カテゴリー
CORO DEEP96 J-CAGE Report ブログ 昇侍

【DEEP96】昇侍のプレッシャーに抗い切れず、COROが消耗し最後は左フックで大の字に

【写真】フィニッシュは左フック。これを貰わないように戦っていたCOROは削られていた(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<バンタム級/5分3R>
昇侍(日本)
Def.3R4分55秒by KO
CORO(日本)

左を振るうCORO、昇侍が前に出て左フックも空振りに。COROはオーバーハンドから右ロー、昇侍のジャブにCOROも左ジャブを打っていく。ローを蹴った昇侍に対し、カーフ気味のローを入れるCOROが左ジャブも当てる。COROのローに左フックを合わせようとする昇侍は、左ジャブの差し合いから左フックを振るう。対してCOROはジャブとローをしっかりと当て、フックを受けないように戦っている。それでも昇侍は左フックを当てると、右も伸ばす。COROは下がらず、右を打ち返す。ならばと昇侍はアッパーを放った。

2R、打撃戦のなかで昇侍のローがCOROの急所にあたり、試合が中断。昇侍のパンチに圧力しないで戦うCOROが、手数が増えてもどこまで持ちこたえることができるか。と、ダブルレッグを見せたCOROがケージに昇侍を押し込むも、テイクダウンは取れずに離れる。昇侍は左ボディフック、そして左フックから真っすぐの左と、攻撃を散らすようになる。COROは右ストレートをヒットさせ、ジャブも差していくとクリンチへ。首相撲&ヒザの昇侍に対し、COROは少し疲れてきたか。テイクダウンを切られバックに回られたCOROの動きは止まっているが、昇侍は左一発でスタンドに逃す。終盤、ボディを決めた昇侍──COROは組みついていったが、タイム後も暫らく座ったままだった。

最終回、昇侍が素早いジャブを繰り出し、左フックへ。COROも右を打ち返し、ジャブを見せるも左を被弾する。右をヒットさせた昇侍は、左フックの空振り後に右を当てて、ヒザをボディに突き刺す。嫌がって離れたCOROに右を打ち込んだ昇侍が、右を再びヒット。テイクダウン狙いから、亀になったCOROのバックから殴る昇侍。上を向かされ、シングルに出るCOROは動きが緩慢になりながらボディロックで立ち上がる。必死にテイクダウンを決め、ボディロックを突受けたCOROに対し、昇侍はコブラでリバーサルに成功する。

背中を取られそうになり、足にしがみついて倒したCOROだがここから動けない。残り40秒、立ち上がって離れた昇侍にジャブを差すCORO。昇侍も足をキャッチされスリップする。と残り10秒を切り、左フックを受けたCOROが後方にダウンし試合が決まった。


カテゴリー
CORO DEEP95 DEEP96 J-CAGE KINGレイナ News ブログ 大原樹里 川原波輝 昇侍 村元友太郎 笹晋久 越智晴雄 酒井リョウ 鈴木琢仁 関根シュレック秀樹 阿部大治 高野優樹 鮎田直人

【DEEP95&DEEP96】阿部大治初参戦、越智✖川原II、KINGレイナキック戦など、PPV配信決定

【写真】1年5カ月ぶりの再戦となる川原と越智。DEEP96のメインで組まれている(C)MMAPLANET


11日(火)、DEEPより8月23日(日)に東京都港区のニューピアホールで開催されるDEEP95&DEEP96がPPV配信されるという発表があった。

正午試合開始となるDEEP95では2試合の3回戦、UFC&ONEベテランの阿部大治✖佐藤洋一郎のウェルター級戦、メガトン級は関根シュレック秀樹✖酒井リョウに加え、2回戦はライト級の鈴木琢仁✖大原樹里など6試合、またKINGレイナが熊谷麻里奈と戦いキックルール3分✖3Rの計9試合が組まれている。


午後6時開始のDPPE96ではDEEPストロー級選手権試合=チャンピオン越智晴雄✖チャレンジャー川原波輝戦以外にも、バンタム級で昇侍✖CORO、高野優樹✖笹晋久とフライ級では村元友太郎✖鮎田直人と3回戦が3試合と2回戦・4試合がマッチアップされている。

この両大会、既にチケットはソールドアウトとなっており、PPV配信が行われることとなった。両大会とも個々の視聴価格は2500円となっているが、前売り予約のみ2大会セット=4000円で視聴も可能だ。また2大会とも試合開始までは過去の試合映像や見所などが無料で視聴できるようになっている。そして、PPV購入者の中から抽選で20名に2大会の出場主要選手のサイン入りパンフレットがプレゼントともあるという。

タイトル戦、初参戦、3回戦級の2回戦と──ライブで楽しむためのPPV購入はコチラから。

カテゴリー
DEEP Interview J-CAGE Special The Fight Must Go On チェ・ドゥホ ブログ 佐伯繁 昇侍

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 佐伯繁のおススメ、DEEPケージファイト思い出の5番勝負─07─

【写真】現時点で最後の日本での試合。チェ・ドゥホはこの後、UFCでカブ・スワンソン、ジェレミー・スティーブンスとえげつない殴り合いをオクタゴンで魅せている(C)DEEP

全国的に緊急事態宣言が解除され、格闘技ジムの活動再開も伝わってくるなか──それでもMMA大会は中止及び延期が続いています。それでもUFCの活動再開や、国内でも無観客大会が開かれつつあるなか、引き続きThe Fight Must Go Onということで、第43弾はMust Watch!! このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

佐伯繁代表がDEEPオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされているケージマッチから、「今、まだアップしきれていないけど」思い出の5試合を振り返る──企画だが、「5試合にしぼり切れないんだよぉ」ということで、今回は第七弾(最終回)へ。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


佐伯代表が選んだ「今、まだアップしきれていないけど、アップしているなかから思い出の5番」ながら、「どうしても絞り切れない」と選んだ最後の試合は2013年6月15日に行われたチェ・ドゥホ✖昇侍の日韓対決だ。

DEEPで5連勝中、キャリア11戦で日本での試合が10試合。日本のMMA界で育ったといっても過言でないチェ・ドゥホが、UFCに巣立つ前に戦った国内最後の一戦はDEEPにとって特別な大会のメインだった。

佐伯繁のMust Watch 07、チェ・ドゥホ✖昇侍の選択理由は以下の通りだ。

佐伯繁
「後楽園で初めてケージでやって、その時のメインでした。チェ・ドゥホが快進撃を続けていて、1枚目のポスターはチェ・ドゥホのピンだったんです。外国人選手がピンのポスターは、あれ以外はないですね。赤コーナーのチェ・ドゥホは外国人でもエース的な期待感がありましたね。

試合内容的にも20数年やってきて、トップクラスの戦いでした。昇侍が本当に頑張って、蹴り上げのダウンから立ち上がって殴り合ってね。初の後楽園のケージで熱があって、昇侍も言い方は悪いけど予想を上回る力を出していました。チェ・ドゥホが危ないシーンもあった。そして外国人の彼が勝っても、お客さんは凄く歓声を送ってくれた。色々な想いが記憶に残っている試合ですね」