カテゴリー
ACA Brave CF BRAVE CF53 BRAVE CF55 MMA UFC アザット・マクスン アス・アルマバエフ アリ・バガウティノフ アレクサンダル・ドスカルチュク カスム・カスモフ ガムザット・マゴメドフ ブライン・オドリスコール ホゼ・トーレス ムハマド・モカエフ モチャメド・マカエフ

【BRAVE CF55】フライ級王座決定T準決=バガウティノフ✖ホゼ・トーレス決定!! マカエフ✖カスモフも!!

【写真】ついにバガウティノフ✖トーレスの準決勝が行われる。ムハマド・モカエフはトーレス有利と予想していた (C)BRAVE CF

11月6日(土・現地時間)、ウクライナ国境にほど近いロシアはロストフ・ナ・ドヌーでPRO FCとの共同プロモーションで開催されるBRAVE CF55の陣容が固まりつつまる。

メインはBRAVE CFフライ級王座決定トーナメント準決勝=アリ・バガウティノフ✖ホゼ・トーレス、コメインでモチャメド・マカエフ✖カスム・カスモフのバンタム級マッチが組まれている。


BRAVE CFの最軽量級王座決定トーナメントは昨年9月24日のBRAVE CF42で開幕──本来は準々決勝4試合が消化される予定だったが、ダスティン・オーティズと対戦予定のマルセル・アドゥルの早々に負傷欠場し、QFの1試合が別大会にスライドされた。

ここから交通整理が必要なほど紆余曲折が見られた同トーンメントの進捗状況は以下の通りだ。

BRAVE CF4ファイトウィークになり、ザック・マコウスキーと対戦するはずだったアブドゥル・フセインが計量中に体調を悪化させ、この試合は延期とならずマコウスキーの不戦勝に。

結果2試合のみ実施された準々決勝では、まずヴェリムアド・アルカソフがフラービオ・ケイロスを判定で下し準決勝進出を決めた。しかし、トーレスはショーン・センテーラとドローで3月最終週のBRAVE CF49で再戦が組まれることに。

が、今度はセンテーラが負傷欠場となり、トーレスの不戦勝が決定し、同大会で彼はキャッチウェイト戦でブライン・オドリスコールを下し留飲を下げている。

BRAVE CF49の翌週に開かれた50回記念大会では準決勝=アルカソフ✖マコウスキーがまず実施され、前者が判定勝ちでファイナル進出を決めた。

直後に1試合残された準々決勝でようやくオーティズがプロモーションデビューを果たし、1月にBRAVE CFに合流したアリ・バガウティノフとUFCベテラン対決で相対するも判定負けとなった。それから7カ月を経て、バガウティノフ✖トーレスと準決勝が11月6日にようやく実現する。

この間、フライ級戦線ではM-1フライ級正規王者のアレクサンダル・ドスカルチュクに母国カザフスタン大会=BRAVE CF53でRNCを極めて勝利したM-1暫定フライ級王者のアス・アルマバエフ

さらに同大会でBRAVE二勝目を挙げたオクタゴン・フライ級王者のアザット・マクスンという2人のカザフ勢が合流。

加えてダゲスタン系英国人の超新星ムハマド・モカエフが順調にキャリアを重ね、今大会でBRAVE初出場となる──12勝3敗のロシアン=リズヴァン・アブエフと、UFCに次ぐと言っても過言でない陣容を誇るようになっている。

そんな実力者揃いのフライ級も、ベルトの持ち主が決定しないと回り始めず、スタック状態だ。

実力伯仲もディフェンス能力でバガウティノフが僅差で、トーレスをリードしているように思われる準決勝の行方が気になる一方で、早々のファイナル実行が期待されるBRAVE CFフライ級戦線だ。

8月のイタリア大会でキャリア11戦目、バンタム級転向初戦で54秒KO負けを喫したマカエフの復帰戦は、戦績13勝1敗のカスモフが相手とプロテクトのプの字も感じられない非常に厳しいファイトが用意された。

アクマット・ファイトクラブ所属の強豪カスモフ、正念場のマカエフ、そのマカエフを破ったKHK MMA所属のガムザット・マゴメドフらが、スティーブン・ローマンが返上したBRAVE CFバンタム級王座を巡る戦闘地域に赴いている。

米国、ブラジル、ロシア、中央アジア、欧州勢らが虎視眈々と王座を狙うフライ級に対し、国籍こそオーストリアだがチェチェン人のマカエフ、バーレーン在住のダゲスタン人マゴメドフ、ACAの虎の穴アクメットFC所属のカスモフと──コーカサスの戦闘民族が砂漠のバンタム級王座を争う状態になっている。

The post 【BRAVE CF55】フライ級王座決定T準決=バガウティノフ✖ホゼ・トーレス決定!! マカエフ✖カスモフも!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF BRAVE CF54 MMA アザット・マクスン アミン・アユブ ブライン・オドリスコール ムハマド・モカエフ

【BRAVE CF54】アユブが仕切り直しのライト級世界戦。モカエフはキャリア最強オドリスコールと対戦

【写真】BRAVEのスーパーノヴァ、ムハマド・モカエフ (C)BRAVE CF

25日(土・現地時間)にポーランドのコリンで開催されるBRAVE CF54のラインナップが固まってきている。KSWの多数イベントを開くウィッチの西へ50キロにあるコリンで開かれる同大会は、現地のGalana Exclusive Championshipと共同プロモートされる。

メインはBRAVE CFライト級王者アミン・アユブがアフメッド・アミールを相手に初防衛戦を行い、コメインではフライ級の新鋭ムハマド・モカエフがブライン・オドリスコールと対戦するなど、ポーランド色の強くないBRAVE CF本道の上位カードが組まれた。


本来、このライト級選手権試合は4月1日のBRAVE CF50という区切りの大会で組まれていたが、アミールの欠場でキャンセルされていた背景がある。

結局、記念大会で代役のマショラブション・ルジボエフと戦うことにあったアユブだが、このウズベキスタン人ファイターが思わぬ実力者で初回にダウンを喫するという窮地に追い込まれる。その後、盛り返した判定勝ちこそ収めたものの苦戦したイメージは拭えない。とはいえ、この一戦を経験したことで自らの課題を洗い出し、克服してきただろう。

仕切り直しの一戦で、危なかったノンタイトルのキャッチ戦を戦った意義をアユブには期待したい。

バーレーン王国期待のダゲスタン移民の英国人ファイター=モカエフは今年3月にアブドゥル・フセイン戦でデビュー3連勝を果たした。その後、6月のベラルーシ大会ではジョージアのイブラジム・ナブルゾフと対戦も、自らの蹴ったミドルがナブルゾフに急所に入ってしまい試合続行不可能、ノーコンテストになった。その後、8月のカザフ大会で現地のフライ級最強といわれるアザット・マクスンにSNSで挑戦を表明も、この対戦は実現せず、日程的にも1カ月遅れでモカエフはオドリスコールと戦うことになった。

オドリスコールは3月のBRAVE CF49でフライ級王座決定トーナメント1回戦──の再戦でホゼ・トーレスと戦う予定のショーン・センテーラが欠場となり、急遽ワンマッチに代役出場した。結果はトーレスがテイクダウンを多用し、スコアリングで敗れたものの打撃では引けを取らず、いってみれば強気一辺倒のトーレスがトータルファイトにアジャストして勝利を手にしたともいえる。

モカエフにとっては間違いなくキャリア最強の相手であり、層が厚くなる一方のBRAVE CFフライ級戦線で現状、どの位置にあるかが明確となる一戦となる。

The post 【BRAVE CF54】アユブが仕切り直しのライト級世界戦。モカエフはキャリア最強オドリスコールと対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF BRAVE CF53 MMA   アザット・マクスン ムハマド・モカエフ

【BRAVE CF53】アザット・マクスン、右オーバーハンド1発でケイロスをKO─デビューから13連勝

<フライ級/5分3R>
アザット・マクスン(カザフスタン)
Def.1R3分00秒by KO
フラービオ・ケイロス(ブラジル)

マクスンの査定ファイトともいえるケイロス戦。フライ級としては長身、173センチのマクスンはジャブを伸ばし間合いをはかる。素早いジャブから右を見せるマクスンに対し、ケイロスは小刻みにステップを踏み左に回る。マクスンはワンツーをバックステップでかわし、遠い距離で右を振るう。両者、踏み込みがない主導権争いのなかでマクスンがワンツーからステップジャブを届かせる。ケイロスは左フックを踏み込んで放つ。その刹那、マクスンの右オーバーハンドがアゴを打ち抜き、この一発で試合が決まった。

衝撃的なKOで王座決定T出場のケイロスをKOし、デビュー以来の連勝を13に伸ばしたマクスンは、「アラーの思し召しだよ。狙っていたわけじゃないけど、こういう勝ち方が出来て良かった。カザフスタンは世界を制することを証明できた。次? BRAVEはベルトをアルマトゥイに持ってきてほしい」と話した。

以前、フライ級王座決定トーナメントは開始から11カ月を経て、王者が誕生していないが、ムハマド・モカエフに続きアザット・マクスムというタイトルコンテンダーが生まれた。


The post 【BRAVE CF53】アザット・マクスン、右オーバーハンド1発でケイロスをKO─デビューから13連勝 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF BRAVE CF53 MMA   アザット・マクスン キム・テキュン ナルザン・アキシェフ ブラッド・カトーナ ルカス・マルチンス

【BRAVE CF53】計量終了 キム・テキュン✖アキシェフ、問題なし。フライ級のマクスム、13連勝なるか

【写真】大会開始まで、あと2時間半だ (C)BRAVE CF

20日(金・現地時間)、21日(土・同)にカザフスタン アルマトゥイのボラン・ショラック・アテンダ・スポーツ・サライで開催されるBRAVE CF53の計量が行われた。

メインで対戦するナルザン・アキシェフとキム・テキュンを始め、メインカード=7試合に出場する14人のファイター中13人が問題なく計量を終えている。


唯一、ミスウェイトとなったのは74キロ契約でルカス・マルチンスと戦うオルジャス・エスカラエフだ。本来、今大会ではマルチンスと対戦予定だったマルセル・グラビンスキが、コロナウィルス陽性により、ドイツを離れることができなくなり試合の4日前にエスカラエフはキャッチウェイト戦を承諾した。マルチンスとグラビンスキは6月4日のベラルーシ大会のメインで対戦予定だったが、コメイン中にグラビンスキが体調不良となり今大会に延期されていた経緯がある。

「4カ月間準備してきて、試合の4日前に対戦相手が変わった。戦略を練り直す必要がある」と話していたマルチンスだが、急遽出場のエスカレフが1.2キロ・オーバーであっても当然のようにキャッチウェイト戦で戦うことに同意している。

メインのキム・テキュンがBRAVE CFで4連勝となるのか。またフライ級王座決定トーナメントにしていたフラービオ・ケイロスと対戦するアザット・マクスンは、デビュー以来12連勝中のカザフスタン・フライ級#01と言っても過言でない新鋭だ。

3月のバーレーン大会ではミキャエラ・アルジャフージュを3RでTKOしプロモーション・デビューを飾ったマクスンは、今大会を共同開催しているOctagon MMAのフライ級王者だ。王座決定トーナメント出場のケイロスとのマッチアップは、その能力を図るうえで最適なテストマッチ──要注目だ。

■視聴方法(予定)
8月21日(土・日本時間)
午後9時00分~ BRAVE TV

■BRAVE CF53計量結果

<フェザー級/5分3R>
ナルザン・アキシェフ:66.2キロ
キム・テキュン:65.85キロ

<73キロ契約/5分3R>
ヴァシリー・タクチ:73.0キロ
ホジャー・サンパイオ:72.9キロ

<フライ級/5分3R>
アス・アルマバエフ:57.0キロ
アレクサンダル・ドスカルチュク:57.05キロ

<74キロ契約/5分3R>
ルカス・マルチンス:73.8キロ
オルジャス・エスカラエフ:75.2キロ

<バンタム級/5分3R>
ブラッド・カトーナ:61.45キロ
ビール・シュテピン:61.6キロ

<フライ級/5分3R>
アザット・マクスン:57.15キロ
フラービオ・ケイロス:56.75キロ

<68キロ契約/5分3R>
アクメド・マゴメドフ:67.8キロ
イリャ・アスカノフ:67.9キロ

The post 【BRAVE CF53】計量終了 キム・テキュン✖アキシェフ、問題なし。フライ級のマクスム、13連勝なるか first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF48 News other MMA アザット・マクスン アフマド・ラバン アブドゥルラクマン・マフハザエフ イリエ・ジホウン ネンバジャ・コバック ブログ ンコシ・ンデベレ

【BRAVE CF48】計量終了 アラビアンナイトの注目は南アフリカのンデベレ&カザフスタンのマクスン

【写真】観光名所アラード要塞に建てられたケージ──まさに砂漠の王国ならではといえる特設会場だ(C)BRAVE CF

本日18日(木・現地時間)にバーレーンはムハラクにあるアラード要塞に創られた特設会場で開催されるBRAVE CF48「Arabian Night」の計量が行われた。

文字通り中東のファイターが中心となって構成されている4週連続大会の第2弾。バーレーンの観光名所であるアラード要塞内に創られた特設会場で行われる同大会は人材育成の意味もあり14試合という多くの試合が組まれている。


そんなアラビアンナイトのメインはライト級のイリエ・ジホウン✖アブドゥルラクマン・マフハザエフというフランス✖ロシアのムスリム対決となる。

ジホウンは2019年のPFLに出場も準優勝したロイック・ラジャポフ、そのラジャポフに準々決勝でドローだったイスラム・マメドフの両者に揃ってスプリット判定負けと惜敗した──相当な力の持ち主だ。

対するマフハザエフはACBとACAで通算5勝3敗という記録を持つ選手だ。ライト級では実力的に世界の五指に入るといっても過言でない大会で、勝ち上がりきれなかった両者だが、中東でどのような戦いが繰り広げられているのかを確認するうえでもしっかりと見ておきたいマッチアップといえる。

セミはBRAVE特有のスーパーライト級でUAEWから転じてきたレバノン人ファイターのアフマド・ラバンが、セルビアのネバンジャ・コバックと戦う。

中東✖バルカン──まさに未知強の潰し合いとなる。

この他、注目選手はバンタム級でアブデラムネン・メメサッテと対戦するンコシ・ンデベレと、58.5キロのキャッチウェイトでミキャエラ・アルジャフージュと戦うアザット・マクスンだ。

ンデベレは粗さ100パーセントの南アフリカのストライカーでキャリアは3勝1敗だが、アマチュアで15戦を戦っている。ツボにはまった時の強さは抜群だが、安定性に欠けるンデベレに対しマクスンは、デビューから11連勝中のカザフスタンの選手だ。

中央アジアのファイターに多い、リーチの長いボクシング&レスリングに長けたマクスンは非常にステイブルな試合を見せる。殴ってテイクダウン、ここからは柔術も駆使する一方でスクランブルではがぶってフロントチョークや、バック奪取からRNCという極めを持つ。

今回は急遽代役出場で契約体重で戦うが、本来はフライ級の選手でOPMMAのチャンピオ。非常に多くの人材が集まっているBRAVE CFのタイトル争いに加わることもありうる楽しみな存在だ。

■視聴方法(予定)
3月18日(木・日本時間)、
午後11時30分~ FITE
午後11時30分~ BRAVE TV

■BRAVE CF計量結果

<ライト級/5分3R>
イリエ・ジホウン:70.6キロ
アブドゥルラクマン・マフハザエフ:70.6キロ

<スーパーライト級/5分3R>
アフマド・ラバン:75.1キロ
ネバンジャ・コバック:74.9キロ

<76キロ契約/5分3R>
ジョージズ・アイド:76.6キロ
オリ・サンタラフティ: 76.3キロ

<バンタム級/5分3R>
ンコシ・ンデベレ:61.6キロ
アブデラムネン・メメサッテ:61.5キロ

<88キロ契約/5分3R>
ムルタザ・タル・アハリ:87.9キロ
キャメロン・マインチェス:87.9キロ

<58.5キロ契約/5分3R>
ミキャエラ・アルジャフージュ:58.2キロ
アザット・マクスン:58.1キロ

<フェザー級/5分3R>
ユーソフ・グレイリ:65.7キロ
ハッサン・タレル:66.2キロ

<スーパーライト級/5分3R>
オマール・エルダフラウィ:75.1キロ
アッバス・カーン:75.2キロ

<88キロ契約/5分3R>
ハッサン・ファクレディン:87.1キロ
イスラム・ムスタファ・アブデル・メネム:87.3キロ

<ミドル級/5分3R>
モハメド・ウーラビ:84.3キロ
イスラム・アブドゥル・ボセット:84.0キロ

<70キロ契約/5分3R>
フセイン・サレム:67.6キロ
ジェウソン・ペヘイラ:70.0キロ

<59キロ契約/5分3R>
イッサ・サレム:58.9キロ
ミザラ・ムハマド:58.6キロ

<68キロ契約/5分3R>
ラミヤ・ルクマーン:68.0キロ
アブドゥラ・アリヤコブ:66.0キロ

<ライト級/5分3R>
ムハマドセイフィ・モフシン:70.8キロ
ビシー・ザキャリア:70.8キロ

The post 【BRAVE CF48】計量終了 アラビアンナイトの注目は南アフリカのンデベレ&カザフスタンのマクスン first appeared on MMAPLANET.