カテゴリー
Interview ONE ブログ ポンシリ・ミートサティート 大沢ケンジ 未分類 藤沢彰博

【ONE】7&8月度・大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート─1人目─藤沢彰博「なかなかある話じゃない」

【写真】40代男子が、惚れる40代の漢。藤沢彰博 (C)

MMAPLANETでは昨年11月ONE Championship非公認・大沢ケンジ監修非公式ランキングと勝手に月間・三賞というインタビューを掲載してきた。その後4月にONEがオフィシャルランキングを制定したことで──大沢氏による月間・三賞のみの連載に切り替えようとした矢先のコロナ禍による、ONEの大会延期となり、同企画も棚上げ状態となってしまった。

そしてONEが7月31日のタイはバンコクのNo Surrender大会より、国際大会の本格活動再開への一歩を踏み出した。そこでNo Surrender1~3と、8月28日に開かれたA New Breed第1大会・計4大会から、同企画が仕切り直されることに。

ただしムエタイ王国のイベントはムエタイ中心なので、今回は7月31日から8月28日にかけて行われた9試合から、大沢親分が気になった3選手について語ってもらうこととした。

題して「大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート」7月&8月度の1人目は、ポンシリ・ミートサティーを破った藤沢彰博だ!!


──いよいよ、タイからONEが再始動を始めました。MMAは試合数が少なかったですが、大沢さんの気になった選手をお願いします。

「それはもう、一番は藤沢選手ですよ。すげぇ頑張っていましたね。40歳で格闘技を始めたのも遅い、ポンシリ・ミートサティートって最近はそこそこやれるようになってきた選手だと思うんです。修斗でいえばランキングの下位に入るぐらいは。

藤沢選手はまだ、そこに来ていないと見ていたのですが……来ていましたね。凄いですね。ポンシリを相手にしっかりと打撃で勝負して、最初はもらっていたけどテイクダウンをして。とにかく気持ちで引かない、そこは本当に大切だと思いました」

──ポンシリのハイとか、嫌ですしね。

「あそこで勝負できるのは良いですよ。しかもMMAらしい試合だったじゃないですか。スクランブルに対しては、がぶってヒザをいれたり。立ちあがられてハイを蹴ってきたポンシリに右を入れてダウンを奪った。その後のパウンドも良かったです。

気持ちの部分もあるのでしょうかね。3連敗中で、ポンシリというそこそこの相手と戦って。藤沢選手からすると格上だし、『やることやってやれ』って開き直ることができたのかもしれないですね。

40歳になっても、続けていればできる。それを藤沢選手は見せてくれました。モチベーションも違うでしょうね」

──コロナ禍だから回ってきたチャンスというのも藤沢選手自身が理解していたでしょうし。

「ハイ、そうですね。タイ在住の日本人で、このチャンスを掴みました。完全に想像を上回る姿を見せてくれましたね。解説を一緒にしていた(若松)佑弥がポンシリが立ち上がった時に『藤沢さんはボコボコにされる』と中継の時に言っていましたからね。ソレ、生で話すかって(笑)。佑弥は何でも思ったことを口に出すから」

──アハハハ。若松選手は置いておいて(笑)。今後の藤沢選手への期待感を。

「ハイ、とにかく頑張って欲しいです。やっぱね、40歳って僕のなかでは結構デカいんです。これまでトップになっていない状況で、一つのスポーツを40歳で続けていて。それでレベルを上げたって、なかなかない話ですよ」

──実はかつてトイカツ道場にいた時代を知る選手は、藤沢選手がONEで戦うのは危ないということをデビュー戦前に話してくれたことがありました。

「本当にそうだったんだと思います。それがちゃんとタイで強くなっている。周りの評価を覆す選手って時々いますけど、それをタイで40歳でやってのけた。自分がやっている競技で、そこまで熱をあげてくれる人間がいる。世間的に見たら『何をやっているんだ?』って思われることだと思うんです。でも、人生を捧げてMMAをやっている。

なんか……普通の大人が口にする言葉じゃないかもしれないですけど、僕にとって藤沢選手は格好良い存在です。自分の好きなことを、同じような熱量を持ってやってくれる人がいるのは凄く嬉しいです。人生賭けていますよね。凄く応援したいです」

──40歳過ぎて好きなことをする。もう人生勝ち組だと思っています。

「その通りですね。素晴らしいです」

カテゴリー
ONE Result ONE110 No Surrender II ブログ ヨッカイカー・フェアテックス 藤沢彰博

【ONE110「No Surrender II」】試合結果 バンコクフォーマットPart.02で藤沢彰博が1年8カ月振りの勝ち名乗り!!

【写真】今回もMMAは2試合、藤沢とヨッカイカーがともにKO勝ちしている(C)ONE

14日(金)、タイはバンコクのインパクトアリーナで収録されていたONE110「No Surrender II」が世界発信・中継された。

7月31日のライブ大会=No Surrender Iと同じくリング、スーパーシリーズ4試合、MMAが2試合のバンコク・フォーマットで今大会も行われた。

そのMMAでは鋭い打撃が持ち味のポンシリ・ミートサティートに左フックを決め、藤沢彰博がKO勝ち──1年8カ月振りの勝ち名乗りを受けた。

もう1試合組まれたMMA戦ではヨッカイカー・フェアテックスが、タイガームエタイ所属の英国人選手ジョン・シンクをこれもKO。バンコク・フォーマット第2弾=A New Breedでも彼らのMMAが見られるか、楽しみだ。

ONE110「No Surrender II」
<ムエタイ・バンタム級T準決勝/3分3R>
○セーマーペッチ・フェアテックス(タイ)3R
判定
×ロドレックP.K.センチャイムエタイジム(タイ)
<キックボクシング・バンタム級/3分3R>
○メヂ・ザッツプッツ(アルジェリア)3R
判定
×レオ・ピント(フランス)
<59.5キロ契約/5分3R>
○藤沢彰博(日本)1R4分55秒
KO
詳細はコチラ
×ポンシリ・ミートサティート(タイ)
<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
○ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー(タイ)3R
判定
×ポンシリP.K.センチャイムエタイジム(タイ)
<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)2R1分11秒
KO
詳細はコチラ
×ジョン・シンク(英国)
<ムエタイ・フライ級/3分3R>
○ファディ・カレッド(チュニジア)3R
判定
×ファン・ディン(中国)
カテゴリー
ONE ONE110 No Surrender II Report ブログ ポンシリ・ミートサティート 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II】藤沢彰博、競り負けず─初回終了間際に左でポンシリを完全ノックアウト!!

<59.5キロ契約/5分3R>
藤沢彰博(日本)
Def.1R by KO
ポンシリ・ミートサティート(タイ)

階級は上の藤沢だが、上背は変わらない。ポンシリの右ミドルに、藤沢がショートのワンツーを放つ。アッパーを見せて距離を詰めたポンシリが細かいパンチ、離れてハイを蹴っていく。ポンシリの前進に左のカウンターを当てた藤沢だが、左ヒジを被弾。前蹴り、ローのポンシリに対し、藤沢がワンツーからシングルレッグを決める。

背中をつけたポンシリの足を払いつつ、再びガードのなかに収まった藤沢がパンチを振るう。ポンシリは下からヒジを入れるものの、スクランブルには持ち込まない。藤沢は足を捌いて左のパウンド、ハーフから立ち上がろうとしたポンシリの体を跨いでマウントに移行する。自らサイドに回った藤沢は左のエルボー、スクランブルにはがぶってヒザを入れる。

ここで離れた藤沢にポンシリが右ハイ、直後に藤沢の右が入りダウンを奪う。パウンドからパス、左のヒザを蹴り込む藤沢は、スクランブルから立ち上がった直後に左フックを打ち抜く。ポンシリが腰から崩れ落ち、藤沢がタフファイトで嬉しいKO勝ちを決めた。


カテゴリー
News ONE ONE110 No Surrender II ジョン・シンク ブログ ポンシリ・ミートサティート ヨッカイカー・フェアテックス 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II】最終計量結果 ヨッカイカー・フェアテックス──尿比重1.0005!!!!

【写真】素晴らしいミドルの防御、メインに出場のセーマーペッチ・フェアテックスら12選手が体重、尿比重のいずれもクリアしている
(C)MMAPLANET

14日(金・現地時間)に中継される無観客大会=ONE110「No Surrender II」の計量及びハイドレーション結果が発表された。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


今夜の中継で戦う12人のファイターの計量とハイドレーションテストの結果は以下の通りだ。尿比重に関してはロドレックP.K.センチャイムエタイジムとレオ・ピントが上限に近く、逆にヨッカイカー・フェアテックスの1.0005は水分過剰摂取ともとれる低い数字だ。尿比重は水分摂取、食事制限、運動負荷ばかりか発汗状況でも数値が変わってくるので、この数値を見る限り非常に上手くコントロールできる陣営が出てきたといえるだろう。

■ONE No Surrender II計量結果

※赤字の選手の名前をクリックすると、インタビューページに移動します。

<ムエタイ・バンタム級T準決勝/3分3R>
セーマーペッチ・フェアテックス:65.3キロ/1.0040
ロドレックP.K.センチャイムエタイジム:65.65キロ/1.0244

<キックボクシング・バンタム級/3分5R>
レオ・ピント:65.65キロ/1.0241
メヂ・ザッツプッツ:65.75キロ/1.0218

<59.5キロ契約/5分3R>
ポンシリ・ミートサティート:58.3キロ/1.0112
藤沢彰博:59.25キロ/1.0095

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー:69.8キロ/1.0018
ポンシリP.K.センチャイムエタイジム:70.3キロ/1.0183

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス:61.0キロ/1.0005
ジョン・シンク:60.3キロ/1.0061

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン:60.9キロ/1.0083
ファディ・カレッド:60.852キロ/1.0074

カテゴリー
Interview ONE ONE110 No Surrender II ブログ ポンシリ・ミートサティート 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II】ポンシリと対戦、タイ在住=藤沢彰博─02─「しっかりと自分の仕事をしたい」

【写真】理路整然と話すことができる。だからこそ、ここまでたどり着けたのだろう。ここは、ぜひとも結果が欲しい (C)MMAPLANET

14日(金・現地時間)、ONE110「No Surrender II」におけるポンシリ・ミートサティートとのキャッチウエイト戦が中継される藤沢彰博インタビュー後編。

コロナ禍のバンコクの様子を伝えてくれた藤沢にとって、この試合はそのコロナの時代により得たチャンスでもある。ONEデビューから2年4カ月、連勝後に3連敗を喫した藤沢は、この状況で得た機会だからこそ結果を残すという強い意志を持っている。

<藤沢彰博インタビューPart.01はコチラから>


このタイミングでタイにいたことは自分にとって本当に良かったです

──タイ国内で感染者がゼロという状態が続いたということは、試合前の練習も普段通りに行えていたということですか。

「そうですね、僕らは普通にやっていました」

──ムエタイのジムも、もう普通に動いていますか。

「ムエタイはどうなんでしょうね……。でも、僕の友人が8月にMXムエタイ(MMAグローブ使用のムエタイイベント)に出ると言っていました。MMAではフルメタル・ドージョーも8月にはイベントがあると聞いています(※8月23日)」

──タイもいよいよ動き出しましたね。今回の試合、いわばコロナ禍で巡ってきたチャンスともいえます。

「本当にそうですね。運を引き寄せることができたので、そこを生かして良いパフォーマンスを見せ、しっかりとフィニッシュして勝たないといけないです」

──ポンシリは内藤のび太選手と戦っています。

「のび太選手は普通に勝っていますね。ムエタイ出身で首相撲からヒザが得意かと思います。そこは上手なので気を付けたいです」

──対して藤沢選手のやるべきことは?

「普通のMMA、自分のMMAをやるだけです。引き出しは向うより多いと思っています。ムエタイのリズムに付き合うつもりは全くないです。ポンシリもかなりMMAにアジャストしてはいるのでそういうリズムではないしょうが、相手のやりたいことには付き合わず、自分の持ち味を出せれば普通に勝てると思っています」

──現在、3連敗。期するものがあるかと思います。

「下の階級の選手だし、仕留めて勝って──次は自分の階級で戦えるようにアピールしたいです」

──ムエタイマッチでは同じくタイ在住のLittle Tiger選手が出場します。同じ日本人同士、交流はあるのですか。

「彼女のジムにもたまに練習に行ったりして、普通に仲は良いです。ただTigerの相手も交流があって……(苦笑)。エストニア人選手で、背が高くて細いけど……やっぱり大きいです。Tigerはアトムより小さいけど、そこがONEで一番軽い階級だから体を大きくしていかないといけない」

──バンコクでのライブ&収録シリーズはもう1度予定されています。タイ在住の外国人選手もONEに出場できる機会を虎視眈々と狙っているのではないでしょうか。

「何人か候補がいて、うちのコーチも推している選手がいます。僕もここを勝ってつなげたいですが、フライ級の相手がいるのかどうかと……」

──仮に外国人選手の渡航とファイトが許されても、2週間の隔離とかがあると、いつから入国すれば良いのかという話になってしまいます。

「そうですね、僕なら2週間隔離があって調整できないで試合というのは難しいです。それは選手の立場として、厳しいです」

──しかし、PCRを3度やってホテルはセコンドとも別室、この状況でMMAを戦うって普通はない経験ですね。

「PCR検査を受けるのもそうですし……日本でもやっているとは聞いていますけど、このタイミングでタイにいたことは自分にとって本当に良かったです。しっかりと自分の仕事をしたいですし、色々と想います」

──ここを浮上のきっかけに。

「しないといけないですね。良いところを見せて、勝ちたいと思います」

──では試合前、今の気持ちをファンに一言お願いします。

「数少ない日本人ファイターとして、タイ人ばかりの大会で日本人として強さを見せたいです。バンコクはホームですけど、アウェイで戦うつもりでMMAの魅力をタイの人にも伝えたいと思っています」

■ONE No Surrender II対戦カード

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
セーマーペッチ・フェアテックス(タイ)
ロドレックP.K.センチャイムエタイジム(タイ)

<キックボクシング・バンタム級/3分5R>
レオ・ピント(フランス)
メヂ・ザッツプッツ(アルジェリア)

<59.5キロ契約/5分3R>
ポンシリ・ミートサティート(タイ)
藤沢彰博(日本)

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー(タイ)
ポンシリP.K.センチャイムエタイジム(タイ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)
ジョン・シンク(英国)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン(中国)
ファディ・カレッド(チュニジア)

カテゴリー
Interview ONE ONE110 No Surrender II ブログ ポンシリ・ミートサティート 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II】ポンシリと対戦、タイ在住=藤沢彰博─01─「決まった時間に食事が部屋に」

【写真】3連敗中、ONE生き残りを賭けて地元で戦う藤沢 (C)MMAPLANET

14日(金・現地時間)に中継されるONE110「No Surrender II」。タイはバンコクのインパクトアリーナで収録された6試合からなる大会で、バンコク在住日本人ファイターの藤沢彰博とポンシリ・ミートサティートのキャッチウエイト戦がラインナップに加わっている。

ONE参戦から2年を経て、コロナ禍で掴んだ地元バンコクでの試合に先駆け、藤沢にロックダウン下のバンコクと格闘技の練習、そしてミートサティート戦に向けて試合前に収録していたインタビューをお届けしたい。

これまでとは違うファイトウィークを過ごす藤沢から、ONEの感染予防対策も含めて尋ねた。


──当初の予定はDark Seriesの名称で収録された試合を後日中継するという話で誕生した中継マッチ。オファーがあった時はどのように思いましたか。

「噂でシンガポールかバンコクというのを聞いていて、タイなら在住の外国人選手なのでチャンスはあるかなと期待はしていました。他の選手も試合を欲しているなかで、自分に機会が巡ってきたことは非常にありがたいです」

──オファーはいつ頃にあったのですか。

「6月の終わりですかね。最初はフライ級でオファーがあり、それから相手がポンシリ選手になって契約体重でどうかという形で尋ねられました。ストロー級までは厳しいので、59.5キロで戦うことになりました」

──通常より2キロほど軽いですね。調整は難しくなかったですか。

「自粛期間で痩せていたので、大丈夫でした」

──エェ……太るのではなく、痩せたのですか!!

「仕事も行けない状態の時とかでも、家の周りをランニングしたり、ウェイトはやっていたので。それと外食ができなくなり、自炊がメインになると普通に過ごしていると自然に痩せたんです。外食より、自分で創ると体のことを意識しますしね」

──なるほど。新型コロナウィルスの感染拡大は日本でも続いていますが、バンコクは抑えることに成功している。よってONEもバンコクから再スタートとなっていますが、なぜタイで感染拡大をここまで抑えることができたのか、日本でも不思議に思う人が多いです。

「バンコクのロックダウンは3月半ばぐらいに始まって、1カ月半ほど街の機能は止まっていました。バーとか娯楽施設、マッサージ屋さんは3カ月半閉められて。飲食店でも店内飲食ができない状態、ショッピングモールの休館は90日ほどでした。

もともと、タイは持ち帰り文化があって、GRABやフードパンダとかの宅配バイクは増えましたけど。この間、交通量が凄く減ってバンコクの問題だった大気汚染が抑えられて……PM2.5もなくなり空気が綺麗になるほど、街中から人が消えていました」

─ロックダウンという強制に対し、タイの人々が従順するというイメージもなかったです。

「基本的に新型コロナに対する恐怖心が、日本人より強いですね。今でも外国人に入国してほしくないという人が9割を超えています」

──観光立国でありながら!!

「やはり軍事政権というのもあって、御上のトップダウンの決定は文句を言いながら従いますね。なかには違反する人もいるけど、欧米と比較すると少ないと思います。凄くビビっていますから」

──では格闘技の練習もスパッとしなくなるような形だったのですか。

「まぁ……家で陰練習とかは、個人宅でやるというのはあったでしょうね。少人数でタウンハウスを使って……あまり大きな声ではいえないけど、米国と同じようにプロ練習はしていましたね」

──7月から娯楽施設も開放されるとなると、タイの人達の新型コロナへの恐怖感は軽減したのですか。

「マスクをしている人は多いですね。逆にマスクをしていないとほとんどの建物に入ることができません」

──酷暑のタイでも、それがニューノーマルになったのですか。私の場合は空気が汚くてマスクをすることが多かったですが、ホテルの横にある屋台に行くだけでも酸欠になりそうな感じでしたが……。

「大変ですけど、僕も外出するときは必ずマスクをしています。そこは徹底しています。外国からの帰国者も一部のVIPを除いては2週間の隔離が絶対ですし」

──一部のVIPを除いて……ですか(笑)。

「そのVIPからバンコクと地方の方で感染者が出て、大騒ぎになっていました。外交官の娘とか……軍人が隔離なしで入国し、無症状で陽性だったんです。地方の方はもう近隣の200ぐらいの学校が休校し、ホテルも9割ぐらいがキャンセルされたようです」

──なるほど有事になると強い軍事政権なのですね……少し複雑ですが。PCR検査も多く実施されているのですか。

「日本ほど高くないですが、タイの物価で考えるとそれなりの値段が掛かる感じでできますね。ただ、症状が出ていないと公立の病院では受けることができなくて……。検査をして陽性か陰性が分かるのがベストですし、今回の試合に向けてONEでは3度PCR検査が実施されました」

──それは安心度が高まりますね。

「ホテルに入った翌日、2回の計量前に。だから僕ももう1度、PCRが残っています。徹底していますね。基本的に外に出ない。3食決まった時間に食事が部屋に運ばれてきて……本当に隔離されているような感じです。ここまで徹底しているのは、凄いです。陰性でないと試合はできない。そしてセコンドも別室で、練習の時だけ顔を合わせる。国内は感染者がゼロの状態なのに、ここまでやっていると不安はないです」

<この項、続く>

■ONE No Surrender II対戦カード

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
セーマーペッチ・フェアテックス(タイ)
ロドレックP.K.センチャイムエタイジム(タイ)

<キックボクシング・バンタム級/3分5R>
レオ・ピント(フランス)
メヂ・ザッツプッツ(アルジェリア)

<59.5キロ契約/5分3R>
ポンシリ・ミートサティート(タイ)
藤沢彰博(日本)

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー(タイ)
ポンシリP.K.センチャイムエタイジム(タイ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)
ジョン・シンク(英国)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン(中国)
ファディ・カレッド(チュ

カテゴリー
News ONE ONE110 No Surrender II ONE110 No Surrender III シャノン・ウィラチャイ ファビオ・ピンカ ブログ ポンシリ・ミートサティート 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II & III】14日に藤沢彰博、21日にフランス最強ムエタイ戦士ピンカのMMA初陣

【写真】ついにファビオ・ピンカがMMAを戦う (C)ONE

3日(月・現地時間)、ONEより14日(金・同)と21日(金・同)に配信されるONE Surrender II及びIIIの対戦カードが発表された。

ONEでは7月31日(金・同)にタイのバンコクはインパクト・アリーナで無観客大会=ONE110「No Surrender I」のライブ中継が行われたが、それら6試合の前に12試合が収録されており、この両日に配信される。

両日揃って6試合の配信となり、両中継でMMAは2試合ずつ見られる。


まず14日のNo Surrender IIではバンコク在住の日本人選手=藤沢彰博が、59.5キロ契約マッチでポンシリ・ミートサティートと対戦。藤沢は本来フライ級で戦っているが、ストロー級のポンシリとの対戦に合わせてキャッチ戦となった。

この試合まで藤沢は3連敗中でONEでの戦績は2勝3敗、なぜかマニラやクアラルンプール大会で試合が組まれてきたが、ホーム・バンコク大会は初出場だけに無観客とはいえ地元で星を五分にしたい。この日の中継では藤沢✖ポンシリ以外に、ヨッカイカー・フェアテックス✖ジョン・シンクのONE初陣同時のタイ✖英国フライ級対決が組まれている。

21日のSurrender IIIでは、あのファビオ・ピンカがついにMMAデビューを迎える。ピンカは昨年12月のKL大会のユン・チャンミン戦でMMA初戦を行う予定だったが、負傷欠場に。そのピンカはMMAデビューを目指し、今年の2月からタイガームエタイで練習していたことでパンデミック後も母国フランスに戻らず、タイで練習をしてきた。

タイ人以外で7人目のラジャダムナン(※ウェルター級)の頂点に立ち、WBCムエタイでウェルター級とスーパーライト級で世界王座獲得、ISKAでも世界ウェルター級王座、米国のLion Fight、ユーラシアのKombat Leagueと世界中で結果を残してきた最強・仏製ナックモエ、そのデビュー戦の相手はシャノン・ウィチャイだ。

2018年7月の青木真也戦から現状4連敗中のウィラチャイとはいえMMAの戦い方、特にグラップリング面の経験値はピンカを大きく上回る。ONE Super Seriesがスタートした2018年4月のマニラ大会でノンオー・ガイヤーンハーダオに判定負けを喫しているピンカだが、この頃には既にMMA転向を決めフランスのスネークジムでトレーニングを開始していた。

以来、柔術とレスリングもしっかりと積んできたピンカにとっても、初戦がウィラチャイというのは決して楽でない。とはいえ、ここを軽くクリアするようなことがあれば一気にトップ戦線入りとなる。

またNo Surrender IIIでもプーケットトップチーム所属の英国人ファイターのベン・ロイル✖タイガームエタイ所属の米国人クインティン・トーマスというフェザー級の一戦も見られる。トーマスは2017年のIMMAF=アマMMAの世界王者で、プロはまで2戦目だがアマ時代に14勝2敗というレコードを残している。パンデミック下のバンコク・シリーズは、ONEと契約できる大きなチャンスを彼ら在タイ人ファイターにもたらしており、高いモチベーションから好パフォーマンスを生んで欲しいものだ。

なおSurrender IIIではリトルタイガーが、ムエタイ女子アトム級で マリー・ルーメット と対戦している。既にこれらの大会は結果がでてしまっているが、MMAPLANETでは事前に対戦カードを入手し、試合前の藤沢とピンカのインタビューを行っており、ファイトウィークに掲載する予定だ。

カテゴリー
News ONE ONE Championship シャノン・ウィラチャイ スタンプ・フェアテックス ブログ リカ・イシゲ 山田哲也 藤沢彰博

【ONE】7月31日= No surrenderはロッタン✖ペッダムから。どうなるMMA? あるか、藤沢の出場?!

【写真】7月31日、藤沢が復活ONEのリングで戦うことはあるのか…… (C)MMAPLANET

26 日(金・現地時間)にONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長が、SNSで7月31日(金・同)にタイでONE「No surrender」(諦めない、降参しないという意)の開催を発表したのに続き、28日(日・同)にはSNSでカードを明言し、29日(月・同)になりONE PRからイベント開催と対戦カードのプレスリリースがメディアに配布されている。

今回、発表されたのはスーパーシリーズ=ムエタイ&キックボクシングから──ONEムエタイ世界フライ級王者ロッタン・ジットムアンノン✖挑戦者ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ)、ONEムエタイ世界フェザー級王者ペットモラコット・ペッティンディーアカデミー✖挑戦者ヨーセングライ・フェアテックスという2つのムエタイ世界選手権試合、加えてキックボクシング・フェザー級でスーパーボン・バンチャメーク✖シッティチャイ・シッソンピーノンの3試合だ。


立ち技、そしてタイ人だけというカードがまず決まったことは、タイの現状とバンコク大会だけに頷ける。その一方で、リリースにあるMMAのカードも早急にアナウンスするという下りに注目したい。

タイ=ムエタイという印象が強く、活動再開の一歩はムエタイのメガファイトになることは明らかだが、シャノン・ウィラチャイ、リカ・イシゲの両選手、そしてマルチファイターのスタンプ・フェアテックスがMMAを戦うことがあるのか。

また忘れてならないのは、バンコク在住の日本人ファイター藤沢彰博だ。2018年4月のONEデビューから2勝3敗──現状は3連敗中だが、昨年11月以来のファイトの機会を今大会で得ることができるのか注目したい。

さらに現状、プーケットに滞在しているままなのか確認できていないが、山田哲也も普段はタイガームエタイで生活をしている。そのタイガームエタイに、祖国に戻っていない欧米のMMAファイターが残っていれば、7月31日のリングに上がるMMAファイターも現れるだろう。

とにかく立ち技だけでなく、MMAのラインナップの発表を待ちたい──7月31日= No surrenderだ。


カテゴリー
Interview ONE ブログ ペイヨングサック 藤沢彰博

【ONE】「ムエタイをやらずにMMA」。ONEアスリートIGライブ──藤沢彰博の公開質問への返答!!

【写真】少しワイルドな大人の漢感がする藤沢 (C)MMAPLANET

ONEアスリート達士の対談にファンが参加できるIGライブ最終週が、先週末30日(土)に江藤公洋✖藤沢彰博、31日(日)には秋山成勲✖三浦彩佳が行われた。また、29日(金)には平田樹✖有井渚海という顔合わせも実現している。

MMAPLANETではMMAファイターに質問を公開で投げかけており、ここでは藤沢彰博の回答を紹介したい。

藤沢への質問「バンコク在住の藤沢選手に伺いたいのは、ムエタイの王国でのMMAの可能性として、ムエタイの選手たちがMMAに流れてきた時、その強さと克服すべき点はどのような点だと思われますか。またタイではムエタイを経ず、MMAに流れてくる傾向など強くなっているのでしょうか」


藤沢彰博
「結構ムエタイベースでMMAやっている選手ではRIZINに出ているトップノイ・タイガームエタイ選手とかDEEPに出ているアム・ザ・ロケット選手などがいて、タイでMMA認知度が上がれば、そういう選手達がどんどん出てくるのかなと思います。ムエタイ選手は立ちの組み=首相撲が強くて、崩れないのでそこが強みですよね。まだ寝かすと結構弱い選手が多いですが、柔術のジムも増えてきているので、グラウンドの弱点を克服出来た時、ムエタイ選手上がりのMMA選手は上に来るだろうと思います。

(C)FREAKS

最近はムエタイをやらずにMMAから始める選手も結構増えてきました。タイではテコンドーや柔道も盛んなので、そこから流れてくる選手とかもいます。

僕の周りにもセンスのある選手がいます。前田吉朗選手と大阪のDEEPで戦ったペイヨングサックっていう選手がいるんですけど、彼とかもムエタイ上がりじゃないんですけどセンスがありますね。

僕は今後タイのMMAシーンが盛り上がってくれると嬉しいです。そして自分もその力になれれば良いなと思います」

回答へのMMAPLANET公的私信
「藤沢選手、興味深い話をありがとうございます。藤沢選手がONEでデビューする時に、青木真也や北岡悟が驚き、心配していて。その時に勝手に髪の毛を七三分けしたサラリーマンタイプの人かと思っていたのですが、タイで会って藤沢さんの漢臭さが、全く想像と違っていて驚きました(笑)。タイと日本の架け橋、そしてONEでもう一勝負──お願いします!!」

カテゴリー
News ONE ブログ 三浦彩佳 平田樹 江藤公洋 秋山成勲 藤沢彰博

【ONE】ファン参加型のインスタライブ対談、第6週は江藤公洋✖藤沢彰博、秋山成勲&三浦彩佳&平田樹!!!

【写真】ファン参加型できるライブ対談、第6週=最終週は江藤✖藤沢、秋山✖三浦だ(C)MMAPLANET

ONEアスリート達の対談にファンが参加できるIGライブ。今週末は30日(土)の午後8時から江藤公洋✖藤沢彰博、31日(日)は秋山成勲✖三浦彩佳が実現する。


江藤と藤沢はONE Warrior Seriesから本戦契約を勝ち取ったという共通点がある。とはいえ江藤は日本でのトライアウト、藤沢はタイでセレクションを受けており、スタート時点では違ってい
る。藤沢はWSの最初エピソードで放送された──バンコク・ファイト・ラボで行われたトライアウトの合格者……いってみればスタンプ・フェアテックスの同期だ。シンガポール短期滞在経験者の江藤とタイ在住の藤沢から、どのようなエピソードが聞かれるか。

秋山と三浦のマッチアップは、聞くところによれば三浦が柔道時代から大の秋山ファンだったことで実現に至ったと聞く。その辺りの両者の心情をファンも深堀りしてほしいところだ。

また今秋のIGライブでは29日(金)に特別編として平田樹✖有井渚海というMMAと立ち技の新星の顔合わせも実現する。そんなIGライブ、今週で一区切りとなる模様だ。6月からもONEファイターとファンを結ぶ新たな企画の登場に期待したい。

では最終回も──MMAPLANETから出演するMMAファイターに公開質問状を書かせていただきます!!(すべてガチです)

まずは江藤に──「Evolve MMAでの練習、トライアウト合格、ONE Warrios出場、ONE本大会と契約、そして初勝利と、過去3年ほどでMMAファイターとして心境の変化と覚悟の違いを話してもらえないでしょうか」

そして藤沢に──「バンコク在住の藤沢選手に伺いたいのはムエタイ王国でのMMAの可能性として、ムエタイの選手たちがMMAに流れてきた時、その強さと克服すべき点はどのような点だと思われますか。またタイではムエタイを経ず、MMAに流れてくる傾向など強くなっているのでしょうか」

秋山に──「現役としてだけなく、韓国人ファイターの後継人という立場でもある秋山選手、まだONEと契約に至ってない韓国のMMAファイターと立ち技選手で、『コイツは要注目、ONEは契約すべき』という選手を1名ずつ、挙げてもらえないでしょうか。その理由とともに」

三浦に──「2月のシンガポール大会では、正直──試合中に痛みが顔に表れていたように感じました。その点について、長南さんから何か指摘され、克服するような試みはこの期間中に行われてきましたか」

最後に平田へ──「大きくなっていませんか?(笑)」