カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE アキラ ジェイク・ムラタ ブログ 上迫博仁 岩﨑大河 春日井たけし 松本光史 田中半蔵 田村一聖 神田周一 近藤有己

【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始

【写真】パンクラスも10月からPPV配信を開始する (C)MMAPLANET

6日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319でPPV配信を行うことを発表した。

同大会では上迫博仁✖松本光史、春日井“寒天”たけし✖TSUNE、田村一聖✖アキラ、田中半蔵✖透暉鷹、神田T800 周一✖ジェイク・ムラタ、近藤有己✖小林裕、滝田J太郎✖Ryo、宮澤雄大✖井島裕彰などがメインカードで、プレリミでは岩﨑大河✖川和真を筆頭に3試合、このほかネオブラッドTが組まれている。


PPV視聴に関しては、視聴料金は税及びシステム使用料抜きで4000円。本日・6日からイベント終了時まで購入可能となっている。

またライブ配信は途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、ライブ中の再生はできず、配信終了後にチケット購入者はアーカイブ配信を視聴できる。アーカイブ視聴はイベント終了後1週間となっている。

The post 【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE ブログ 岩﨑大河 春日井たけし 近藤有己

【Pancrase319】無観客? 有観客? パンクラス10月大会で不惑の不動心・近藤有己が2020年3試合目へ

【写真】2020年3試合目、不惑の不動心がデカゴンへ (C)MMAPLANET

10日(木)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319の対戦カードが発表された。

今回発表されたメインカードはウェルター級の近藤有己✖小林裕、バンタム級の春日井“寒天”たけし✖TSUNE、そしてストロー級の宮澤雄大✖井島裕彰の3試合だ。


8月23日の317大会が抗原検査の結果、出場予定選手に陽性結果出て(※PRC検査では陰性)大会当日にイベント中止、そして今月27日(日)の318大会は無観客大会となることが決まっているパンクラス。

7月のiSMOS01で餅瓶太から初回TKO勝ちを収めた近藤が、2016年ネオブラTウェルター級優勝の小林と2020年3戦目を戦う。春日井✖TSUNEは中止となった8月大会からスライドされた形だ。

また9月の無観客大会のプレリミマッチに出場予定だった北斗から挑戦──6月のTTFCでMMAデビューした岩﨑大河が自らの負傷より、1カ月遅れでデカゴン初陣を川和真との戦うことも明らかとなっている。

なお上記にあるように9月27日大会は無観客が決まっているが、約1カ月後に開かれる同大会においては現時点では無観客とも有観客とも発表はなされていない。今回のプレスリリースでは試合開始時間は14時45分と明記されている一方で、ロビーの開場、客席の開場及び入場料金に関しては、未定となっている。

カテゴリー
iSMOS01 Other MMA Result ブログ 北岡悟 近藤有己

【iSMOS01】試合結果 北岡悟は小金翔とドロー。今後、活動が続く時ルールはどうなるのか

【写真】全試合終了後の閉会式を終え、北岡は小金に感謝の言葉を伝え続けた(C)MMAPLANET

7月31日(金)、横浜市中区のパンクラスイズム横浜で北岡悟が主宰したiSMOS01が開催された。

5分✖3R、インターバル2分、ブレイクなし、判定なし=時間切れドローというルールが採用された同大会。メインで北岡は小金翔とドロー、セミで近藤有己が餅瓶太をパウンドアウトするなど、北岡大会でパンクラスイズム勢は2勝2分けだった。

大会の継続を希望する北岡だが、その場合も今回のルールは踏襲されるのか。また話を訊いてみたいものだ。

iSMOS01
<71キロ契約/5分3R>
△北岡悟(日本)3R
Draw
詳細はコチラ
△小金翔(日本)
<78キロ契約/5分3R>
○近藤有己(日本)1R4分08秒
TKO
詳細はコチラ
×餅瓶太(日本)
<61キロ契約/5分3R>
○矢澤諒(日本)1R2分09秒
KO
詳細はコチラ
×大井洋一(日本)
<73キロ契約/5分3R>
△友實竜也(日本)3R
判定
詳細はコチラ
△木村裕斗(日本)
カテゴリー
iSMOS01 J-CAGE Report ブログ 近藤有己 餅瓶太

【iSMOS01】近藤有己が餅瓶太の飛び込みパンチをかわし、最後はTD→パウンドでTKO勝ち

<78キロ契約/5分3R>
近藤有己(日本)
1R4分08秒 by TKO
餅瓶太(日本)

サウスポースタンスで前に出る近藤が、いきなり左ストレートで餅に尻餅を着かせる。餅のフックをかわしながら、インからパンチを突く近藤。しかし餅のパンチも近藤の顔面を捉え始める。前に出てくる餅に右フックを振るう近藤。餅の左ストレートに対し、インから右を合わせていく。相手をケージ際に追い込み、左ハイを繰り出す近藤。餅も距離が詰まると左右フックを振るう。そんな相手をジワリジワリ、ケージに追い込む近藤。餅がマウスピースを吐き出したか、レフェリーが試合を中断する。

再開後、餅は左右のパンチ。近藤もパンチとローを当てる。餅が飛び込みながらパンチを繰り出すと、下がりながらパンチを当てる近藤。さらに組み付き、テイクダウンを奪うとパンチを連打する近藤が、さらにバックマウントからパンチを落としたところで、餅のセコンドがタオルを投入した。

カテゴリー
Interview iSMOS01 J-CAGE ブログ 近藤有己 餅瓶太

【iSMOS01】不動心、餅瓶太戦へ。「この仕上がりだからできる動きを見て欲しい」(近藤有己)

【写真】取材の日は一般の柔術クラスでたっぷりと汗を流していた (C)MMAPLANET

本日31日(金)に横浜市中区のパンクラスイズム横浜で開催されるiSMOS01で、近藤有己が餅瓶太と対戦する。

18歳で初マットを踏み、既に24年が過ぎた。「最初に格闘技をやりたい、戦いたいと思った時に──何でも有り、制限がなるべくない戦いが良いと思いました」、「やりたくてやっているというのは若い頃から変わらないですね」、「皆に仕上げてもらった強い自分を見て欲しい」。常に微笑みを湛えながら話していた近藤は、今夜も無の境地、不動心でケージに足を踏み入れいるのだろう。


──新型コロナウィルス感染が広がる以前、2月にパンクラスで試合をしてから5カ月、北岡選手が主宰するiSMOSで戦います。この大会に出ようと思ったのは?

「代表の北岡……北岡代表から話をもらって……」

──ぜひ、いつも使われている呼称でお願いします(笑)。

「アハハハハ。北岡から話をしてもらい、とにかく試合がしたかったので、是非ともやりたいと二つ返事で試合に出させてもらうことになりました」

──北岡選手を助けたいという気持ちはどこかにありましたか。

「いや、逆に助けてもらっています。本当に試合がしたかったので。コロナで世の中がどうなっていくのか分からないなか、大会を開いてくれるってことで。北岡が自分でやろうというのは凄いことです。本当に凄い、ホントに凄いです。凄いとしか言えないですが(苦笑)」

──パンクラスでプロデビューをしてから24年が過ぎ、年齢としても45歳になりました。今も近藤選手がケージに入り続けるのは、単刀直入になぜなのですか。

「そうですね……本当に自分でもその明確な理由が分からないんです。戦いたいから……やりたいから試合に出ている。それが一番かと思います」

──これだけの実績を誇りながら、いわば皆から尊敬を集めてはいるもののイベントの中で主役ではなくワン・オブ・ゼムとして戦い続ける。失礼な言い方かもしれないですが、特にスポットが当たるわけでもない試合順であったり、戦うことを実生活のビジネスに生かすということでもない。それを想うと、MMAはあまりにも過酷だと思うのですが、それでも打撃有りのMMAに拘る理由を教えていただけますか。

「最初に格闘技をやりたい、戦いたいと思った時に──何でも有り、制限がなるべくない戦いが良いと思いました。そういうモノがやりたいと。だから……ですかね(微笑)」

──同年代のMMAファイターの多くが一線を引き、柔術などを嗜むようになることが多いですが。

「う~ん、自分はそうはならなかった……ですね。戦える限り、MMAを戦い続けたい。おかげさまで元気いっぱいやらせてもらっているので、続いているという感じですね。ところどころケガもありましたが、ありがたいことに治って続けられることができています」

──MMAを戦い続ける。その気持ちは勝ちたいという想いとイコールなのでしょうか。

「それで言うと、もちろん勝ちたいです。勝ちたいのですが、戦いたいという気持ちの方が強いです。そっちですね」

──そのためには若い連中に混ざって、ハードなトレーニングをこなさないといけないです。

「そうですね。仕事があるのでプロ練は水曜日の昼だけで、あとは夕方からのクラスで一緒にやらせてもらって。今は戦いたくてやっているというのを、以前よりも感じています。いや……やりたくてやっているというのは若い頃から変わらないですね(微笑)。

運よく戦績も残せて、注目の集まるところでも戦わせてもらい、メディアでも紹介とかしてもらってきましたけど、根本としてあの頃も今もやりたいからやっているという部分は変わりないです」

──105試合です。これまで戦ってきた数は。

「あっ、そうですか。有難いことです」

──有難いというか、ほとんどない記録です。

「独り身ですし、田舎の家族は呆れています(笑)。やはり『そろそろ、どうなんだ?』というのは言われますけど、そこはもう聞く耳を持っていないです」

──年齢とともに戦い方も変わってきたと思います。あの当て勘の良さと勢いのある打撃から、地道な作業……攻撃をもらわず工夫して戦うという風に。

「それを言うとバッバッバッというのを忘れていた面があるので、また思い出して戦いたいと思います。日々の練習のなかで、自然と変わってきて──あの戦い方を忘れてしまっていました。

なぜ戦い方が変わったのか、その答えは出てこないです。出てこないですけど、自分なかで楽をしようと思っている部分があるのかもしれないですね」

──いえ間合いを図り、タイミングを考えてしっかりと戦うことは決して楽ではないと思います。

「続けてくるなかで、持っていなかったことができるようになったというのはあります。でも、同時にそれをすることで自分の悪い癖とかも出てきて、何かを失ったのかと思います。だから、またバッバッというのを取り戻したいというのはありますね」

──一時期、3分3Rを戦うこともありました。

「3分✖3Rは早いですね。ただ、そこまで深く考えずに戦って……アッという間でした(笑)。でも組んでもらっていることが本当に有難いことなので」

──では試合に向けて仕上がり具合の方は(※インタビューは22日に行われた)いかがですか。

「本当に皆と良い練習をさせてもらっているので、仕上がりは良いです。MMAのスパーリング、ミット打ち、色々なクラスに出させてもらっているので、クラスに出る毎に勉強になっています。

傍から見ていると定かではないでしょうが(笑)、自分では成長していると感じています。そうですね、成長をさせてもらっています」

──では対戦相手の餅瓶太選手、どのような選手だと考えていますか。

「トータルでできるのですが、組み技の方が得意かと思います。組みが強いですね」

──対して、近藤選手の採るべき手段は?

「あまりフットワークを使うとかは考えていないです。組まれても、そこで上回るモノを出したいと思います」

──今回は無観客でライブ配信がされる大会です。どのような試合を視聴してほしいですか。

「熱い戦いです。皆のおかげで良い仕上がりなので、この仕上がりだからできる動きを見て欲しいです。やりたくてやっているというのは若い頃から変わらないですね」

──勝手な想いなのですが、『45歳でも頑張っているな』とかでなく、『近藤、スゲェな』と思ってしまう試合を期待しています。

「なんか、今、凄く嬉しいです(微笑)。ありがとうございます。頑張ります。この試合だけでなく、これからも頑張ります。変わらずやり続けます」

■iSMOS01計量結果

<71キロ契約/5分3R>
北岡悟:71.35キロ
小金翔:71.35キロ

<78キロ契約/5分3R>
近藤有己:77.9キロ
餅瓶太:77.8キロ

<61キロ契約/5分3R>
大井洋一:61.25キロ
矢澤諒:61.35キロ

<73キロ契約/5分3R>
友實竜也:73.15キロ
木村裕斗:72.7キロ

カテゴリー
iSMOS01 J-CAGE News ブログ 北岡悟 友實竜也 大井洋一 小金翔 木村裕人 矢澤諒 近藤有己 餅瓶太

【iSMOS01】計量終了 北岡悟「小金翔と北岡悟の真剣勝負をニコニコプロレスチャンネルで」

【写真】マスク着用、ジョイントマット1枚分のソーシャルディンスタンスを取ってフェイスオフが行われた (C)MMAPLANET

30日(木)、明日31日(金)に横浜市中区のパンクラスイズム横浜で開催される無観客大会=iSMOS01の計量が行われた。

4試合に出場する全8名の選手は問題なく、計量をクリアしそれぞれが以下のようにコメントした。


小金翔
「今回、クラウドファンディングをして試合をする場所を提供してもらったことを感謝しています。ただ明日は真剣勝負なので全力で僕が勝ちに行きたいと思います」
北岡悟
「明日は小金翔と北岡悟の真剣勝負をニコニコプロレスチャンネルで見てください。宜しくお願いします」

餅瓶太
「和神会所属、栃木から来た餅瓶太と申します。今回のカード、正直に言ってバグみたいなものだと思っています。もう、どうせなら結果もバグみたいな結果にしたいと思います。皆さん、その瞬間を明日、夜8時からニコニコチャンネルでご覧になってください」
近藤有己
「試合ができる喜びでいっぱいです。明日、一生懸命やります。宜しくお願いします」

大井洋一
「北岡さんから連絡が来て、断る選択肢はなかったです。選ばれたことが凄く嬉しくて、あとはしっかりと戦って勝つことまでが求められていると思うので、しっかり勝つというところまで明日見せたいと思います。ありがとうございます」
矢澤諒
「明日は全力で戦って勝ちに行きます。見ていてください」

友實竜也
「試合ができて嬉しいです。頑張ります。宜しくお願いします」
木村裕斗
「プロデビュー戦で相手の戦績もキャリアも全然、俺より上で。でも全然勝負できないとは思っていないので。明日は全力で頑張ります」

■ iSMOS01計量結果

<71キロ契約/5分3R>
北岡悟:71.35キロ
小金翔:71.35キロ

<78キロ契約/5分3R>
近藤有己:77.9キロ
餅瓶太:77.8キロ

<61キロ契約/5分3R>
大井洋一:61.25キロ
矢澤諒:61.35キロ

<73キロ契約/5分3R>
友實竜也:73.15キロ
木村裕斗:72.7キロ

カテゴリー
iSMOS01 J-CAGE News ブログ 北岡悟 友實竜也 大井洋一 小金翔 近藤有己

【iSMOS01】北岡悟がパンクラスイズムで無観客自主興行=イズモス・ワンを開催、小金翔と危ない対戦へ

【写真】ついに自主興行に打って出ることとなった北岡悟。正気なのか、狂気の沙汰なのか(C)MMAPLANET

1日(月)、北岡悟がかねてからSNSで宣言していたように自主興行=iSMOS.1を7月31日(金)に横浜市中区のパンクラスイズム横浜で開催することを発表した。

昨年7月のジョニー・ケース戦の敗北以来、実戦から遠ざかっていた北岡が無観客大会を自らの城で主宰し、ニコニコ生放送(ニコニコプロレスチャンネル:午後8時開始予定)で配信する。


イベント名のiSMOSとはリリースによると、ismの語源となるギリシャ語のISMOSと、パンクラスイズム横浜の前身パンクラスismを掛け合わせたモノ。拘りのネーミングを用いたイベントで、北岡は71 キロ契約5分✖3Rのユニファイドルール戦で現ZSTライト級チャンピオンの小金翔と戦う。

現在8連勝中の小金、過去8試合で2勝6敗の北岡。2018年10月の武田光司戦以来、1年9カ月振りのケージでの戦いは北岡悟の商品価値を大暴落させる危険性もあるマッチアップといえるだろう。

今大会は全4試合のコンパクトなイベントとなり、その他の決定カードは78キロ契約で近藤有己✖餅瓶太、61キロでTHE OUTSIDERの55キロ~60キロ王者の大井洋一が矢澤諒と、73キロ契約で木村裕斗と友實竜也 と戦うことが決まっている。

なお、今大会は国内最大級のクラウドファンディングサービス「MakuakeMakuake」でサポートを募集しており、新型コロナウィルス感染予防に関しては──北岡は5月31日に行われたプロ修斗公式戦の視察も行い、ABEMAの予防対策を見学。これからの状況の移り変わりを観察した上で7月前半に対策を発表するとのことだ。