カテゴリー
J-CAGE Pancrase319 Report TSUNE ブログ 春日井たけし

【Pancrase319】計算通り? 3Rをガードで過ごした春日井がスプリットでTSUNEに競り勝つ

【写真】最終回は敢えて下で過ごしたか?(C)KEISUKE TAKAZAWA

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
春日井たけし(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
TSUNE(日本)

まず右ローを蹴った春日井、続いて左ローを入れる。サウスポーのTSUNEは慎重な立ち上がりで左のタイミングを計り、ストレートを伸ばす。春日井は常に左ジャブを見せ、TSUNEの左オーバーハンドに反応する。春日井は右ストレートから右ロー。打って動く春日井に対し、TSUNEは右リードフックも空振りに。と、ジャブに左ストレートを合わせたTSUNEが左ボディで前に出る。春日井が左ジャブを届かせる。残り20秒でダブルレッグから組んだTSUNEがテイクダウン&トップ奪取も、ジャッジの支持は1人しか得られず、春日井が初回をリードした。

2R、ここも右ローを走らせる春日井、そのローが急所に入る一幕も。TSUNEは左ミドル、春日井が右ローを返す。切れのある右ローを続ける春日井に対し、TSUNEが組んでケージに押し込む。体を入れ替えた春日井のテイクダウン狙いを潰してトップを取ったTSUNEに対し、春日井はハーフからバタフライガードを取り、クローズドに。さらに春日井は背中をケージにつけて立ち上がるも、TSUNEはボディロックから小外掛けを仕掛ける。耐えて逆にボディロックテイクダウンからバックを取り、両足をフックした春日井がRNCを仕掛けたところでラウンドが終わり、この回は3票をまとめた。

最終回、TSUNEが左ストレート。組みのフェイクから右を伸ばした春日井は、真っすぐ組んできたTSUNEに両足をついて対処し、首を抱えられるシーンも。立ち上がり際にパンチをまとめたTSUNE、左ハイは空振りになる。直後にTSUNEがテイクダウンを決めるが、コントロールでは逆転勝ちはできない。

春日井もポイント状況を理解したようなガードワークを続け、TSUNEの頭を引きよせて大きなパンチを許さないまま、時間の経過を待った。結果、スプリット判定で春日井の右手が挙げられた。


The post 【Pancrase319】計算通り? 3Rをガードで過ごした春日井がスプリットでTSUNEに競り勝つ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE アキラ ジェイク・ムラタ ブログ 上迫博仁 岩﨑大河 春日井たけし 松本光史 田中半蔵 田村一聖 神田周一 近藤有己

【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始

【写真】パンクラスも10月からPPV配信を開始する (C)MMAPLANET

6日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319でPPV配信を行うことを発表した。

同大会では上迫博仁✖松本光史、春日井“寒天”たけし✖TSUNE、田村一聖✖アキラ、田中半蔵✖透暉鷹、神田T800 周一✖ジェイク・ムラタ、近藤有己✖小林裕、滝田J太郎✖Ryo、宮澤雄大✖井島裕彰などがメインカードで、プレリミでは岩﨑大河✖川和真を筆頭に3試合、このほかネオブラッドTが組まれている。


PPV視聴に関しては、視聴料金は税及びシステム使用料抜きで4000円。本日・6日からイベント終了時まで購入可能となっている。

またライブ配信は途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、ライブ中の再生はできず、配信終了後にチケット購入者はアーカイブ配信を視聴できる。アーカイブ視聴はイベント終了後1週間となっている。

The post 【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE ブログ 岩﨑大河 春日井たけし 近藤有己

【Pancrase319】無観客? 有観客? パンクラス10月大会で不惑の不動心・近藤有己が2020年3試合目へ

【写真】2020年3試合目、不惑の不動心がデカゴンへ (C)MMAPLANET

10日(木)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319の対戦カードが発表された。

今回発表されたメインカードはウェルター級の近藤有己✖小林裕、バンタム級の春日井“寒天”たけし✖TSUNE、そしてストロー級の宮澤雄大✖井島裕彰の3試合だ。


8月23日の317大会が抗原検査の結果、出場予定選手に陽性結果出て(※PRC検査では陰性)大会当日にイベント中止、そして今月27日(日)の318大会は無観客大会となることが決まっているパンクラス。

7月のiSMOS01で餅瓶太から初回TKO勝ちを収めた近藤が、2016年ネオブラTウェルター級優勝の小林と2020年3戦目を戦う。春日井✖TSUNEは中止となった8月大会からスライドされた形だ。

また9月の無観客大会のプレリミマッチに出場予定だった北斗から挑戦──6月のTTFCでMMAデビューした岩﨑大河が自らの負傷より、1カ月遅れでデカゴン初陣を川和真との戦うことも明らかとなっている。

なお上記にあるように9月27日大会は無観客が決まっているが、約1カ月後に開かれる同大会においては現時点では無観客とも有観客とも発表はなされていない。今回のプレスリリースでは試合開始時間は14時45分と明記されている一方で、ロビーの開場、客席の開場及び入場料金に関しては、未定となっている。

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase317 TSUNE ブログ 中島太一 堀江圭功 春日井たけし 松岡嵩志 松本光史 田村一聖 神酒龍一 荻窪祐輔

【Pancrase317】計量終了 メインカード、プレリミ、NEXUSカード出場34選手が揃ってパス

【写真】バキバキボディを披露した堀江と、我関せずという雰囲気の中島(C)PANCRASE

22日(土)、明日23日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase317の計量が新宿区の神宿サンエービルの会議室で行われた。


メインのフェザー級次期挑戦者決定戦に挑む、中島太一✖堀江圭功、ライト級では修斗世界王座を返上しパンクラス参戦を決めた松本光史✖松岡嵩志、フライ級の神酒龍一✖荻窪祐輔、バンタム級の春日井たけし✖TSUNEとステップアップ&サバイバルを賭けた一戦が並ぶ同大会。

メインカード終了後にはFighting NEXUSのカードが並ぶなど、新しい試みも見られるなか出場予定の34選手が計量をパスしている。

■ Pancrase317計量結果

<ライト級/5分2R+1ExR>
阪上直輝:66.6キロ
拳勇:69.25キロ

<フェザー級/5分2R+1ExR>
shin:65.75キロ
鎌田拳司郎:65.2キロ

<フライ級/5分2R+1ExR>
吉田哲之:56.8キロ
曾我英将:56.9キロ

<バンタム級/5分2R+1ExR>
須藤拓真:60.95キロ
林健太:60.55キロ

<フェザー級/5分2R+1ExR>
渡辺純:65.85キロ
山本空良:65.45キロ

<バンタム級/5分2R+1ExR>
青井心二:60.0キロ
谷育磨:60.7キロ

<フェザー級次期挑戦者決定戦/5分3R>
中島太一:65.65キロ
堀江圭功:66.0キロ

<ライト級/5分3R>
松岡嵩志:69.95キロ
松本光史:70.15キロ

<フライ級/5分3R>
神酒龍一:56.95キロ
荻窪祐輔:57.0キロ

<バンタム級/5分3R>
春日井たけし:61.45キロ
TSUNE:61.35キロ

<フェザー級/5分3R>
田村一聖:65.65キロ
高橋祐樹:65.4キロ

<ストロー級/5分3R>
宮澤雄大:52.5キロ
井島裕彰:52.5キロ

<ストロー級/5分3R>
前山哲兵:52.45キロ
尾崎龍紀:52.6キロ

<ネオブラッドTフェザー級2回戦/5分3R>
岩本達彦:66.15キロ
齋藤拓矢:65.8キロ

<ネオブラッドTバンタム級2回戦/5分3R>
井村塁:60.8キロ
田中ハヤトスネ夫:61.3キロ

<ネオブラッドTフライ級1回戦/5分3R>
谷村愛翔:56.75キロ
高橋拓也:57.0キロ

<バンタム級/5分3R>
工藤修久:60.95キロ
粥川吏稀:59.7キロ

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase317 TSUNE ブログ 春日井たけし

【Pancrase317】「守破離の離」春日井”寒天”たけしが、10カ月振りの再起戦でTSUNEとマッチアップ

【写真】不調部分も癒えた春日井、ラストスパート!?へ (C)MMAPLANET

28日(木・現地時間)、パンクラスより8月23日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase317で春日井たけし✖TSUNEのバンタム級3回戦が組まれることが発表された。

これまで5月31日(日)に予定されていたPancrase315からフライ級=神酒龍一✖荻窪祐輔、ライト級=金田一孝介✖キム・ソングォン、ストロー級=宮澤雄大✖井島裕彰というカードがスライドされていたが、ここに新たなカードが加わった。


3月以降、新型コロナウィルス感染問題の影響で、対戦カードの組み換えやスライドが多いなか、春日井がラインナップに上るのは初めてのことだ。昨年10月にアラン・ヤマニハに判定負けを喫して以来、10カ月振りの実戦となる春日井──実は今年に入り、満身創痍だった体を見直す時期を置いてきた。

4月のRoad to ONE02でも田中路教のグラップリングマッチの相手として、春日井はそのスクランブル能力も高さが買われてリストアップもされたが、上記の理由で固辞せざるを得なかった。コロナウィルス問題が拡大される以前から、ジムを任され以前ほど出稽古ができない状況であった春日井は、それでも「守破離の離だと思い、強さの維持でなく工夫してさらに強くなる。僕の総合格闘技をやり切る」と話している。

現状を受け入れた春日井が、彼のMMAを見せる相手=TSUNEは2018年7月から3連敗中で、現状の位置で戦うには後がない状況だ。そのなかでの春日井との一戦は、まさに剣が峰のファイトとなる。