カテゴリー
J-CAGE News Pancrase320 ブログ 上田将竜 八田亮 村山暁洋 菊入正行

【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田

【写真】菊入はウェルター級転向後、そして2020年を3連勝で締めくくることができるか(C)MMAPLANET

15日(木)、パンクラスより12月13日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase320のカード第一弾が発表された。

3月、4月、5月とイベント中止、7月に日程変更し活動再開も、8月大会は開場10分前の中止決定、9月は団体初の無観客大会と世界中のMMAプロモーションが影響を受けるなか、激動の日々を送ってきたパンクラスの2020年最終興行8試合が決まった。


今回はウェルター級の元KOP村山暁洋✖菊入正行、ライト級は冨樫健一郎✖金田一孝介、バンタム級の花レメ紋次郎TK✖土肥潤、女子バンタム級は東陽子と直DATEの再戦、さらにフライ級は上田将竜 ✖杉山廣平と荻窪祐輔✖中村龍之の2試合、ストロー級も八田亮✖尾崎龍紀、リトル✖佑勢乃花が明らかとなった。

海外から入国の条件緩和が11月から始まるが、2カ月後の感染状況は読みようがない。現状では、国内対決を組むのはJ-MMAに共通している。活動再開後2大会連続で出場し中村勇太、高木健太を破った菊入が、村山に挑む一番は要注目だ。行き過ぎる試合を経て、貰わないが慎重すぎた試合を経験した菊入が、ウェルター級転向後に──いやライト級時代から実戦で積んできた経験をいかにぶつけることができるか。

さらに筑豊からの巻き返しなるか──暫定王座決定戦に敗北後、神酒龍一戦も落とした上田。ばかりか荻久保✖中村と揃って崖っぷちのフライ級戦線。

渋すぎる花レメ✖聖帝、GTFでのグラップリング戦からケージに戻ってきた八田亮、それぞれが決して忘れることがない時を過ごした2020年、その戦い収めのファイト、気持ちが入った試合が見られそうだ。

The post 【Pancrase320】激動の2020年最終章は村山✖菊入、後の無い上田将竜、グラップリングからの帰還=八田 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE Pancrase318 Report ブログ 菊入正行 高木健太

【Pancrase318】菊入正行が右ストレートを中心にコントロール、高木健太に3-0の判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
菊入正行(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
高木健太(日本)

サウスポーの高木が距離を詰めて、左ロー。オーソドックスの菊入はフェイントをかけながら逆に距離を縮めて、高木の左ローをキャッチしてパンチを浴びせる。ケージ中央で見合う両者。菊入が左ジャブから右ストレート。高木はバックステップでかわす。菊入が右ストレートを放つと、高木は打ち終わりに右フックを入れる。菊入が左ロー。高木が距離を詰めると、サークリングしながらローを繰り出す菊入。菊入のパンチに対して、高木は左右のフックを返す。菊入のローに、右フックを返す高木だが、これは当たらない。

1Rの採点は、高木に2票が入った。

2R、高木が左ミドル。かわした菊入が前蹴りから距離を詰める。反対に高木が前に出ると、サークリングからローを打ち込む菊入。さらに右ストレートを伸ばす。プレッシャーをかけてくる菊入に右フックをふるう高木、ノーモーションからの左ストレートを繰り出す。対する菊入の左フック、右ストレートがヒット。高木は右目が見えづらくなったか、スタンスをオーソドックスに。プレッシャーを強める菊入は、フェイントから左ジャブ、さらにロー。高木は左右フックを放つも当たらない。しかし前に出る高木と、ケージを背負う菊入。残り1分のところで前に出て、距離を詰めた菊入が、右ストレートから左ローを当てた。

2Rの採点は、ジャッジ3者とも10-9で菊入を支持した。

最終R、足を使いながらローを繰り出す菊入。高木は前に出て縦ヒジを狙う。菊入の左ジャブをくらい、のけぞる高木。菊入は右ストレート、右ロー。高木も右フックを当てる。距離を詰める菊入に対し、右フックをヒットさせた高木。菊入は一瞬下がるも、再び前に出る。残り1分半、ケージ際で菊入の右ストレートがクリーンヒット。さらに右フックを浴びせた菊入が、自分の距離を保って試合終了のゴングを聞いた。

判定はジャッジ3者とも29-28で菊入。
勝利した菊入は、今回の試合内容に反省しつつ、次の試合はKOか一本を狙いたいと締めた。

The post 【Pancrase318】菊入正行が右ストレートを中心にコントロール、高木健太に3-0の判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ 菊入正行 高木健太

【Pancrase318】9月大会で菊入正行✖高木健太戦が決定。バチバチか、ガチガチか。バチガチか

【写真】あの戦いができ、勝った──菊入にとって中村勇太戦の経験が生きる、そしてつながる高木戦だ(C)KEISUKE TAKAZWA/MMAPLANET

3日(月)、パンクラスより9月27日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase318で高木健太✖菊入正行のウェルター級戦が組まれるという発表があった。

昨年6月に手塚裕之との暫定ウェルター級KOP決定戦、続くアレキサンダー・ラカス戦と連続してRNCで敗れている高木にとって、この試合は昨年10月以来約11カ月振りの再起戦となる。


対して菊入は7月24日の316大会において、ウェルター級転向初戦となった中村勇太戦でバチバチの殴り合いを制したばかり。高木としては殴って殴られての打撃戦は望むところだろうが、若い菊入は被弾せずに殴る、あるいは組んで倒していけるのか──今後を睨んだ一戦になる。

同大会では暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源治、上迫博仁✖粕谷優介という2つのライト級戦、ライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹のフライ級戦という3試合とネオブラッドTが決まっているが、9月に国際戦が組まれるまで日本と米国の間で行き来が緩やかになっているかは誰も知る由がなく、厳しいという見方も成り立つ。

そのなかでタイトルコンテンダーであり、HEATではウェルター級王者になるなど、数多くのプロモーションで拳を振るい続けてきた高木との対戦は、25歳の菊入にとって存在感を示す格好のマッチアップだ。そして──高木としてタイトル戦線に踏みとどまるために落とせない戦いとなる。

カテゴリー
J-CAGE Pancrase316 Report ブログ 中村勇太 菊入正行

【Pancrase316】魂の殴り合いで、中村勇太が力尽き──自らも傷ついた菊入正行がパウンドアウト

【写真】中村にとってはグッドファイト。菊入は快勝もパンチを被弾しすぎた(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<ウェルター級/5分3R>
菊入正行(日本)
Def.2R2分35秒by TKO
中村勇太(日本)

ウェルター級に階級を上げた菊入と、九州からミドルでもウェルターでもオファーに応じる中村の対戦。右を振って組みついた中村が右腕を差す。小外掛けをウィザーで耐える菊入、中村が自ら離れる。菊入はジャブから右を当てるが、中村は左ストレートを入れる。前に出た中村は右を被弾してダウン、立ち上がった中村に菊入が右を打ち込む。下がった中村は左ミドルから左ロー、菊入は右をテンプルに当てて2度目のダウンを奪う。

必死に立ち上がった中村は左を受けたまたもダウン、立ち上がり打ち合いで活路を開こうとする中村は左を伸ばす。右を被弾して足が泳いだ菊入が下がると、中村が距離を詰めて右フックを当てる。精度が上がってきた中村が左ハイ、そして左を伸ばす。右を返す菊入が、中村の右フックに右を合わせて4度目のダウンを取ったところで初回が終わった。ジャッジは3名とも菊入に、1人はビッグラウンドをつけた。

2R、ワンツーを受けた中村の体が揺れる。菊入はボディからワンツー、パンチを纏める。ケージを背負いパンチを受け続ける中村だったが、菊入がここで呼吸を整える。中村は前に出るが右、そして左、さらに右を受けて後退する。前蹴りでバランスを崩した中村に鉄槌を連打した菊入がTKO勝ちを決めた。


カテゴリー
ISAO J-CAGE News Pancrase316 アキラ ブログ ライカ 中村勇太 端貴代 菊入正行

【Pancrase316】ISAO✖アキラ=7月26日大会。観戦のための感染予防対策の概要発表

【写真】写真はイメージです (C)t.SAKUMA

26日(金)、パンクラスより7月24日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase316観戦に関する感染予防対策、その概要が発表された。

◇開場前に座席、各手すり、トイレ、ドアの取手等、観客の手に振れやすい箇所を高濃度アルコール(66パーセント以上)消毒を行う。

◇AI顔認証・非接触タイプの体温検出ソリューション(サーモグラフィー)にて施設入場時に検温を実施。37.5度以上の熱がある者は、いかなる理由があっても入場不可。

◇5歳以上の観戦者はマスク着用の義務。マスク着用でない感染者は入場不可。1人につき、1枚のマスクの配布はなされる。

◇観客が入場する時に必ず手指の消毒を行う。各所に消毒液を用意しているので、こまめに手指の消毒を。

◇観覧席は前後左右を空けた席配置、又は距離を置く事と同等の効果を有する措置等を行う。

◇列をなす必要のある場合、立ち見観戦の際は1メートル以上の間隔をあける。

◇やむをえず1メートル以上ソーシャルディスタンスがとれない場所では、大声での会話を控える。

◇物販スタッフの手渡しによるパンフレット配布は行わない。各自で手に取る。

◇選手・スタッフも同様の感染予防対策を徹底して行う。

◇施設内は十分な換気を行う。

◇37.5度以上の発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐がある場合は入場禁止。

◇過去2週間以内に、発熱や風邪で受診や服薬等をした方、海外への訪問歴のある方、以上の方と濃厚接触した方はご来場を控える。

同大会ではフェザー級KOPのISAOが、ライト級から階級変更のアキラと対戦するメインイベントを始め、鉄の女対決=ライカ✖端貴代、ウェルター級の中村勇太✖菊入正行戦を始め、メインカードが8試合とプレリミ、ネオブラTが組まれており、階級は北米ユニファイドが採用していることから前日計量が実施されると思われる。計量とイベント両日、20試合におよぶ出場選手とセコンドの出入りがある会場内、競技者側への安全対策も──日本の格闘技界が足並みを揃えるために──気になるところだ。


カテゴリー
J-CAGE News Pancrase316 ブログ 中村勇太 砂辺光久 菊入正行

【Pancrase】7月5日のPancrase316が同月24日にスライド。19日の沖縄大会も、悔しい──仕切り直しに

【写真】パンクラスの7月5日大会は24日にスライド、沖縄大会はひとまず中止となった(C)MMAPLANET

26日(火)、パンクラスより7月5日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催される予定だったPancrase316が、同24日(金・祝)にスライドされることが決まった。同時に中村勇太✖菊入正行のウェルター級マッチが延期となった5月31日大会からスライドされることも明らかとなっている。

MMAPLANETのインタビューで酒井正和代表が「7月大会の日程変更」も考慮していると話していたが、その言葉通り7月中の移行となった形だ。

また、今回の大会スライドと同時に7月19日に砂辺光久が地元・沖縄で開催予定だった自主興行も中止が決まった。同大会は多くのスポンサーからの協力を得ることができ、地元TV局の中継も予定され、砂辺自身のビッグマッチも含め準備が進められていたが、無念の仕切り直しが決まった。


「この状況で国外、県外から選手を招聘することはコロナウィルス感染拡大という側面からもリスキーなので一旦白紙に戻します。日本、沖縄で屋内プロスポーツがお客さんを集めることができるようなれば開催しようと思っています」と砂辺は無念さを胸に収め、今の気持ちをMMAPLANETに寄せてくれた。

なお7月24日大会では中村勇太✖菊入正行以外で、今回のリリースで小森真誉✖透暉鷹のフェザー級も発表され、そのフェザー級=ISAO✖アキラ、女子フライ級のライカ✖端貴代、バンタム級の土肥潤✖関原翔などと共にランナップされている。

Pancrase316に関しては現時点ではリリース内に6月14日発売としてチケット価格も明記されているが、ここも酒井代表の言葉を借りると東京都が示したロードマップに則した判断がなされることになるだろう。