カテゴリー
ONE ONE Dangal ONE119 Report アージャン・ブラー ブランドン・ベラ ブログ

【ONE Dangal】ボクシングで優ったブラーが、ベラをパウンドアウト。新ONE世界ヘビー級王者に

【写真】ボクシングの上手さ、距離とタイミングという点で予想をはるかに上回る巧さを見せたブラーが新チャンピオンに(C)ONE

<ONE世界ヘビー級(※102.01キロ)選手権試合/5分5R>
アージャン・ブラー(カナダ)
Def.2R4分27秒by TKO
ブランドン・ベラ(米国)

左ジャブを伸ばし、左ローを蹴ったベラ。ここから両者、慎重になりベラがスイッチし右ローを蹴る。左右のローを蹴るベラに対し、ブラーが左を当てる。左リードフックを当てたブラーが右オーバーハンド、ベラはジャブで突き放そうとする。ワンツーを入れたブラーは、ベラにスイッチを多用し間合いを伺う。

ブラーが距離を詰めてシングルレッグで一気にテイクダウンを奪う。ベラはハーフ&キムラで動きを固める。ブレイクが掛からないのが不思議だったが、70秒間止まったままで初回が終わった。

2R、ジャブを差し合う両者、ベラが右ローを思い切り蹴っていく。ブラーもスイッチし、右オーバーハンドを当てる。下がって、動きが落ちたベラは左ミドルもブラーがワンツーをヒットさせ、さらに左フックを打ち込む。ボクシングでリードするブラーはハイをブロックし、右ボディストレートを効かせると一気にテイクダウンを奪う。

背中を預けて殴られるベラは、立ち上がることが出来ず右のパンチを被弾し続ける。さらに左で殴るブラーはベラを引きずるようにバックコントロールして、前方にテイクダウン。パンチを被弾し続けるベラは、動きを止めついにレフェリーが試合を止めた。

「インド、初めての世界王者だ。これがバットアスが持つダンガルの証。しっかり我慢して戦った。それが作戦だった。次? 次は煩いアミールを破ったコリアン(カン・ジオン)
だ。ただし、その前にプロレスをする。AEWでもWEEでも、やってやるぞ」と新世界チャンピオンは話した。


The post 【ONE Dangal】ボクシングで優ったブラーが、ベラをパウンドアウト。新ONE世界ヘビー級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Dangal ONE119 アージャン・ブラー ブランドン・ベラ ブログ

【ONE Dangal】ベラに挑戦、ブラー─02─「年齢は問題じゃない。でも……勝って『もう年だよ』と伝える」

【写真】まさに映画「ダンガル きっと、つよくなる」でアミール・カーンが務めた、リトゥ・フォーガットの父マハヴィル・シン・フォーガットのような体躯。ザッツ・インディアン・レスラーなアージャン・ブラー(C)KEISUKE TAKAZAWA

15日(土・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録されたONE Dangalが中継される。同番組内のONE世界ヘビー級王者ブランドン・ベラに挑戦するアージャン・ブラー・インタビュー後編。

ベラの実績を認めつつ、絶対の自信を持つブラーは選手層が厚くなるONEヘビー級の状況にも満足していた。そこれそ、彼の自信の表れだ。

<アージャン・ブラー・インタビューPart.01はコチラから>


──同日に戦うリトゥについて、どのような印象を持っていますか。

「ファンタスティックだよ。毎試合、良くなっている。彼女はMMAの女王になるよ(笑)。次の試合で、どれだけ進化しているのか楽しみだね。だいたいGPの前でも試合に出る。それがレスラー・マインドだよ。レスラーは毎週末、トーナメントを戦うんだ。戦い慣れている。

そして得意のトーナメント・スタイルで戦うGPでの活躍にも期待しているよ」

──今回の大会はインドでのMMA人気を上げる大きな機会になると考えていますか。

「絶対的にね。これだけインド人ファイターが戦い、初めてインド人の世界チャンピオンが誕生するんだ。インド人ファンが求めるヒーローが生まれる。それこそ、ONEが求めているヒーローだよ」

──ではブランドン・ベラの現状での力をどのように思っていますか。

「とても経験値が高くて、タフなファイターだよ。MMAをずっと戦ってきて、どの局面でも穴がない。キックボクシングは当然のこと、背中をつけても戦える。だからヘビー級チャンピオンで、ONEのヘビー級では負け知らずなんだ。どういう状態でも勝つ術を知っている。

でも僕も十分に危険なファイターだ。彼の年齢は問題じゃない。ブランドンが勝てば、皆まだまだやれると思うはずだ。でも……僕は彼に勝って、『もう年だよ』と伝えるようにするよ(笑)」

──自信は十分にあるということですね。

「凄く……十分にあるよ(笑)。ブランドンの試合はしっかりと研究してきた。彼が何を狙うのか、すぐに分かるぐらいにね。レスリングは当然として、ボクシングでもやり合える。ただし、一番重要なのは気持ちだよ。

技量がイーブンなら、決め手は気持ちだ。ここで僕がブランドンに遅れを取るわけがない。ブランドンは偉大なファイターだけど、映画にも出演し、ファイト以外のビジネスにも手を出している。もう彼の時代じゃないんだ。

僕の方がずっとハングリーだ。夢を実現させて家族を幸せにしたい。彼より、僕の方がベルトを求める気持ちは強い」

──現状、ONEのヘビー級は凄く層が厚くなっています。セネガル相撲のウマウ・ログログ・ケニ、フリースタイルレスリング世界選手権優勝のアミール・アリアックバリ、ロシア勢に柔術のブシェシャに、グラップリングのゴードン・ライアン。チャンピオンになれば、彼らのターゲットになるわけです。

「そのためにMMAを戦っているんだ。キングは誰とでも戦う。それがキングの役割で、そのキングの王冠が欲して皆は練習し、ファイトしているのだから。タフな対戦相手が控えていることは、大歓迎だよ。

アミールのことをよく尋ねられるけど、アイツはしゃべり過ぎだ。素晴らしい実績があるんだから、もっと練習しろと言いたい(笑)。ヤツの発言は嫌いだし、あんな言動はすべきじゃないよ。勝つために必要なのはトレーニングで、トラッシュトークではない。

ブシェシャやゴードン・ライアンのような柔術界の大物が参入してくることは大歓迎だよ。彼らを倒して、その名声を僕にモノにしたいからね」

──ヘビー級ワールドGPの開催が待たれるところですね。1度はチャトリCEOが口にしたように。

「GPがあることは知らなかったけど、僕の得意とするトーナメント戦だし、ぜひとも実現してほしいね。僕は自分のクシュティ(レスリング)に誇りを持っている。まずはブランドン・ベラだ。彼のキックをブロックして、カウンターのパンチで倒すよ。圧を掛けまくる。積極的に戦うファイターこそ、インドの皆が求めているヒーロー像だから。

僕も僕の父もダンガルを戦ってきた。ダンガルはリトゥのファミリーの歴史であり、その歴史の一部になることはとても光栄だよ」

■視聴方法(予定)
5月15日(土・日本時間)
午後7時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■ ONE TNT04 対戦カード

<ONE世界ヘビー級(※102.01キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ブランドン・ベラ(米国)
[挑戦者] アージャン・ブラー(カナダ)

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>※
タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)
ショーン・クランシー(アイルランド)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ビー・ニューイェン(米国)

<58.3キロ契約/5分3R>※
三浦彩佳(日本)
ハイアニ・バストス(ブラジル)

<65キロ契約/3分3R>
グルダージャン・マンガット(カナダ)
ロシャン・マイナン(インド)

※2月26日に収録。その他の試合は4月29日に収録された試合

The post 【ONE Dangal】ベラに挑戦、ブラー─02─「年齢は問題じゃない。でも……勝って『もう年だよ』と伝える」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Dangal ONE119 アージャン・ブラー ブランドン・ベラ ブログ

【ONE Dangal】ヘビー級王者ベラに挑戦、アージャン・ブラー─01─「個人の練習場があるから問題ない」

【写真】インタビューにあるような練習環境を持てる。人間という意味で、アージャン・ブラーは実力者なのではないか……(C)MMAPLANET

15日(土・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録されたONE Dangalが中継される。

そして同番組のメインイベントは4月29日に行われたONE世界ヘビー級選手権試合=王者ブランドン・ベラ✖アージャン・ブラーの一戦だ。カナダ国籍を持ち、カナダ五輪代表レスラーだったアージャン・ブラーはインド人、クシュティと共に生きてきた彼はパンデミック後もまるで練習に困ることがなかったという。

驚愕の練習環境を持っていたブラーのダンガル、インド人ファイターの宴への意気込みを尋ねた。


──ONE世界ヘビー級挑戦に向け、コロナ禍の下でどのような準備をしてきましたか。

「パンデミック後、ロックダウン政策によりAKAが閉められている時間が続いた。結局、オープンしたのは4月に入ってからだし、僕はこの間はずっとバンクーバーにいたんだ。

もともと去年の5月にブランドンに挑戦する予定だったけど、AKAでキャンプに入った途端にパンデミックが起こった。当時はどんなウィルスかも分からず、世界が恐怖に包み込まれたよね。国境封鎖まで行われたんだから試合がキャンセルされたのは当たり前だし、1度リセットされた試合も流れた。

だからブランドン・ヴェラへの挑戦は3度目の正直、ようやく実現することになったんだ。ONEと契約した時からの目標がようやく現実となる。凄くエキサイトしているよ。試合まであと1週間、こういう興奮した状態になるのはいつもと変わりない。とにかく1週間後にはベルトを巻く」

──バンクーバーでは、変わりなくトレーニングを積むことができたのでしょうか。

「パンデミック後にそれまでのように練習できなかったのは、ブリティッシュコロンビアだけでなく世界中同じだったと思う。ただ僕はプライベートで練習場を持っているから、その点においても困ることはなかった」

──プライベートの練習場ですか!!

「そうなんだ。フルサイズのケージと3つのレスリングマット、サンドバックも常備されている」

──ジムを保有しているということですか。

「そうじゃなくて、プライベートのトレーニング場だよ」

──!!

「アハハハ。そこにヘビー級のトレーニング・チームを創り、オーソドックス、サウスポー、色々なタイプの選手が集まってそれぞれが持つスキルをシェアしてきた。パンデミックに関係なく、僕はMMAを戦っていくのだから練習環境を整えていたんだ。だから、この1年で練習に困ったことはないよ。

もちろん州政府の予防対策があるから、対人トレーニングの禁止だとか色々とルールは設けられてきた。でも……僕はずっと練習してきたよ。アハハハ。僕が練習してきたのは、プライベートの練習環境だから、家のなかで練習するのと変わりない。

そして、バンクーバーでは人数制限は設けられていたけど、プロフェッショナルのスポーツ選手はトレーニングをすることは許されるようになった。コーチ、トレーナーを含めて10人。これだけいれば問題なくトレーニングを続けることはできたよ」

──パンデミック直後にその練習環境を整えたということですか。

「この環境はパンデミックがあったから創ったわけではなくて、ONEとサインをした時からバンクーバーにいるときの練習環境を良くするために用意していたんだ。

だから運よく、トレーニングに関してはパンデミックの影響を受けることはなかったんだよ」

──なんとも!! パンデミック後も非常にたくさんの選手を取材してきましたが、練習に全く影響がなかったと言い切ったのはアージャンが初めてです。

「ロックダウンが始まり、移動にも制限が加わった。でも家で仕事をすることは認められている。これは僕の仕事なんだ。僕に練習をやめろということは、生きるのをやめろということだからね」

──いやぁ、もっともですが……そこまで環境を整えていた選手の言葉なので、より説得力があります。

「でも、このタイミングでパンデミックが起こったのは本当に偶然だし、しっかりと環境を整えていたことは運が良かったよ」

──備えあれば憂いなし、ですね。とはいえMMAは大会開催があって、対戦相手が存在することで成り立ちます。ONEが国際大会を再開してから7カ月、世界戦を待たないといけなかった点に関しては、練習環境が整っていただけにフラストレーションがたまったのではないでしょうか。

「もの凄くフラストレーションがたまっていたよ。もう言葉にできないぐらいね。僕はアスリートだ。僕の人生でこれだけ長い間、試合に出なかったことはない。ヘルシーでモチベーションも十分、でも戦うことができなかった。こんなに厳しいことはないよ。

とはいえ、僕にコントロールできるわけじゃない。なぜ、すぐに試合が組まれなかったかは僕の知ることじゃない。でも、フラストレーションがたまり過ぎて爆発しそうになったことは確かだよ(笑)。

イッツ・ウォーター・アンダー・ザ・ブリッジ(It’s water under the bridge)──もう済んだこと、今更どうにもならない。ようやく挑戦の機会が巡ってきたことだし、しっかりと獲物をしとめるよ」

──今大会はリトゥ・フォーガット、グルダージャン・マンガットらが出場します。

「インディアン・インベージョンだ(笑)」

──大会名も気に入っているのではないですか。

「イベント名は聞かされていないよ。僕が名づけるなら、今言ったようにインディアン・インベージョンだけどね(笑)。ところで、なんてタイトルなの?」

──Dangal、ダンガルです。

「おお、ダンガルかい!! 最高だ(笑)。素晴らしいよ、めちゃくちゃ良いね。いや、嬉しいよ。大会名を聞いて、さらにやる気が出た。ダンガルはリトゥのストーリーだけど、インドのレスリングのストーリーでもある。だから、僕の物語でもあるんだ。僕らはダンガル出身だ。

そんな大会で初めてメインイベントで戦い、世界王座に挑戦できる。そしてインド人初のMMA世界王者になる……そのために自分の全てを賭けて戦うよ」

<この項、続く>

■視聴方法(予定)
5月15日(土・日本時間)
午後7時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■ ONE Dangal 対戦カード

<ONE世界ヘビー級(※102.01キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ブランドン・ヴェラ(米国)
[挑戦者] アージャン・ブラー(カナダ)

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>※
タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)
ショーン・クランシー(アイルランド)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ビー・ニューイェン(米国)

<58.3キロ契約/5分3R>※
三浦彩佳(日本)
ハイアニ・バストス(ブラジル)

<65キロ契約/3分3R>
グルダージャン・マンガット(カナダ)
ロシャン・マイナン(インド)

※2月26日に収録。その他の試合は4月29日に収録された試合

The post 【ONE Dangal】ヘビー級王者ベラに挑戦、アージャン・ブラー─01─「個人の練習場があるから問題ない」 first appeared on MMAPLANET.