カテゴリー
EMC05 other MMA Report スチュアート・オースチン ブログ 石井慧

【EMC05】ケージに押し込み、テイクダウンも決めた石井慧だが、オースチンに判定負けでベルトを巻けず

<EMCヘビー級王座決定戦/5分5R>
スチュアート・オースチン(英国)
Def.3-0:48-47.48-47.48-47
石井慧(クロアチア)

右の蹴りを見せたオースチン。シングルでケージに押し込んだ石井の手首を、オースチンが掴んでテイクダウンを防ぐ。左腕を差した石井が体落とし気味にテイクダウンを狙う。姿勢を乱しながら耐えたオースチンに対し、一旦離れた石井がすぐに組んでいく。オースチンは首相撲&ヒザ蹴りを繰り出し、石井はなかなかテイクダウンを決めることができない。

残り2分を切り、オースチンは再び首相撲に取りボディにヒザを2発見せる。石井は離れ左からシングルレッグでテイクダウン。すぐに立ち上がったオースチンのバックに回った石井は、胸を合わされケージに押し込む。残り10秒で離れた石井は左ストレート、互いに有効打はなく時間となった。

2R、左ローからワンツー、シングルに入った石井はバックを伺いつつ、再度パンチを見せてから組みつく。ダブルレッグでオースチンをケージに押し込んだ石井は、大内刈りでテイクダウンに成功する。オースチンはハーフバタフライを取り、蹴り上げを狙ったところで石井はボディロックからバックに回る。クラッチを剥がして胸を合わせたオースチンに対し、石井が支えり込み足。バランスを崩したオースチンは、ヒザをついて立ち上がる。そのままケージに押し込んだ石井はウィザーのオースチンに対し、ヒザをボディに入れる。

首相撲にはダブルレッグ、頭をあげると大内を見せた石井が離れる。オースチンの前蹴りに左オーバーハンドを見せた石井がダブルレッグでケージにオースチンを押し込み、抱え上げるとケージ中央にテイクダウンを決める。パスからサイドで抑える石井は、シングルをパンチで潰しハーフに戻された瞬間に肩固めを仕掛けるなど、この回は明確に取った。

3R、左ロー、左オーバーハンドを見せてから組もうとした石井だが、オースチンが右に回ってかわす。直後に左を振るって組んだ石井がケージにオースチンを押し込む。背中を殴るオースチンは、テイクダウンこそ耐えるが不利な姿勢が続く。そのオースチンが首相撲に取ると、石井はヒザを受ける前に右フックを当てて、ここから胸を合わせる。

レフェリーに攻めるよう指示を受け、ダブルに移行した石井。ここは決まらず、オースチンがヒザ、アッパー、右エルボーを打っていく。左腕を差しダブルに移行した石井だが、なかなかテイクダウンを決めることができない。ヒザを蹴り合い、押し込み続けた石井は右エルボーを打たれ、初めてテイクダウンのない5分となった。

4R、ケージ中央を取ったオースチンが右前蹴り。と自分から組んでいき、すぐに石井にケージに押し込まれる。大外を耐えたオースチンだが、これはミスチョイスだろう。石井は再び大外刈り、ケージを背にして倒れないオースチンをボディロックに取る。石井は左フック、ヒザ蹴りを見せるが、ダブルは決まらない。

残り90秒、石井は押し込んでから、試合前に言っていたようにダーティーボクシングを見せることはできない。ついにレフェリーがブレイクを命じ、オースチンが跳びヒザを狙う。かわした石井に対し、圧力をかけ右のフェイクに反応させたオースチンは、結局ここからは右の蹴りを一つ見せるにとどまった。

最終回、オースチンが左を伸ばし、叩いた石井はシングルレッグから軸足を払ってテイクダウンを決める。ケージを使って立ち上がったオースチンにダブルレッグを仕掛け、背中を殴れるというここまでと同じ流れで時間が過ぎる。太腿の後ろでクラッチを組みに行った石井に対し、腰を落とし耐えたオースチンはシングルレッグ&足払いでもう一度テイクダウンを取られるも即スタンドに戻る。

ほぼ石井がオースチンをケージに押し込んだ状態が続いた試合は、残り30秒に。左差しから逃れることができなオースチンが、ダブルの仕掛けに背中を殴り、ヒザをつけてのテイクダウン狙いを自らもヒザをついて防いだところで試合終了を迎えた。

ジャッジの裁定はオースチンに……。あ然とする石井の横から、ベルトを持ったミルコ・クロコップが現われオースチンに手渡す。押し込むだけでは十分ではないと言われると──それまでだが、押し込まれているよりは自分の攻めを見せたことにならないのか。コントロールしていたのは石井だが、ジャッジは打撃が少ないという評価を下した。

効果的という部分でも、オースチンの打撃よりも石井のテイクダウン・アテンプトと思われたが、いずれにせよ石井はステップアップとするファイトでベルトを巻き損ねてしまった事実は変わりない。


カテゴリー
EMC05 News other MMA ウォルタル・プリエジ コンラッド・ディルシュカ スチュアート・オースチン ブログ 石井慧

【EMC05】計量終了 ヘビー級王座決定戦出場の石井慧は問題なし。刺青獣プリエジの異様さ目立つ

【写真】マスク姿がその怪しさを際立たせている感もある、ウォルタル・プリエジ (C)EMC

4日(金・現地時間)、5日(土・同)にドイツはデュッセルドルフのUFDジムで開催されるElite MMA Championshio05の計量とフェイスオフが行われた。

メインで初代EMCヘビー級王座を賭けてスチュアート・オースチンと戦う石井慧は110.8キロでパス。

対戦相手のオースチンは111.7キロで体重差よりも、気になるのはやはり身長差か。フェイスオフで石井はオースチンから目をそらさず、正面を向いての撮影後に握手をして離れた。


ウェルター級王座決定トーナメント準決勝2試合、KSWファイターのエルコ・ユン、石井の同門サシャ・ミリンコヴィッチら気になる試合が組まれた今大会、計量ではドイツ&クロアチア勢が同プロモーションの主力であることが伝わってきた。

そのなかで目立っていたのが、ドイツ中量級の新鋭=10勝1敗のコンラッド・ディルシュカと対戦する、イタリアのウォルタル・プリエジだ。全身ばかりか顔にまで入ったタトゥーが強烈なプリエジに対し、ディルシュカがマスク越しに挑発していた。

また唯一組まれた女子戦では、キャリア3戦目同士のサラ・ルザー・スマジッチとケイリー・フォスはフェイスオフでは額をくっつけて一歩も引かず。

そればかりか正面を向く際にも肩をぶつけ合うなどピリピリしていた。

■EMC05視聴方法(予定)
9月6日(日・日本時間)
午前2時00分~ran FIGHTING YouTube
午前3時00分~FITE TV

■ EMC05計量結果

<EMCヘビー級王座決定戦/5分5R>
石井慧:110.8キロ
スチュアート・オースチン:111.7キロ

<ウェルター級T準決勝/5分3R>
イスマイル・ナウルディエフ:77.5キロ
ティモテウス・ロパチェク:77.4キロ

<ヘビー級/5分3R>
エルコ・ユン:100.9キロ
ダミアン・オルシェフスキ:116.8キロ

<ウェルター級T準決勝/5分3R>
パヴェル・クシュ:77.4キロ
アミラン・ゴゴラゼ:77.4キロ

<ヘビー級/5分3R>
カシム・アラス:112.1キロ
サシャ・ミリンコヴィッチ:111.8キロ

<ウェルター級/5分3R>
コンラッド・ディルシュカ:77.4キロ
ウォルタル・プリエジ:77.2キロ

<女子バンタム級/5分3R>
サラ・ルザー・スマジッチ:61キロ
ケイリー・フォス:61.6キロ

<フェザー級/5分3R>
パルカル・ヒンツェン:65.9キロ
セッド・アイディ:65.8キロ

<ライト級/5分3R>
イブラヒム・チョロ:70.6キロ
トビアス・アイリッツ:70.5キロ

カテゴリー
EMC05 Interview other MMA スチュアート・オースチン ブログ 石井慧

【EMC05】ドイツ、デュッセルドルフで戦う石井慧─02─「ケージ際でダーティボクシングを」

【写真】左はロシアのボクサー、アレクサンデル・ポベトキン。元WBA世界ヘビー級王者で、現WBC暫定世界ヘビー級チャンピオンだ (C)SATOSHI ISHII 5日(土・現地時間)。ドイツはデュッセルドルフのUFDジムで開催されるElite MMA Championship05のメインでEMCヘビー級王座を賭けてスチュアート・オースチンと対戦する石井慧インタビュー後編。 ロックダウン期間もミルコ・クロコップのジムでトレーニングを続けてきた石井は、注目度が上昇中のEMCで王座を取り、次へのステップを考えている。そんな石井の前に立ちはだかるスチュアートは、長身のストライカー。石井にとって、ここまでやってきた成果が問われる試合となる。そんなオースチン戦で石井はどのように戦うのかを訊いた。 <石井慧インタビューPart.01はコチラから> ──なるほど国単位ではなくて、地域別の対応があるのですね。陸続きのヨーロッパらしい判断ですね。 「賢いですね。そういう風なやり方で把握できるというのは」 ──ところで石井選手の出場発表があるまでEMCという大会のことは存在自体インプットできていなかったのですが、どのようなポジションの大会だと判断していますか。 「この大会を開いているのが、僕の海外の試合を用意してくれているイヴァン・ディヤコビッチさんなんです。今回は元UFCやBellatorの選手も出場しますし、注目度も高まっている大会なのでここでベルトを獲って次に繋げたいです」 ──無観客大会だと聞いています。 「ハイ、VIPだけ会場で観戦できるみたいです」 ──あぁKSWと同じ方式ですね。 「ハイ。KSWも250人ぐらい、会場にいるみたいです」 ──既に無観客ではないですね(笑)。感染予防対策も当然行われるかと。 「試合前に現地に行ってPCR検査をする感じですね」 ──では対戦相手のスチュアート・オースチンですが、かなり上背があります。 「ハイ、191センチだそうです」 ──こうなるといつも石井選手に対しては、リーチの差、身長差のある相手に真っ向勝負してしまっていた過去が思い出されてしまいます。 「アハハハハ。もうずっと大きな選手とやってきたので、その方がやりやすくなっているというのはあります。頭を振って、相手の攻撃を受けないで自分の攻撃を当てる練習はしてきました。 身長が高いので右アッパー、ヒザ蹴りを注意して、寝技も頭に入れておく必要がありますね。ただ攻撃を被弾して、一気に気持ちが弱くなるようなところがあるので、そこも考えて戦います」 ──どのような試合をしなければいけないと考えていますか。 「そうですね、頭を振って中に入る。ボクシングからテイクダウン、ケージ際でダーティボクシングを有効活用したいです」 ──ベルトを獲って次に繋げたいということですが、その次というのは、どの辺りのステージを考えているのでしょうか。 「11月7日にKSWがザグレブで大会を開く予定でいるので、正式に決まればそこになるかと思います。ただ、ザグレブで大会を開くことができるかどうか分からないんです。 ザグレブ大会はゲート収入に重きを置いているので、無観客ではできないみたいです。だから無観客ならポーランドで無観客大会を開くようです」 ──なるほど、KSWでの石井選手にも期待大ですが、まずは土曜日のEMCでチャンピオンになることですね。 「そうですね。しっかりと戦います。いつもありがとうございます」
■EMC05対戦カード <EMCヘビー級王座決定戦/5分5R> 石井慧(クロアチア) スチュアート・オースチン(英国) <ウェルター級T準決勝/5分3R> イスマイル・ナウディエフ(オーストリア) ティモテウス・ロパチェク(ポーランド) <ウェルター級T準決勝/5分3R> パヴェル・クシュ(ウクライナ) アミラン・ゴゴラゼ(ジョージア) <ヘビー級/5分3R> エルコ・ユン(ボスニア・ヘルツェゴビナ) ダミアン・オルシェフスキ(ポーランド) <ヘビー級/5分3R> カシム・アラス(ドイツ) サシャ・ミリンコヴィッチ(クロアチア) <ウェルター級/5分3R> コンラッド・ディルシュカ(ドイツ) ウォルタル・プリエジ(イタリア) <女子バンタム級/5分3R> サラ・ルザー・スマジッチ(クロアチア) ケイリー・フォス(オランダ) <フェザー級/5分3R> パルカル・ヒンツェン(ドイツ) セッド・アイディ(ドイツ) <ライト級/5分3R> イブラヒム・チョロ(ドイツ) トビアス・アイリッツ(ドイツ)
カテゴリー
EMC05 Interview スチュアート・オースチン ブログ 石井慧

【EMC05】ドイツ、デュッセルドルフで戦い石井慧─01─「HEATと連続で戦うつもりでいました」

【写真】盟友サシャ・ミリンコヴィッチもEMC05に出場し、ドイツのカシム・アラスと対戦する (C)SATOSHI ISHII

5日(土・現地時間)。ドイツはデュッセルドルフのUFCジムで一部VIPのみが観戦できるクローズド大会として開催されるElite MMA Championship05。

同大会のメインで初代EMCヘビー級王座決定戦で、石井慧がBELLATORベテランでBAMMAのチャンピオンだったスチュアート・オースチンと対戦する。

EMCはUFDジムのオーナーであるクロアチア人のイヴァン&トミ・ディヤコビッチ兄弟がプロモートする大会で、KSWウェルター級王者ロベルト・ソルディッチらクロアチア人ファイターのメネージメントも手掛けている。

石井もイヴァン・ディヤコビッチのマネージメント契約を結んでおり、今大会の出場が決まった。3月以降、欧州で爆発的な感染拡大が見られたCovid19だが、クロアチアはどのような状況だったのか。そして、そのなかでドイツで戦う心境について石井に話を訊いた。


──3月に新型コロナウィルスの感染がアドリア海を隔てた対岸にあるイタリアから欧州全体に拡大していきました。クロアチアはどのような状況なのでしょうか。

「クロアチアでは3月からロックダウンがあり、国境も封鎖されました。5月の中旬までそういう状況で、スーパーに行くのも必要最低限の回数だけに限定されて、皆がマスクだけでなく手袋もつけていましたね。

でもザグレブの皆は規律正しく国の方針に従っていました。その成果もあり、感染者数はかなり減少していたのですが、クロアチアは観光大国なので7月のバカンス・シーズンになると国境封鎖を解いて、色々な国から人が来るようになったのでまた感染者数は増えてきています」

<※9月2日午前の時点で、クロアチア国内の新型コロナウィルスの累計感染者数は10725名(前日比+311)、累計治癒者数は7968名(同+233)、累計死者数は191名(同+4)で、175346(+4122)の検査実績がある>

──クロアチアの人達の感染への意識はどのような感じなのでしょうか。

「今はお年寄りや持病のある人が亡くなることが多いという認識で、ロックダウンの時でサグレブでは1日の感染者数は30人ぐらいでした。感染が疑われる人が決められた病院に行くという感じで、だから僕もPCR検査をしたことはないです。

今も公共交通を使ったり、スーパーとかお店に入ったり、接客のあるお店に行くときはマスクをつけることがルールになっていますけど、南の方の観光地とか感染者が増えている状況は変わらないです」

──経済活動を再開したら、どこの国もそうなりますね。

「ハイ。1度、2カ月ほどロックダウンがあったので、もう政府がロックダウンをしても、皆は従えないような状況かと思います」

──では石井選手自身、ロックダウン中のトレーニングの方は?

「僕は練習しているのがミルコのジムなので、プライベートジムだからプロが集まって普通にやっていました。スポーツジムとか、一般の人が集まるジムはロックダウン中は閉められていましたけど」

──そのようななか、今回の試合はいつ頃に決まったのでしょうか。

「5月の中旬……ロックダウンが明けて、古傷の手術をしたのですが、そのあとに今回の試合の話があり復帰戦にしようと決めました」

──手術をしてから、練習再開までどれぐらい時間を要したのですか。

「手術が終わってから、もう10日後には始めていましたね」

──当初9月13日のHEAT東京タワー大会で、石井選手の名前も出場予定選手で見ることができました。

「ハイ。僕はドイツの試合に出て、HEATと2連戦で戦おうと思っていたんです」

──えぇ……5日にドイツで試合をして、13日に日本で戦うつもりだったのですか!!

「それも良い経験になるだろうって。でも、日本に行くと指定の場所で2週間の隔離とかあるようで。HEATの方も、またその方針がいつ、どう変わるか分からないという状況でややこしかったので、ドイツの試合に集中することにしたんです」

──クロアチアからドイツへ行くのは、隔離政策とかはないのでしょうか。

「クロアチアとしても僕が住んでいるザグレブと、感染者が多い南の方は状況が違うので。南のアドリア海沿岸の街に住んでいる人は隔離されるのですが、ザグレブの人間にはそういう処置はないんです」

<この項、続く>

カテゴリー
EMC05 News other MMA スチュアート・オースチン ブログ 石井慧

【EMC05】ドイツのElite MMA Championshipで石井慧がヘビー級王座決定戦に出場

【写真】石井とオースチン、ドイツの大会のヘビー級王座を争う(C) MMAPLANET&BELLATOR

24日(月・現地時間)、EMC=Elite MMA Championshipより9月5日(土・同)にドイツはデュッセルドルフで開催されるEMC05のメインに石井慧が出場し、スチュアート・オースチンと初代EMCヘビー級王座決定戦を戦うことが発表された。

EMCはデュッセルドルフにあるUFDジムのオーナーであるクロアチア人のイヴァン&トミ・ディヤコビッチ兄弟がプロモートする大会で2017年2月に活動を開始した。


ディヤコビッチ兄弟はMMAの指導者であり、KSWウェルター級王者ロベルト・ソルディッチや同バンタム級王者アントゥン・ラジッチ、UFCファイターのダービッド・ザワダ、PFLで活躍したアブススピアン・マゴメドフのマネージメントもしている。

そんなディヤコビッチ兄弟はドイツとクロアチアMMA界の架け橋であるばかりか、EMCではドイツ人ファイターは当然として、クロアチアに留まらずバルカン半島、その向かいのイベリア半島、さらにポーランドや東欧のファイターを招聘し大会を開いてきた。

今大会もメインでクロアチア国籍を取得している石井が元BellatorファイターでBAMMAではヘビー級王者となり、南アフリカのEFCではライトヘビー級王座に挑戦経験のあるオースチンとヘビー級王座を賭けて戦うこととなった。

セミではドイツMMA界の新鋭、10勝1敗のコンラッド・ディルシュカがベラトール・イタリア大会の常連ウォルタル・プリエジと対戦し、KSWで活躍するエルコ・ユンも出場。EMCで今回の大会を「4度の小さな大会を経てヨーロッパで認知度を上げたドイツ拠点のプロモーションにとって最大のショーであり、2021年に向けて正しいステップを踏む大会となる」としている。

カテゴリー
HEAT47 J-CAGE News サシャ・ミリンコヴィッチ ジョン・バチスタ・ヨシムラ ブログ 石井慧

【HEAT47】HEATが8カ月振りのリスタート。9月13日に東京タワー下で石井慧、サシャらが戦う

【写真】石井慧が立つのはリングか、それともケージが (C) MMAPLANET

25日(木)、HEAT事務局より9月13日(日)に東京都港区の東京タワーメディアセンター内スターライズタワー/スタジオアースでHEAT47を開催することが発表された。

HEATは1月にニューピアホールでHEAT46を開催し、4月の名古屋大会は新型コロナウィルス感染拡大を受け中止となっていた。

9カ月振りの活動再開。対戦カードの発表はこれからとなるが、HEATヘビー級チャンピオン石井慧、石井とはミルコ・クロコップ門下のサシャ・ミリンコビッチ、そしてジョン・バチスタ・ヨシムラというMMAファイター。キックからはHEATキック・ライト級王者のヘンリー・セーハス、ミドル級王者アビラル・ヒマラヤンチーターの出場が明らかとなっている。もちろん、海外からの出場選手は日本政府の入国制限に関係してくるので、今後の状況の変化を見込んでということになる。同様に新型コロナウィルス感染予防策として、会場はテーブル席84席、椅子席が194席──計278席のみ観戦に限定される模様だ。

現状、会場の規模を考慮し1月大会に続きリング使用を想定しているが、HEAT志村民雄EPによると「私はケージが使いたいし、石井慧選手もケージで戦いたいと言っています。この会場で使用できる小径ケージを手配できるのか、これからも協議を続けます」とのことだった。