カテゴリー
MMA PFL PFL2021#07 アレックス・マルチネス

【PFL2021#07】マルチネスの左ジャブを寄せ付けず、TDで勝ったラジャポフが判定勝利で決勝進出

<ライト級準決勝/5分3R>
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28.
アレックス・マルチネス(パラグアイ)

ラジャポフが左フックから距離を詰めて、組み付きマルチネスをケージに押し込む。右腕を差し込んでテイクダウンを防ぐマルチネスは、さらに左腕も差し込んだ。ラじゃp府は離れてから、再び前に出る。マルチネスはサークリングしながら左ジャブを突くも、ラジャポフの突進を止められず。組み付いたラジャポフがダブルレッグでテイクダウンを奪う。

足を利かせて距離を作ったマルチネスが起き上がると、体を起こして再び組み付いたラジャポフがボディロックでケージに押し込む。ケージを這うようにしてマルチネスは離れる。

ケージ中央で左ジャブを突くマルチネスに対し、ラジャポフの放った左ジャブがマルチネスの下腹部を捉える。再開後、ラジャポフはマルチネスをケージに押し込みながら、左腕を差し込む。マルチネスは内股を見せるが決まらない。しかしマルチネスは体勢を入れ替えて、反対にラジャポフをケージに押し込む。

ここで倒せないとみるや離れたマルチネス。ケージ中央で打ち合う両者だったが、ラジャポフの左フックがヒットし、マルチネスがグラついた。右フックを連打しながら前に出るラジャポフ。マルチネスが顔面から流血が見られる。

2R、マルチネスの右前蹴りからスタート。ラジャポフのフックがヒットするが、マルチネスも左ジャブを返す。ラジャポフのテイクダウンをカットしたマルチネスはサークリングするも、ラジャポフは組み付きボディロックでテイクダウンを試みる。グラウンドに持ち込んだラジャポフはバックコントロールへ。立ち上がったマルチネスを引き倒すが、マルチネスもすぐに立ち上がる。

反対にラジャポフをケージに押し込んだマルチネスが、ボディロックからラジャポフに尻もちを着かせる。立ち上がるもケージに押し込まれ続けるラジャポフ。マルチネスはシングルに切り替えるも倒せず。離れたマルチネスは左ミドルのフェイントを見せるが、打ち終わりにラジャポフが右ローを当てて、マルチネスはマットに背中を着いてしまう。

すぐさまトップを奪ったラジャポフは、サイドへ移行するもマルチネスは亀になる。するとラジャポフがRNCを仕掛けるが、反転して逃れたマルチネスは立ち上がり、ラジャポフをケージに押し込む。離れたマルチネスに対してテイクダウンを狙うラジャポフだったが、マルチネスはスプロールして、スタンドの打撃戦で2Rを終えた。

最終R、プレッシャーをかけるマルチネス。ラジャポフも右ローから距離を詰める。組み付かれても離れたマルチネスは右前蹴りでラジャポフをケージに追い込んだ。戻ってケージ中央で蹴りを見せ合う両者。距離が近くなると、マルチネスのパンチとヒジをかわしたラジャポフが組み付き、ボディロックからマルチネスに尻もちを着かせた。

上半身を起こすマルチネスを、ケージに押し込んでいくラジャポフ。マルチネスはハーフガードから回転して抜け出そうとするも、ラジャポフにバックを奪われてしまう。立ち上がるマルチネスのバックからラジャポフは離れず、足をかけて再びグラウンドへ。マルチネスが立ち上がるたびにラジャポフがグラウンドへ引き戻す。

ここでマルチネスは前転してトップを奪うが、ラジャポフもすぐに切り返す。一旦ガブって立ち上がりかけたマルチネスだったが、またもラジャポフにグラウンドへ引きづりこまれてしまう。ケージ際へ持ち込まれたマルチネスだったが、ここでギロチンを仕掛けて、そのままグラウンドでもトップを奪う。スタンドに戻っても最後はマルチネスがラジャポフのダブルをカットした。

判定は、ジャッジ2人がフルマークをつける内容で、ラジャポフがユナニマスで勝利した。


The post 【PFL2021#07】マルチネスの左ジャブを寄せ付けず、TDで勝ったラジャポフが判定勝利で決勝進出 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA PFL PFL2021#04 Report アレックス・マルチネス キック ナタン・シュルチ

【PFL2021#04】シュルチのスプリット判定勝ちで、シュルチ&ヘルドのプレーオフが消える

<ライト級/5分3R>
ナタン・シュルチ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アレックス・マルチネス(ペルー)

初戦黒星のツータイム・ワールドチャンピンが、ボーナス獲得勝利が絶対のマルチネス戦に挑む。ワンツーを伸ばすマルチネスが、ジャブから前蹴りを繰り出す。シュルチはロー、ダブルレッグ狙いからバックを伺う。スクランブルでワンフック、寝技に持ち込んだシュルチだが、背中に乗り切ることはできない。バックコントロールを選択したシュルチは、再びワンフックし絞めを狙う。

マルチネスは前方に落とし、スクランブルでバックへ。胸を合わせたシュルチは、払い腰を仕掛ける。腹ばいで耐えたマルチネスだが、その中に乗ったシュルチがバックに回り切る。マルチネスはケージ際に移動して立ち上がると、シングルに出て上を取り返す。両者すぐにスタンドに戻ると、シュルチは右ローカーフを蹴る。マルチネスは左に回り右フック、ここで組んだシュルチがバックに回りテイクダウンへ。立って離れたマルチネスが逆にダブルレッグを狙う。スプロールしたシュルチは、スタンドに戻ってパンチを振るい前へ。マルチネスは右前蹴りをボディに入れ、左右のフックをヒットさせた。

2R、右カーフを効かせたマルチネスがパンチを纏める。続くローをキャッチしてテイクダウンを奪ったシュルチがバックへ。スクランブルでマルチネスはギロチンを失敗して下に。この選択はカーフを効かせていただけに勿体ない。蹴り上げからシングル狙いのマルチネスに対し、バックに回ったシュルチがスタンドの打撃戦に戻らないで試合を進める。

マルチネスもスクランブルでバックに回るが、落とされてからのスクランブルで試合はスタンドに。足を使うマルチネスが右カーフを続ける。さらにワンツーから右はキック、シュルチもコンビを返す。マルチネスはパンチで応戦し、左ローを蹴る。右カーフを効かせたのが偶発性だったことを伺わせるマルチネスがカーフ、前蹴り、ハイと攻撃を散らす。

シュルチは組んでバックへ。ここもテイクダウンを奪い、ポイント的にはリードを許さないファイトを展開する。離れたマルチネスがテンカオ、右カーフもシュルチが組みつく。バックコントロールに対し、胸を合わせたマルチネスが離れて右から左ロング、詰めたシュルチがショートのワンツーを入れた。

最終回、近い距離でボディショットを入れたマルチネスが、ニーからワンツーフックを繰り出す。ボディロックから捻って崩しに掛かるシュルチは、クリンチにもマルチネスが離れる。距離を取るマルチネスは後ろ回し蹴り。組みついたシュルチがテイクダウンを奪い、バックへ。スクランブルで前方にシュルチを落とし、すぐに立って胸を合わせたマルチネスだったが、直後にテイクダウンを許してしまう。

バックを譲るが、両足フックは許さずスクランブルに持ち込むマルチネスが、前転から足関節を狙う。察知したシュルチは、スクランブル&シングルレッグ。マルチネスはギロチンも、倒されて背中をマットにつける。直ぐに背中を譲って立ち上がったマルチネスは、胸を合わせてインサイドトリップ。ここからのスクランブルはシュルチがバックに回って制し、マルチネスが胸を合わせたところで時間に。

テイクダウンを9回決めたシュルチだが、ジャッジの裁定は割れ──スプリット判定勝ち。これで両者のポイントは3Pで並ぶ。結果、シュルチとヘルドのプレーオフ進出は消え──この状況はペティス、いやPFLにとって最も望むべき流れで対戦カードのシャッフルが成功したといえる。


The post 【PFL2021#04】シュルチのスプリット判定勝ちで、シュルチ&ヘルドのプレーオフが消える first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
other MMA PFL2021#01 Report アレックス・マルチネス ブログ ロイック・ラジャボフ

【PFL2021#01】TD許し、引き込みも極め切れなかったマルチネスがラジャポフにスプリット判定勝ち

【写真】判定負けにラジャポフはごらんの表情。そしてレフェリーは、シャオリンだ(C)PFL

<ライト級/5分3R>
アレックス・マルチネス(パラグアイ)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ロイック・ラジャポフ(タジキスタン)

左ジャブに左ローを蹴ったマルチネス、これが急所に入り試合が中断する。直ぐに再開し、ラジャポフが左フックから組んでボディロックテイクダウンを決める。マルチネスがギロチンに抱えケージを使って立ち上がる。そのまま引き込んだマルチネスだが、ラジャポフはパスをして頭を抜きサイドで抑える。ケージキックから足を戻したマルチネスの蹴り上げを捌き、パス狙いのラジャポフはスクランブルをがぶって許さない。

マルチネスは引き込んでバタフライガード、離れたラジャポフがローを蹴る。立ち上がって組んだマルチネスを小外掛けで倒したラジャポフが、スクランブルでバックを伺うも、正対したマルチネスがシングルレッグでリバーサル──直後のスクランブルでギロチンをセットする。自ら離れたマルチネスは首投げにバックを許し、後方に投げられた。

2R、マルチネスのサイドキックにも距離を詰めるラジャポフは、シングルレッグにニンジャチョークをセットする。嫌がって頭を下げたマルチネスのバックに回ろうとしたラジャポフだが、引き込まれると離れて立ち上がるのを待つ。マルチネスがスタンドに戻り、ラジャポフはボディロックでケージに押し込む。マルチネスはギロチンから引き込み、ロールして上へ。足を抱えて防いだラジャポフは、スタンドに戻るとワンツーを被弾する。

残り1分30秒、ラジャポフのシングルレッグにスイッチもバックを取れなかったマルチネスが引き込む。蹴り上げから三角を狙いのマルチネス、立ち上がったラジャポフが腕を抜き時間に。

3R、マルチネスの内回し蹴りに対し、ラジャポフは左右のフックから組んでいく。マルチネスはここでもギロチンから引き込むが、パスを許しハーフで下になりキムラを仕掛けるが、続かず右のパウンドを被弾する。マルチネスはクローズドから腰を切ってスイープ狙い。トップを維持したラジャポフはハーフから立ち上がる。

立ち上がりつつ組みに行ったマルチネスを押し倒したラジャポフがハーフで抑え、スクランブルでバックへ。胸を合わせに行ったマルチネスは、反応して起き上ろうとしたラジャポフをシングルで座らせる。ここからのギロチンは極まらず、試合はスタンドに戻りマルチネスが右オーバーハンド、スピニングバックフィストも、組まれてボディロックテイクダウンを奪われたところでタイムアップに。と、裁定は下にいることが多かったマルチネスに凱歌が挙がり、ラジャポフが唖然とした表情を浮かべた。


The post 【PFL2021#01】TD許し、引き込みも極め切れなかったマルチネスがラジャポフにスプリット判定勝ち first appeared on MMAPLANET.