カテゴリー
Interview ONE ONE Championship ブログ 平田樹 秋山成勲 青木真也

【ONE】ONEチャンピオンシップ、活動再開に際し──青木真也、秋山成勲、平田樹の声

【写真】青木、秋山、平田はONEの活動再開に何を想う (C)ONE

26 日(金・現地時間)にONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長が、7月31日にタイのバンコクでONE「No surrender」を開催することを発表した。

元々ONEでは7月中にタイでのイベント再開を視野に入れており、その状況は関係各所には伝わって来ていた。当然、ONEとパートナーシップを結ぶABEMAにもその報を届いており、ABEMAではあらかじめONE出場日本人選手から活動再開に関してのコメントを集めていた。ONEチャンピオンシップ、リスタートが正式発表のタイミングで、それら日本人MMA選手の声をお届けしたい。まずは第一弾として青木真也、秋山成勲、平田樹の想いだ。


青木真也
「ジャパニーズMMAがやりたい。ジャパニーズMMAとは何か。時代を引き戻してやろう。危機ではなく変化だ。強い奴が勝つんじゃない。勝った奴が強いんだ。オレが憧れたレスラーは悲観するのではなく、どう生きるかを教えてくれた。嘆いていてもはじまらないんだ。変わらないものは変わらない。行こうその先へ!」

秋山成勲
「ついにONEのアスリートや世界中の格闘技ファンが待っていた日がやってきます! 先日5月末の修斗で放送されたインタビューでは、チャトリCEOが『秋山選手は僕のお気に入りだ』と 言ってくれたと聞きましたが、ますます早く試合をしたいですね!」

平田樹
「ONE再開! 自分も『バチッ』てスイッチが入りました。 自粛期間はジムが閉まっていていたし、再開後すぐに怪我もしたりして……今はまだ、良いコンディションとは言えないですけど 『再開が決まった』と聞くとアガってきますね!  この間『スタンプ・フェアテックスが”イツキと試合しても良い” と言ってい』って話を聞きましたけど、私も誰とでもやっちゃうよ?って思っています。最近、密かにトレーニングを重ねているテクニックがあるんです。次の試合でお披露目して、私が主役になります」

カテゴリー
Interview ONE ブログ 秋山成勲

【ONE】「韓国には良い選手がゴロゴロいる」。ONEアスリートIGライブ──秋山成勲の公開質問への返答!!

【写真】プレーイング・マネージャーとしての腕にも期待 (C)MMAPLANET

ONEアスリート達士の対談にファンが参加できるIGライブ最終週が、先週末30日(土)に江藤公洋✖藤沢彰博、31日(日)には秋山成勲✖三浦彩佳が行われた。また、29日(金)には平田樹✖有井渚海という顔合わせも実現している。

MMAPLANETではMMAファイターに質問を公開で投げかけており、ここでは秋山成勲の回答を紹介したい。

秋山への質問「現役としてだけなく、韓国人ファイターの後継人という立場でもある秋山選手、まだONEと契約に至ってない韓国のMMAファイターと立ち技選手で、『コイツは要注目、ONEは契約すべき』という選手を1名ずつ、挙げてもらえないでしょうか」


秋山成勲
「なるほど!! 韓国でONEの試合が行われてないので、私自身、韓国のアスリートをリクルートする立場を実はチャトリさんにもらっていまして、その立場もあるので今色々リサーチしている段階で、その1人がユン・チャンミンだったんですよね。

まだまだレベルの高い発展途上の選手がたくさんいて、実は皆めちゃくちゃ良いんですよ。強いですしハートがある人間が多いので、韓国人の選手に関しては立ち技もMMAもゴロゴロいるので、正直その選手全員言ってあげたいんですけどね……正直。

僕は韓国大会を成功させようと思っているので、良い選手をどんどんリクルートして出そうと思っています。あとは、日本でいえば、松倉(信太郎)っていう選手がいるんですけど、彼のことは昔から知っていて。器用で顔も良くて一生懸命やっているので、彼がもうちょっと頑張ったらONEにリクルート出来たら良いなと私は思っています。本人にもそれは伝えています。ムエタイも勉強して、試合にも出ようとしています」

回答へのMMAPLANET公的私信
「思わぬ韓国人選手でなく、松倉選手の推薦がありがとうございました(笑)。強い韓国人選手が、日本人選手を強くすると思っています。いずれ、ONE Warrior的な日韓対決イベントの実現を秋山プレゼンツでお願いします!!」

カテゴリー
News ONE ブログ 三浦彩佳 平田樹 江藤公洋 秋山成勲 藤沢彰博

【ONE】ファン参加型のインスタライブ対談、第6週は江藤公洋✖藤沢彰博、秋山成勲&三浦彩佳&平田樹!!!

【写真】ファン参加型できるライブ対談、第6週=最終週は江藤✖藤沢、秋山✖三浦だ(C)MMAPLANET

ONEアスリート達の対談にファンが参加できるIGライブ。今週末は30日(土)の午後8時から江藤公洋✖藤沢彰博、31日(日)は秋山成勲✖三浦彩佳が実現する。


江藤と藤沢はONE Warrior Seriesから本戦契約を勝ち取ったという共通点がある。とはいえ江藤は日本でのトライアウト、藤沢はタイでセレクションを受けており、スタート時点では違ってい
る。藤沢はWSの最初エピソードで放送された──バンコク・ファイト・ラボで行われたトライアウトの合格者……いってみればスタンプ・フェアテックスの同期だ。シンガポール短期滞在経験者の江藤とタイ在住の藤沢から、どのようなエピソードが聞かれるか。

秋山と三浦のマッチアップは、聞くところによれば三浦が柔道時代から大の秋山ファンだったことで実現に至ったと聞く。その辺りの両者の心情をファンも深堀りしてほしいところだ。

また今秋のIGライブでは29日(金)に特別編として平田樹✖有井渚海というMMAと立ち技の新星の顔合わせも実現する。そんなIGライブ、今週で一区切りとなる模様だ。6月からもONEファイターとファンを結ぶ新たな企画の登場に期待したい。

では最終回も──MMAPLANETから出演するMMAファイターに公開質問状を書かせていただきます!!(すべてガチです)

まずは江藤に──「Evolve MMAでの練習、トライアウト合格、ONE Warrios出場、ONE本大会と契約、そして初勝利と、過去3年ほどでMMAファイターとして心境の変化と覚悟の違いを話してもらえないでしょうか」

そして藤沢に──「バンコク在住の藤沢選手に伺いたいのはムエタイ王国でのMMAの可能性として、ムエタイの選手たちがMMAに流れてきた時、その強さと克服すべき点はどのような点だと思われますか。またタイではムエタイを経ず、MMAに流れてくる傾向など強くなっているのでしょうか」

秋山に──「現役としてだけなく、韓国人ファイターの後継人という立場でもある秋山選手、まだONEと契約に至ってない韓国のMMAファイターと立ち技選手で、『コイツは要注目、ONEは契約すべき』という選手を1名ずつ、挙げてもらえないでしょうか。その理由とともに」

三浦に──「2月のシンガポール大会では、正直──試合中に痛みが顔に表れていたように感じました。その点について、長南さんから何か指摘され、克服するような試みはこの期間中に行われてきましたか」

最後に平田へ──「大きくなっていませんか?(笑)」