カテゴリー
MMA Report UFC UFN ESPN+47 UFN189 アリアネ・リプスキ モンタナ・デラロサ

【UFN189】圧巻のグラウンドコントロールとパウンド。デラロサがリプスキを支配し破壊

<女子フライ級/5分3R>
モンタナ・デラロサ(米国)
Def.2R4分27秒by TKO
アリアネ・リプスキ(ブラジル)

やや体格で上回るデラロサが、左ジャブを伸ばす。リプスキの右に左フックを合わせたデラロサが、右フックで前に出る。静かな立ち上がりのなかで、リプスキは思い切りワンツーを振るっていく。前に出てワンツーのリプスキに対し、デラロサが右で迎え撃つ。左フックから組んだデラロサが、ボディロックテイクダウンを決める。

ハーフで抑えたデラロサは肩固めを狙いつつ、ヒザをワキ腹に突き刺す。リプスキは足を戻してクローズドガードを取り、ヒジを下から打ちつける。逆に上からのエルボーで、リプスキの左目尻をカットさせたデラロサが耳の辺りにパンチを打ちつける。腰を切ったリプスキだが、次の動きには移れず最後も思い切り顔面を殴られた。

2R、カットだけでなく腫れも確認できるリプスキは、ワンツーで右フックをヒット。直後にダブルレッグを決めたデラロサは、クローズドのリプスキをケージに押し込んでいく。立ち上がって足を払っていくデラロサは、足関節狙いには体を捻りパスに移行する。左だけでなく、左目尻をカットしたリプスキはニーインからエルボーを連打される。

リプスキは足を戻しに掛かるが、デラロサは肩固め&パスを狙い削っていく。デラロサはパンチ、ヒジを入れパスの圧力を高めると、リプスキの苦し紛れのキムラを防ぎ足を抜いてマウントを奪う。エルボーの連打にリプスキが顔を背けると、その方角から左のパンチを打ちつけ、最後は右腕を抱えて左の鉄槌を連打したデラロサが圧巻のグラウンドコントロールとパウンドでTKO勝ちを手にした。


The post 【UFN189】圧巻のグラウンドコントロールとパウンド。デラロサがリプスキを支配し破壊 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC255 アリアネ・リプスキ アントニーナ・シェフチェンコ ブログ

【UFC255】デンジャラス・クイーンより危険なシェフチェンコ姉、アントニーナがリプスキを総合力でTKO

<女子フライ級/5分3R>
アントニーナ・シェフチェンコ(キルギス)
Def.2R4分33秒by TKO
アリアネ・リプスキ(ブラジル)

サウスポーのアントニーナが左ストレートを当てた直後に、リプスキが右フックを打ちこむ。もう一発リプスキが右を入れ、クリンチになるとアントニーナがケージに押し込む。押し返したリプスキが右腕を差しあげ、アントニーナが小手投げを狙う。同体で崩れ、胴体で起き上ると、アントニーナがケージに押し込む。体を入れ替えようとしたリプスキの首を固め、腰に乗せて投げたアントニーナに対しリプスキがバックを伺う。

リプスキは首に手を回すのが早すぎ、アントニーナが胸を合わせてトップへ。ケージに押し込み、背中に乗ってスクランブルを許さなかったアントニーナが初回をモノにした。

2R、ワンツーの左を当てたリプスキが、右をヒットする。アントニーナは首相撲から崩しにかかり、リプスキの内股を潰して上を取り切る。リプスキはディープハーフも切ったアントニーナがパンチを入れてパス、サイドで抑える。リプスキはエルボーを受けると、背中を見せてバックコントロールを許す。

アントニーナは左のパウンドを連続で落とし、巻き込みも許さずサイドバックをキープする。このままスナップでリプスキに背中をつけさせたアントニーナはサイドで抑え、エルボーを打ちつける。体を起こしてきたリプスキを潰し、バックを取ったアントニーナが声を挙げてパンチを連打すると、レフェリーが試合を止めた。


The post 【UFC255】デンジャラス・クイーンより危険なシェフチェンコ姉、アントニーナがリプスキを総合力でTKO first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC255 アリアネ・リプスキ アレックス・ぺレス アントニーナ・シェフチェンコ サーシャ・パラトニコフ ジェニファー・マイア デイヴィソン・フィゲイレド ブランドン・モレノ ブランドン・ロイヴァル ブログ ルイス・コスケ ヴァレンチーナ・シェフチェンコ

【UFC255】計量終了 世界戦もプレリミも、男女フライ級に注目。タフネス、ウェルター級生き残り合戦

【写真】王者フィゲイレド、挑戦者ペレス──UFCフライ級新時代を思わせる世界戦だ(C)Zuffa/UFC

21日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC255「Figueiredo vs Perez」の計量が20日(金・現地時間)に行われた。

今大会は男女フライ級の世界戦がメインとコメインで組まれており、UFC世界フライ級王者デイヴィソン・フィゲイレドがアレックス・ペレスの挑戦を受け、UFC世界女子フライ級王者ファレンチーナ・シェフチェンコはジェニファー・マイアを相手に防衛戦を戦う。


7月にジョセフ・ベナビデスを破り、フライ級の頂点に立ったフィゲイレドにとって今回の試合は初防衛戦だ。当初の予定では元バンタム級王者コディ・ガーブラントが挑戦する予定だったが、上腕二頭筋の肉離れて欠場となりペレスに挑戦権が巡ってきた。

ペレスはチーム・オーヤマ所属のファイターで、卓越したレスリングテクニックの持ち主でありながら、打撃の成長も著しく6月にはジョズエ・フォーミガをカーフキックでKOしている。今回は総力戦、レスリング&グラップリングも交えたペレスの全能力が上手く回転すればバックチョークや肩固めという──抑えて極めるサブミッション、スクランブルのなかでのギロチンやアナコンダ、ダースチョークという絞め技での王座奪取を有りうる。

殴って蹴っては当然として、組んでも強く、寝技で仕留める力を持つP4Pといっても過言でないシェフチェンコは、4度目のタイトル防衛戦で8月にジョアン・カルダーウッドを腕十字で仕留めたマイアの挑戦を受ける。

マイアとしては爆発力とパンチの回転力をフル活用して戦いたいところだが、フック系のパンチをかわす術に長けているチャンピオンは、挑戦者の隙をついた打撃で削って完封&完勝しても不思議でないだけ完成度は高い。

この他、マウリシオ・ショーグンが出場するメインカードも興味深いが、プレリミでは世界王座争われる階級の試合が見所満点だ。

フライ級ではブランドン・モレノとブランドン・ロイヴァルのブランドン&LFAフライ級王者対決が組まれた。

1度はUFCを離れたモレノだが、フライ級の活動続行を受けLFAフライ級王者からカムバック。ここからは限りなく白星に近かったアスカル・アスケロフとのドローを含め、3試合負けなしの状態だ。

一方ロイヴァルはコンテンダーシリーズ出場が決まっていたが、コロナ需要もありUFCと飛び級で契約を果たす。デビュー戦でタイトルコンテンダーのティム・エリオットを肩固めで破り、カイ・カラフランスをギロチンで一蹴している。スクランブルの向こう側、動き続けるなかでフィニッシュを狙う姿勢のロイヴァルは、下からの攻めにも絶対の自信を持つ。

女子フライ級ではチャンピオンの実姉アンニーナ・シェフチェンコが、ブラジルの美獣──クイーン・オブ・バイオレンスことアリアネ・リプスキと戦う。

KSW王者からUFCに転じ、2連敗から2連勝と調子を上げてきたリプスキはリーチ&上背で上回るアントニーナを相手に、アグレッシブな打撃だけでない部分で詰める必要がある勝負だ。

オープニングマッチでは今年のコンテンダーシリーズからのステップアップ組ルイス・コスケが、韓国のAngel’s Fightウェルター級王者で、UAEウォリアーズを経てオクタゴンに辿り着いたサーシャ・パラトニコフと相対する。

対照的なプロセスを経てUFCに辿り着いたコスケ✖パラトニコフを始め、ウェルター級戦は4試合が組まれた。アラン・ジョバーン✖ジャレッド・グッデン、ニコラス・ダルビー✖ダニエル・ロドリゲスらは佐藤天と絡むことも十分にあり得るファイター達のサバイバル戦だ。これら3試合と違いメインで組まれたウェルター級戦=マイク・ペリーとティム・ミーンズの一番は、ペリーが5.5ポンドの大幅オーバーながらキャッチ戦として実施される。

■視聴方法(予定)
11月22日(日・日本時間)
午前8時30分~UFC FIGHT PASS
正午~PPV
正午~WOWOWライブ

■UFC255計量結果

<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]デイヴィソン・フィゲイレド: 125ポンド(56.7キロ)
[挑戦者]アレックス・ペレス: 124.5ポンド(56.47キロ)

<UFC世界女子フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]ヴァレンチーナ・シェフチェンコ: 124.5ポンド(56.47キロ)
[挑戦者]ジェニファー・マイア: 124.5ポンド(56.47キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マイク・ペリー: 175.5ポンド(79.6キロ)
ティム・ミーンズ: 171ポンド(77.56キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ケイトリン・チューケイギアン: 125.75ポンド(57.03キロ)
シンシア・カルヴィーロ: 124.5ポンド(56.47キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マウリシオ・ショーグン: 205.5ポンド(93.21キロ)
ポール・クレイグ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<フライ級/5分3R>
ブランドン・モレノ: 125ポンド(56.7キロ)
ブランドン・ロイヴァル: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョアキン・バックリー: 182.5ポンド(82.78キロ)
ジョーダン・ライト: 185ポンド(83.91キロ)

<女子フライ級/5分3R>
アントニーナ・シェフチェンコ: 125ポンド(56.7キロ)
アリアネ・リプスキ: 126ポンド(57.15キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ニコラス・ダルビー: 170ポンド(77.11キロ)
ダニエル・ロドリゲス: 170.5ポンド(77.34キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アラン・ジョバーン: 170.5ポンド(77.34キロ)
ジャレッド・グッデン: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
カイル・ダウカウス: 185.5ポンド(84.14キロ)
ダスティン・ストーツフス: 184.5ポンド(83.68キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ルイス・コスケ: 170ポンド(77.11キロ)
サーシャ・パラトニコフ: 170.5ポンド(77.34キロ)

The post 【UFC255】計量終了 世界戦もプレリミも、男女フライ級に注目。タフネス、ウェルター級生き残り合戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
UFC Result UFN on ESPN+30 UFN172 アスカル・アルカロフ アリアネ・リプスキ アルマン・ツァルキャン デイヴィソン・フィゲイレド ブログ ラファエル・フィジエフ

【UFN172】試合結果 フィゲイレドがフライ級王者に。アスカロフ&ツァルキャンも強さ見せる

【写真】ベナビデスを寄せ付けなかったフィゲイレドはフライ級の頂点に立った(C)Zuffa/UFC

19日(日・現地時間)、UAEはアブダビのヤス島=UFC Fight IslandでUFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vsBenavidez 2」が開催され、デイヴィソン・フィゲイレドがジョセフ・ベナビデスをRNCで落とし、UFC世界フライ級王座決定戦に勝利した。

2月の王座決定戦では体重オーバーで、KO勝ちもタイトルを手にできなかったフィゲイレドが、ベナビデスを圧倒。3度ダウンを奪った末にRNCで失神に追い込んでベルトを腰に巻いた。

ケルヴィン・ガステラムにヒールを極めたジャック・ヘルマンソン、マーク・ディアキーシーの腹を効かせ勝利したラファエル・フィジエフ、そしてアリアネ・リプスキはルアナ・カロリーナをヒザ十字で破るなどメインカードはインパクトが残る試合が連続した。

新王者が誕生したフライ級では、テイクダウン&コントロールでアレッシャンドリ・パントージャを制したアスカル・アルカロフが派手さはないが、実力者ぶりを発揮した。

この他、プレリミでもADCC王者ダヴィ・ハモスにがアルマン・ツァルキャンの打撃&テイクダウンに敗れただけでなく、オープニングファイトで組まれたライトヘビー級戦=セルゲイ・スピヴァク✖カルロス・フィリッピを含め、ブラジル勢はロシア&旧ソ連勢が三タテを食らっている。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ラファエル・フィジエフ✖マーク・ディアキーシー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=デイヴィソン・フィゲイレドアリアネ・リプスキ

UFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vs Benavidez 2」
<UFC世界フライ級王座決定戦/5分5R>
○デイヴィソン・フィゲイレド(ブラジル)1R4分48秒
RNC
詳細はコチラ
×ジェセフ・ベナビデス(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ジャック・ヘルマンソン(ノルウェー)1R1分18秒
ヒールフック
詳細はコチラ
×ケルヴィン・ガステラム(米国)
<ライト級/5分3R>
○ラファエル・フィジエフ(キルギス)3R
判定
詳細はコチラ
×マーク・ディアキーシー(英国)
<女子フライ級/5分3R>
○アリアネ・リプスキ(ブラジル)1R1分28秒
ヒザ十字
詳細はコチラ
×ルアナ・カロリーナ(ブラジル)
<フライ級/5分3R>
○アスカル・アスカロフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ロマン・デリツ(ジョージア)1R4分15秒
TKO
×カディス・イブラヒモフ(ロシア)
<150ポンド契約/5分3R>
○グラント・ドーソン(米国)3R
判定
×ナッド・ネアモリ(英国)
<ライト級/5分3R>
○ジョエル・アルバレス(スペイン)1R2分25秒
ギロチン
詳細はコチラ
×ジョー・ダフィー(アイルランド)
<バンタム級/5分3R>
○ブレット・ジョンズ(英国)3R
判定
×モンテル・ジャクソン(米国)

<フライ級/5分3R>
<フライ級/5分3R>
○アミール・アルバジ(スウェーデン)1R4分42秒
三角絞め
詳細はコチラ
×マルコム・ゴードン(カナダ)
<ライト級/5分3R>
○アルマン・ツァルキャン(アルメニア)3R
判定
詳細はコチラ
×ダヴィ・ハモス(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○セルゲイ・スピヴァク(ウクライナ)3R
判定
×カルロス・フィリッピ(ブラジル)
カテゴリー
Interview UFC UFN on ESPN+30 UFN172 アリアネ・リプスキ ブログ

【UFN172】「勝利を手にすることに飢えている」──寝技でもデンジャラス=美獣アリアネ・リプスキ

【写真】痛い痛しさが伝わってくる──カーフスライスを切り返したヒザ十字だった(C)Zuffa/UFC

19日(日・現地時間)に、UAEはアブダビ・ヤス島=UFC Fight Islandで行われたUFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vs Benavidez 2」で、デンジャラスクイーン=アリアネ・リプスキが、ルアナ・カロリーナを危険なヒザ十字で倒した。

KO狙い、グラウンドでも自信があったリプスキは今後、どのように考えているのか。


アリアネ・リプスキ
「彼女のことを研究していたから、凄く自信はあったわ。だからプレッシャーを掛けて戦ったの。グラウンドになれば彼女はガードゲームに優れているから、寝技では私をガードの中に入れようとすることも分かっていた。レッグロックやフットロックの対策練習もとてもハードにやってきたし、本当に自信を持って戦うことができたの。KO勝ちを狙っていると同時に、寝技になっても初回で極める自信もあった。

オクタゴンに入ってからも、ベストを尽くしてただ楽しもうと思っていたの。もっと皆の前で戦いたい。少しでも早くオクタゴンに戻りたい。私はランク入りしていないから、コーチとマネージャーと話してランクインするための最高のオプションを見つけようと思っている。まったくケガはないし、私はまだ若い。そしてハングリー。もっと勝ちたい。勝利を手にすることに飢えているの」

カテゴリー
Report UFN on ESPN+30 UFN172 アリアネ・リプスキ ブログ ルアナ・カロリーナ

【UFN172】カースライスに対し、ヒザ十字。デンジャラスクイーン=リプスキがカロリーナから一本勝ち

<女子フライ級/5分3R>
アリアネ・リプスキ(ブラジル)
Def.1R1分28秒byヒザ十字
ルアナ・カロリーナ(ブラジル)

カロリーナのローにワンツーを合わせたリプスキ。続くローにボディフックを受けたカロリーナがバランスを崩しガードを取る。ガードから立ち上がりパンチを狙ったリプスキに対し、カロリーナはヒールからバックを伺いカーフスライスの体勢に。リプスキはカロリーナの腹の上に座った形で、左足を取りヒザ十字。悲鳴を挙げてカロリーナがタップし、リプスキが一本勝ちした。

「素晴らしい気分よ。自信を再び与えてくれたヘッドコーチに感謝している。KOしたかったけど、柔術にも自信を持っていたから。チェックマット・クリチバに感謝している。すぐにでもオクタゴンに戻ってきたい。この機会をくれたUFCに感謝している。そしてボーナスが欲しいわ」とリプスキは話した。


カテゴリー
Interview UFC UFN on ESPN+30 UFN172 アリアネ・リプスキ ブログ ルアナ・カロリーナ

【UFN172】美しすぎるファイター、デンジャラスクイーン=アリアネ・リプスキがベストバウト宣言!!

【写真】リモートインタビューでも、ヘアスタイルを気にする場面が何度なく見られたリプスキ (C)Zuffa/UFC

19日(日・現地時間)に、UAEはアブダビ・ヤス島=UFC Fight Islandで開催されるUFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vsBenavidez 2」で、ヴァイオレンス・クィーンこと、アリアネ・リプスキがルアナ・カロリーナとオクタゴン3戦目を戦う。

美しすぎるファイター、元KSW女子フライ級王者はUFCで1勝2敗という戦績ながら契約を更新することとなった。5月、そして6月と2度流れたカロリーナとの一戦は、激しい打撃戦になることをリプスキは明言した。


──2度、この対戦はキャンセルされ3度目の正直でファイトアイランドで実現することになったけど、今の気持ちは?

「2月からトレーニングしてきたから、準備は凄くできているわ。2度延期になったけど、ここファイトアイランドで私がどれだけ成長したかを披露することができることを本当にエキサイトしているの。ここで戦えることは、本当に幸せよ」

──3試合目で契約を更新できたけど、この意味は?

「きっと私はクリチバのファイターらしく、打撃でハードに攻めるからファンの皆に気に入ってもらえたんだと思う。私がハートで戦うことをUFCも理解してくれたんじゃないかしら。もしそうなら、本当に嬉しいわ。去年からUFCで戦うようになって、ジョジョ(ジョアン・カルダーウッド)は凄くタフな相手だったし、色んなことを学び、たくさん成長できたはず。

初勝利を挙げて、新たにUFCと契約ができたことで再び自信を取り戻すことができたわ。この試合で勝つことに集中しているけど、それからランクアップしていくつもりよ」

──ヨアナ・イェンジェチックと戦って勝つ自信は?

「毎晩のように彼女と戦いたいと思っているわ(笑)。勝つならKOね。グラウンドゲームも凄く成長しているけど、サブミッションでなく。MMAファイターとして成長していると思っているから、もしヨアナとの試合が実現するなら全身全霊で戦い、勝ち方なんて考えないで最初から最後まで勝利を目指すでしょうね。

ヨアナは私の大好きなファイターで、凄く影響を受けてきたの。だから彼女との試合が実現するなら、全力で戦うだけね」

──2度勝てなかった時はナーバスになっていた?

「ナーバスになっているとかではなくて、UFCに来た時は3カ所ほどケガをしていたから。対朝が良くなかった。でも今はケガもないし、凄く調子は良いわ」

──ルアナ・カロリーナもストライカーだから、バチバチの試合になるかな?

「そのつもりで準備をしてきたけど……もちろん、KOで勝つことが一番だし、そうしたいと思っている。いずれにしても、今大会で1番か2番のベストファイトになることは間違いないわ」

■UFN172計量結果

<UFC世界フライ級王座決定戦/5分5R>
デイヴィソン・フィゲイレド: 125ポンド(56.7キロ)
ジェセフ・ベナビデス: 125ポンド(56.7キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジャック・ヘルマンソン: 186ポンド(84.37キロ)
ケルヴィン・ガステラム: 186ポンド(84.37キロ)

<ライト級/5分3R>
マーク・ディアキーシー: 156ポンド(70.76キロ)
ラファエル・フィジエフ: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
アリアネ・リプスキ: 126ポンド(57.15キロ)
ルアナ・カロリーナ: 126ポンド(57.15キロ)

<フライ級/5分3R>
アレッシャンドリ・パントージャ: 125ポンド(56.7キロ)
アスカル・アスケロフ: 126ポンド(57.15キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
カディス・イブラヒモフ: 206ポンド(93.44キロ)
ロマン・デリツ: 206ポンド(93.44キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
グラント・ドーソン: 150ポンド(68.03 キロ)
ナッド・ネアモリ: 150ポンド(68.03 キロ))

<ライト級/5分3R>
ジョエル・アルバレス: 156ポンド(70.76キロ)
ジョー・ダフィー: 155.5ポンド(70.53キロ)

<バンタム級/5分3R>
ブレット・ジョンズ: 136ポンド(61.69キロ)
モンテル・ジャクソン: 136ポンド(61.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
マルコム・ゴードン: 135ポンド(61.24キロ)
アミール・アルバジ: 136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
ダヴィ・ハモス: 156ポンド(70.76キロ)
アルマン・ツァルキャン: 156ポンド(70.76キロ)

<ヘビー級/5分3R>
セルゲイ・スピヴァク: 240ポンド(108.86キロ)
カルロス・フィリッピ: 261ポンド(118.38キロ)

カテゴリー
News UFC UFN on ESPN+30 UFN172 アスカル・アスカロフ アリアネ・リプスキ アレッシャンドリ・パントージャ ジョセフ・ベナビデス デイヴィソン・フィゲイレド ブログ マルコム・ゴードン

【UFN172】対戦カード メインでフライ級王者決定戦。松場貴志戦が実現しなかったTKO王者初参戦!!

【写真】2月29日のUFN169では体重オーバーで王座を得る権利を失したフィゲイレドが、ベナビデスをKOしている(C)Zuffa/UFC

2020年7月19日(日・現地時間)
UFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vsBenavidez 2」
UAE アブダビ
UFC Fight Island

■視聴方法(予定)
7月19日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<UFC世界フライ級王座決定戦/5分5R>
デイヴィソン・フィゲイレド(ブラジル)
ジェセフ・ベナビデス(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジャック・ヘルマンソン(スウェーデン)
ケルヴィン・ガステラム(米国)

<ライト級/5分3R>
マーク・ディアキーシー(英国)
ラファエル・フィジエフ(キルギス)

<女子フライ級/5分3R>
アリアネ・リプスキ(ブラジル)
ルアナ・カロリーナ(ブラジル)

<フライ級/5分3R>
アレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)
アスカル・アスカロフ(ロシア)

<ライトヘビー級/5分3R>
カディス・イブラヒモフ(ロシア)
ロマン・デリツ(ジョージア)

<150ポンド契約/5分3R>
グラント・ドーソン(米国)
ナッド・ネアモリ(英国)

<ライト級/5分3R>
ジョエル・アルバレス(スペイン)
ジョー・ダフィー(アイルランド)

<バンタム級/5分3R>
ブレット・ジョンズ(英国)
モンテル・ジャクソン(米国)

<フライ級/5分3R>
マルコム・ゴードン(カナダ)
アミール・アルバジ(スウェーデン)

<ライト級/5分3R>
ダヴィ・ハモス(ブラジル)
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)

<ライトヘビー級/5分3R>
セルゲイ・スピヴァク(ウクライナ)
カルロス・フィリッピ(ブラジル)