カテゴリー
ACA ACA127 BELLATOR Brave CF LFA MMA ONE PFL Special UFC YouTube アザマット・カレフォフ キム・テキュン クリス・ウェード ナルザン・アキシェフ モヴリッド・ハイブラエフ ラスル・アルバスカノフ 松嶋こよみ 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:8月─その参─カレフォフ ✖アルバスカノフ「春日井、強かった」

【写真】2017年12月23日に春日井たけしと戦った時の──現ACAフライ級王者アザマット・カレフォフ (C)MMAPLANET

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

背景、技術、格闘技観──青木のMMA論で深く、そして広くMMAを愉しみたい。

青木が選んだ2021年8月の一番、第三弾は8月28日に行われたACA127 からACAフライ級選手権試合=アズマット・カレフォフ✖ラスル・アルバスカノフ戦について語らおう。


──青木選手が選ぶ8月の一番、最後の試合は何になるでしょうか。

「カレフォフ ✖アルバスカノフですね。カレフォフって、HEATで春日井たけし選手、寒天とやっていて。ロシア人あるあるなんですけど、前のACAフライ級王者で今はUFCのアスカル・アルカロフって選手がいるじゃないですか。彼がバックマウントからのツイスターとか、アナコンダチョークという今のMMAでは王道でないサブミッションを使います。

カレフォフもアナコンダで勝っていて。ロシア人のあの階級って、背が高くてスタイルが似通っていますよね」

──柔術でなく、レスリング&サブミッションという風にも見えます。

「そうですね、絞めのあるサンボっぽさもあるし。そこに今のMMAにあるモノを取り入れているような」

──アルバスカノフが途中で下から左足でフックして、左側にカレフォフを跳ねてギロチンを取り直した。

「サンボですよね。米国やブラジルでは見ない。アルバスカノフは初回と2Rを取っている。あの選手も相当に強いけど、カレフォフが押し切りました」

──アルバスカノフはこれでフロント系のチョークで負けるのが4度目になります。

「だって非効率な試合をしているから、疲れますよ」

──非効率とは?

「思い切り倒して、思い切り極めに行く。パンチも全力で5R持たないだろうっていう試合をする選手、ACAには多いじゃないですか」

──確かにその通りです。そこをカレフォフは待っていたということでしょうか。

「チャンスは伺っていたと思います。初回に下から腕十字とか取りに行っていますし。ゆっくりと腰を切って、抱えるようにして……渡辺直由さんみたいな腕十字ですよね。ジワッときて。アレで腕を取られていると、アルバスカノフは消耗したと思います。

打撃は効かせていましてけど、2Rと3Rにテイクダウンを取ってもスクランブルで上を取り返されてしまって。もうスタミナがなくなっていましたね」

──あれだけの猛攻をしのいで極める。カレフォフは逆境に強いですね。それこそHEATでも本戦で勝ったと思われたのですが、延長になり気持ちが切れるかと思いきや勝ち切った。

「大内刈りでポイントを取ってしまう。タフですよね。これで15連勝、スプリットもあって……負けかけた試合も取り返している。いや、強いですよ」

──フライ級はBellatorとPFLに王座がなく、ACAもそうですがLFA、BRAVE、ONE、日本と人材がまだ散らばっているように感じます。

「UFCが一度、フライ級を閉じる方向で選手を手放したのもあるし……ただ一見散らばっているようでいて、フライ級は他の階級と比較すると、タレントはもともと少ないですよ。アスカロフもUFCで王座まで行っていない。それでもUFCがフライ級を続けることになって、また吸い上げていく。

ただBRAVEに出ている中央アジア勢とかもいるし、日本の56キロの選手はACAやBRAVE CFを見ていないと厳しいですね。そこで戦えとは言わないですけど、チェックはしておこうねってこと。見ている方が良いというか、見ていないと世界、世界っていっても取り残されます」

──でも、見ないですよねぇ。

「そうなんですよね。そもそも、コレを見楽しめるのか。僕なんて、コレを見てドキドキできるから……楽しいですよ。カレフォフを見ていると、この選手とやり合っていた春日井ってあの時、強かったんだなって思えるし。

ヘルベウチ・バーンズにONEで勝っているモヴリッド・ハイブラエフ、今はPFLで戦っているけど『やっぱり、コイツ強かったんだ』って思えるし。

あとからアイツが強かったんだっていうのがあるというのは、試合を見てきたうえでの結果論です。見ていないと、ただ知らないで終わっているということで。そういうことを最近、PFLでクリス・ウェードやハイブラエフ、このACAでアザマット・カレフォフを見て思いました。

もっと試合は見た方が良いです。僕もYouTubeに落ちている試合なんかは、TRIBEの選手は投げるようにしているんですけど」

──それでいうと先日のBRAVE CFのキム・テキュンとナルザン・アキシェフの試合を、松嶋こよみ選手がチェックしていて驚きました。

「確かに……。松嶋選手はBRAVEをチェックしていたのですね。いや、選手がどういう試合をチェックしておくのか、そういう部分でもその選手がどういう風に考えているのかが見えてきますしね。本人が気づかないケースもあるだろうから、周囲にそういうことを気付く人がいてくれるのもありで。そういう環境は必要です」

The post 【Special】月刊、青木真也のこの一番:8月─その参─カレフォフ ✖アルバスカノフ「春日井、強かった」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ACA113 other MMA Preview アザマット・カレフォフ オレッグ・ボリソフ カナット・ケルディベコフ シャミル・シャフブラトフ ブログ

【ACA113】あと1時間でスタート、ACA。HEATベテラン=カレフォフが初防衛戦。キルギス勢も注目

【写真】かつてHEATのケージで春日井を破っているACAフライ級王者カレフォフ (C)MMAPLANET

6日(金・現地時間)、ロシアはモスクワのVTBアレーナでACA113が開催される。

ブラジル勢の招聘が再開されたACAでは、今回も4人のブラジル人選手が出場する。そんなモスクワで会場名を公開し有観客で行われる今大会のメインはACAフライ級王者アズマット・カレフォフにクルバン・ガジエフが挑戦する一番だ。


今年の2月にマンスル・ハトゥエフを破り、同王座に就いたカレフォフは2017年の12月にHEATに来日し春日井たけしを破っているファイターだ。当時はACBの人材育成大会=Young Eagleに出場していたカレフォフは、ナンバーシリーズ初戦で今回の挑戦者であるガジエフと対戦し判定勝ちを収めている。

その後、ACAが発足すると3連勝で王者につき、通算戦績は13勝0敗と未だに無敗を守っている。セミでは3月にダニエル・オリヴェイラに敗れバンタム級王座を取り逃したシャミル・シャフブラトフが、同じくブラジリアンのヴァルテル・ペレイラJrと再起戦を戦う。

そのバンタム級ではまさかの3連敗中──崖っぷちのオレッグ・ボリソフが、反対にACAで3連勝中のクレベウソン・シウバとマッチアップされている。またキルギスから3月にペレイラJrに敗れた、同国のナンバーワン人気=タイソンことカナット・ケルディベコフ、キャリア7勝0敗のファルルク・アジエフが参戦。注目だ。中央アジア#02のキルギス勢がACAのプレリミでどのようなパフォーマンスを見せるのか、興味深い。

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)、
午後11時~ ACA TV

■ACA113対戦カード

<ACAフライ級王座決定戦/5分5R>
[王者]アズマット・カレフォフ(ロシア)
[挑戦者]クルバン・ガジエフ(ロシア)

<バンタム級/5分3R>
シャミル・シャフブラトフ(ロシア)
ヴァルテル・ペレイラJr(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ラシッド・マゴメドフ(ロシア)
アルティオム・ダムコフスキー(ベラルーシ)

<ウェルター級/5分3R>
エリアス・シウベイロ(ブラジル)
ガムザット・キラマゴメドフ(ロシア)

<ミドル級/5分3R>
ノダル・クドゥコシュビリ(ジョージア)
アブドゥルラクマン・ジャナエフ(ロシア)

<バンタム級/5分3R>
クレベウソン・シウバ(ブラジル)
オレッグ・ボリソフ(ロシア)

<フライ級/5分3R>
ムラッド・ジヌラビドフ(ロシア)
マイコン・シルヴァン(ブラジル)

<ウクライナ級/5分3R>
ワジム・シュバダシュ(ウクライナ)
アレクセイ・エフレモフ(ロシア)

<ウェルター級/5分3R>
ラスル・ショカロフ(ロシア)
クリスチャン・ブリンツァン(イタリア)

<フェザー級/5分3R>
アレクサンデル・マトムラトフ(ロシア)
カナット・ケルディベコフ(キルギス)

<ライト級/5分3R>
バイザット・ハフホフ(ロシア)
イワン・ソロヴィエフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
イスラム・オマロフ(ロシア)
ザミール・アリプシェフ(ロシア)

<フライ級/5分3R>
ルスラン・アビルタロフ(ウクライナ)
ファルルク・アジエフ(キルギス)

The post 【ACA113】あと1時間でスタート、ACA。HEATベテラン=カレフォフが初防衛戦。キルギス勢も注目 first appeared on MMAPLANET.