カテゴリー
Interview J-CAGE Pancrase318 ブログ 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】暫定ライト級KOP雑賀ヤン坊達也「僕の拳は異質。大晦日は空けておくので」

【写真】師匠=ボスの長岡弘樹が届かなかったパンクラスのベルトを手にした(C)MMAPLANET

27日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されたPancrase318-Beyond317-のメインで、林源平を初回KOした雑賀ヤン坊達也が暫定ライト級KOPに就いた。

見事なワンパンKO、キャリア8戦目のベルト奪取にわくヤン坊と師匠の長岡弘樹。両者の喜びが一旦収まったところで、インタビューを試みた。


──おめでとうございます。

「ありがとうございます。暫定ではありますけどチャンピオンになれたので、やってきたことが実ったかと思います」

──試合開始直後、林選手は当てても出てきました。

「ハイ。最初から詰めてきたので、距離を取って戦うという作戦が実行できなくて、焦ってしまいました。そこで一発貰って、効きましたしね(苦笑)。

でも対処できて、ボス(長岡弘樹DOBUITA代表)の『下向いているぞ』という声も聞こえてきたので大丈夫でした。近づいてきた時にアッパーを打つという作戦で、練習でもずっとやってきたので。それが完全にハマりましたね。ヒザも入れることができたし、作戦通りの試合になりました。

まだ底が見えないままのファイターなんですけど(笑)、今日も1Rで勝つことができたので良かったです」

──試合のことを考えると怖いとヤン坊選手は言っていますが、ケージの中に入ると恐怖はなくなるのでしょうか。

「試合になるとパンチを貰っても『いってぇ』ってぐらいで、怖いとかはなかったです。『大丈夫、動く』って自分のなかで確認できて。僕の得意な距離だったし、怖さは感じなかったです。

距離を取っているファイターと思われがちですけど、近い方が実際は戦いやすいです。どつき合いみたいな感じで」

──それも組みの対処ができるようになったからじゃないでしょうか。

「今日も1回、テイクダウンされましたけど問題なかったです。本当に平気でした」

──そこは師匠の長岡選手とやり込んできた部分ではないですか。

長岡 一番やってきたところですしね。

──それにしても見事なアッパーでした。

「林選手は前に出てきたときに、こっちを余り見ていないようでした。だからヒザを入れることもできたし、さっきも言ったようにボスの『下、向いているぞ』っていう声が聞こえて、アッパーの機会を伺っていました」

──しっかりと倒しきりました。

「これまで林選手はスタンドでKO負けをしたことはなかったので、僕のパンチは質が違うところを見せることができたと思っています」

──自己採点で何点でしょうか。

「80点……ですかね(笑)。距離を取ることができず、ガツガツと打って疲れてしまった部分もあるので……作戦通り戦えなかったことでマイナスです。スタミナは問題なかったですが、冷静さを欠いたことは反省しないといけないです。

本当は殴られないで殴る。そのために距離を取りたかったですけど、それはさせてもらえなかったです。それも林選手の作戦だったのでしょうけど、こっちもその時の作戦があったので大丈夫でした」

──トム・サントス戦から1年、今日の勝利であの試合がフロックでないことも証明できました。

「サントス戦は本当に怖かったです。あそこで僕は強くなれたと思います。林選手も怖かったのですが、サントスは別格に怖かったです」

──それでも試合になると怖がらない、と。

「それが僕の特徴かもしれないです。試合になると強い……まだ強いのか分からないんですけど(笑)。練習では弱い部分はたくさんあるので、でも試合で勝てている。練習で強くても、試合で勝てないより良いと思っています」

──今日、正規王者の結果は?

「スプリットで勝ったようです。全く試合内容とかは分からないのですが、これで久米選手は大晦日ですね。僕も大晦日のスケジュールを空けておくので、RIZINさんお願いします(笑)。久米選手と統一戦はもちろんしたいですけど、久米選手が大晦日に試合があるなら、すぐにはできないですし。なら、僕も大晦日にRIZINに出たいです。スケジュールも空いてしまうので。

で、改めてパンクラスで久米選手と王座統一戦を戦いたいと思います!!」

The post 【Pancrase318】暫定ライト級KOP雑賀ヤン坊達也「僕の拳は異質。大晦日は空けておくので」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE Pancrase318 Report ブログ 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】戦慄の右アッパー! 雑賀ヤン坊達也が林を1Rでマットに沈め、暫定ライト級王座を獲得

<暫定ライト級KOP決定戦/5分5R>
林源平(日本)
1R2分25秒 by KO
雑賀ヤン坊達也(日本)

林が左ローから右ストレート。雑賀も打ち返し、ケージ中央で両者が打ち合いを展開する。その最中、林がダブルレッグで雑賀に尻もちをつかせ、そのままケージに押し込む。雑賀も脇を差し返し、体勢を入れ替えようとするが、林も離れ際にパンチを打ち込んでいく。離れると、またも打ち合う両者。ここで雑賀の右アッパーがクリーンヒット。この1発で林が崩れ落ち、雑賀のKO勝ちとなった。

立ち上がれずタンカで運ばれる林。対して5試合連続1ラウンドKOで暫定ライト級のベルトを獲得した雑賀。
今回は5Rフルに戦う準備をしてきたという雑賀だが、結果は今回も1ラウンドKO。
この日、RIZINのリングで北岡悟に判定勝ちを収めた正規王者・久米鷹介との一戦は、いつ実現するのか。

The post 【Pancrase318】戦慄の右アッパー! 雑賀ヤン坊達也が林を1Rでマットに沈め、暫定ライト級王座を獲得 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview J-CAGE Pancrase318 ブログ 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】初物尽くし=林源平戦、雑賀ヤン坊達也─02─「日曜日は久米選手と共に勝ちたい」

【写真】 いよいよ両者の半年間の想いが、デカゴンでぶつかる!!(C)MMAPLANET

27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催される──パンクラスにとって、初の無観客大=Pancrase318-Beyond317-のメインで、暫定ライト級KOP王座決定戦を林源平が戦う=雑賀ヤン坊達也インタビュー後編。

同大会からパンクラスはコロナ禍において、当日計量にともない、階級の名称はそのまま1階級重くなるというテンポラリー階級を採用する。さらに当日にLAMP法検査を実施、大会進行も違いが出てくる。

このような初めて尽くしのなかで迎える王座決定戦だが、同日にはRIZINで正規KOP久米鷹介が北岡悟と対戦する。パンクラスの看板を背負う存在になるために、ヤン坊は久米と揃って勝利したいという心境を話した。

<雑賀ヤン坊達也インタビューPart.01はコチラから>


──1週間前のGrachanに当初の予定では長岡弘樹選手がタイトル戦を戦う予定でした。対戦相手の負傷で試合は流れてしまいましたが、同じ時期にタイトル戦があるということで当初は2人で高め合うことができたのではないですか。

「そうですね、長岡さんも僕も気持ちが入っていましたから殺気だった緊張感のある練習ができました。長岡さんは試合が無くなってからも、僕の追い込みを徹底してサポートしてくれましたし。もう組まれて押し込まれるという部分では、全く心配していないです」

──迷うことなく戦えますか。

「まぁ、打たれ強さっていうのは実際に戦ってみないと分からないので。自分のパンチは質が違うとは信じたいですけど、そこが効かない、KOできなかった時はどういう心境になるのかは不安です。

那須川天心選手がロッタンとやった時も、『あれっ?』と思ったように見えましたし。そういう状況になることを考えると怖くもなります。それに組まれた時の組み力も全く分からないですし。僕は試合ではそれほど組んだことがないですし、練習ではできても試合でできるのか……不安ですよね(笑)」

──だからこそ、その展開を見てみたいと我々は思ってしまうのですよね。

「1Rで仕留められないときは、どうなるんだっていう声は近くからも聞こえてきます(笑)。もちろん、そうなった時の練習はしてきましたけどね」

──計量方法が変わり、体重も実質1階級上になります。この変化は?

「体調は良いです。やっぱり水抜きがないと気持ちは楽です。最後の1週間っていうのはキツイですからね。今は一番動きやすい体重です。食事に関するストレスがないというのも初めてですけど、この計量が良いのか悪いのかも当日にならないと分からないです」

──当日のRAMP検査と計量、待機。試合前のタイムスケジュールもこれまでとは違うかと思います。

「会場に到着する時間は、それほど変わらないです。ただ検査と計量をして、結果が出るまで80分間を待機するような形です。これも初体験ですけど、皆がそうですしね。貴重な経験だと捉えています」

──結果がでるまで少なからずドキドキですね。

「怖いですね(苦笑)。陽性だったら……とは、誰もが思うかと。でも本当にMMAを戦うことが大変な時代になったと思います。これだけ必要になり、主催者が誰よりも大変ですし、ここまでしてくださることに感謝しています」

──もう、やるしかない?

「そうですね。全てを解き放ちます」

──初めてというなかに無観客も含まれています。

「僕は結構多くの人が応援に来てくれるので、その声に後押ししてもらえているというのは絶対にあります。半面、皆の期待に応えないといけないというプレッシャーもありますし。ここも、本当に戦ってみないとどういう心境になるのか分からないですね。違った緊張感があるかもしれないですね。とにかく、楽しくアグレッシブにいきたいです」

──同じ日に正規王者の久米鷹介選手が、RIZINで北岡選手と試合をします。DEEP、修斗、パンクラスの王者が一同に会するトーナメント、意識するところはありますか。

「それはあります。負けられないです。そこに自分が加われるような存在になることを目指しているので、意識はします。まだ僕がパンクラスを代表する立場になっていないですけど、そうなりたくてやっているので。

そですね……久米選手の試合結果は正直、気になります。同じパンクラスという場で戦わせていただいているので。久米さんにはここを勝ってもらって、暫定王者になった僕と統一戦をしてもらい、本物だと証明したいです。だから日曜日は久米さんと共に勝ちたいと思っています」

■視聴方法(予定)
9月27日
午後2時45分~ Pancrase MMA公式YouTube Ch

■Pancrase318対戦カード

<暫定ライト級KOP決定戦/5分5R>
林源平(日本)
雑賀ヤン坊達也(日本)

<フェザー級次期挑戦者決定戦/5分3R>
中島太一(日本)
堀江圭功(日本)

<ウェルター級/5分3R>
高木健太(日本)
菊入正行(日本)

<ストロー級/5分3R>
前山哲兵(日本)
尾崎龍紀(日本)

<ライト級/5分3R>
葛西和希(日本)
小川道的(日本)

<フェザー級/5分3R>
小森真誉(日本)
林優作(日本)

<ストロー級/5分3R>
永井美自戒(日本)
リトル(日本)

<ネオブラッドTミドル級決勝/5分3R>
荒井勇二(日本)
廣野雄大(日本)

<ネオブラッドTライト級決勝/5分3R>
中田大貴(日本)
狩野優(日本)

<ネオブラッドTフェザー級2回戦/5分3R>
岩本達彦(日本)
齋藤拓矢(日本)

<ネオブラッドTバンタム級準決勝/5分3R>
宮島夢都希(日本)
修我(日本)

<ネオブラッドTバンタム級2回戦/5分3R>
井村塁(日本)
田中ハヤトスネ夫(日本)

<ネオブラッドTフライ級2回戦/5分3R>
谷村愛翔(日本)
梅川毒一郎(日本)

<ネオブラッドTストロー級準決勝/5分3R>
谷村泰嘉(日本)
大貴(日本)

<ミドル級/5分3R>
内藤由良(日本)
村元佑成(日本)

<フェザー級/5分3R>
風間敏臣(日本)
上田厚志(日本)

<バンタム級/5分3R>
工藤修久(日本)
粥川吏稀(日本)

<フライ級/5分3R>
川北晏生(日本)
橋上壮馬(日本)
             

The post 【Pancrase318】初物尽くし=林源平戦、雑賀ヤン坊達也─02─「日曜日は久米選手と共に勝ちたい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview J-CAGE Pancrase318 ブログ 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】半年を経て、実現する暫定ライト級KOPTへ。雑賀ヤン坊達也「その分、強くなれた」

【写真】結果的に昨年9月のトム・サントス戦以来、364日ぶりの実戦となるヤン坊(C) KEISUKE TAKAZAWA

27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催される──パンクラスにとって、初の無観客大=Pancrase318-Beyond317-のメインで、暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平が組まれている。

ヤン坊にとっては2月16日に暫定王者サドゥロエフ・ソリホン(※当時)に挑戦する予定がチャンピオンの負傷欠場で6日前に試合の中止が決まった。このタイミングで暫定王者決定戦として3月8日に林との対戦が決定も、パンデミックにより5月31日にスライドされる。

結果的に今週末にようやくデカゴンに上がることができるようになったヤン坊に、この間の気持ちを浮き沈み、コロナ禍でのファイターとしての生き方、改めて対戦相手について尋ねた。


──ようやくという気持ちではないしょうか。2月のソリホンへの挑戦がなくなり、3月に林選手との試合が決定。しかし、コロナ禍で5月に延期され、その大会も中止。もう、それぐらいまでしか私も記憶の整理がつかない状況です。

「そうですね。5月が中止になってから、僕の試合の発表は9月だけですね」

──5月大会の8月への延期が発表されたのが5月2日でした。緊急事態宣言期間中でしたが、タイトル戦に向けて練習はどのような形で行っていたのでしょうか。

「隠れてというか……ジムも一般会員さんには開放されていなかったのですが、プロ選手は週に2回ぐらい集まって練習はしていました。あとは1人で借りて自主練とかでしたね」

──格闘技イベントの開催、練習すること自体に逆風が吹いていた時期です。

「僕としては……やるしかない。やるべきことをやるしかなかったです。僕は格闘家なので、練習しなければいけなかった。あの頃、練習を続けていたのでコンディションを保てていたというのはあります。

正直なところ大会があるのか、ないのかハッキリしてほしいというのはありました。どうなるか分からないけど、やるべきことはやらないと当日に戦うことはできないですから。結構メンタル面はきつかったですね」

──ヤン坊選手は感染拡大前、2月にファイトウィークになりタイトル戦が中止になっているので他の選手より1度多く浮き沈みを経験していますし。

「もう去年の12月から追い込み練習をして試合が無くなるというのを3度ほど経験しましたからね(苦笑)。でも、その分強くなれたと思っています!!」

──死者数、重症者数、病床の確保という部分で今と状況が違いますが、格闘技の練習や試合で感染する可能性は何も変わらないですが、社会活動の再開とともに空気は変わったと思います。

「そうですね、6月からジムも再開されたのですが、それまではひっそりとやっていましたね。ただ僕は子供もいるし、奥さんは『本当に気を付けてよ』という感じで。僕もやらないわけにはいかないので、『そこは理解してくれ』という気持ちでした。本音を言えば罹った時は罹った時だ、ぐらいでした。それぐらいの覚悟は必要でしたし、それだけに手洗い、うがいは徹底していましたね。

ジムが再開してからも、それは変わりません。特に僕は昼は仕事をしている身なので、夜に一般の人たちが来ているなかでスペースを使って練習していますし。ジムの方もアルコール消毒、検温を必ず行っています」

──緊急事態宣言が終わってからも、ワクチンや薬がない状況は変わらず、それこそ罹った時は罹った時という状況で予防をしつつ生活するのが普通になりました。

「それでもパンクラスも新しい検査を採り入れたり、これだけのことをして大会を開いてくれるわけですしね」

──8月には当日に大会中止という問題も起きました。

「実は5月が無くなった時に8月という話があったんです。僕はそれで了解しているのですが、確か林選手が『より確実な9月で』と返答したみたいで。それを知っても僕も、確かにそうだと思い9月に決まったんです」

──そのような経緯があったのですね。それは結果論ですが、8月になっていたらと考えるとゾッとしませんか。

「そうですね(苦笑)。実際に試合が無くなってしまった選手もいるので余り言えないですが、8月でなくて良かったです。あの大会もウチのジムからアマチュアの子が出ていたので、YouTubeの中継が始まるのを待っていたんです。でも全然始まらなくて、コメント欄に『中止らしい』っていう書き込みがあり、下らない冗談言う奴がいるなぁと思っていました(笑)。いやか、当日の中止は衝撃的でしたね。危なかったというのは、本音としてありました」

──大会中止から9月27日大会の動向も危ぶまれたかと思います。

「またか……という気持ちになりました。でも、慣れてしまったというか、『どっちに転んでも良いや』って開き直ることはできていました」

──それにしてもMMAではなかなか1人の選手と戦うための準備期間が半年以上も続くというのはないかと思います。

「ないですよね(笑)」

──改めて林選手の印象を教えてください。

「それは3月の時と変わらないです。打たれても引かない、タフな選手です。打撃に関しては嫌なモノを持っています。だからこそ、どう対策していくのかというのを続けてきました」

──この間に引き出しが増えていることも十分に考えられます。

「そこが怖いんですよね。こんなことができるようになっているというのは、ギャンブルかもしれないですけど頭には幾つか入れています。でも僕だって極めのバリエーションも増えましたし、この間に伸びているはずです。ただし、試合でそれが出るかどうかは……『分かりません』って感じです(笑)」

<この項、続く>

The post 【Pancrase318】半年を経て、実現する暫定ライト級KOPTへ。雑賀ヤン坊達也「その分、強くなれた」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ 中島太一 堀江圭功 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrse318】9月27日のパンクラスはYouTubeライブ配信&投げ銭制度を導入!!

【写真】これがパンクラスの選択だ──現状の (C)PANCRASE

11日(金)、27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催される──パンクラスにとって、初の無観客大会=Pancrase318-Beyond317-がYouTubeライブ配信に加えスーパーチャット(※投げ銭)を導入することが発表された。

同大会より、当日計量とテンポラリー階級を用いることも決まっているパンクラス。当日の抗原検査という新型コロナウィルス感染予防策とともに、無観客下のビジネス展開として、選択したのは生配信&投げ銭だった。

「既報の通り、本大会はパンクラス史上初の無観客で開催します。 これが現在のパンクラスの姿勢であり、コロナとの戦いだと思っています」

今回のプレスリリースには、こう力強い言葉が添えられていた。


Pancrase318では暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平、フェザー級次期挑戦者決定戦=中島太一✖堀江圭功などがマッチアップされている同大会のライブ配信には2種類の視聴者参加企画が用意されており、1つ目は『コール・ミー!』と呼ばれる形態だ。

これは5000円以上のスパチャでコメントし、リングアナウンサーに名前がコールされ、公式サイトにサポーターとして視聴者の名前が掲載されるもの。

もう1つは「スパチャ激励賞」で、選手に激励賞をスパチャで贈るという具合だ。選手名をスパチャに記入し、選手に激励賞としてギフティングが行え、ファイターには後日「スパチャ激励賞」として賞金が支払われる。

そんなPancrase318は「PANCRASE」公式YouTubeチャンネルより配信される。

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase317 Pancrase318 ブログ 中島太一 堀江圭功 林源平 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】9月27日開催のパンクラス317はプロモーション史上初の無観客大会に

【写真】大会タイトルは317を越えろ!! (C)PANCRASE

4日(金)、27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催されるPancrase318を無観客大会で行うことをパンクラスが発表した。

現状、少人数開放もしくは無観客PPV、あるいは両者の性格を併せ持った大会実施がスポーツ界及びエンターテイメント界の流れであるなかで、パンクラスは無観客を選択した。

その理由には関して、プレリスリリースでは「弊社では大会前・大会開催時・大会後と、すべてのフェーズにおいて、我々なりに最善を尽くし、出来る事を最大限に行って参りました。しかしながら、いつ・誰が・どこで・どの様に感染してしまうのか? どう対策・対処すべきなのか? 未だ明確な答えといえるものがない中で、我々の格闘技業界はもちろんの事、全てのスポーツ、イベント、エンターテインメントに至るまで、今後どのように対策・対処すべきか、まさに手探り状態であり、日々死活問題とも言えるような厳しい状況で活動を強いられております。こうした状況下、パンクラスでは選手・ファンの皆様の安全を第一に考えて、今この時期に来場型イベント開催は難しいと判断に至りました」という説明がなされている。

同大会より、当日計量とテンポラリー階級を用いることも決まっている同大会のイベント名を「Owltech presents PANCRASE 318 -Beyond317-」とした。陽性者がありイベントが当日中止となった317大会を越えろ!──という意志の表れ、だ。そんなPancrase318では暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源治、フェザー級次期挑戦者決定戦=中島太一✖堀江圭功などがマッチアップされている。


カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ ライリー・ドゥトロ 上迫博仁 林源平 秋葉太樹 粕谷優介 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】上迫✖粕谷に続き、暫定ライト級KOP決定戦=雑賀✖林、ドゥトロ✖秋葉も9月に

Saika vs Hayash【写真】上迫✖粕谷、ドゥトロ✖秋葉ととも暫定ライト級王座は決定戦も9月に行われる。ところで正規王者のネクストマッチは?(C)MMAPLANET

13日(水)、パンクラスより9月27日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase318のカードが発表された。

今回明らかとなったのは、7月大会からのスライドが既に伝えられていたライト級=上迫博仁✖粕谷優介に加え、暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平、そしてライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹のフライ級戦という3試合だ。

雑賀✖林とドゥトロ✖秋葉は3月から4月、そして5月と延期が続いたことで、今回が4度目の対戦発表となる。6月も大会の中止発表が続くなか、選手としては格闘技イベント再開の目途が立つのか予想ができない7月よりも、さらに2カ月後の9月というタイミングの方が、頭も気持ちもリセットしやすいかもしれない。