カテゴリー
Interview J-CAGE Shooto2020#05 Special ブログ 杉本恵 青木真也 黒部三奈

【Special】月刊、青木真也のこの一番:8月─その壱─黒部三奈×杉本恵「女子格闘技っていう表記自体…」

【写真】黒部の頑張りの裏で、青木は女子MMAに何を感じていたのか (C) KEISUKE TAKAZAWA/ MMAPLANET

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

背景、技術、格闘技観──青木のMMA論で深く、そして広くMMAを愉しみたい。そんな青木が選んだ2020年8月の一番、第一弾は1日に行われたプロ修斗公式戦から黒部三奈✖杉本恵の一戦を語らおう。


──8月度の青木真也が選ぶ、この一番。最初の試合をお願いします。

「黒部三奈✖杉本恵ですね」

──修斗女子スーパーアトム級王座決定戦ですね。

「ハイ、黒部✖杉本なのですが──まず修斗の大会が5試合しかなかった。そこですよね。現状の後楽園ホールの使用時間の問題で、それだけしか試合が組めない。

そうしたら、余計にお客さんもチケットを買って会場に来ようっていう気がなくなるじゃないですか。大変です。そんな時にパンクラスみたいに当日に『やっぱダメヨ』みたいなことが起こると、お客さんもチケットを買うことに慎重になります」

──当日に陽性反応が出た、そして大会が中止。これは美談ではなく教訓にしないといけないわけですね。

「チョイ、この現状を考えて違うやりようはあったでしょうね」

──そこは業界全体でありんがら、個々が考えるしかない。そんななか黒部✖杉本戦がなぜ、今月の一番になったのでしょうか。

「黒部さんは女性で。女性で43歳、このコンディションを維持するのって男以上に大変だと思うんです。筋量は下がってくるし。ただ、これを言ってしまうとアレですが、女子のレベルは正直そこまで来ていないから──というのはありますよね」

──修斗のトーナメントは経験値に違いもあり、男子のベルトとは成り立ちから違うモノになりましたね。

「ここでタイトルを創って、タイトルがあるから回っていくというのはあるのでしょうが……」

──にしても、王座決定戦の1試合で決めても良かったのではないかと。

「そうですね。ベルトを獲るというところで、どの階級も公平ということはないのですが、それでも……競技レベルからしてちょっとしんどい。それは修斗だけに限らず、そういうもので。それでも黒部さんのアレをやり切る能力、努力は凄いモノがあるんだと思います」

──黒部選手はフレッシュな部分がありますよね。

「フレッシュですか?」

──格闘技を始めたのが遅かったので、10代や子供の頃からレスリングや柔道をやっていて、競技生活を続けている選手と比較すると、疲弊度が少ないのではないかと。

「それはそうですね、ずっとやっている人と違うというのはありますね」

──メンタル面でも、強くなりたいと思い続けるのは大変なことではないでしょうか。

「そこはもう本当に大したモノだと凄く思います。と同時に試合内容としては女性って倒れない。特にあのレベルだと。だから見ていて面白いとは僕は言えなかったです」

──青木選手からして、面白いと思える女子MMAはあったのですか。

「僕ねぇ、それ実はないんです(笑)。女子の試合が格闘技として面白いと思えた試合はほぼないです。ロンダ・ラウジーですから、ちょっと世の中のように熱狂はできなかった。格闘技としての強さを語るなら、やっぱり男子の試合を見ちゃいます」

──今やジェンダーフリーの世の中で、女子MMAという名称すら危うい表現なのですが、そこに確固たる違いは残っています。

「凄いセンシティブな問題で、女子格闘技っていう表記自体、僕は少し気をつかってしまいます」

──ただし、女子選手の試合を楽しむには男子とは競技レベル間に差があり、『女子だから』、『男子とは違う良さがある』という風に見る必要があるということですね。

「そうですね。だから別競技としての楽しみしかないんです」

──それでも随分と女子MMAのレベルが上がりました。

「そうですね、スマックガールとか男子のMMAが今とほぼほぼ同じルールで戦っている時に、パウンド禁止で寝技30秒とかやっていたわけで。パウンドを解禁する・しないで、論議になるような。修斗にもしてもG-SHOOTOが上の方だけパウンド有りで、ほとんどの試合がクラスC+っていう、アマ修斗でヘッドガード無しルールを創って試合をしていたんです」

──確かにG-SHOOTOは青木選手が修斗の世界チャンピオンになった前後でも、パウンド無しのルールを採用していたわけですね。

「ハイ。女子に若林(太郎)さんが力を入れていて、色々と試すなかにプロ興行でもアマ+で試合を組んでいた」

──MMAは色々な評価の仕方があると思います。頑張っていることも評価ですし、ただし頑張っただけを評価の対象にしてはいけない。特にトップの戦いでは結果&内容が問われるものです。

「この試合でいえば、あんな風な内容になるとは思っていなかったです。でもスタイル的、相性としてタフファイトになりがちですね。被弾しても倒されないから、貰って戦うことができるんです。

気が強いから殴り合いになるし。だから、僕としては格闘技の面白みはないんです。ボクシングで八島有美選手が急性硬膜下血腫で倒れたこととか思い出されたりして」

──それをいうと男子でも起こりえることですよね。

「ずっと殴られ続けると、ですよね。殴るじゃなくて、殴られ続けると。女性は男以上にやり合うところがありますし。いずれにせいても究極、黒部✖杉本のタイトル戦で見えてくるものは黒部三奈のストーリーであって、女子MMAの展開というのは見えてこない。女子は難しいです」

カテゴリー
Interview J-CAGE Shooto2020#05 ブログ 杉本恵 黒部三奈

【Shooto2020#05】初代修斗女子スーパーアトム級チャンピオン黒部三奈「怖かったです」

【写真】人前で、いつ何時でも明るいって素晴らしい。なかなかデキることではない(C)KEISUKE TKAZAWA/MMAPLANET

1日(土)、東京都文京区の後楽園ホールで開催されたShooto2020#05で、黒部三奈が大健闘の杉本恵をフルマークの判定で下し、修斗女子スーパーアトム級王者となった。

トーナメント開催前から、勝って当たり前という風に見られていた大本命は、大本命にしか分からないプレッシャーを乗り越え、この夜の栄誉に辿り着いた。

大会終了後直後に、新チャンピオンの話を訊いた。


──おめでとうございます。

「ありがとうございます」

──想像以上のタフファイトでした。

「本当にホッとしています。怖かったです」

──怖かった?

「負けるのが怖い……そのプレッシャーに打ち勝たないといけないのですが、勝って当たり前というのはプレッシャーになっていました」

──杉本選手、これも失礼な言い方ですが、想像をずっと上回る頑張りを見せてくれました。あれだけ打撃でくるとは予想外でしたし。

「打撃からテイクダウンは来るかと思っていたのですが、組んでこなかったですね。こないなら、私自身も前に出るしかないから出ていきました」

──組みがあると予想していた時の作戦はどのようなモノだったのでしょうか。

「まぁ、ああいう感じです。あまり踏み込まずプレッシャーを掛けて、自分から組めたら組んでいく。杉本選手のテイクダウンを考えるあまりに逃げにならない。倒されても下から攻める。そこはリカバリーできる自信があったので、ビビらずに戦おうと思っていました」

──あまり踏み込まずという言葉がありましたが、相当に突っ込んでいたシーンもありました(笑)。

「突っ込んでいましたか(笑)」

──ただし、これまでも杉本選手は打撃を被弾すると頭を下げて気持ちが弱くなるようなシーンも見受けられたのですが、今夜は弱気になるようなことはなかったです。そうしたら突っ込んだ黒部選手が空振りして、そのままケージに突進していったり……。

「アハハハハ。それはもういつもの悪いところですね。でも、ベルトが掛かると凄いんだなって感じました。楽に勝てるとは思っていなかったですけど、ここまで頑張って来るのか……とは思いました。そうなると『何クソ』ってやっちゃいます。アハハハ」

──そして最後のマイクですが。アレは女を捨てていないですか(笑)。

「えぇ……抱きたいって言っていましたね……。初代女王に抱かれたい男、の方が良かったですね」

──それも同じだと思いますけど(笑)。ベルトを手にして、改めて今の気持ちを教えてください。

「白とピンクで可愛いベルトですよね。私に似合います(笑)」

──は、はい。とても似合います。ベルトを獲ったばかりですが、具体的に次にチャレンジしたり、防衛ということを考えていますか。

「いや、何も考えられねぇ(笑)」

セコンドの弘中邦佳 まんまパクリじゃねぇか(笑)。

「アハハハハ。何の工夫もなかったです。とにかく、もっともっと強くなりたいです。今日ももっと……ガーンと勝ちたかった……。シュバーン、ガンガンと勝ちたかったですし」

──語彙が……(苦笑)。

「熱くならず、適格な動きをしてもっといける場面もあったでしょうし。そうですね……打ち合わずにテイクダウンにいけたかと。それで上からしっかりと殴ることができれば良かったのですが……。そこを反省して、次に向かっていきたいです」

カテゴリー
Other MMA Result Shooto2020#05 ブログ 安藤達也 黒澤亮平 黒部三奈

【Shooto2020#05】試合結果 黒部三奈が修斗初の女子王座のベルト巻く。環太平洋バンタム級王者は安藤に

【写真】G-SHOOTOと米国のHOOKnSHOOTO以外では、プロ修斗公式戦として初の女子の試合がメインとなった(C)KEISUKE TAKAZAWA

1日(土)、今年の1月以来7カ月振りに後楽園ホールでプロ修斗公式戦が開催された。

首都圏のサステイン興行では3月のSHIBUYA O-EAST大会以来の有観客大会は、会場撤収時間が以前より早くなっていることもあり、5試合というコンパクトかつ観客席もソーシャルディスタンスが取られるという形で戻ってきた。

そしてメインで黒部三奈が杉本恵を判定で下し、初代修斗女子スーパーアトム級王者となり、セミでは安藤達也が田丸匠を破り2度目のチャレンジで環太平洋バンタム級王座に就いている。

Shooto2020#05
<修斗女子スーパーアトム級王座決定戦/5分3R>
○黒部三奈(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×杉本恵(日本)
<修斗環太平洋バンタム級王座決定戦/5分3R>
○安藤達也(日本)1R3分23秒
TKO
詳細はコチラ
×田丸匠(日本)
<フライ級/5分3R>
○黒澤亮平(日本)1R0分24秒
KO
詳細はコチラ
×木内“SKINNY ZOMBIE”崇雅(日本)
<インフィニティLバンタム級/5分2R■>
△小野島恒太(日本)2R
Draw
詳細はコチラ
△石井逸人(日本)
<ウェルター級/5分2>
△宮路智之(日本)2R
Draw
△飯田健夫(日本)

             

カテゴリー
J-CAGE Report Shooto2020#05 ブログ 杉本恵 黒部三奈

【Shooto2020#05】初代修斗女子スーパーアトム級王者は、大健闘の杉本を振り切った黒部三奈に!!

【写真】試合もマイクも黒部らしかった(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<修斗女子スーパーアトム級王座決定戦/5分3R>
黒部三奈(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
杉本恵(日本)

互いにジャブを伸ばし、黒部がローで距離を詰めて右をヒットさせる。杉本は打ち合いに応じると、パンチを被弾するために間合いを取り直してジャブへ。詰めようとする黒部に対し、杉本はスイッチをしてジャブを入れて間合いを取る。黒部は左右のパンチを振るいながら前に出ると、組んではヒザを使う。

杉本のパンチを被弾しても構わないという勢いで殴る黒部が右フックを幾度となく顔面を捕らえる。杉本も手数を減らすことなく、右をヒット。テイクダウンでなく打撃戦でもやりあう杉本が右を再度入れ、終盤は右を連打し盛り返した。

2R、初回と同様にスイッチを多用する杉本に対し、右を当てた黒部が組んでいく。いなして押し返した杉本だが、右を被弾。それでも引かない杉本が右を入れるが、黒部はワンツーを当てダブルレッグへ。シングルに切り替えた黒部だが倒せず、離れた杉本がジャブから右を狙う。組んだ黒部はヒザを腹に入れ、離れた杉本に右を3度連続で打ちぬく。

ヒザも効かされ、厳しい表情になった杉本だが、右を当てて離れる。頭からぶつかるように前に出て組んだ黒部がダーティーボクシングでアッパーを打ち込む。ここも離れた杉本が連打も、黒部が左一発で圧力で上回る。激しい打ち合いが続いた2Rを終え、黒部は大きく息をした。

最終回、バランスを崩すほどの勢いで前に出てパンチを振るう黒部。杉本は組んでいなすが、黒部は何があっても前進を止めない。右を当てて組んだ黒部がクリンチしてアッパー、離れて間合いを取り直した杉本はジャブに右を被弾する。左ジャブも当てた黒部は右ローを連続し、右フックから組んでいく。

残り2分、体を入れ替えた杉本はレスリングでなくあくまでも打撃戦を続ける。逆に黒部が組む場面が増え、クリンチアッパー。杉本もアッパーを打ち返しワンツーを連打する。間合いを取り直した杉本に対し、黒部が右フック、左から右も打ち込む。嫌がる表情を見せた杉本は、ここで組んでいくが鬼神の表情の黒部がヒザ蹴りを見せ試合終了。

ジャッジの裁定はフルマークで黒部に。修斗初の女子王者となったのは黒部だが、杉本も大健闘──これからが期待できる敗者であった。「修斗初代女王、黒部三奈です。ベルトに賭ける気持ちは皆強く、キレーに勝ちたかったのですが、3R泥試合になりました。私にとってここは終着点でなく、ここからも上を目指して……43歳ですけど、まだまだできるんだってところを見せたいと思います」と話した黒部は、最後に「初代女王を抱きたい男の中の男、出てこいや!!」という女王ながら女を捨てた一言で決めた!


カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#05 ブログ 安藤達也 杉本恵 田丸匠 黒部三奈

【Shooto2020#05】タイトル戦出場の黒部三奈✖杉本恵、安藤達也✖田丸匠は前日計量で問題なしっ!!

【写真】ゴールド&ピンクの修斗初の女子チャンピオンベルトを手に杉本と黒部(C)MMAPLANET

31日(金)、明日8月1日(土)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2020#05の計量が品川区の修斗ジム東京で行われた。


今大会における前日計量は、5試合の中からメインとコ・メインで組まれている修斗女子スーパーアトム級王座決定戦と修斗環太平洋バンタム級王座決定戦に出場する4選手のみが参加し、他の6選手は通常体重よりも1階級上のクラスで当日計量を経て戦うことになっている。

前日計量自体も対戦相手のセコンドが体重を確認するという従来の形式は用いられず、4選手が15分刻みで別々に体重を測り個々に計量、撮影のときだけ顔を合わせるという接触をなるべく減らすスタイルが採られた。2つのタイトル戦に出場する黒部三奈、杉本恵、安藤達也、田丸匠の計量結果は以下の通りだ。

<修斗女子スーパーアトム級王座決定戦/5分3R>
黒部三奈:50.0キロ
杉本恵:49.8キロ

<修斗環太平洋バンタム級王座決定戦/5分5R>
安藤達也:61.1キロ
田丸匠:61.2キロ


             
■ SHOOTO2020#05対戦カード

<修斗女子スーパーアトム級王座決定戦/5分3R>
黒部三奈(日本)
杉本恵(日本)

<修斗環太平洋バンタム級王座決定戦/5分5R>
安藤達也(日本)
田丸匠(日本)

<フライ級/5分3R>
木内“SKINNY ZOMBIE”崇雅(日本)
黒澤亮平(日本)

<インフィニティLバンタム級/5分2R>
小野島恒太(日本)
石井 逸人(日本)

<ウェルター級/5分2R>
宮路智之(日本)
飯田健夫(日本)

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#05 ブログ 安藤達也 杉本恵 田丸匠 黒部三奈

【Shooto2020#05】サステインが次回大会に向け選手、セコンド&スタッフのPCR検査実施へ

【写真】どのイベントも最大限の注意を払ってイベントを開催するのであれば、メディアも同調する必要があるだろう(C)MMAPLANET

22日(水・現地時間)、Sustainより8月1日(土)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されるShooto2020#05に向けて出場全選手、セコンド、ケージサイドスタッフにPCR検査が実施されることが発表された。


「8月1日(土)に開催される株式会社サステイン主催プロフェッショナル修斗公式戦・後楽園ホール大会でPCR検査を実施する事になりました。PCR検査は大会の1週間前に行われ、出場する全選手、各選手のチーフセコンド、ケージサイドスタッフが検査の対象となります。
~中略~
修斗では今後も更に新型コロナウィルスの対策を考え、選手並びに、関係者、ご来場頂くお客様の安全を考慮して大会を開催していく所存でございます」とある今回のリリース。さらに大会を取材するメディアにもPCR検査の実施を推奨されており、PCR検査で陰性が確認されたカメラマンのみが、ケージサイドでの撮影が許可され、インタビュースペースへの入室できるというガイドラインが敷かれることとなった。

ちなみに現状の一般的な検査費用よりもかなり割安の費用でメディアも検査が受けられることとなっている。

リリースは「修斗では今後も更に新型コロナウィルス対策を考え大会を開催していく所存でございます。各媒体の記者の皆様並びにカメラマンの皆様にも格闘技業界に於ける新型コロナウィルスへの対策意識を我々と共有し、取材して頂ければ幸いです。お忙しいとは思いますが、是非ご検討下さいませ。何卒、宜しくお願い致します」という言葉で締められている。

カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#05 ブログ 安藤達也 木内“SKINNY ZONBIE”崇雅 杉本恵 田丸匠 黒澤亮平 黒部三奈

【Shooto2020#05】8月1日・後楽園ホール大会で黒部✖杉本&田丸✖安藤、2つの王座決定戦

【写真】世界王座挑戦権を争う、環太平洋王座決定戦でもある(C)MMAPLANET

1日(水・現地時間)、Sustainより今月26日(日)から8月1日(土)に開催日時が変更されていた後楽園ホール大会=Shooto2020#05の対戦カードが発表された。

今回のプレスリリースで3試合の3回戦と2回戦・1試合が明らかとなったが、うち2試合は選手権試合だ。


昨年11月にスタートを切った修斗女子スーパーアトム級王座決定トーナメント。チームラカイからの出場予定だったゼファーニャ・ンガヤがパスポート及びビザの発給が間に合わず、初戦を勝ち抜いていた韓国のイ・イェジは新型コロナウィルス感染問題により、入国が不可能となるなど、紆余曲折のあったトーナメントもついに決勝を迎える。

修斗にとって初の女子王座を賭けて戦うのは、インフィニティリーグ優勝で出場権を得た杉本恵と、日本MMA界の鉄の女=黒部三奈の両者だ。杉本はレスリングテクニックを武器に中村未来を破り、黒部は初戦にして最大の山とさえいわれたターニャ・アンゲラー、大島沙緒里の両者をパウンドアウトし、予想通りの決勝進出を果たした。

インフィニティと今回のトーナメントで経験値を上げた杉本が、『死んだら、死んだで』というまでの覚悟をもってMMAを向きあう黒部の牙城にどれだけ迫ることができるか。

杉本✖黒部と同じく、王座決定戦として組まれたのが環太平洋バンタム級王座決定戦だ。5月大会で岡田遼が暫定世界バンタム級王者に就いたことで、規定で剥奪となった環太平洋のベルトを安藤達也と田丸匠が争う。

安藤は昨年9月に前チャンピオン岡田に挑戦し、ドロー。田丸はフライ級からバンタム級に階級を上げてから3連勝で初の王座挑戦を迎える。デビュー直後から日本MMA界をリードする男と目されていた安藤と、岐阜から修斗新世代の旗頭として戦ってきた田丸。両者揃って挫折を味わってきた。今回のリリースでは安藤=怪物、田丸=天才と謳われているが、素性の良さで戦ってきた安藤と、MMAを咀嚼しチーム一丸となって力をつけてきた田丸という見方も成り立つ。何より怪物、天才と呼ばれ続けるにはここで躓くことはできない王座決定戦となる。

またフライ級3回戦で木内“SKINNY ZOMBIE”崇雅✖黒澤亮平という3月大会で流れたカードと共に、2回戦でウェルター級の宮路智之✖飯田建夫戦も発表されている。この4選手は通常のクラスより1階級上でのマッチアップとなっており、タイトル戦以外は1階級上の階級&当日計量という、過去3カ月間の日本のMMA界の流れは修斗においては同大会でも続くようだ

カテゴリー
Interview J-CAGE Shooto2020#03 ブログ 大島沙緒里 黒部三奈

【Shooto2020#03】スーパーアトム級王座へあと一試合、黒部三奈「コレをやることが好きで──」

【写真】とにかく格好良い黒部三奈です(C) MMAPLANET

5月 31日(日)に会場非公開のABEMAテレビマッチとして開催されたプロ修斗公式戦。同大会で修斗女子スーパーアトム級王座決定トーナメント準決勝が行われ、杉本恵が中村未来を下し、黒部三奈が大島沙緒里を破った。

今や独身でMMAに没頭する自虐ネタすら板についてきた黒部に、コロナの時代で戦うことについて尋ねた。


──こういうと大島選手には非常に失礼な言い草になってしまいますが、今回こそは黒部選手がスロースターター返上かという風に予測していました。

「あぁ、まぁそうですね……。出だしは相変わらずでした。別にポジションを取られても怖さはなかったです。一本取られるとか、怖いパウンドが入る感じはなかったですけど、まぁちょっとやっちゃったなぁって(苦笑)」

──大島選手がやるべきこととして、優位に立ったように感じました。

「あぁ……アハハハ。そうですね、ガッツリ取られましたね。と同時にバックを取られてからも、一本さえ取られなければと落ち着いて対処はできました」

──最初は譲っても、そこを耐えるとこっちのモノだという気持ちはどこかにありますか。

「その自信はありますけど、そういう試合にしようと思っているわけではないんです。1Rからちゃんと、攻められるようなことなく作っていこうとは思っているんです。でも、結果としてああいう風になってしまいます(笑)」

──決勝戦の相手となる杉本選手は大島選手の同門ですし、そこをさらに衝いてくることも十分に考えられます。

「それはあるかもしれないです。でも、本当に私も1Rをやられようと思っているわけじゃないですよ。アハハハ」

──それは十分に承知しています(笑)。

「しっかりとやろうと思って……スパーリングの一本目からも、そこに気を付けてやってきたんですけど」

──今回、準備期間の大半が緊急事態宣言下だったと思います。そのなかで、調整面で問題はなかったですか。

「いつもとは違います。違いますけど……できるなかでパーフェクトな準備をしてきたので、そこには自信がありました。ただ一度、喉風邪にみたいな症状が出た時は──これは……孤独死なのかって(笑)」

──アハハハハって、笑いごとじゃないですよ。

「でも1日で治ったので。まぁ、こういう状況ですけど、戦いたいという気持ちがなくなることはなかったです」

──ご家族から心配されることは?

「いやぁ、もう別にこの年で試合をしていること自体で……親は『好きにやりなさい』ってことなので」

(横を通りかかった)浜崎朱加 その髪型、凄く話題になっていましたよ(笑)。どうしたんだって!

──アハハハ。ターザンみたいで、男前ですよね。

「ターザン、違いますよ!!」

浜崎 髪の毛の量が多いよって(笑)。じゃあ、オンナ出しているの?

「そう、オンナ出してますぅ!!  モテようとしているんですぅ。オンナ出しているけど、何かぁ?」

──いやぁ、浜崎選手ありがとうございます。『モテようとしている』という言葉引き出してくれて(笑)。つまり、そこも諦めていないということですね。

「いや、諦めていないっスよ。えっ? なんで、そこ聞きますか?」

──いやぁ、でも2階の記者席から試合を見ていて颯爽として格好良かったです。

「そうですかぁ、ありがとうございます(笑)。アレっ? 口説かれてますかぁ、ひょっとして」

──ダハハハ、勘弁してください(笑)。ステイホームで家族がさらに仲良く暮らしているのに。

「アラぁ、そうなんですかぁ」

──(笑)。話を決勝戦に戻しますと、このトーナメントは黒部選手が勝って当然という空気は依然としてあります。そういう部分が逆にプレッシャーになることはないでしょうか。

「そういう風に思われているかもしれないですけど、相手のキャリアとか考えずに全力で潰すと思ってやってきました」

──MMA界がUFC以外は止まっているといえます。そのなかで王座奪取後に描いていた未来図も修正が必要でしょうか。

「う~ん、こんな世の中になると想像もできなかったんですけど、逆にこの間に本当にコレが好きなんだなぁって認識できたんです。だから目標云々でなく、コレをやることが好きで、コレしかないって。どんな状況でもできるなら、やりたい……。コロナがあったから、その気持ちはさらに強くなったというか、そこに気付きました」

カテゴリー
Other MMA Result SASUKE Shooto2020#03 ブログ 世羅智茂 倉本一真 岡田遼 岩本健汰 杉本恵 清水清隆 石井逸人 西川大和 黒部三奈

【Shooto2020#03 】試合結果 暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼──ケージの中央で愛を叫ぶ

【写真】これぞ5RのMMAという戦いをし、2RKO勝ちで環太平洋に続き、暫定ながら世界バンタム級のベルトを巻いた岡田遼──チョット悪い目つき(C)MMAPLANET

5月31日(日)、Shooto2020#03が会場非公開で開催された。

メインで5教科7科目をマスターしたMMAファイター=岡田遼が、一芸に秀でいた倉本一真からKO勝ちし世界暫定バンタム級王座を獲得し、修斗への愛をケージ内で叫んだ。

注目のAOKI PRJECT=グラップリングマッチ=岩本健汰✖世羅智茂は時間切れのドローに。修斗女子スーパーアトム級王座決定T準決勝は黒部三奈と杉本恵が勝ち上がり、決勝で対戦することなった。

Shooto2020#03
<修斗暫定世界バンタム級王座決定戦/5分5R>
○岡田遼(日本)2R3分02秒
KO
詳細はコチラ
×倉本一真(日本)
<ライト級/5分3R>
○SASUKE(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×西浦ウィッキー聡生(日本)
<グラップリング72キロ契約/10分1R>
△世羅智茂(日本)Draw
詳細はコチラ
△岩本健汰(日本)
<バンタム級/5分3R>
○清水清隆(日本)2R4分34秒
KO
詳細はコチラ
×小堀貴広(日本)
<修斗女子スーパーアトム級王座決定T準決勝/5分3R>
○黒部三奈(日本)3R1分54秒
TKO
詳細はコチラ
×大島沙緒里(日本)
<修斗女子スーパーアトム級王座決定T準決勝>
○杉本恵(日本2R3分32秒
RNC
詳細はコチラ
×中村未来(日本)
<フェザー級/5分3R>
○石井逸人(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×齋藤翼(日本)
<ライト級/5分2R>
○西川大和(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×木下タケアキ(日本)


             

カテゴリー
J-CAGE Report Shooto2020#03 ブログ 大島沙緒里 黒部三奈

【Shooto2020#03】黒部が見事なゲームメイクで大島をパウンドアウト、決勝で杉本と対戦

<修斗女子スーパーアトム級王座決定T準決勝/5分3R>
黒部三奈(日本)
Def.3R1分54秒 by TKO
大島沙緒里(日本)

ジャブを突いて右ストレートを狙う黒部。大島も細かくパンチとローを蹴って組み付く。投げでテイクダウンを奪うと、そのままグラウンドをキープしてバックへ。一度は黒部に立ち上がれたものの、すぐさまダブルレッグに入ってテイクダウンする。受け身の展開が続く黒部だが、グラウンドのポジションをキープさせず。試合がスタンドに戻ると、しっかりと距離をとって、大島のタックルを切って首相撲からヒザ蹴り。組みの攻防でも黒部が大島を金網に押し込み、ヒザ蹴りとヒジ打ちを叩き込み、グラウンドでもトップポジションを奪ってラウンドを終える。

2R、黒部は大島のタックルを切って、ジャブからパンチを当てる。大島が強引に距離を詰めると、黒部は首相撲からヒザ蹴り。大島が足をかけてテイクダウンを狙うと、黒部はすぐにダブルレッグに入る。ここからスクランブルの攻防になり、どちらもトップポジションは許さず。両者立ち上がると黒部は首相撲からヒザ蹴り。大島は黒部の後ろについてそのままテイクダウンするが、最終的に黒部が向き直ってハーフガードで上になる。黒部は身体を起こしてヒジを連打。ガードで動く大島をしっかりと抑え込んで殴り続ける。

3R、黒部が大島のタックルを切ってインサイドガードで上になる。上半身を起こして殴り続ける。最後は黒部がマウントからパンチとヒジを落としたところでレフェリーが試合を止めた。

試合後、ケージ上でトーナメント決勝で対戦する黒部と杉本が挨拶。「決勝まで時間があるので、しっかり準備します。狙うのはベルトなので絶対に負けません」(杉本)、「ベルトまであと一個のところまでたどり着きました。私はケージに入るとき生きるか死ぬかのつもりでやっています。ここで死んでもいいやと思ってやっています。杉本さん、その覚悟はありますか?(杉本が『はい』と答えると)分かりました。いい試合をしましょう」(黒部)と意気込みを語った。