カテゴリー
ONE ONE Collision Course02 ONE115 Report アミール・カーン パク・デソン ブログ

【ONE Collision Course02】隔離で父の葬儀に列席できなかったカーンが、パク・デソンに1-2で敗れる

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
パク・デソン(韓国)
Def.2-1
アミール・カーン(シンガポール)

サウスポーに構えたパク・デソンに対し、距離と詰めるカーンが左ジャブやハイを見せる。右ハイをブロックしたパク・デソンは、ローを蹴るがバランスを崩し──すぐに立ち上がる。積極的に圧力を掛けるカーンが、右フックを入れる。続くステップインからの右フックにフックを返したパク・デソンが、足を取ってテイクダウンを決める。

クローズドガードのカーンがガードを開くと、果敢にパスを狙うパク・デソンは、スクランブルでバックへ。後方にテイクダウンを決め、サイドで抑える。上四方に回り、ヒザを頭部に入れるパク・デソンに対し、カーンは左を差して背中を見せたままスクランブルに持ち込み、スタンドへ。直後に右フックから前蹴りを入れる。

パク・デソンは右ハイをブロックして、右フックを繰り出す。カーンも蹴りで距離をとり、前に出て右ミドルを蹴り込む。最後もワンツーから左の蹴りをカーンが繰り出して時間となった。

2R、ローを蹴り合った両者、カーンの右フックにパク・デソンが左フックを合わせていく。サウスポー基調から、オーソの時間が長くなったカーンは前足を変えながら右の蹴りを繰り出す。ややバタついた感のあるカーンだが、手数はパク・デソンを上回る。

パク・デソンにレフェリーが攻めるように注意が入る。とパク・デソンがダブルレッグでテイクダウンを決める。左右のパンチを続け、ガードが空くとパスを狙うパク・デソンに対し、カーンは必死にクローズドを続ける。パスされると、足を引いて立ち上がったカーンが前蹴りから左ジャブを伸ばす。疲れたように見えるパク・デソンは、背中を見せて小走りを見せるも、手は出さず時間となった。

最終回、パク・デソンのローに、カーンが右ハイを狙う。続いて右ミドルを入れたカーンは、走り込んで腹をもう一度蹴っていく。パク・デソンはローをキャッチして、軸足を払ってテイクダウンを決める。

簡単に倒れるカーンはここもクローズドガードを取り、一気に離れてスクランブルを狙う。ケージを背にしたカーンが立ち上がると、パク・デソンも自ら離れる。左に回るパク・デソンが今度は右ハイをキャッチし、リフトからダブルレッグに移行して4度目のテイクダウンを決める。

サイドで抑えられたカーンは、ケージを蹴るが枕で固められ動けない。それでもカーンはケージキックから後転し、スタンドへ。途中でヒザを入れたパク・デソンは、離れて左ストレートを当てる。残り1分、蹴りはあるが拳の攻撃は少なくなったカーンは、意を決し右を振って前に出るが、右フックを逆に当てられる。それでも左ジャブを伸ばし、右を狙ったカーンだが近距離でクリーンヒットはなくタイムアップに。

結果はスプリットに割れ、パク・デソンが判定勝ちを手にした。父を亡くし、バブルで隔離のために葬式に出なかったカーンが試合後のインタビューで、「勝ちたかったけど、そうはならなかった。何度かテイクダウンを取られてね」と話した。


The post 【ONE Collision Course02】隔離で父の葬儀に列席できなかったカーンが、パク・デソンに1-2で敗れる first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Collision Course02 ONE115 アミール・カーン カイラット・アクメトフ キム・デフォン パク・デソン ブログ ホイ・リアン 仙三

【ONE Collision Course02】計量&ハイドレーション結果 仙三出場大会、カーン✖元セクハラ王子も注目

【写真】アグレッシブな打撃は当然として、ホドリゴ・カプラルに組み勝っているなど、ケージレスリングでの削り合いも応じることができる元セクハラ王者パク・デソン(C)MMAPLANET

25日(金・現地時間)に中継されるONE115「Collision Course02」の最終計量及びハイドレーション結果が発表された。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


日本から出場する仙三、MOMOTAROは対戦相手のホイ・リアン、ヴァウテウ・ゴンカウベスと共に体重、ハイドレーションともにクリア。ゴンカウベスはハイドレーションが1.0248とギリギリだった。

仙三の試合を含めMMA4試合の模様が中継される今大会、ダニー・キンガド戦を失ったカイラット・アクメトフは先週のライブ中継分でヨッカイカー・フェアテックスに不可解な判定負けを喫した和田竜光と対戦予定だったキム・デフォンと相対する。

注目はアミール・カーンと元セクハラ王子ことパク・デソンのライト級か。カーンはシンガポール人かつEvolve MMA所属でタイトル挑戦経験もあるが、真のトップになり切れていない。活動再開後はラウル・ラジュにTKO勝ちを収めているものの、パンデミック前の最後の大会では江藤公洋にRNCで完敗を喫している。

その江藤にONEウォリアーと本戦で連勝しているパク・デソンは、現状はONEで3連勝中でタイトルコンテンダー越えを果たし、ランクアップを虎視眈々と狙っている位置にいる。耐える試合は決して苦手でないカーンに対し、耐えるだけでなく攻め続ける気持ちを持っているパク・デソンは、ROAD FC時代に根性ファイトになったホドリゴ・カプラル戦、そして韓国ライト級の勝利といっても過言でないキム・ギョンピョ戦で勝利している。カーンを圧倒するポテンシャルを持つパク・デソンだが、カーンもまた──そういう試合で絶妙のディフェンシブ・アタッカーぶりを発揮するだけに、視聴者に分かりやすい打撃戦になるとパク・デソンが有利だ。

■視聴方法(予定)
12月25日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE115 Collision Course02計量&ハイドレーション結果

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ジャマル・ユスポフ:70.1キロ/ 1.0083
サミー・サナ:70.3キロ/ 1.0195

<62キロ契約/5分3R>
カイラット・アクメトフ:61.2キロ/ 1.0176
キム・デフォン:62.2キロ/ 1.0144

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
MOMOTARO:60.95キロ/ 1.0099
ヴァウテウ・ゴンカウベス:60.45キロ/ 1.0248

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン:77.05キロ/ 1.0099
パク・デソン:77.1キロ/ 1.0156

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
ライモンド・マゴメダリエフ:83.3キロ/ 1.0136
エジソン・マルケス:82.3キロ/ 1.0023

<60キロ契約/5分3R>
仙三:60.0キロ/ 1.0107
ホイ・リアン:60.0キロ/ 1.0214

The post 【ONE Collision Course02】計量&ハイドレーション結果 仙三出場大会、カーン✖元セクハラ王子も注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Collision Course02 ONE115 アミール・カーン パク・デソン ブログ ホイ・リアン 仙三

【ONE Collision Course02】仙三がホイ・リアン相手にONE初勝利を目指す。アクメトフ✖キム戦も!!

【写真】何があろうが、3連敗は許されない仙三が未知の対戦相手ホイ・リアンと相対する(C)KEISUKE TAKAZAWA & ONE

25日(金・現地時間)に中継されるONE115「Collision Course02」の対戦カードが発表され、日本から仙三が出場し中国のホイ・リアンとのマッチアップが明らかとなった。

シンガポール・インドアスタジアムで収録されたCollision Course大会でのディレイ中継される通称Dark Seriesはメインがムエタイのジャマル・ユスポフ✖サミー・サナ戦で、同じくムエタイでMOMOTARO✖タイトルコンテンダー=ヴァウテウ・ゴンカウベス戦も配信される。


仙三は昨年10月の日本大会におけるリト・アディワン戦以来、実に1年2カ月ぶりの一戦。ホイ・リアンはパンデミックによる活動停止後、初のONEのイベントとなった6月のHERO SERIESにおけるスオロンチャシー戦でONE初陣を戦い、判定負けを喫している。

それまでWLF(武林風)、Kunlun Fight、M-1Challengeでキャリアを積んできたホイ・リアンの戦績は5勝5敗。背が低く、手足も決して長くない豆タンクのような体格の持ち主だ。低い体勢からテイクダウン、その前に放たれるオーバーハンドやショートのフックへの注意は必要だが、仙三としては負けていられない試合となる。

またアミール・カーン✖パク・デソン、ライモンド・マゴメダリエフ✖エジソン・マルケスという当初はライブ中継枠で発表されていた試合に加えて、アクメトフ✖キム・デフォン戦もラインナップにある。

キム・デフォンも元々はライブ枠で和田竜光と対戦予定だったが、急遽ヨッカイカーに相手が変わった裏でアクメトフとの試合が決まっていたようだ。アクメトフは元々4日の大会でダニー・キンガド戦が決定していたが流れていた。2週間前の大会出場がなくなったアクメトフが、ここで戦うことで和田✖キム・デフォンが試合の1週前にシャッフルされたことも考えられる。

■視聴方法(予定)
12月25日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE115 02対戦カード

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ジャマル・ユスポフ(ロシア)
サミー・サナ(フランス)

<62キロ契約/5分3R>
カイラット・アクメトフ(カザフスタン)
キム・デフォン(韓国)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
MOMOTARO(日本)
ヴァウテウ・ゴンカウベス(ブラジル)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン(シンガポール)
パク・デソン(韓国)

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
ライモンド・マゴメダリエフ(ロシア)
エジソン・マルケス(ブラジル)

<60キロ契約/5分3R>
仙三(日本)
ホイ・リアン(中国)

The post 【ONE Collision Course02】仙三がホイ・リアン相手にONE初勝利を目指す。アクメトフ✖キム戦も!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 Report アミール・カーン ブログ

【ONE Reign of Dynasties】アミール・カーンが父に捧げる、離れ際の右エルボーからのパウンドアウト

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン(シンガポール)
Def.1R4分47秒by TKO
ラウル・ラジュ(シンガポール)

父の余命が数カ月、KO勝ちを見せるとケージに足を踏み入れたカーン。まず右ローを蹴ったカーン、ラジュもローを返す。カーンは右ローを続け、左ジャブを伸ばす。ラジュは右ローを蹴られ、同じく右ローを返す。カーンのローをキャッチしそこなかったラジュは、カーフ気味の蹴りを左に受け、直後のクリンチはすぐに両者が距離を取り直す。

カーンは左ローから左右のフック、離れて右ローもラジュが右ストレートを合わせる。左ミドルを入れたカーンが、右ローを続ける。ラジュはシングルへ。ヒザが浅かったカーンはハイクロッチから体を浮かされ、アンクルピックで尻もちをつかさせる。立ちあがったカーンのバックに回ったラジュは正面に回るとダブルレッグに移行し、もう一度バックに回る。2度目テイクダウンを許したカーンは立ち上がると、離れ際に右エルボーを入れてダウンを奪う。

そのまま右のパウンドをまとめたカーンがTKO勝ちを決めた。


The post 【ONE Reign of Dynasties】アミール・カーンが父に捧げる、離れ際の右エルボーからのパウンドアウト first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 アミール・カーン アレクシ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!!

【写真】脳腫瘍で闘病中の父のために戦うという記事がシンガポールで大きく報じられているアミール・カーン (C)MMAPLANET

本日9日(金・現地時間)。シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE112「Reign of Dynasties」の最終計量及びハイドレーション結果が発表されている。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


いよいよ本拠地シンガポールで、海外かの出場選手を迎えて行われONE Championship。2度に渡って行われたバンコク・シリーズと違い、6試合中5試合がMMAの今大会──いよいよONEも本来の形を取り戻す一歩となる。

アレクシ・トイヴォネン、アミール・カーン、エコ・ロニ・サプトラ、デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク、そしてロシャン・マイナムらイヴォルブMMA在籍ファイターが、豪州や中国からのやってきた選手たちを迎える今大会。計量、ハイドレーションともにパスできなかったファイターはなかった。

以下、ハイドレーションと計量結果だ。
※赤字の選手の名前をクリックするとインタビューに跳びます

■ONE Reign of Dynasties計量結果
<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ:56.0キロ/ 1.0140
[挑戦者]ジョシュ・トナー:56.35キロ/1.0116

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
アレクシ・トイヴォネン:60.9キロ/1.0095
リース・マクラーレン:60.1キロ/1.0040

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン:76.4キロ/1.0222
ラウル・ラジュ:76.7キロ/1.0070

<63.5キロ契約/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ:63.0キロ/1.0218
ムルガン・シルブラージョ:63.3キロ/1.0152

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク:56.65キロ/1.0214
ハシガトゥ:56.0キロ/1.0083

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ロシャン・マイナム:61.15キロ/ 1.0218
リュウ・ペンシュアイ:60.5キロ/1.0070

The post 【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE112 Reign of Dynasties アミール・カーン アレクセイ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。

【写真】セミのフライ級マクレーラン✖トイヴォネン、アミール・カーン、デェダムロンとタイ大会とは違ったMMAが見られそうだ(C)MMAPLANET

28日(月・現地時間)にONE Championshipより、10月9日(金・同)に本拠地シンガポールでONE Reign of Dynasties=無観客大会を行うことがついに発表された。

ONEのオフィシャル・ホームページでは既に同大会の日時、大会名、サムエー・ガイヤーンハーダオとジョシュ・トナー、MMAではリース・マクラーレンとアレクセイ・トイヴォネンのグラフィックが発表されてきた。が、それ以外のカード発表はなく、シンガポール政府から許可が下りていないのではないかという憶測も聞かれたが、大会12日前にしてようやく正式にアナウンスされた。


今回のリリースによると、メインとセミはやはりグラフィックが用いられていた選手のアッチアップとなり、メインでサムエーがトナーを相手にONEムエタイ世界ストロー級王座防衛戦を戦う。

セミはマクラーレン✖トイヴォネンのMMAフライ級マッチだ。今回のリリースではこのほか3試合、アミール・カーン✖シンガポール在住のインド人選手ラウル・ラジュのライト級戦、63.5キロ契約でインドネシアのエコ・ロニ・サプトラ✖マレーシアのムルガン・シルブラージョ戦。

さらにはストロー級のデェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク✖中国のハシガトゥ、第1試合ではインドのロシャン・マイナム✖中国のリュウ・ペンシュアイという顔合わせが明らかとなっている。MMAが5試合とムエタイが1試合、ここはタイ・シリーズのようにリング使用でなく、7カ月ぶりのケージ大会になる見込みが高そうだ。

さらにいえば全6試合中、第1試合のマイナムからデェダムロン、エコ・ロニ、カーン、トイヴォネン、サムエーと片側のコーナーは全てがEvolve MMA所属選手で固められている。

海外からの入国は中国勢とクアラルンプールからのシルブラージョ、そして豪州勢が2名となっており──10月に開催が噂されるスーパー・メガショーへの布石、あるいは試金石となる本拠地イベントだ。

The post 【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。 first appeared on MMAPLANET.