カテゴリー
DEEP99 Interview J-CAGE ブログ 元谷友貴 米山千隼

【DEEP99】10月23日(金)発売のFight &Lifeで米山千隼が語った──尋常でない追い込み練習と元谷友貴戦

【写真】鬼気迫るという表現が生ぬるく感じられた追い込み練習だった(C) MMAPLANET

11月1日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催されるダブルヘッダー=DEEP98&DEEP99。夜の部=DEEP99のメインが元谷友貴✖米山千隼に決定した。

10月23日(金)発売のFight & Lifeでは、元谷戦に向けて追い込み練習を行う米山は取材。

記事にあるように、鬼気迫るというような表現が生ぬるく感じられるような追い込みよう──このままで精神に異常を来たすのではないかと危惧されるほど、肉体とメンタルをギリギリにまで苛め抜く米山の息が整うのを待ち、元谷戦、これからについて尋ねた。

ここでは、元谷戦と元谷というMMAファイターについて、どのように思っているのかを抜粋(要約、加筆)してお届けしたい。


──どういう気持ちで、この追い込みの5分✖5R=25分間をやり切っているのでしょうか。

「始める前は『やるしかない』とか自己暗示を凄くかけています」

──このハードな練習は当然11月1日に元谷友貴選手との一戦に向けてでしょうが、「元谷に勝てないぞ」という周囲の声が、「そんなじゃUFCに行けないぞ」という声に変わりました。

「そもそも僕はUFCに憧れてUFCに行きたいと思ったわけではないです。強くなりたいと思った時にUFCを目標にすれば強くなれると思って、UFCを目標にしました。それが自分のなかに刷り込まれています。だから折れそうなときに『UFCに行けないぞ』と言われると、体が動くようになります。

疲弊した時に、その言葉が聞こえ一瞬でも考えることができるなら、何とかやり切れるメンタルになります。正直なところ元谷選手に勝っても、それでUFCと契約できることはないと思っています。なので、この試合に勝ってからということだと、僕はACAやBrave CFを考える必要があります」

──とはいえ、これだけの追い込みしているのですから、元谷選手との試合を軽視しているわけはない。そのうえで元谷戦後を考えているわけですね。

「今、海外に行ける状態でないことは分かっています。でも1年間も試合間隔が空いてしまった。その一方で、この状況でも試合をしている人は実際にいます。世の中の流れもありますが、僕も無理やり戦おうと思ったらできていたのにやらなかった。それもあって、もうこれ以上先に延ばすことはできない。僕は知らなかったのですが、年末のRIZINで井上直樹選手が元谷選手と戦うという話があるなかで、僕に元谷選手と戦わないかという話がきた。DEEPで一番強い選手ですし、すぐに『やらせてください』と返事をしました」

──元谷選手は申し分のない相手だということですね。

「UFCへ行く云々ではなく、僕が今持っている実力で試合に出る、その相手として最高の選手だと思っています。でも元谷選手にカツカツの試合で勝ったからといって、UFCに行けるとは思っていないです。だからといって今の僕の力で元谷選手を圧倒できるのか……、できないのかっていうのは、試合をしてみないと分からないことですし。とはいえ客観的に考えて、全てを出し切れる相手です」

──これまでのキャリアのなかで一番強いという意識はありますか。

「あります。そういう意識は。だからこそ、ここで躓いているようではUFCはないです。ジムで立ててもらっている作戦は、しっかりと判定でも勝つというものですが、僕自身……心のなかでは、フィニッシュしないといけない相手と捉えています。僕の個人の想いですけど」

──ところで昨年10月の石司戦の前に、「石司選手と圧倒的な違いは勝利への執着心であり、そこが差になる」と言っていましたが、今回の元谷選手と自分自身の違い、そして試合に置いて差になると考えている部分はありますか。

僕の勝手な想像ですが、元谷選手の試合を見たり、インタビューなんかを読んでいると、僕とは違い試合用の自分なんか創る必要がなく戦える人だと思います。石司選手には勝利に対する執念が足らないと言ったのですが、元谷選手の勝利に対する執念は無意識なモノじゃないかと。その執念を創ってきて、試合に臨んでいるのではなくて、もともと備わっている。

だから勝負すべきところで勝負できて、最後の最後でも勝ち拘ることができます。対して僕は生まれながらそういうモノが備わっているわけでもなく、学生時代にそういう勝負をしてきたわけでもないです。格闘技を始めてから、勝つためにソレを備えてきました」

──いわば元谷選手の執念は天然モノで、米山選手は人工的だと。

「ハイ。僕と元谷選手の勝利に対する執念は種類が違うというのは凄く感じます」

──天然と人工的、どちらの執念が強いのでしょうか。

「元からあるモノがどれくらいのモノかは分からないです。でも元から備わっているモノよりも、自分が創ってきたモノの方が上回ることができる……いや、分からないですね、そこは。今、僕が言えることは11月1日までに元谷選手が元々持っている勝ちへの執念を上回れるモノを創ること。そうできる自信はあります──ということですね」

The post 【DEEP99】10月23日(金)発売のFight &Lifeで米山千隼が語った──尋常でない追い込み練習と元谷友貴戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP99 Interview J-CAGE ブログ 佐伯繁 元谷友貴 米山千隼

【DEEP99】佐伯繁代表が元谷✖米山について、熱い激。「出るだけじゃない。勝てる選手が出てこないと」

【写真】DEEP97終了後のDEEP99のメイン=元谷✖米山について佐伯代表も熱く語った (C)MMAPLANET

11月1日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催されるダブルヘッダー=DEEP98&DEEP99。夜の部=DEEP99で元谷貴友✖米山千隼というカードが組まれた。

バンタム級でRIZINレギュラー及びトップを目指す元谷に、UFCしか眼にない米山が挑む一戦。大注目のカードの顔合わせの実現に関して、20日のDEEP97終了後の会見で佐伯繁代表が期待の高さを言葉にした。


──11月1日のDEEP99の元谷貴友✖米山千隼戦、このタイミングでこの試合がDEEPで組まれるのかという顔合わせです。

「そうですね!! (※米山のマネージャーのヒラタ)シュウさんが暴露していましたけど、もともと年末に(井上)直樹✖元谷のカードが良いんじゃないですかという話をしていて。僕からすると直樹もUFCに出るまで、それからRIZINとの間もずっとDEEPでやってきたので、ウチ同士で大晦日に試合ができれば凄く良い話だと思うんですね、実際。

でも米山と元谷ということで、シュウさんに話をしたんですよ。そうしたら微妙な感じで……直樹にも悪いしという感じだったんですよね。でも、『ぜひ、やらせてください』と返答が来て。最初はそういう感じだったから、元谷の相手がいないなぁと悩んでいたんです。

昇侍かなぁって思っていたら、(朝倉)海戦が決まって。でも本当に強い2人の対戦ですし、簡単な試合ではないです。盛り上げて欲しいです」

──米山選手はUFCで戦いたいと断言しているので、複数回の契約のないところで最高の相手と戦おうという選手だと思います。そういう選手に元谷選手をぶつけるのは、佐伯さんのビジネスとして良策なのでしょうか。

「僕は米山君がUFCに行きたいと言っているなら、それで良いと思っています。勿論、ウチはRIZINに近い存在というのはあります。でも選手が決めることなので。それに対して、どういう条件を出していけるかということで。

ストロー級王者の川原(波輝)君もONEに行きたいと言っています。僕はそれが悪いこととは思わない。RIZINでなくて、そういう選択があるということは。あの階級は世界がないので。そしてRIZINがファイトマネーを積んでも口説きたい選手になる。そういう選手が集まって来るから、面白くなるんです」

──受ける元谷選手については、どのように思われますか。DEEP、修斗、パンクラスという場で下からの突き上げを食うカードを好む選手は少ないです。それならRIZINで、という空気はあります。

「そうですね。一度、難しいかもという時に元谷君も『じゃあ、どうすれば良いですか?』と逆に尋ねてきた感じだったので。でも、ここをクリアできなければRIZINで勝てないです。厳しい言い方すると。

皆、勘違いしているのはUFCもRIZINも出るのが目的でなく、そこで勝つことを目的にしないと。1回だけ出る。それが目標じゃなくて、あそこで勝とうとしないと。そんなもん、PRIDE武士道の時代から、何人を送り込んですぐに帰って来たか。おいおいおい、ですよ。

僕のベストはメジャーにいてもらって年に1回、安いお金で帰ってくることですよ。それが『もう、帰って来たの?』って(笑)。だから元谷君も11月1日に出て、大晦日というのは凄くタイミングが良いです。そういう時に上手くウチを嵌めてくれれば、相乗効果になります。そりゃあ大きな賭けですけどね。

でもファイターとして強いヤツとやって……正直、RIZINで生き残ってレギュラーでやっていくって相当大変ですもん。UFCもそうです。出るだけじゃないです。あそこで勝てる。そういう選手が出てこないといけない。

そうじゃないですか!! そこを今、日本人しか出場できないからタイミング的に出られたりするけど……大人の事情で色々とありますよ。あるけど、やっぱり──あそこで勝てるファイターに出て欲しいですね。そうです、以上です」

The post 【DEEP99】佐伯繁代表が元谷✖米山について、熱い激。「出るだけじゃない。勝てる選手が出てこないと」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP98 DEEP99 J-CAGE News ブログ 元谷友貴 悠太 米山千隼 阿部大治

【DEEP98&99】11月1日に再びダブルヘッダー。98で阿部✖悠太、99で元谷友貴✖米山千隼が実現!!

【写真】最高に楽しみな一番が決まった(C)MMAPLANET

17日(木)、DEEPより11月1日(日)に東京都港区のニューピアホールで、8月に続きダブルヘッダーとなるDEEP98&DEEP99が開催され、両大会のカード第一弾が発表されている。

まず正午スタートのDEEP98では、8月のニューピア大会でDEEP初陣となった佐藤洋一郎に勝利した阿部大治が悠太と戦うウェルター級の一戦が明らかとなった。


さらに午後6時開始のDPPE99では元谷友貴✖米山千隼のバンタム級戦が組まれた。元谷✖米山は、現状のDEEPとRIZINの関係を考えると後者で組まれてもおかしくない一番といえる。

フライ級とバンタム級の元王者である元谷に挑む米山は、キャリア9勝1敗1分、Grahcanからパンクラス、そしてDEEPとUFCを目指すなかで最短距離を突き進もうとしている注目ファイターだ。

昨年10月に石司晃一をヒザ蹴りで下し、新型コロナウィルスのパンデミックで中止となったアジア版コンテンダーシリーズへの出場が決まっていた。去年の今ごろに「UFCを目指すなら2年以内。それを逃すとUFCは無理だと思う」と話していた米山だが、コロナ禍の今、米国在住もしくはビザがあるファイターは飛び級のようにオクタゴン・デビューの機会を得ている状況でどのような心境でいるのか。

とにかく米山はUFC関係者の目に映る実績のある相手と、すぐにでも契約を果たして米国やUAEに行ける状況を模索してきたに違いない。そんな米山の要望を受ける元谷も、さすがと言わざるを得ない。この試合は国内=DEEPで組まれる試合だが、米山はコンテンダーシリーズの御前試合のつもりで、ただフィニッシュしか狙っていないはず。勝てば良いという精神状態でなく、最初から一段追い込まれたなかで、元谷とどう戦うのか。

また元谷としても、国内で最もハングリーといえる相手に、どのような防御&攻撃力を見せるかで、そのポテンシャルの高さを見せつけることになる。元谷✖米山は、J-MMAにおいてこの秋一番の顔合わせといえよう。