カテゴリー
ブログ 国内MMA

松本幼稚園Presents iSMOS.1:メインイベント・小金翔 vs. 北岡悟

71kg契約。

ZSTライト級王者の小金。現在引き分けを挟んで8連勝中の32歳。北岡は昨年のRIZINでのジョニー・ケース戦以来、約1年ぶりの再起戦。

いきなり飛び膝を放った小金。北岡かわしてシングルレッグからケージに押し込むとダブルレッグへ。肘を入れる小金。北岡シングルレッグに切り替え。ケージで耐えている小金。ダブルに切り替えようとした北岡だが小金反応して切る。またシングル。ダブルからボディロックへ。こらえた小金。北岡またシングルレッグで押し込む。ボディを殴る小金。残り1分。ルールでブレイクはない。北岡が押し込み続ける。そのままゴング。

2R。間合いを詰めて小金がパンチを入れるが、北岡の右がヒット。もらって少し下がった小金にタックル。押し込んだ。小金腕を差し込む。北岡ダブルレッグから小金の左足にレッグマウントの体勢になり尻もちをつかせる。しかし小金ケージで立った。小金パンチを打ち込んでいく。残り1分。頭を押して潰そうとする小金。肘。北岡は押し込み続ける。腕を脇に差し込んだ小金だがゴング。

押し込んでいる北岡とこらえている小金。解説の水垣は「力を使っているのは北岡」とコメント。

3R。ミドルを入れた北岡。小金ワンツーで出るが、かいくぐった北岡がタックルへ。また押し込む。ダブルレッグに入るがこらえる小金。パンチを入れていく小金。北岡両膝を着いてテイクダウンを狙う。脇に腕を差し入れようとする小金だが、密着されて入れられない。小金四つになると入れ替えた。逆に押し込んでパンチを入れるとダブルアンダーフックへ。差し返して引き剥がそうとする北岡。また入れ替えてタックルへ。押し込む。ダブルレッグ。テイクダウン。直後にタイムアップ。

疲労困憊の北岡。

小金「試合が噛み合わなかったので、RIZINで再戦したい」

北岡「志が高い試合ではなかったけど、自分の中ではやりきったという思いがある。攻めたと思うし、胸を張りたい。自分を褒めてあげたい。『そして勝つ』の勝つは、これからってことで。負けなかったので。2をやりたい。全員にありがとうと言いたい。たくさんの方々、ありがとうございました」

最後は「明日からまた生きるぞ!ありがとうございました!」で〆た。

カテゴリー
ブログ 国内MMA

松本幼稚園Presents iSMOS.1:セミファイナル・餅瓶太 vs. 近藤有己

78kg契約。

18歳でデビューし、45歳・キャリア105戦の近藤。餅は31歳でキャリア17戦。

いつもの構えで出ていく近藤。ジャブがヒットしバランスを崩した餅だがすぐ立ち上がる。出ていく近藤。左のブルートがヒット。餅も下がらず打ち返していく。餅の左がヒット。餅がパンチ連打で出る。近藤前蹴り。出てくる餅にワンツー。また出ていく近藤。ジャブ、左ミドル。餅がパンチで飛び込むと左フックを合わせる。餅ちょっと疲れがあるか?マウスピースを吐き出しタイムストップ。再開。餅息が荒い。スピードが落ちてきた。近藤は変わらず出ていく。前に出てロー。餅が出てくるところにカウンターを当てていく。前に出て餅が組み付くが、近藤サバ折りテイクダウン!マウント!パウンド!亀になった餅の体を伸ばしてまたパウンド。動けず打たれる餅。レフェリーストップ!

ここ最近で一番動きが良かった近藤。餅も前半は圧されることなく前に出ていったが、失速が早かった。

近藤「今まで一番最高の自分を出して挑みました。(餅のパンチをもらったが)丈夫な体に生んでもらったので、今の所大丈夫です」

カテゴリー
ブログ 国内MMA

松本幼稚園Presents iSMOS.1:第2試合・大井洋一 vs. 矢澤諒

61kg契約。

距離を取りジャブを出す矢澤。プレスする大井にジャブを当てていく。ワンツーを入れた矢澤。強い右がかすめた。ワンツーを打ち込むと右がビッグヒットしゆっくり倒れる大井!パウンド!KO!

パンクラスイズム横浜に北岡とともに泊まり込んで合宿してきた矢澤、KO勝ちしボロ泣き。

カテゴリー
ブログ 国内MMA

iSMOS.1:北岡悟が自ら主催するイベントでZST王者・小金翔と対戦。近藤有己も出場。無観客開催をニコニコ生放送で配信。クラウドファンディングも実施。

対戦カードも発表。全カード、パンクラスイズム横浜所属選手と外部の選手との対戦が組まれている。

第4試合 71kg契約 5分3R
北岡悟 vs. 小金翔

第3試合 78kg契約 5分3R
近藤有己 vs. 餅瓶太

第2試合 61kg契約 5分3R
矢澤諒 vs. 大井洋一

第1試合 73kg契約 5分3R
木村裕斗 vs. 友實竜也

また、ルールはユニファイドルールに準じたものになるが、判定はなくタイムアップ時にはドローとなる。

北岡は昨年7月のRIZINでジョニー・ケースにTKO負けして以来の試合。小金翔は2018年10月にZSTライト級王座を獲得している。

試合は無観客開催となり、ニコニコ生放送のニコニコプロレスチャンネル(月額550円)で生配信される。また、大会の資金を募るクラウドファンディングも実施されている。

www.makuake.com

大会名にナンバリングがされており、第2回以降の開催もしたい意向とのこと。

battle-news.com