カテゴリー
Bu et Sports de combat イアン・ギャリー ジョーダン・ウィリアムス ブログ 剛毅會 岩﨑達也 武術空手

【Bu et Sports de combat】武術的な観点で見るMMA。ギャリー✖ウィリアムス「負けて頂き有難う」

【写真】相手の自滅で勝つ。自らの自滅で負ける。自らの技量が勝つ、自らの技量で敗れる。これが勝負事は表裏一体で、前者の方が多いのかもしれない (C)Zuffa/UFC

MMAと武術は同列ではない。ただし、武術の4大要素である『観えている』状態、『先を取れている』状態、『間を制している』状態、『入れた状態』はMMAで往々にして見られる。

武術の原理原則、再現性がそれを可能にするが、武術の修練を積む選手が試合に出て武術を意識して勝てるものではないというのが、武術空手・剛毅會の岩﨑達也宗師の考えだ。距離とタイミングを一対とする武術。対してMMAは距離とタイミングを別モノとして捉えるスポーツだ。ここでは質量といった武術の観点でMMAマッチを岩﨑師範とともに見てみたい。

武術的観点に立って見たイアン・ギャリー✖ジョーダン・ウィリアムスとは?!


──アイルランドMMAの未来、イアン・ギャリーのUFC初戦でした。

「序盤、対戦相手のジョーダン・ウィリアムスが良かったです。ウィリアムスが距離を取ってカウンター狙いで、そこのギャリーが入れなかった。そこに入っていくと、やられるからローを出すとかぐらいで、あそこから何があるということではなく、何もできないからアレを出す。そして前に出ることができていなかったです。

この試合を見る限りでは、ギャリーもカウンターファイターなのかと思いました。そういうなかで後の先を取ったのはウィリアムスだった。つまり先の先を取るパンチがギャリーになかったということですね。

ギャリーの方がリーチが長いのに、入ることができていなかったですから。自分より小さな選手にカウンターを合わせるのは上手いかもしれないです。結果的に勝ったのもそういうカウンターの右ストレートでしたから。

両者の質量はそれほど変わらないのですが、序盤はウィリアムスが間を制していました。そして先を取っているのもウィリアムスです。先の先、後の先だろうが先を取らないと当てることはできないわけで。ウィリアムスもカウンター狙いで、自分から攻めているわけではなかったのですが、後の先を取っていたことになり、ギャリーは先の先を取っていないから入れなかった。前に出られなかったです」

──そのように序盤は優位だったがウィリアムスですが、なぜ組んでいったのでしょうか。そのままでも良かったのに、組んで行ってからペースを失っていったように感じました。

「あれですねぇ。なぜ、あの流れで組むのかは理解できないです。考えられるとすれば、あの短時間で疲れてしまったのか、打撃戦を続けることに。あそこで組みに行くって、メチャクチャですよね。体を入れ替えられて、テイクダウンも取れなかったわけですし。

あのクリンチの展開から、打撃に戻った時にはウィリアムスの質量はメチャクチャ落ちていました。その状態で自分から打ちに行くという武術では絶対にしてはいけないことをやり、ギャリーがカウンターの右を合わせてKOしました。言ってしまえば、そういうことです。クリンチの展開の前と後の違いは何だ、と。あんなに風になるのは、バテてたからとしか考えられないです。あの短時間で。

まぁ武術的に見れば、序盤の打撃戦で先の先、後の先を考えるなら分かりやすい試合でした」

──UFCの初戦は力が発揮できない。UFCジッターという言葉があります。

「緊張してしまうのですね。これまで通りの試合が、UFCという場で期待値が増すとできなかった。それはやはり再現性がないからです。とにかく指導者の役割とは、色々な個性のある選手たちに対して原理・原則を徹底して練習させることだと思うんです。

スパーリングを5Rとか、7Rしたという練習で選手たちは達成感があります。ただし、それで試合の準備になっているのかということなんです。試合から逆算して考えると、イアン・ギャリー陣営としてはUFCジッターという事例が以前に存在しているなら、そこも引き算して準備をしないといけない。

試合の準備って、本当に引き算が多いです。ただし、足し算でやってしまうことが多々あります」

──高く見積もってしまうわけですね。

「そんなことできないですよ。本来は。指導中の指示、セコンドの指示、そこは本当に考えないといけないです。『ローでも良いんだよぉ』なんて言われても、『じゃあ、何でも良いだろう』ってなっちゃうじゃないですか。その指示の意図はどこにあるのか、そこをしっかりと考える必要があります。

話をギャリーに戻すと、それでもアレだけ攻められても、しっかりとKO勝ちしている。それはウィリアムスが自滅したから。だから、勝ちにつながった。MMAって、そういうことが多いです。勝負ごとは」

──確かに、相手が自滅した。相手が勝たせてくれた。この連載中によく聞かれる言葉です。

「勝ったからといって浮かれるのではなく、相手に対して『負けていただきありがとうございます』という気持ちで試合後を過ごしたいですね。もちろん、ケージの中で嬉しさを表すのも勝利者インタビューで威勢の良いことを話すのもありです。ただし、そこから一歩下りれば、相手が負けてくれたという想いを大切にしたいと思います。自分自身のために。

勝負って強いから勝つより、相手が負けてくれることが多いです。ここは本当に試合の真理で。ウィリアムスがバテた。だからギャリーが勝ったなんて、何にも面白くない結論ですよ。でも、そこにリアルがあることを見つめないといけないんです。

選手たちは勇敢で、勝つ気満々でいても、そこは早く家に帰って寝たいという気持ちと常に裏腹です。そこを捉えて、指導をしなければならないです。相手だって帰りたい。自分だって帰りたい。そういうなかで折れないことが大切なんです」

──疲れたウィリアムスが自滅し、ギャリーは勝たせてもらったと。

「それでも、ああいう最後の技を持っている選手がどれだけ日本にいるのか。そこを考えると、ギャリーは最後の右を正確に使っていました。アイルランド、英国系は拳闘に強い。UFCジッターがあったかもしれないし、ウィリアムスは序盤が良かったのに、疲れてダメになったのもあります。それでも、アレを使って勝てるのは……練習環境から、何かあるのでしょうね。次も見てみたい選手です」

The post 【Bu et Sports de combat】武術的な観点で見るMMA。ギャリー✖ウィリアムス「負けて頂き有難う」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA UFC UFC268 イアン・ギャリー キック ジョーダン・ウィリアムス

【UFC268】UFCジッターなし。下がりながらの右でギャリーがウイリアムスをKO。「未来はここにある」

<ウェルター級/5分3R>
イアン・ギャリー(アイルランド)
Def.1R4分59秒by KO
ジョーダン・ウィリアムス(米国)

サウスポーのウィリアムスが左ロー、続いてギャリーのローに左を合わせる。ギャリーは左ジャブを当て、ウィリアムスのローからワンツーをかわすも右を出したところでワンツーを打たれる。右ハイを見せて右に回るギャリー、続いて左に回りジャブもウィリアムスの圧が上回る。ガードの低さをつくようなウィリアムスのパンチは、ヘッドムーブにも下からアッパーで対応している。

引き続き左右に動くギャリーに対し、左フックを空振りしたウィリアムスがシングルレッグからクリンチでケージに押し込む。左を差して体を入れかえたギャリーだが、再びウィリアムスが押し返す。ギャリーはダブルを切ってヒザも、ウィリアムスが左フックを振るう。このタイミングで体を入れ替えたギャリーがヒザを2発見せてから間合を取ることを選択した。

直後に左ハイを放ったギャリーは、ウィリアムスの右をかわして胸が合う距離に。ここから離れ際にウィリアムスが左をヒットさせる。さらに右ハイに左を当てたウィリアムスは、パンチの圧で上回る。ハイキックにもウィリアムスは前進して左フック。これをかわしたギャリーは下がりながら右ストレートを打ち込み、一発KOを決めた。

アイルランドの実力派超新星もUFCジッターかと思われた展開から、ラウンド終了1秒目のKO劇。インタビュー前に「未来はここにある。アイリッシュマンがUFCを取る。僕の時代だ」と勝利者コール前にイアン・ヒューチャー・ギャリーはカメラに向かった話した。


The post 【UFC268】UFCジッターなし。下がりながらの右でギャリーがウイリアムスをKO。「未来はここにある」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
BELLATOR Cage Warriors CJ・ヴェルガラ GLORY LFA MMA UFC UFC268 アレックス・ポアタン・ペレイラ イアン・ギャリー カマル・ウスマン コルビー・コビントン ジャスティン・ゲイジー ジャン・ウェイリ フランキー・エドガー ブルーノ・ソウザ ブログ マイケル・チャンドラー マルロン・ヴェラ ローズ・ナマジュナス

【UFC268】計量終了 2つの世界戦にゲイジー✖チャンドラーのメガショー。敢えて注目はペレイラ&ギャリー

【写真】公開計量でも色々と口やかましかったコビントンと王者ウスマン(C)Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ニューヨーク州ニューヨークのマジソン・クスエア・ガーデンで開催されるUFC268「Usman vs Covington2」の計量が5日(金・同)に行われた。

最高のカードが並んだMSG大会のメインはUFC世界ウェルター級選手権試合。カマル・ウスマンにコルビー・コビントンが挑む一戦だ。両者は1年11カ月前に戦っており、その時は最終回にウスマンがコビントンをKOしている。


コメインはUFC世界女子ストロー級選手権試合=王者ローズ・ナマジュナス✖ 挑戦者ジャン・ウェイリ戦。ウェイリが笑顔で右手を差し出すと、王者はその手を握り返したものの表情に感情は見られなかった。

「MSGが私の力を見せる機会を与えられて、とても嬉しい」と元王者は話し、ナマジュナスは「天の父にただ感謝している。父無くして、何もできていなかった。ウェイリ、UFC、NYCの人々に感謝している。皆はもっともタフで私をインうパイアしてくれた。私がベストと尽くした時、神は私がベストなのは神の意志だから」と話した。

フランキー・エドガーと対戦するマルロン・ヴェラにNYのファンはブーイングを送り、エドガーにはこの日一番といっても過言でない大きな声援が送られた。

激闘必至のライト級マッチ=ジャスティン・ゲイジー✖マイケル・チャンドラー、WSOFとBellatorの世界ライト級王者対決は、両者揃ってタイトル戦で敗れてからの再起戦となる。大一番を前にして、フェイスオフでは両者揃って余裕の笑みを浮かべ大物ぶりを見せつけていた。

Fight Night大会なら全てがメインといえるタイトルマッチ以外のワンマッチが並んだメインカード。対してプレリミにも注目のニューカマーが出場する。

プレリミメインでアンドレアス・メケイリディスと対戦するのはアレックス・ポアタン・ペレイラは、元GLORY世界二冠王で、キック時代にイスラエル・アデサニャから2勝を挙げている。Gloryと契約中にLFAでも戦っていたペレイラは、9月に世界ライトヘビー級王座を失ったことで、UFCとサインし今大会でのデビューが決まった。

MMAでは3勝1敗だが、MSGという大舞台が似合った大物ルーキーは非常に落ち着いた表情で、メケイリディスの目から視線を外すことはなかった。

もう1人の注目選手はジョーダン・ウィリアムスと戦うイアン・ギャリーだ。ギャリーはCage Warriorsウェルター級王者からUFCにステップアップを果たした。

ボクシング歴10年のギャリーはワンツーの右、左リードフックに絶対的な破壊力を持ち、左ハイキックでKOもできる。組みでもスクランブルでフロント系チョークを得意としており、柔道流の投げや抑えも強い。その一方で、技を散らしすぎて器用貧乏的な状態に陥ることもあるが、それも有り余る才能を持っている証といえる。

そのギャリー、フェイスオフではしっかりとウィリアムスと握手を交わし、何か目立ったアクション=スタンドプレーに走ることなくステージを下りた。

またマルシック・バクダサリアンと戦う、LFAフェザー級王者でシンゾー・マチダの愛弟子ブルーノ・ソウザも今回がオクタゴン初陣となる。そのソウザ、計量では148.4ポンドと1ポンド・オーバー規定よりもさらに2.4ポンド重く、キャッチウェイト戦を戦うことになっている。

■視聴方法(予定)
11月7日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWライブ

■UFC268計量結果

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者] カマル・ウスマン: 169ポンド(76.66キロ)
[挑戦者]コルビー・コビントン: 169.4ポンド(76.83キロ)

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
[王者] ローズ・ナマジュナス: 115ポンド(52.16キロ)
[挑戦者]ジャン・ウェイリ: 115ポンド(52.16キロ)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・エドガー: 135.6ポンド(61.5キロ)
マルロン・ヴェラ: 135ポンド(61.24キロ)

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス: 145.6ポンド(66.04キロ)
ビリー・クゥアンティロ: 145.4ポンド(65.95キロ)

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・ゲイジー: 155.6ポンド(70.57キロ)
マイケル・チャンドラー: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンドレアス・メケイリディス: 185ポンド(83.91キロ)
アレックス・ペレイラ: 185.8ポンド(84.27キロ)

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ: 155.8ポンド(70.66キロ)
ボビー・グリーン: 155.2ポンド(70.39キロ)

<ミドル級/5分3R>
フィル・ホーズ: 185.4ポンド(84.09キロ)
クリス・カーティス: 186ポンド(84.37キロ)

<ミドル級/5分3R>
エドマン・シャバジアン: 185.5ポンド(84.14キロ)
ナソーディン・イマボフ: 184.6ポンド(83.73キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・ウィリアムス: 170.6ポンド(77.38キロ)
イアン・ギャリー: 169.6ポンド(76.92キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジャン・ヴィランテ: 260.6ポンド(118.2キロ)
クリス・バーネット: 263.8ポンド(119.65キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ダスティン・ジャコビー: 203.6ポンド(92.35キロ)
ジョン・アラン: 205ポンド(92.99キロ)

<フェザー級/5分3R>
マルシック・バクダサリアン: 145.4ポンド(65.95キロ)
ブルーノ・ソウザ: 148.4ポンド(67.31キロ)

<ヘビー級/5分3R>
CJ・ヴェルガラ: 127.4ポンド(57.78キロ)
オード・オズボーン: 125.2 ポンド(56.78キロ)

The post 【UFC268】計量終了 2つの世界戦にゲイジー✖チャンドラーのメガショー。敢えて注目はペレイラ&ギャリー first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA UFC UFC268   イアン・ギャリー カーロス・ヴェルガラ フランキー・エドガー ブルーノ・ソウザ ボビー・グリーン マルロン・ヴェラ 海外

【UFC268】MSGでエドガーと対戦、マルロン・ヴェラ「オキナワのチキンカツはアリガト・フードだ!!」

【写真】長髪でイメージが変わったチート・ヴェラ。巻き舌の英語を流ちょうに操っていた(C)MMAPLANET

6日(土・現地時間)、ニューヨーク州ニューヨークのマジソン・クスエア・ガーデンでUFC268「Uaman vsCovington2」が開催される。

UFC世界ウェルター級選手権試合= カマル・ウスマン✖コルビー・コビントン、UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R= ローズ・ナマジュナス✖ジャン・ウェイリ。2つの世界戦だけでなく、試合が始まる前からベストファイトが決定的なジャスティン・ゲイジー✖マイケル・チャンドラー、プレリミでもアレックス・ペレイラ、イアン・ギャリーという注目のニューカマーが出場するなど、NYのUFCは常に年間最高のラインナップが揃っている。

そんなMSG大会のコ・メイン前の1戦で、エクアドル人ファイターのマルロン・チート・ヴェラがフランキー・エドガーと対戦する。ノンストップアクションの新旧対決、レジェンドに挑むチートにこの試合に向けての環境の変化、そして未知のエクアドルMMAワールドについて尋ねた。


──今週末、MSGでフランキー・エドガーと戦います。今の気持ちを教えてください。

「MSGで戦えるなんて、僕の人生で一番大きな出来事だよ。本当にハードなファイトをこの機会にしたいと思っている。そのために過去最高の状態を創ってきたよ」

──今回、Team OyamaでなくRVCAトレーニングセンターでキャンプをしたそうですね。

「チーム・オーヤマでは随分と長い時間を過ごしてきた。何か新しい環境に身を置きたいと考えるようになっていたんだ。より自分にフィットした環境を探していた。ファイトは個人戦だ。だけどチームが存在する。そういう状況で、もっと成長できるチームがないかということを考えてきた。

チーム・オーヤマという環境に問題があったわけじゃないし、人間的に居心地が悪いということは一切ない。凄くハッピーな時間を過ごさせてもらった。ただRVCAのヘッドコーチのジェイソン・パリロとはより良い関係になり、自分の心の声に従ったんだ。

僕には何かが必要だった。そして、今、言えることはもっと早くに動きべきだったということ。でも人生は勉強の連続だからね」

──チートはTUFラテンアメリカのキャストから2014年にUFCと契約しましたが、もともとエクアドルにいて、どのようにMMAファイターを目指すようになったのですか。

「僕は子供の頃から、ずっと喧嘩に明け暮れるような生活をしていた。そして、16歳の時にUFCを知り、ファイトを自分の生活の糧にしようと思ったんだ。MMAこそ、僕のために存在するように感じた。ただし、当時はMMAのジムがなかったから、柔術のスクールで練習を始めたんだよ」

──今現在、エクアドルのMMAの普及状況は?

「今は僕がトレーニングを始めた時と違い、多くのMMAジムがエクアドルにもあるよ。それにいつの日かUFCで戦うことを夢見て、メキシコで練習しているファイターも多い。そのためにコンテンダーシリーズとの契約を目指すという感じだよね。

エクアドルではメジャーなMMA大会はなく、小さなモノばかりだ。僕もエクアドルのファイターがもっとUFCと契約するようになるには、国を離れて印象に残る試合をしないといけないと常に発言している」

──チートがペルーのインカFCで戦っていたように?

「そうだね。より良い環境やチャンスを求めて国を離れるという状況ではあるということだよ。小さな国だけど、多くの人間がファイトを求めている。才能の豊かな人間は多いんだ。でもファイトの機会がない。より強くなるためには海外のジムへ行くべきだし、そうなっても米国に行くにはビザの取得が困難だ。

ならメキシコ、ブラジルのジムで練習して、試合をすること。なかなかそうもいかないから、才能の持ち腐れ状態になっているのは確かだ。僕がもっと活躍して、UFCをエクアドルで開けるようになりたいね。そのためならどんなことでもサポートするよ」

──まさに今回のようなビッグファイトをモノにしないといけないですね。

「そうだね。フランキーはタフな相手だ。強い、簡単な試合にはならない。だからこそ、ハードなトレーニングをしてきた。15分間、もつれるような試合になるだろう。それが楽しみでもあるからこそ、しっかりと準備をしてきた」

──チートの試合は常にハイペースで、動き続けていますね。

「でもフランキーの時代はもう終わっている。これからは僕の時代だ。ここで勝ってトップ10入りして、タイトルショットを得る足掛かりにしたい。バンタム級は群雄割拠状態だけど、この試合を皮切りに世界の頂点に駆け上がるつもりだ。

今はとにかく目の前にいるフランキー・エドガーに勝つことに集中し、そこからどんどん強い相手の戦っていきたい」

──チート、今日はありがとうございます。日本のMMAファンにメッセージをお願いします。

「米軍のセミナーで、オキナワに行ったことがあるんだ。チキンカツ、アミーゴ!! オキナワのチキンカツは最高だった。スシも食べた。チキン・カツはジャパニーズ・チキンカツとタイ・チキンカツを食べたけど、あんなに美味い食事はなかったよ。いつも、皆に『日本では最高の食事がある。アリガト・フードだ』って言っているだ(笑)。とにかく日本のファンも土曜日の試合を楽しんでほしい。フランキー・エドガーをフィニッシュし、新しいバンタム級タイトルコンテンダーの誕生を目撃してもらいたい。

今度はオキナワ以外の日本の街にも行きたいと思っているから、そのときはどこで美味しいチキンカツを食べることができるか教えてほしい」

■視聴方法(予定)
11月7日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWライブ

■UFC268対戦カード

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者] カマル・ウスマン(米国)
[挑戦者]コルビー・コビントン(米国)

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
[王者] ローズ・ナマジュナス(米国)
[挑戦者]ジャン・ウェイリ(中国)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・エドガー(米国)
マルロン・ヴェラ(エクアドル)

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス(米国)
ビリー・クゥアンティロ(米国)

<ライト級/5分3R>
ジャスティン・ゲイジー(米国)
マイケル・チャンドラー(米国)

<ミドル級/5分3R>
アンドレアス・メケイリディス(ギリシャ)
アレックス・ペレイラ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ(米国)
ボビー・グリーン(米国)

<ミドル級/5分3R>
フィル・ホーズ(米国)
クリス・カーティス(ロシア)

<ミドル級/5分3R>
エドマン・シャバジアン(米国)
ナソーディン・イマボフ(フランス)

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・ウィリアムス(米国)
イアン・ギャリー(英国)

<ヘビー級/5分3R>
ジャン・ヴィランテ(米国)
クリス・バーネット(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ダスティン・ジャコビー(米国)
ジョン・アラン(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
マルシック・バクダサリアン(アルメニア)
ブルーノ・ソウザ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
カーロス・ヴェルガラ(米国)
オード・オズボーン(米国)

The post 【UFC268】MSGでエドガーと対戦、マルロン・ヴェラ「オキナワのチキンカツはアリガト・フードだ!!」 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Bu et Sports de combat Cage Warriors MMA UFC イアン・ギャリー ジャック・グラント ジョー・マッコルガン ボクシング 剛毅會 岩﨑達也 武術空手

【Bu et Sports de combat】武術的な観点で見るMMA。イアン・ギャリー✖グラント「英国の脅威」

【写真】イアン・ギャリー、近い将来にUFCへ進むのであろうか。(C)CAGE WARRIORS

MMAと武術は同列ではない。ただし、武術の4大要素である『観えている』状態、『先を取れている』状態、『間を制している』状態、『入れた状態』はMMAで往々にして見られる。

武術の原理原則、再現性がそれを可能にするが、武術の修練を積む選手が試合に出て武術を意識して勝てるものではないというのが、武術空手・剛毅會の岩﨑達也宗師の考えだ。距離とタイミングを一対とする武術。対してMMAは距離とタイミングを別モノとして捉えるスポーツだ。ここでは質量といった武術の観点でMMAマッチを岩﨑師範とともに見てみたい。

武術的観点に立って見たイアン・ギャリー✖ジャック・グラントとは?!


──今回、Cage Warriorsという大英帝国圏の大会から、ウェルター級王座決定戦=イアン・ギャリー✖ジャック・グラント戦の模様の解説をお願いします。

「はい。正直なところ初めて見た大会なのですが、このギャリーという選手は何歳ですか」

──21歳ですね。

「あれで、ですか……。途中で対戦相手となんか、喋っていなかったですか」

──はい(笑)。クリンチになると「お前、こんなことしたいのか?」、「誰も喜ばないぞ」とか言い合って、それで殴られると「これが好きだなんだ」と言い、「俺もだ」って返答して殴り続けたりしていました。

「アハハハハ。もうイッちゃっていますね。そうなってきたのも、分かります。かなり煮詰まっていましたからね。ただし、もうぶっちゃけて言うと、相当なレベルです。気持ちもUFCの上のほうの試合よりも、LFAやコンテンダーシリーズのようにハングリーで。英国を舐めちゃだめです。陽の沈まない国だったんだから。ところで、イアン・ギャリーは空手をやっていたのですか?」

──申し訳ないです。ボクシングをやっていたのは入ってきているのですが、蹴りに関しては分かりません。MMAが空手的になっているようなこともあるかもしれないです。

「あぁ、ボクシングですか。分かりました」

──?

「技術的には、ギャリーは下がれることが素晴らしいです。あの戦い方は自信がないとできない。倒すチャンスも、いくらでもありました。ただし、ボクシングのグローブだったら倒せるのかもしれないけど、MMAグローブでは倒しきれない。そういうパンチになっていますね。パンチの殺傷力はイマイチです。

それにしても、あの下がってジャブを入れたり、前足の蹴りは素晴らしいです。その一方で、打撃だけでなく何でもでき過ぎて、どうやって試合を組み立てていくのか、分からなくなっていったんだと思います。

先日、フィニッシャーとマネージャーという話をしましたが、ホドリゲスのようなファイターのほうがマネージメントとして、ギャリーを上回っています。

ただし、ギャリーは見る者を夢中にさせますよね。それと負けたジャック・グラントですか、あの選手は私には分からない寝技を次から次へと見せていました」

──確かにその通りだと思います。Xガードを狙ったり、サドルは当然でオールドスクールからノーポイント&サブオンリーの技術まで色々と駆使していました。MMAであそこまで競技柔術やノーギの技で勝負するファイターがタイトル戦線にくる。いやぁ、大英帝国のMMAソサイエティ、恐怖です。

「2人して、真剣勝負のエンターテイナーでしたね。ああやって戦う、その姿勢でUFCへ行きたいということを表しています。それにしても、前日にあったライト級タイトルマッチで勝ったジョー・マッコルガンにしても、考えさせられることは多いです。彼は決して上手くない。距離の取り方は下手なんです。それなのに前足がパタパタ動きながらでも、前に出てワンツーを打って倒すことができる。

ギャリーは距離の取り方は抜群です。でも、MMAグローブで倒せるパンチをこの試合では見せていなかった。だから、ギャリーのレンジコントロールとマッコルガンのパンチが合体すれば、すさまじいことになります。

それにしても英国で、こういうギャリーのようなプロモーションがスターにしたい選手という素材が生まれることは見逃せないです。第2のマクレガーを期待され、本人もそうなるためにハングリーです。あのグラントという相手の寝技を凌ぐことができ、あれだけの打撃がある。どれだけのことを普段の練習で積み上げてきたのか。ただし、色々とできるのも難しいことがあるんだと知りました。あれだけできる選手が、4Rと5Rに煮詰まってしまう。そういう意味では、これまでに見たことがないMMAでしたね。

志が高いから、あれだけなんでもできる。それを上手く処理できていないですが、そこを支えるMMA業界が英国にある。

こういうとアレですが、志が低いほうが努力しなくて楽なんです。ギャリーは志が高いから周囲からすれば、何をバカなことをやっているんだというぐらいの努力をしているでしょう。日本にもそういう人がいますよね。でもね、人生はそうやってバカなぐらい努力し、のめり込む奴が謳歌するんですよ。そういうバカが世の中を変える可能性を秘めています」

The post 【Bu et Sports de combat】武術的な観点で見るMMA。イアン・ギャリー✖グラント「英国の脅威」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Cage Warriors Cage Warriors125 MMA イアン・ギャリー キック ジャック・グラント

【Cage Warriors125】打撃に注目のイアン・ギャリー、寝技への対応力に驚愕のウェルター級王座奪取

【写真】打撃で圧倒しろという意見もあるかもしれないが、これだけの幅の広いファイトと寝技への適応力を見せられると──イアン・ギャリーのこれからを追うしかない(C)CAGE WARRIORS

<Cage Warriorsウェルター級王座決定戦/5分5R>
イアン・ギャリー(アイルランド)
Def.3-0:50-44.50-45.50-45
ジャック・グラント(英国)

左ジャブを差し合う両者、グラントの右ストレートをギャリーがサークリングでかわす。ギャリーは左ジャブから左ハイ、この蹴りを顔面に受けたグラントにワンツーの追い打ちから組むと、肩を固めてテイクダウンを奪う。スクランブルでダースを仕掛けたギャリーに対し、立ち上がりながら首を抜いたグラントがワキを潜ってバックに回りスタンドで両足をフックさせる。

ギャリーは前方に落としにいくが、グラントはスロエフ・ストレッチに移行する。左足が伸びながら立ち上がったギャリー、グラントはジャンピングガードからスタンドでエゼキエルもすぐに放して着地する。距離を取り直したギャリーが、グラントのジャブをダックでかわして、右フックやジャブを当てる。

再び組んだグラントはバックに回り、後方に倒れこむと足関節を狙う。正面を向き、グラントはインヴァーテッド・ハーフガードからバタフライガードへ。ガードからコントロールするグラントだったが、最後の10秒で立ち上がったギャリーが重いパウンドを連続で落とし時間となった。

2R、グラントの力の入った右オーバーハンドをかわしたギャリーが、右カーフキック。この一発で姿勢を崩したグラントだが、立ち上がりながら組んでバックに回る。スタンドで背中に乗ったグラントが前方に落とされる。そのままヒザ十字を狙われたギャリーは胸の上に右ヒザをつき、座るようにしてパンチを落とす。

ギャリーはここで正対していくが、グラントが50/50ガードを取る。起き上がったギャリーが強烈なパウンドを落とし、ヒザを抜いてバックをうかがう。すかさずシングルに出たグラントだが、ギャリーがスプロールからダースチョークへ。そのまま引き込んでギャリーが力を入れて絞めるも決めきれず、技を解いてスタンドを選択する。

ジャブを伸ばし、グラントのフックはダッキング、オーバーハンドはスウェイでかわすギャリー。右に回りながらジャブを見せるギャリーが右アッパーから左フック、グラントのワンツーもスウェイで防ぎ、ジャブを連続で入れる。グラントは殴られながら前に出て、右を伸ばす。かわしたギャリーがボディロックに入ると、グラントはジャンピングガードへ。抱き着くグラントのガードを逆手に取ったギャリーが肩固めに入り、ケージに押し込んでいく。リリースしてバックに回ったギャリーは、右腕をキムラグリップに捕らえられる。

左腕を差し入れてキムラを解除するや、ギャリーが右エルボーを打って離れる。ワンツー、左ハイを放ったギャリーは両手を広げて「来い」と笑顔を浮かべるグラントに前蹴り、そしてジャブを当てる。右に回るギャリーを追いかけては、左ジャブを被弾するグラントは顔面が真っ赤の染まっている。そしてパンチは届かず、ワンツーを受け左ハイが顔面をかすめたところで時間となった。

3R、すぐに左ハイを狙ったギャリーは左右に回りながらジャブを入れ、グラントのパンチは食わない。そして右カーフを蹴り、左ハイへ。これはガードしたグラントが、右を初めて届かせる。ギャリーは右カーフ、ジャブ。グラントの左、右も届くようになるが、もろに右ストレートを顔面に打たれる。

それでも前に出るグラントの左フックをかわしたギャリーが、左前蹴りをボディから顔面へ連続で見せて、ワンツーを打ち込む。切れのあるワンツーにも前に出て笑顔を浮かべるグラントの突進もダックでかわしたギャリーは徹底して距離をコントロールし、接近戦としない。ならばとグラントはレベルチェンジからダブルレッグ──結果的に引き込みを選択する。

グラントはミッションコントロールからデッドオーチャード、三角絞め狙いつつ、左足をつかんで腰を切るや腕十字へ。左腕が伸びながらも、胸をそって解除をしたギャリーがエルボーを落とす。グラントはここでXガード狙いも、防いだギャリーは背中をつけて両ヒザを畳んだグラントのスネに胸を合わせると、手を合わせて「おやすみ」のポーズをとる。グラントが後方回転を見せたところで、時間となった。

4R、右カーフを蹴ったギャリーが組んでボディロック。ケージに詰められたグラントのギロチンを防いで離れ、右ローを蹴る。大きく左右に回り間合いを取ったギャリーが上半身の動きでパンチをかわして、ジャブではなく右ストレートを連続でヒット。さらに左ボディストレート、ジャブとケージを背負い、自らのパンチの距離でなくなるとダブルレッグを見せる。

ここは防御するグラントは、前に出て続け左フック。かわそうとしてスリップしたギャリーは、ヒヤッとするシーンにもダブルレッグでクリーンテイクダウンを奪う。起き上がりつつ組みついたグラントが、ケージに押し込むと後方へテイクダウンへ。これを潰してトップを奪ったギャリーに対し、グラントはシングルで組んでいく。スプロールしてスタンドに戻ったギャリーは、左フックをダックアンダーしバックに回り込み、今度は前方にテイクダウン。亀のグラントはキムラグリップから前転、さらに後転でバックを狙ったところでラウンドが終わった。

ハグ&タッチグローブからスタートした最終回。近距離で左ジャブを当てたギャリーが、グラントの右をヘッドムーブでかわす。続いて組んでボディロック、ケージにグラントが押し込む。「おい、戦えよ。動けよ」とグラントが挑発すると、「俺だってそのつもりだ」と答え、肩パンチを連続入れたギャリーが、ボディロックで左腕をさしてテイクダウンへ。スクランブルでバックに回ったギャリーに対し、グラントは前転して足を狙う。左足を引いてスプロール、バックを取ったギャリーは後方からパンチを入れる。

殴られながら足を狙い、すかされたグラントは「I love you」と声を出し、ギャリーも「I love you too」と返しながらパンチを止めない。直後に前転からヒザ十字に入ろうしたグラント、ギャリーは正対して立ち上がる。残り90秒、パス狙いのギャリーにシングルに出たグラントだが、がぶられて動きを止められる。ヒザをワキ腹に入れて立ち上がったギャリーを追いかけて立ち上がったグラントが跳びヒザ、組まれてギロチンへ。

頭を抜かれ、ケージに押し込まれたグラントはバックを取られると、スピニングバックエルボーへ。ギャリーはこれも察知し、頭をかがめると空振りしたグラントが姿勢を乱して転がる。すぐに立ち上がったグラントだが、ジャンピングガードを狙ったところでスラムで叩きつけられる。残り3秒、トップのギャリーがガードを取るグラントにハグをし時間となった。

結果は3-0でギャリーに。新Cage Warriorsウェルター級王者ギャリーの打撃に注目が集まったタイトル戦は、思わぬウェルラウンダーぶりと──それを引き出したグラントのグラウンドでの引き出しの多さに、英国MMAのレベルの高さが十分に感じ取られる一戦となった。


The post 【Cage Warriors125】打撃に注目のイアン・ギャリー、寝技への対応力に驚愕のウェルター級王座奪取 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Cage Warriors Cage Warriors123 Cage Warriors124 Cage Warriors125 Preview アギー・サルダリ イアン・ギャリー ブログ

【Cage Warriors123, 124&125】サルダリも出場、3連戦。最注目はマクレガーに続け、イアン・ギャリー!!

【写真】マイケル・ビスピン、ダン・ハーディー、コナー・マクレガーに代表される、Cage Warriors王者からUFCにステップアップを果たしたファイターは既に27人。28人目はギャリーかサルダリか──今週末にベルトを腰に巻いていることが、第一の条件となる(C)CAGE WARRIORS

24日(木・現地時間)から25日(金・同)、26日(土・同)とCage Warriorsが3連戦=Cage Warriors 123~125を開催、3階級のタイトルマッチが組まれている。

パンデミック後、昨年9月からCage Warriorsではトリロジー・シリーズとして3連戦イベントを開催してきた。今回でトリロジー・シリーズも4度目となり、会場は2度目から使用されているヨークホールだ。

1929年建立、50年代からロンドンのボクシング会場として知られるヨークホールではミドル級、ライト級、そしてウェルター級でベルトを掛けられた3夜連続で見られる。


まず123大会では、英国生まれセントクリストファー・ネイヴィス人ミドル級王者ナシアス・フレドリックが2度目の王座防衛戦に臨む。

チャレンジャーのマシュー・ボナーは、キャリア9勝6敗ながら現在3連勝中の英国人ファイターだ。

中日の124大会は修斗に来日経験があり、斎藤裕を破っているオランダの実力者アギー・サルダリが、自らの持つライト級王座──これも──2度目の防衛戦をジョー・マッコルガン相手に行う。

もともとサルダリ✖マッコルガンが組まれていた125大会は、同対戦がリスケされ、メインでウェルター級王座決定トーナメント決勝戦=イアン・ギャリー✖ジャック・グラントが組まれている。前王者メイソン・ジョーンズがUFCにステップアップを果たした同級王座、この試合の勝者が第14代目のチャンピオンとなる。

アイルランド人ファイターのギャリーは、英国圏MMAらしくアマ及びセミプロルールで経験を積み、そのアマ時代の延長でCage Warriorsで2019年2月にプロデビュー、以来6連勝中でトリロジー・シリーズは全シーズンに出場してきた。デビュー戦以外の5試合でフィニッシュ勝利しており、2Rが3試合、初回での白星が2度ある。当然のようにウェルラウダ―のギャリーのストロングポイントは、10年の経験を誇るボクシングだ。

基本に忠実なワンツー=右ストレート、左リードフックは絶対的な破壊力を持つ。MMAを戦ううえで蹴りも習得しているが、その蹴りも近い距離で使うことが多く、前足となる左のハイキックはフルコンタクト空手を見ているようでもある。さらに接近戦ではヒザも大きな武器となっているギャリーだが、MMAデビュー以前にボクシングと並行して柔道の経験もあり、柔術も修得。トップコントロールで強烈なパウンドやバックチョークも使いこなす。

フューチャーの異名をとる23歳、ギャリーは同トーナメント準決勝でUFCベテランでスウェーデン人ファイターのロステム・アクマンをハイキックでKOしており、コナー・マクレガー、ジェイムス・ギャラガーに次ぐ国際的なスター選手になるアイルランド人ファイターと目されている。

対するジャック・グラントは準決でラトヴィアのマダラス・フレミナスをアナコンダチョークで破っており、打も組みもこなすウェルラウンダ―だ。

しかも戦績は17勝6敗ながら、17の勝利のうち判定勝ちはただの1回というフィニッシャーでもある。

とはいえ、やはり気になるのはギャリーか。そのフィニッシュを目指すスタイルうえに、グラントには隙も生じる。「チャンピオンになってUFCと契約し、マイク・ペリーとデビュー戦を戦う」と宣言するフューチャーの未来がどうなるのか──を追っていきたくなるというものだ。

The post 【Cage Warriors123, 124&125】サルダリも出場、3連戦。最注目はマクレガーに続け、イアン・ギャリー!! first appeared on MMAPLANET.