カテゴリー
DEEP95 J-CAGE KINGレイナ Report ブログ 熊谷麻理奈

【DEEP95】KINGレイナ、懸命にキックに挑み熊谷からスプリット判定勝ちも──裁定は不可解

【写真】キックとして上回っていたのは、熊谷だったが……(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<キック63キロ契約/3分3R>
KINGレイナ(日本)
Def.2-1:29-28.28-29-28.28-29
熊谷麻理奈(日本)

蹴りを掴んでパンチを見せるKINGレイナ。熊谷が前蹴り、ヒザを入れ、右を当てる。前進して距離を潰すKINGレイナだが、熊谷はジャブを差し込んで右ストレートを打っていく。KINGレイナのローにもジャブを合わせる熊谷がワンツーをヒットさせ、さらにジャブから右を打ち込む。KINGレイナはジャブとストレートに前進を拒まれるが、それでも突進してパンチを集中させる。ヒザを突き上げ、距離を取り直した熊谷がステップジャブ。右ミドルハイから右をみせた熊谷のラウンドとなった。

2R、ジャブを入れ跳びヒザの熊谷だが、着地後に距離が近づくとKINGレイナがパンチを振るっていく。前進にヒザを受けたKINGレイナは、オーバーハンド気味の右も乱打戦に持ち込むことができない。離れた熊谷は右ストレートをヒットさせるも、ケージに押し込まれると右を被弾してしまう。回って左ジャブを当て、右ストレートを的確に打ち込んだ熊谷が前蹴りを繰り出し、この回も取った。

最終回、熊谷は左ハイから右ストレート、KINGレイナはローからフックを振るうが離れた熊谷がテンカオを決める。ボディにもパンチを入れた熊谷に対し、KINGレイナはスーパーマンパンチを狙う。ワンツーからパンチをまとめたKINGレイナだが、回った熊谷が左ハイを蹴り込む。クリンチで逃れたKINGレイナは、近い距離で連打を見せるも左を受け、ヒザを腹に突き刺される。

熊谷はさらに右ストレートを打ち込み、左ジャブを当てる。残り20秒を切り、押し込んだKINGレイナが最後は足を止めての打ち合いも、熊谷も怯まず左右のフックを打ち返してタイムアップに。キックとして試合をリードしたと思われた熊谷だが、スプリット判定負けを喫した。

KINGレイナは不慣れなルールで懸命に戦った。だからこそ、この判定は必死に戦った2人の選手と、格闘技に対する尊厳が感じられない結果に思える。