カテゴリー
Report UFC UFC257 アルマン・ツァルキャン ブログ マット・フレヴォラ

【UFC257】動けば動くほど攻められるフレヴォラ。ツァルキャンが見事なTD&コントロールで大勝

<ライト級/5分3R>
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
マット・フレヴォラ(米国)

後ろ回し蹴りを見せたフレヴォラが、右を見せてハイを見せるなど積極的に動く。ツァルキャンはシングルレッグを一気に決めてスクランブルでバックへ。スラムされたフレヴォラはスイッチからスクランブルに持ち込むが、シングルで再び倒される。立ち上がったフレヴォラをケージに押し込んたツァルキャンは小手投げから離れる。

フレヴォラは大きな動きが多く、右オーバーハンドにダブルレッグを合わされる。反り投げで切り返したフレヴォラがスタンドへ戻る。両者同時に後ろ回し蹴りを狙うという映画のような場面から、ラウンド終盤戦へ。ツァルキャンがワンツーを入れ、さらに右クロスから左フックとフレヴォラからカウンターを取る。ツァルキャンはジャブを続け、フレヴォラの前蹴りをキャッチしてパンチを入れる。最後の10秒で右フックを当てたフレヴォラだが、ラウンドはツァルキャンのモノだった。

2R、右から左を当てたツァルキャンがシングルレッグでテイクダウン。フレヴォラはスイッチもたちあがったところでツァルキャンがボディロックテイクダウンを決める。背中をマットにつけたフレヴォラは、立ち上がったツァルキャンにボディを殴られ後方回転からスクランブルへ。即バックについたツァルキャンは、腰をコントロールして寝技に持ち込む。

シングルを取られたまま立ち上がってパンチを狙ったフレヴォラだが、ここも倒されてガードを強いられる。頭をコントロールし、ダースを見せたツァルキャンが肩固めを狙う。スクランブルに持ち込めないフレヴォラは、レフェリーに膠着を目でアピールするが、肩固めに捕えられてしまう。ここはエスケープしたフレヴォラだが、結局スタンドに戻ることはできずコントロールを許し続けた。

最終回、すぐにテイクダウンを決めたツァルキャンは、頭を押して立ち上がったフレヴォラにはキックを狙う。フレヴォラは動くが攻めることはできない状態で大きな動きを繰り返す。結果、カウンターのパンチをもらいシングルレッグでテイクダウンを許すことに。ギロチンを抜けたツァルキャンはガードの中からパンチを入れ、蹴り上げから後方回転したフレヴォラにギロチンを仕掛ける。

ここの反応は早かったフレヴォラがロールして逃げ、スタンドへ戻る。ツァルキャンはシングルからスラムを決め、バックへ。胸を合わせに来たフレヴォラ以上の動きでバックを取ったツァルキャンは、正対してボディロックテイクダウン。10度目のテイクダウンからサイドを取ったツァルキャンが、スリー・クォーターマウント。フレヴォラの動きに合わせ、攻め続けたツァルキャンがフルマークの判定勝ちを収めた。


The post 【UFC257】動けば動くほど攻められるフレヴォラ。ツァルキャンが見事なTD&コントロールで大勝 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
UFC Result UFN on ESPN+30 UFN172 アスカル・アルカロフ アリアネ・リプスキ アルマン・ツァルキャン デイヴィソン・フィゲイレド ブログ ラファエル・フィジエフ

【UFN172】試合結果 フィゲイレドがフライ級王者に。アスカロフ&ツァルキャンも強さ見せる

【写真】ベナビデスを寄せ付けなかったフィゲイレドはフライ級の頂点に立った(C)Zuffa/UFC

19日(日・現地時間)、UAEはアブダビのヤス島=UFC Fight IslandでUFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vsBenavidez 2」が開催され、デイヴィソン・フィゲイレドがジョセフ・ベナビデスをRNCで落とし、UFC世界フライ級王座決定戦に勝利した。

2月の王座決定戦では体重オーバーで、KO勝ちもタイトルを手にできなかったフィゲイレドが、ベナビデスを圧倒。3度ダウンを奪った末にRNCで失神に追い込んでベルトを腰に巻いた。

ケルヴィン・ガステラムにヒールを極めたジャック・ヘルマンソン、マーク・ディアキーシーの腹を効かせ勝利したラファエル・フィジエフ、そしてアリアネ・リプスキはルアナ・カロリーナをヒザ十字で破るなどメインカードはインパクトが残る試合が連続した。

新王者が誕生したフライ級では、テイクダウン&コントロールでアレッシャンドリ・パントージャを制したアスカル・アルカロフが派手さはないが、実力者ぶりを発揮した。

この他、プレリミでもADCC王者ダヴィ・ハモスにがアルマン・ツァルキャンの打撃&テイクダウンに敗れただけでなく、オープニングファイトで組まれたライトヘビー級戦=セルゲイ・スピヴァク✖カルロス・フィリッピを含め、ブラジル勢はロシア&旧ソ連勢が三タテを食らっている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ラファエル・フィジエフ✖マーク・ディアキーシー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=デイヴィソン・フィゲイレドアリアネ・リプスキ

UFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vs Benavidez 2」
<UFC世界フライ級王座決定戦/5分5R>
○デイヴィソン・フィゲイレド(ブラジル)1R4分48秒
RNC
詳細はコチラ
×ジェセフ・ベナビデス(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ジャック・ヘルマンソン(ノルウェー)1R1分18秒
ヒールフック
詳細はコチラ
×ケルヴィン・ガステラム(米国)
<ライト級/5分3R>
○ラファエル・フィジエフ(キルギス)3R
判定
詳細はコチラ
×マーク・ディアキーシー(英国)
<女子フライ級/5分3R>
○アリアネ・リプスキ(ブラジル)1R1分28秒
ヒザ十字
詳細はコチラ
×ルアナ・カロリーナ(ブラジル)
<フライ級/5分3R>
○アスカル・アスカロフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ロマン・デリツ(ジョージア)1R4分15秒
TKO
×カディス・イブラヒモフ(ロシア)
<150ポンド契約/5分3R>
○グラント・ドーソン(米国)3R
判定
×ナッド・ネアモリ(英国)
<ライト級/5分3R>
○ジョエル・アルバレス(スペイン)1R2分25秒
ギロチン
詳細はコチラ
×ジョー・ダフィー(アイルランド)
<バンタム級/5分3R>
○ブレット・ジョンズ(英国)3R
判定
×モンテル・ジャクソン(米国)

<フライ級/5分3R>
<フライ級/5分3R>
○アミール・アルバジ(スウェーデン)1R4分42秒
三角絞め
詳細はコチラ
×マルコム・ゴードン(カナダ)
<ライト級/5分3R>
○アルマン・ツァルキャン(アルメニア)3R
判定
詳細はコチラ
×ダヴィ・ハモス(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○セルゲイ・スピヴァク(ウクライナ)3R
判定
×カルロス・フィリッピ(ブラジル)
カテゴリー
Report UFC UFN on ESPN+30 UFN172 アルマン・ツァルキャン ダヴィ・ハモス ブログ

【UFN172】抜群の打撃とテイクダウンのコンビでツァルキャンがハモスに快勝

<ライト級/5分3R>
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)
Def.3-0:30-27.30-27.28-27
ダヴィ・ハモス(ブラジル)

ツァルキャンが右に回りながらロー、左フックを振るいワンツーをハモスが見せる。ツァルキャンはスピニングバックフィストを繰り出し、打撃の間合いの取り合いのなかでハモスが狙ったニータップは決まらない。逆にスピニングバックフィストに組みつくが、小内刈りでテイクダウンを許す。下とはいえ自分の庭となったハモスだが、腕への仕掛けは察知されパウンドを被弾する。腰を上げて重い一発を落としたツァルキャンはスタンドに戻り、ワンツーからローを蹴り込んだ。

2R、初回と同じように右に回りながら蹴りを入れ、ワンツー、スピニングバックキックとツァルキャンはハモスの接近を許さない。ワンツーで下がるようになったハモスも、飛び込みながら右を当てるがボディを受け、動きが落ち始める。ハモスは連続でワンツーを被弾する。むきになってパンチを振るったハモスにダブルレッグを合わせたツァルキャンは、足関節の仕掛けにはすぐに反転して足を抜く。

ツァルキャンはスタンドに戻ると前蹴り、ボディから低い姿勢でテイクダウンを狙う。切ったハモスは右を入れ、ボディを連打したところで左を被弾する。しっかりと距離を取って戦うツァルキャンは踏み込んでボディから顔面、離れミドルを蹴りこむ。残り20秒、ツァルキャンのダブルからシングルというテイクダウンを防いだものの、この回も失った。

最終回、思い切って距離をつめてフックを打ったハモスは、ツァルキャンのテイクダウン狙いを切る。ここでツァルキャンはファールカップの不具合を伝え、ブレイクを得る。再開後、右に回るツァルキャンに対し、前に出てこいとアピールしたハモスだが、続くステップインに左を打ち込まれる。殴られながら右オーバーハンドをハモスは繰り出すが、回るツァルキャンは連打を受けることはなくスピニングバックキックをボディに突き刺す。

ツァルキャンはパンチをかわして踏み込むとワンツーからハイキック、さらに右アッパー、前に出ていたハモスの顔面を右ストレートで打ち抜く。残り90秒、ダブルレッグをかわされたハモスは、諦めにも似た表情を浮かべた……。この後、右目じりの傷にドクターチャックが入ったハモス、リスタート後に右を当ててテイクダウンを狙う。押し返したツァルキャン対し、ハモスはギロチンで引き込むも。同時に時計回りに移動したツァルキャンが絞めを無力化させタイムアップに。

打撃からテイクダウンでハモスを圧倒したツァルキャンが、判定勝ちを決めた。