カテゴリー
Interview J-CAGE SASUKE Shooto2020#06 ブログ 仲山貴志

【Shooto2020#06】環太平洋フェザー級王者SASUKE「修斗の王者は強くて格好良くないといけない」

【写真】実働2年、欠場期間の方が長いMMAキャリア。ここから一気に加速するか(C) MMAPLANET

19日(土)に東京都渋谷区のTUSTAYA O-EASTで行われたShooto2020#06、2部興行のトリの一番でSASUKEが仲山貴志を破り環太平洋フェザー級のベルトを巻いた

2016年3月のプロデビュー後、上腕尺骨を折り2年8カ月のブランクを経験したSASUKEは策ね7月の再起から14カ月で5連勝を達成し、修斗フェザー級の頂点──その一歩手前までやってきた。

実働2年で手にしたベルトを腰に、試合終了直後の記者会見でSASUKEは過去、王座奪取、これからについて話した。(※要約)


──見事なタイトル奪取劇でした。

「ありがとうございます。勝手に体が反応しました。練習してきたことが出たような感じですね。だいぶ効いているのは分かっていたので、自分は削ること……ポジションを意識しながら打っていました」

──下になっても冷静でした。

「下からの腕十字はもともと得意な形なので、これは練習していた通りに体が動いたというものです。浅かったので極められなかったですが。

僕は試合では比較的に冷静に戦えるので、いつも通り進んだという感じです」

──マイクで欠場期間もあってという話もされていたましたが、ベルトを巻いた感覚は「ついに」なのか「これから」なのか。

「まぁ一つ形になったというか……。本当に辞められたら楽だったのですが、格闘技が嫌いになれなくて、辞められなくて……。悪あがきと言ったらちょっと違うかもしれないですけど、自分が好きなこと押し通してやってきて、それが一つ、こういう形になったのかというのはあります。

もちろん、これで満足はしないです。今日の試合も勝ちはしましたけど、勝ちは見えましたし。マイクでも言いましたけど、斎藤チャンピオンは強いので……また練習して、上を目指していく。それだけですね」

──前腕尺骨骨折、3年もの間負傷を治しながら、どのように格闘技に関わって来たのですか。

「大人しくしていれば半年ぐらいで治せていたのですが、同世代の選手が他の団体でタイトルに挑戦したり、同門の黒部(三奈)さんが当時JEWELSさんでチャンピオンになって。仲間やチームメイトのをサポートばかりだったんで気持ちが焦って、治らないまま無理をして同じ骨折を3度繰り返し、3回手術をしました。生き急ぐ気持ちを抑えて、格闘技に関わっていました。

無理をしないというか、頭を使って練習をするようになりました。追い込むだけじゃなくて、考えながら。そういう練習に切り替えてケガを治しながら去年、復帰をさせてもらって。それから良い風に歯車が噛み合ってきた感じです」

──目標は一つということですか。

「そうですね。斎藤チャンピオンとやりたいですけど、やるだけでなく新しい世代として越えていかないといけないと思うので。斎藤さんは今TVに出て、大舞台に出て知名度も上がっています。でも、それ以上に本当に強い選手なので、このままじゃまだ勝てないのは自分でも分かっていて。

でも、それを越えていいかなと。僕はさらにその先で戦っていきたいと思っているので。まずは斎藤チャンピオンを越えることですね」

──現状、いつ挑戦できるのか分からないですが、時間が掛かるようならその間に戦っておきたい選手はいますか。

「そうですね……他は余り見ていないです。斎藤チャンピオンだけです。ただ時間があればあるほど、僕は強くなっていくので。早いうちにやっておいたほうが、斎藤チャンピオンは良いんじゃないかと思います」

──ケージに上がって叫んだ『舐めんなよ』というセリフは、どこに向けてのモノだったのでしょうか。

「アハハハハ。それは前回の試合でしょっぱい試合をしてしまって……ネットで『SASUKEとウィッキーの試合は見直すほどではない』ってコメントで書かれていて。それに腹を立ててちょっと出ましたね(笑)」

──それがあってフィニッシュしたいという気持ちが強かったのでしょうか。

「二部興行の最後の試合ですから、前回の試合と同じことをしたらダメだと思っていました。ハッキリした形で終わらせないと、このベルトを不名誉なベルトにするわけにはいかなかったので。修斗のチャンピオンは強くて格好良くないといけない。そういう考えなので、しっかりと締めてやろうと思っていました」

──第1部からフィニッシュ続き、セミの好勝負がプレッシャーになることはなかったですか。

「前の試合は全く見ていなかったです。自分の世界に入っていて。自分は自分が締めてやろうと、それだけ考えていました」


           

The post 【Shooto2020#06】環太平洋フェザー級王者SASUKE「修斗の王者は強くて格好良くないといけない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE Report SASUKE Shooto2020#06 ブログ 仲山貴志

【Shooto2020#06】左フック、跳びヒザ、スラム&パウンドアウト。SASUKEが新環太平洋フェザー級王者に

【写真】新修斗環太平洋フェザー級チャンピオンSASUKE(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<修斗環太平洋フェザー級選手権試合/5分3R>
SASUKE(日本)
Def.2R2分05秒by TKO
仲山貴志(日本)

間合いの取り合いから、ヒザを繰り出し右オーバーハンドを入れたSASUKE。さらに組んでヒザを入れ、同時に足払いを決める。猪木アリ状態が続き、足首を取った仲山が崩しにかかり立ち上がる。打撃の間合いで、今度は王者がテイクダウンを決める。ガードの中に収まった仲山に対し、足を上げたSASUKEが腰を切って腕十字へ。右腕を捕らえられた仲山は立ち上がり、時間を掛けてヒジを抜きにかかる。足がルーズになると、腕を抜き三角を防いだ仲山が再びガードの中に収まる。SASUKEが下からヒジを見せて初回が終わった。

2R、左フックを被弾し腰が崩れた仲山に、SASUKEが跳びヒザを入れパウンドを連打する。亀で殴られたチャンピオンはアームロックも、リフトアップから前方に落とされる。バックコントロールを続けたSASUKEが、再び回転数を上げてパウンドを続ける。動けない仲山を見てレフェリーが試合を止め──新チャンピオンが誕生した。

「格闘技を始めた時は、自分がチャンピオンになれるなんて全然思っていなくて。1年、大きなケガをしてブランクがあり、格闘技が嫌いになれればどれだけよかったか」と話した新王者は、世界王者──斎藤裕に対し「TVの前で売られた喧嘩があるでしょう。そこを片付けてからで良いので、僕とやりましょう]」と対戦を要求。

最後に「日本のフェザー級、修斗のフェザー級、強い選手がたくさんいるよ。でも、誰も俺には勝てない。なぜなら、俺は修斗を愛しているからぁ!!」と絶叫した。


カテゴリー
J-CAGE News SASUKE Shooto.猿丸ジュンジ Shooto2020#06 ブログ 仲山貴志 後藤丈治 藤井伸樹 飯野建夫

【Shooto2020#06】仲山✖SASUKEの環太平洋フェザー級戦 in O-EASTDoubleheader。後藤丈治は藤井伸樹と

【写真】修斗の試合でないとはいえ元環太平洋王者に勝っている後藤。修斗初陣は勝てばタイトル戦線に絡むことになるであろう藤井戦が決まった (C) MMAPLANET

23日(日)にSustainより、9月19日(土)に東京都渋谷区のTSUTAYA O-EASTでプロ修斗2020#06を二部構成で開催すること及び対戦カード第1弾の発表があった。

もともとは21日(月・祝)に後楽園ホールで開催予定だったが、日程を2日間繰上り場所を移すとともに、イベント形式も変更されることになった。

そんなO-EAST大会、まずは環太平洋フェザー級選手権試合=王者・仲山貴志✖SASUKE、フライ級の猿丸ジュンジ✖飯野タテオ、フェザー級では藤井伸樹と後藤丈治の3試合が明らかとなった。


世界ストロー級1位の猿丸と同級2位の飯野の試合がフライ級、藤井✖後藤がフェザー級ということは5月の無観客大会以降続く、タイトル戦以外の試合は1階級上で当日計量というフォーマットは継続されるようだ。

仲山は今年の1月にTOMAを下して巻いたベルトの初防衛戦となる。青井人、稲葉聡、そしてTOMAを破り3連勝中の仲山に対して、挑戦者のSASUKEは現在4連勝中と確実に結果を残してきた。

この連勝には王者に2度勝利している山本健斗デリカット戦が含まれている。圧力&グラインディングのチャレンジャーに対し、真っ向勝負だけでなく綻びを突くことに長けている仲山がどのような試合運びを見せるか。

歴代王者がONEと契約し続けているストロー級は元王者=黒澤亮平が復調ロードを往き、その黒澤に競り勝った本田良介はタイトルコンテンダーの小巻洋平を下すなど混沌としてきた。

猿丸はその本田と黒田を過去に破っており、誰もが認めるこの階級の実力者だ。

これまで5度に渡り、タイトルや挑戦者決定戦という大切な場を落としてきた猿丸にとって、最後のチャンピオンロードといえる状況下で──HEARTSの良心=飯野と拳を交えることになった。

ジャパニーズ・ゾンビこと藤井と対戦する後藤は、パンクラスでキャリアを積んできたが4月のRoad to ONE02で元環太平洋王者の祖根寿麻を打撃で圧倒し、ニンジャチョークで一本勝ち──一気に注目を集めるようになった。

何があろうが気持ちが折れない藤井と、意識を断ち切らせることが可能な左の持ち主・後藤の一戦は、今後のバンタム級戦線に影響を及ぼすカードといえる。