カテゴリー
News ONE Road to ONE03 ブログ 大沢ケンジ 手塚裕之 松井珠理奈 江藤公洋 青木真也

【Road to ONE03】記者会見─02─松井珠理奈「どんな青木真也を?」✖青木真也「遊びじゃないからさ」

【写真】江藤への質問をし、目を見て真剣に返答に聞き入る松井珠理奈。そして、後方の今成はピンが来ていなくても良い味すぎるのが伝わってくる (C)MMAPLANET

8日(火)、10日(木)に東京都渋谷区のTSUTAYA O-EASTで開催されるRoad to ONE 3rd TOKYO FINGHT NIGHTの記者会見が港区の東京ミッドタウン・カンファレンスROOM7行われた。

出場選手がそれぞれ意気込みを語ると、大会ゲストで当日も解説を加わる松井珠理奈自らが選手に質問を投げかけ、選手が返答。ここではそのやり取りを振り返りたい。

松井珠理奈 江藤選手に質問したいのですが、青木さんと戦うことになって青木選手の存在が変わったなとか、今どのように考えていますか。

江藤公洋 一緒に練習したこともありますし、強さもそのなかで感じています。実際にやってもそれは変わらないです。変わらないのですけど、勝つためにどうやれば良いのかをずっと準備してきたので、それを試合で見せられたらと思っています。


松井珠理奈 ありがとうございます。手塚選手に聞きたいのですが、最近の筋肉の調子はどうですか。

手塚裕之 筋肉の調子はバッチリです。筋細胞が疼いているので。もう滾っているので。

松井珠理奈 筋肉とお米は?

手塚裕之 裏切らないっ!!

松井珠理奈 最後に青木選手に質問したいのですけど、今回のテーマ──どんな青木真也を見せたいですか。

青木真也 遊びじゃないからさ。遊びじゃないからさ、2005年からこれで飯食っているんだけど『お前ら、俺に何か言葉発せられるヤツいるのか』、偉そうに言って『青木真也って名前、お前ら出せるヤツいるのか?』、『誰もいねぇよ』、『勘違いすんなよ』って感じかな。

松井珠理奈 ハイ。ありがとうございます。

大沢ケンジ そういう風になかなか簡単に名前は出せないですよね。

青木真也 だから出すなよ。だから出すなよ。

大沢ケンジ これだけ緊張感があるので、僕の喋りも控えた方が良いですね。

この後、会見は記者との質疑応答へ移った。

カテゴリー
Interview ONE ファブリシオ・アンドラジ ブログ マーク・アベラルド 大沢ケンジ

【ONE】7&8月度・大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート─3人目─アンドラジ「上久保戦が見たい」

【写真】もはやバンタム級トップ5の力がある? ファブリシオ・アンドラジ(C) ONE

ONE Championship非公認・大沢ケンジ監修非公式ランキングと勝手に月間・三賞から、新しく生まれた連載=「大沢ケンジの気になるONE MMAファイター」!!

7月&8月度の3人目は、No Surrenderでマーク・アベラルドを打撃で圧倒し、最後は組み勝ってRNCで一本勝ちしたファブリシオ・アンドラジだ!!


──No Surrenderの3大会とA New Breedの1大会から大沢さんが気になった選手、3人目──最後の1人をお願いします。

「ファブリシオ・アンドラジです。マーク・アベラルドが相手でしたけど、ONE Warriorから連勝で本戦に昇格した選手を完膚なきまでに倒しましたね。この時期にたまたまタイにいて、それで出場チャンスが回ってきた噛ませ犬かと思っていたのですが、強かったです。

あらかじめ映像を見ていたので、打撃ができることは分かっていました。でも組みがどんなもんだろうって思って視ていると、組み負けることがなかったですね。ちゃんとMMAをやってきたんだなって。

最初はテイクダウンをされたけど、すぐに立ち上がってカーフを蹴り、そこからもうテイクダウンをされることなくジャブで突き放すと、アベラルドの距離はどんどん遠くなりましたよね。

首相撲で転がした時に、コイツはできると思いました。実況中に長南が『これ、誰だよ!!』って書き込んで来て(笑)。でも、それまでのMMA戦績は4勝2敗だったから、ここまでの強さを持っているとは本当に予想できなかったです。ただのキックボクサーが、タイガームエタイで練習してMMAも強くなったという感じかもしれないですね」

──フィニッシュも素晴らしかったです。

「テイクダウン狙いを崩して、バックに回って即RNCを極めました。かなりアップライトなのに、組みに対応できているのが怖いですし、楽しみですね。このタイミングで、こういうヤツが出てくるのかって」

──アベラルドと67キロで戦い、この勝ち方。もうバンタム級ランカーの力はあるのではないでしょうか。日本人選手との対戦も楽しみです。

「トップ5でいえば、竹中大地、上久保周哉、佐藤将光、ケビン・ベリンゴン、そしてチャンピオンがビビアーノ・フェルナンデス。他にジョン・リネケルもいますしね。トップ5は強いですよ。

日本人だと……竹中君はキックボクシングでは厳しいでしょうが、どう組んでいけるのか。そうなると、組みでずば抜けている上久保が見たいですね。この試合はまず上久保が、試合を受けるかどうか。受けて実現するなら、アンドラジが上久保のテイクダウンを切って打撃を入れることができるのかが見ものです。

もし、それができるからアンドラジはとんでもない選手ですよ。僕は上久保が組み技で完封できそうな気がします……。いや、分からないですけどね。ただし上久保の組み技から逃れることができれば、アンドラジはもう世界王座付近です」

──ONEの活動が本格的になれば、またバンタム級に注目ですね。

「ベリンゴンとも見てみたいですね。ベリンゴンはずっとビビアーノとの試合しか見てこなかったので、アンドラジ✖上久保、アンドラジ✖ベリンゴンが見たいですね」

カテゴリー
Interview ONE ブログ ヨッカイカー・フェアテックス 大沢ケンジ

【ONE】7&8月度・大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート─2人目─ヨッカイカー「日本が5位に……」

【写真】タイが日本をアジア第5位にしてしまうのか。ヨッカイカーのような選手が増えると楽しみだけど、怖い…… (C) ONE

ONE Championship非公認・大沢ケンジ監修非公式ランキングと勝手に月間・三賞から、新しく生まれた連載=「大沢ケンジの気になるONE MMAファイター」!!

7月&8月度の2 人目は、No Surrenderでジョン・シンクをKO、A New Breedでアレックス・シールドをTKOしたヨッカイカー・フェアテックスだ!!


──No Surrenderの3大会とA New Breedの1大会から大沢さんが気になった選手、2人目は?

「ヨッカイカー・フェアテックスですね。あれは強い。ジョン・シンクとアレックス・シールドと1カ月で2回勝ったのですが、シールドとの試合ではバックを取られたり、下になっても寝技で対応できていましたね。

フェアテックスはジムが全体的に寝技が出来てきてきています。スクランブルも良くなっていますし。タイ人がしっかりとMMAをやって来ると怖いですね」

──ムエタイでバリバリやっている選手以上に、ムエタイではトップ中のトップでなくても打撃ができて、本気でMMAをやってくると選手層も厚くなりそうです。

「そうですね、そういう選手はムエタイの打撃フォームを崩せますからね。スタンスを広げて、リズムも軽く跳ねられるぐらいで。それでいて、強い蹴りを出せる。ヨッカイカーがまさにそういう感じです。

ジョン・シンクには投げられけど、スクランブルから左のカウンターを当てて下がったところで右フックとアッパー、最後は左ストレート。2Rに入ってからは1分少しで仕留めました。

それからシールドはバックから逃げると、ローキックでダウンを取りまくって勝った。

シールドは内藤頌貴選手と去年、東京のONE Warrior Seriesで戦ってパンチを打ち合って判定負けした選手ですからね。あれだけ出来た選手を一方的に下した。ちょっと怖いです。

テイクダウンがある戦いで、あの打撃ができる。ヨッカイカーはもうトップ10に入っている感じがしますね」

──フライ級でどこまで上がって来るのか。

「日本人でも佑弥、和田竜光、仙三……はストロー級という話も聞きますが、ちょっと仙三君との試合とか見てみたいですね。ガツガツになりそうで。

ヨッカイカーはこの2つのKO勝ちで、これからも確実に試合のチャンスは与えられるだろうし、また見てみたいですね」

──タイ人が強くなると日本人として厳しいですが、ONEとしては面白くなりますね。

「日本人選手も腹を括らないと、アジアで5番目の国になってしまいますよ。もっとね、日本の若い選手とかアジアで何が起こっているのか、ちゃんと見てないと日本はヤバイです。格闘技は強くなるしかないんだから。

ヨッカイカーとか見ていると、タイがこうなるのかって……。中国、韓国、フィリピン、そしてタイがやってくると、日本はその次になってしまうかもしれないです」

──もう怖いですよ。そういう風に数えていくと。

「ホントにヤバいですよ。UFCとか凄く遠くなっている……でも、さらに下の世代……コロナ禍の影響でMMAが視られています。前まではONEとかUFCを知ってHEARTSに入門してくる若い子っていなかったんです。

知っていてもRIZINまでで。それがコロナ時代になってから、他のジムでも聞きますが、UFCやONEを知っている10代が増えています。ココを鍛えて、タイに負けないようにしないといけない。格闘技の知識がある人間が入ってきて……続くかどうか分からないけど、ちゃんと育ててヨッカイカーに負けない選手を育てますよ」

カテゴリー
Interview ONE ブログ ポンシリ・ミートサティート 大沢ケンジ 未分類 藤沢彰博

【ONE】7&8月度・大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート─1人目─藤沢彰博「なかなかある話じゃない」

【写真】40代男子が、惚れる40代の漢。藤沢彰博 (C)

MMAPLANETでは昨年11月ONE Championship非公認・大沢ケンジ監修非公式ランキングと勝手に月間・三賞というインタビューを掲載してきた。その後4月にONEがオフィシャルランキングを制定したことで──大沢氏による月間・三賞のみの連載に切り替えようとした矢先のコロナ禍による、ONEの大会延期となり、同企画も棚上げ状態となってしまった。

そしてONEが7月31日のタイはバンコクのNo Surrender大会より、国際大会の本格活動再開への一歩を踏み出した。そこでNo Surrender1~3と、8月28日に開かれたA New Breed第1大会・計4大会から、同企画が仕切り直されることに。

ただしムエタイ王国のイベントはムエタイ中心なので、今回は7月31日から8月28日にかけて行われた9試合から、大沢親分が気になった3選手について語ってもらうこととした。

題して「大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート」7月&8月度の1人目は、ポンシリ・ミートサティーを破った藤沢彰博だ!!


──いよいよ、タイからONEが再始動を始めました。MMAは試合数が少なかったですが、大沢さんの気になった選手をお願いします。

「それはもう、一番は藤沢選手ですよ。すげぇ頑張っていましたね。40歳で格闘技を始めたのも遅い、ポンシリ・ミートサティートって最近はそこそこやれるようになってきた選手だと思うんです。修斗でいえばランキングの下位に入るぐらいは。

藤沢選手はまだ、そこに来ていないと見ていたのですが……来ていましたね。凄いですね。ポンシリを相手にしっかりと打撃で勝負して、最初はもらっていたけどテイクダウンをして。とにかく気持ちで引かない、そこは本当に大切だと思いました」

──ポンシリのハイとか、嫌ですしね。

「あそこで勝負できるのは良いですよ。しかもMMAらしい試合だったじゃないですか。スクランブルに対しては、がぶってヒザをいれたり。立ちあがられてハイを蹴ってきたポンシリに右を入れてダウンを奪った。その後のパウンドも良かったです。

気持ちの部分もあるのでしょうかね。3連敗中で、ポンシリというそこそこの相手と戦って。藤沢選手からすると格上だし、『やることやってやれ』って開き直ることができたのかもしれないですね。

40歳になっても、続けていればできる。それを藤沢選手は見せてくれました。モチベーションも違うでしょうね」

──コロナ禍だから回ってきたチャンスというのも藤沢選手自身が理解していたでしょうし。

「ハイ、そうですね。タイ在住の日本人で、このチャンスを掴みました。完全に想像を上回る姿を見せてくれましたね。解説を一緒にしていた(若松)佑弥がポンシリが立ち上がった時に『藤沢さんはボコボコにされる』と中継の時に言っていましたからね。ソレ、生で話すかって(笑)。佑弥は何でも思ったことを口に出すから」

──アハハハ。若松選手は置いておいて(笑)。今後の藤沢選手への期待感を。

「ハイ、とにかく頑張って欲しいです。やっぱね、40歳って僕のなかでは結構デカいんです。これまでトップになっていない状況で、一つのスポーツを40歳で続けていて。それでレベルを上げたって、なかなかない話ですよ」

──実はかつてトイカツ道場にいた時代を知る選手は、藤沢選手がONEで戦うのは危ないということをデビュー戦前に話してくれたことがありました。

「本当にそうだったんだと思います。それがちゃんとタイで強くなっている。周りの評価を覆す選手って時々いますけど、それをタイで40歳でやってのけた。自分がやっている競技で、そこまで熱をあげてくれる人間がいる。世間的に見たら『何をやっているんだ?』って思われることだと思うんです。でも、人生を捧げてMMAをやっている。

なんか……普通の大人が口にする言葉じゃないかもしれないですけど、僕にとって藤沢選手は格好良い存在です。自分の好きなことを、同じような熱量を持ってやってくれる人がいるのは凄く嬉しいです。人生賭けていますよね。凄く応援したいです」

──40歳過ぎて好きなことをする。もう人生勝ち組だと思っています。

「その通りですね。素晴らしいです」

カテゴリー
J-CAGE News TTFC08 ブログ 仙三 大沢ケンジ 水垣偉弥 青木真也

【TTFC08】TTFCのジャッジは青木真也、大沢ケンジ、水垣偉弥の豪華布陣。解説は仙三!!

【写真】横浜のロードバイクショップ、ペダリストで第2の人生を歩む水垣がジャッジに (C) TRIBE TOKYO MMA

20(土)、TRIBE TOKYO MMAより27日(土)に会場非公開の無観客大会として開催されるTTF Challenge08で青木真也、大沢ケンジ、水垣偉弥がジャッジを務めることが発表された。

TTFCは過去にも競技を熟知しているという理由で、ジャッジを選考してきたが、青木、大沢に先日引退を発表したばかりの水垣が加わった。3人が打撃のヒッティング、MMAとしてのドミネイトとアグレッシブスネスをどう評価されるのか。3者は揃ってMMA中継での解説者としても活躍しており、大会終了後にそのジャッジメント理由を3人で振り返る番組が見たいほどだ。

またPIA LIVE STREAMの実況は熱唱MMAアナこと市川勝也氏が、ゲスト解説の仙三とタッグを組むことも発表されている。

なお第4試合のミドル級で関野大成と対戦予定だった藤原レジナルドが体調不良で欠場し、代役として同門の泰斗の出場が決まっている。


カテゴリー
ABEMA Fighter's Diary Interview J-CAGE WEC44 アントニオ・バヌエロス ブログ 大沢ケンジ

【Fighter’s Diary con on that day】「試合がない日々」を生きる大沢ケンジの声 on 2009年11月18日

Osawa【写真】10年5カ月前、MMAPLANETにおける唯一の現役時代の大沢ケンジ・インタビュー(C)ABEMA&MMAPLANET

全世界を巻き込む新型コロナウィルス感染拡大の影響は当然のように日本の格闘家たちの人生にも影響が出ている。試合がない、大会が開かれない、練習場所の確保も困難だ。

そんな今、格闘技を愛する全ての人へ──ABEMA格闘CH が公式YouTubeチャンネルで Fighter’s Diary Ep.03が25日(土)より、アップされている。

完結編=第3弾でクローズアップされた格闘家は那須川天心、山本美憂、松嶋こよみ、和田竜光、大沢ケンジ&上迫博之、藤野恵実の7人だ。

Fighter'sDiaryFighter’s Diaryは3週に渡り、3つのエピソードで総勢16人の格闘家たちの声をYouTubeで伝え、26日(日)より、ABEMA格闘CHにて Fighter’s Diary完全版が放送されている。

そんなFighter’s Diaryでは「試合がない日々」を格闘家たちはどう生きるのか? ──という今の声を集めた。MMAPLANETでは、タイアップ企画ならぬボーディング企画を提案。MMAファイター達が今を発せられるようになった原点を探る上で、あの日の彼らや彼女達の声=on that dayとして、MMAPLANETインタビュー初登場時の声を紹介したい。

題してFighter’s Diary con on that day、第15回は2009年11月20日公開、11月18日(現地時間)に現地取材した── WEC44アントニオ・バヌエロスと戦った直後──大沢ケンジのあの日の声をお届けしよう。


<リードを含めた完全版はコチラから>

――非常に惜しい試合と言いたくなる内容だったのですが。

「2Rは良かったですね。まぁ、1Rも前蹴りが変なタイミングで足をついてしまったところにパンチを喰らったんですけど、最初の2Rはフェイントが上手く機能していたと思います」

――その機能していた1Rにパンチを受けて、尻持ちをついたり、下を向いて次の一手を受けてしまったのは痛かったですね。


「後ろに倒れたのは、足が揃っていたんでしょうね。打ち終わりに右だったと思います。でも、ああいう風に突っ込んでくるのは、体の勢いがあるので、戦っている最中はダウンをしても、気をつけておけば問題ないな、平気だなっていうのがあったんです。やるべきことをやっていようと」

――そして2Rは完全に試合を支配することができた。しかし、3Rは距離を詰められて、攻め返すことができなかったです。

「前に出てしまうと、何かただの打ち合いになってしまうかなって。そこは礒野さんと話をしていたんですが、前蹴りを続けていればよかったのに、左ミドルと左ジャブが入るから、コツコツ当てればボディで倒せるかなって考え違いしてしまったんです。あそこでもう一回、前蹴りでさがらせて戦っていれば、結果も変わっていたかもしれないです」

――この一戦は負けられないといっていた試合で敗れてしまったことについては?

「う~ん、もうちょっとガッカリですね。これでリリースされる覚悟はあります。リリースされたら、う~ん、ちょっと考えるところですね」