カード

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
佐藤将光(日本)
ファブリシオ・アンドラジ(ブラジル)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
アリョーナ・ラソヒーナ(ウクライナ)
スタンプ・フェアテックス(タイ)

The post 【ONE Unbreakable 02】ルッ・セネガル=パンチ有り相撲のスーパースター=ログログがONEデビュー first appeared on MMAPLANET.