カテゴリー
J-CAGE News Shooto2020#08 キャプテン☆アフリカ ブログ 林RICE陽太 田中有 西川大和

【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと

【写真】今度は環太平洋戦が組まれることに(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN & KEISUKE TAKAZAWA

14日(水)、12月20日(日)に大阪市淀川区の大阪メルパルクホールでプロ修斗公式戦、2020年の最終興行=Shooto2020#08が開催され、2試合の発表があった。

同大会は昼の部としてTTF Challenge09が午後1時スタート、夕方の部として修斗が午後4時から開始される2部制興行だ。


そんな大阪大会でまず組まれたカードは田中有✖キャプテン☆アフリカのライト級環太平洋王座決定戦、そして73キロ契約の2回戦=林RICE陽太✖西川大和の2試合だ。

アフリカはパンデミック後初めて有観客で行われた7月の大阪大会で、世界ライト級王座決定戦で川名雄生に敗れた。その再起戦が再び環太平洋のベルトが掛った一戦となる。対する田中はMMA戦績5勝2敗、修斗では5勝1敗で4試合がKO勝ちだ。

勝っても負けもバチバチファイトと展開する田中に対し、打撃の成長を確かめたいグラップラーのアフリカがどのような戦い方で挑むのかが鍵となりそうだ。

そして2020年のブレークスルーファイター=西川大和が18歳になって初めての試合を林と戦う。4月のRoad to ONEでムエタイで出場したのをきっかけに5月、9月と修斗で木下タケアキ、椿飛鳥を連破した西川が修斗3戦目で現在3連勝中、負傷TKOを含む3試合連続フィニッシュと上り調子にある林と戦う。

北海道在住、ハングリーな姿勢で巡ってきた機会に食らいついてきた西川だが、気になるのはこの試合の73キロという体重だ。現状、修斗ではコロナ禍の特別対策としてドライアウトを禁じ、当日計量を採用することで従来より1階級上の階級で試合を組んでいる。

よって西川はフェザー級でありながら、ライト級というクラスで同じくフェザー級の選手と戦ってきた。しかし、林は元はライト級で現状はウェルター級で試合をしている1階級上の選手だ。よって73キロというキャッチウェイトは、体格差が生じるのかどうか。ここは気になるところだ。

The post 【Shooto2020#08】プロ修斗年内最終興行はTTFCと2部制で。田中有✖☆アフリカ、西川大和は林RICEと first appeared on MMAPLANET.