カテゴリー
DEEP Special The Fight Must Go On ブログ 佐伯繁 小見川道大 毛利昭彦

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 佐伯繁のおススメ、DEEPケージファイト思い出の5番勝負─04─

【写真】テイクダウンコントロールから一転、激しい殴り合いに (C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

全国的に緊急事態宣言が解除され、格闘技ジムの活動再開も伝わってくるなか──それでもMMA大会は中止及び延期が続いています。それでもUFCの活動再開や、国内でも無観客大会が開かれつつあるなか、引き続きThe Fight Must Go Onということで、第40弾はMust Watch!! このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

佐伯繁代表がDEEPオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされているケージマッチから、「今、まだアップしきれていないけど」思い出の5試合を振り返る──企画の第四弾。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


佐伯代表が選んだ「今、まだアップしきれていないけど、アップしているなかから思い出の5番」、4試合目は2019年10月22日に行われた小見川道大✖毛利昭彦 のベテラン対決だ。

この3カ月前にオーロラ☆ユーキを破り、3年5カ月振りのMMAマッチを勝利で飾った小見川に対し、山口県周南市でMMAの普及に努める毛利。43歳と44歳の対決に後楽園ホールが揺れた。

佐伯繁のMust Watch 04、小見川✖毛利の選択理由は以下の通りだ。

佐伯繁
「正直言って、オジサン対決なんですよ。今の時代とも逆境している戦いでした。でも40歳になったオジサンが……毛利君も血まみれになって戦った。決してフェザー級のナンバーワンを決めている戦いじゃないです。でもベテランの2人が、終った時の清涼感も良くて。あの瞬間、皆に伝わるモノがあったんじゃないかと思います。

若い子にアレをやってくれと言っているわけじゃなくて、でも若い子に何か伝わったはず。この2人、オジサンだからこそ味があった。凄く噛み合ったし、心に残る戦いをしてくれました」

カテゴリー
DEEP95 DJ.taiki Interview J-CAGE ブログ 小見川道大

【DEEP95】5月6日のDJ.taiki戦が無くなった小見川道大─02─「格闘技を不要とは言われたくない」

Michihiro Omigawa【写真】これが小見川パイセンの山の中、野獣トレだ(C)MMAPLANET

DEEP95でDJ.taikiと対戦予定だった小見川道大インタビュー後編。

コロナウィルス感染拡大、緊急非常事態宣言下、大会が中止され、道場が閉められても小見川は山を駆け回り、トレーニングを続けている。

そんな小見川にとって、コロナ時代の格闘技とは何かを引き続き尋ねた。そして「皆、格闘技は必要でも我慢しているんだ。不要ではない」という言葉が訊かれた。

<小見川道大インタビューPart.01はコチラから>


──今も対人練習ではなくても、トレーニングを続けている小見川選手ですが、大会が中止になった時はどのような気持ちでしたか。

「中止が決まった時は、無理やりやることはないんだとホットしました。あの状況では大会は開けないので、素晴らしい判断だと思いました。それに大会が決行されるなら、自分から辞退しようと考えていたので」

──そうだったのですね。いずれにせよ、4月7日に中止の発表があり、そこからの世の中の進み方は急でしたしね。

「僕が柔道から教わったのは、攻めから入らないこと。受け身、自分の体を守るということなんです。どうしても自分の体、家族のこと、道場生のことを考えると、このタイミングの大会で試合はできなかったです」

──では17日にRoad to ONE02が開催されたことは、どのように感じましたか。

「あの大会はABEMAで見ているとケージの回りに防護服を着ている人がいて、凄いなって思いました。記事を読んだり、話を聞いた限りでも相当な覚悟をもって開いていたことは分かりました」

──この状態が続くと、ああいう形でしか大会は開けないかもしれない。そのために準備をするという考えがあったと思います。『科格闘技大会は仮死状態が続くと、そのまま死んでしまう』という言葉も聞かれました。

「そこまで思ってやっているなら、凄いですね。世の中には。そうでもない人もいますからね。まぁ、やりたいならやりたいなりにそれぐらいの覚悟をしてやっているということですよね」

──ただし、是非は人それぞれだと思います。

「出ている選手の気持ちは伝わってきましたよ」

──今後DEEPでも、他の大会でもあのような状況で大会が開かれオファーがあった場合はどうされますか。

「戦いたいというのはあります。何もなけりゃ、戦いたいです。僕は戦うのが好きなので。格好良くなれる瞬間だし。それでも道場もあるし、家族もいるから……コロナがどんなものかも分かっていないので……。

でも僕らは格闘家で。格闘技を不要とは言われたくないです。みんな、格闘技が必要なのに我慢しているんですから。そこは分かって欲しいです」

──まったくもって、その通りですね。

「山とか走っていて思うんですけど、俺は戦いたい派なんです。でもコロナ騒動でずっと戦えないなら、俺は山の中に相手を呼んで一対一でやっても良いんじゃないかっていう気持ちになってくるんですよ(笑)。レフェリーがいないと示しがつかないから、3人でやって。

誰かが動画で撮影して。それでも戦いたいなって思っちゃうことがあるんです。本当にこれから、どうなるのか……ってことですからね」

──そこも批判されてしまいますけどね。

「そうですね。この間の大会もそうですけど、格闘技界からは反対の声はあまり出ないです。でも一般社会から見ると、それは違いますしね。

山で4人でやっても、そこに無症状の感染者がいて、そこでうつることもありえますからね」

──そこで2週間、隔離してまで試合ができるのか。そういうことと向き合う時代になったかもしれないです。格闘技を続けるには。

「いや、本当にそうですね」

──11✖11で90分、ボールを追うのも。10人ぐらいの集団で、10キロ、20キロ走るのも、皆、そういうリスクがある世界。でもワクチンがあれば、インフルエンザと同じになるかもしれないです。

「そう考えると、格闘技は一対一ですからね。とにかく覚悟ですよね。覚悟」

──ではパイセンも、覚悟をもってDJ.taiki選手と山の中での試合を(笑)。

「一対一で(笑)。でも、ホント許されるなら、それでも戦いたいですよ。僕が柔道から格闘技を続けているのは自分自身が格好良くありたいからです。格好良い人間、それは強い人間だと思っています。

だから、また戦える時がきたらビンビンでやります」

──今はビンビンは控えてくださいね。濃厚接触はキケンです。

「アハハハハ。最後はそっちですか(笑)。了解しました。消毒して……ね」

──バカヤロー!!(笑)

「アハハハ。でも、高島さんもこんな時ですから、本当に体に気を付けてくださいね」

──押忍、ありがとうございます。

カテゴリー
DEEP95 Interview J-CAGE ブログ 小見川道大

【DEEP95】5月6日のDJ.taiki戦が無くなった小見川道大─01─「落ち込んでいられない。今は山トレです」

Omigawa【写真】こんな時も笑いも交えて、現状を話してくれた小見川 (C)MMAPLANET

5月6日、DEEPでDJ.taikiと対戦予定だった小見川道大。今月7日に佐伯繁代表がDEEP JEWELSとのダブルヘッダーの中止を発表した。

ファイターとしてだけでなく、道場で指導を行い、少年柔道の大会も主催する彼は、この間──そして今をどのように過ごしているのだろうか。

柔道家、小見川道大に訊いた。


──今回はファイターとして、そして柔道場の指導及び経営者として小見川選手の話を伺いたいと思います。

「ハイ、宜しくお願いします」

──まず5月6日に決まっていたDJ.taiki戦、大会自体が今月7日に中止が発表されましたが、それ以前にも小見川選手の周囲でコロナ感染拡大の影響があったかと思います。

「まず3月1日に少年柔道の大会を主宰する予定だったのですが、コロナ感染の影響で延期を決めました。なら、自分が試合したいと思いました。あの時は5月になれば騒動も落ち着いているという気持ちでいたんです。

正直、少年柔道の大会を開けなかったのは気持ち的にも落ち込みましたし、子供たちにも自分が戦うところを見せてやろうという想いでした」

──しかし、現状を考えると五輪の開催を視野にいれていたことは信じられないですね。

「ハイ……本当に。あれからイタリア、米国と感染が拡大した時には、ちょっとこれはヤバいなってなってきましたね。僕自身、試合に出る気満々で調整をしていたのに、こんな状況で試合をして良いのかという気持ちが大きくなっていきました。

米国で柔道の指導をしている方から現地の説明をしてもらっている時にも『日本が簡単に捉えていると、感染拡大は一気に来ますよ』っていう話になって。深刻さが日本とはまるで違うので、だんだんと考えるようになりましたね。3月の終わりぐらいから、本当にそんな風になっていて──僕も結局、伝える前に中止の発表があったのですが、試合に出るのは止めると佐伯さんに連絡を取る気でいました」

──小見川選手も弥益選手と同じ考えになっていたのですね。その頃は道場の方も休館されていたのですか。

「そうですね。1度、3月に休館して──そこから、道場で柔道をするのではなく、公園に行って一緒に運動したり、遊んだりする感じで子供たちとは接してきました。

それが全柔連から緊急事態宣言が東京や神奈川にあったときに道場での集団トレーニングの自粛要請もあり、道場が閉めたままです。子供たちのとの公園での運動をストップしました。もちろん、月謝ももらわない状態です」

──正直、道場主として休館し、ファイターとして試合に出ない。なかなか厳しい状況ではないでしょうか。

「収入はゼロですよね(苦笑)」

──小見川パイセンは豪快な人だけど、繊細なところもあるじゃないですか。だから、落ち込んでいないかと……。

「いや、落ち込んでいる場合じゃないですよ。道場に通っている子供たちは、僕を本当に慕ってくれています。あの子たちに落ち込んだ姿なんて見せられないですからね。今も1日に2度、オンラインで指導しています。

ゲストで日本代表の選手を呼んで、インスタで子供たちと話してもらったりとか。道場内だけですが、そういう活動は続けています。コロナが落ち着いた時に、子供たちが元気で柔道をできる。そのために動き続けたいです」

──いやぁ、パイセン恰好良いです。

「いや……アハハハ」

──今、人間の本質が見える時かと感じます。

「僕は格闘技に関しては、自分のエロ……じゃなくて、エゴでやっています」

──こんな時にもありがとうございます(笑)。

「アハハハ。柔道をやってきて、格闘技……MMAでも柔道を貫いてきました。柔道場を持つようになり、僕に柔道を習いたいと言ってくれる子供たちが入門してくれた。

小見川道場、僕にとって一番大切なのは子供たちなんです。ここで子供たちが稽古ができなくなると、絶対に柔道人口は減ってしまいます。

ウチの子供たちだけでなく中学3年生、高校3年生、もう柔道だけじゃないですよね……打ち込んで来たものの集大成をぶつける大会がなくなる。本当に可哀そうなことで……。でも、皆、こんな時でも自分がやってきたことを続けて欲しいし、小見川道場の子供たちも柔道を続けて欲しいんです」

──いやぁ、パイセンに会ってからもう10年以上かと思いますが、これまでで一番良い話を聞かせてもらっています。

「アハハハ……いや、まぁ……」

──パイセン自身の稽古は今、どうされているのですか。

「続けていますよ。もちろんです。試合は自分を恰好良く見てもらう場で、さっきも言ったようにだからエゴなんです。でも格闘技を続けているのは、試合に勝つためじゃなくて自分が強くありたいからです。

だから試合がなくても、体は鍛え続けていけないです。ただ今は対人練習は全くしていない。自分と向き合う練習ですね」

──自分と向き合う……それはどのように?

「山トレです」

──山トレ?

「道場から走って5キロほど走ると、山トレに絶好の場所があって。まぁ……やっていることは道の無いところで斜面を這って登り、そこからまた下りていくということですけど。上がる時は相当の運動量ですが、下りるときも転ばないようにスピードをつけて下りるので、バランスを取る鍛錬になります。判断力も必要になってきますしね」

──いやぁ、野獣トレですね。

「山に行くと、自然界から色んなモノが見えてきて、色々なことを考えることができます。それを週に3回ぐらいやっています」

<この項、続く>