カテゴリー
Interview J-CAGE Pancrase319 ブログ 上迫博仁 松本光史

【Pancrase319】デカゴン初戦&上迫博仁戦、松本光史「パンクラスで一番強いヤツに勝たないと意味がない」

【写真】松本のパンクラス出場会見から、実に8カ月と1週間でようやくデカゴンに上がることとなった(C)MMAPLANET

25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319。同大会のメインで松本光史がパンクラス初陣で、上迫博仁と戦う。

昨年10月のONE日本大会で修斗世界ライト級王者として、ライト級KOP久米鷹介と王者対決を行い敗れた松本は、同王座を返上しパンクラスに新天地を求めた。

しかし、新型コロナウィルスのパンデミックが起こり、松岡嵩志戦が3度流れた。一方パンクラス・ライト級トップファイターとしてRIZINで戦ってきた上迫のデカゴン復帰戦も対戦相手の粕谷優介の欠場で流れ、この両者が戦うこととなった。

松本がパンクラス参戦を決めて半年以上が過ぎ、ライト級戦線も王者の立ち位置も変わり、暫定王者・雑賀ヤン坊達也も誕生している。

ようやく迎えたパンクラス初戦を前に松本の心境を尋ねた。


──今日(※10月23日)も指導があると伺いました。

「ハイ。週に一度、金曜日にだけ指導をしていて前日計量ではないですし、今回はやろうかなと」

──水抜き無し、当日計量で77キロでの試合です。昨年10月に前日と前々日計量で、この体重は経験したかと思いますが、また当日計量だと違ってくるものでしょうか。

「前日計量の70.3キロで戦う時と体重自体は同じぐらいにしています。でも、当日計量で77キロで戦ったことはないので、正直なところ分からないです」

──水抜きがないのは気持ち的に楽だという声が圧倒的ですが。

「もちろん水抜きはやりたくないです(笑)。でも大切なのは当日のパフォーマンスなので、水抜きがなくてラッキーとは僕は思えないです。ホント、戦ってみないと分からないので」

──それはONEの日本大会では、思ったように動けなかったということでしょうか。

「う~ん、あの時は数字にとらわれてしまった部分があって……負けたから、そう思うということはあるのでしょうが、あまり良くなかったかなというのはあります。77キロだとやはり体は小さいですし、初めての計量方法だったので……ちょっとできなかったかなというのはあります」

──8月23日の当日の中止以前に、4月12日に松岡嵩志選手と戦う予定が4月から5月、そして8月と試合がなくなるという事態が続きました。この間の気持ちはどうでしたか。

「そうですねぇ、最後に試合をしたのが去年の10月で、それから4月に決まり……まぁ、しょうがないことですけどね。8月は直前過ぎて、感情の整理ができないまま会場を離れました。落ち込む前に色々な人から連絡がきて、『まぁ、こんな経験なかなかできないな』って思って。このこともポジティブに考えようという風にしていました。だから4月よりも、落ち込まなかったです」

──結果的に今大会での試合が決まり、対戦相手も上迫選手に代わりました。

「8月の大会が中止になった時に、すぐ9月に試合をしたいと思っていました。ただ、そこでは対戦相手が見つからなくて……上迫選手も粕谷選手との試合がなくなっていたので、そこに僕を当ててほしいと伝えたら、10月に戦うことになりました」

──5カ月ほど松岡選手と戦うために練習をしてきましたが、最終的には上迫選手と戦う。精神的に揺れることはなかったでしょうか。

「そこは大丈夫です。試合の時も自分の底上げになる練習をしてきたので。それをケージで出したいと思っていたので、相手が変わることはそれほど気にしなかったです」

──この間、松岡選手の所属するパンクラスイズムの北岡選手や松嶋選手が参加しているロータス世田谷のグラップリング・スパーに参加していませんでした。

「そうですね、ずっと組み技のスパーはロータスでやっていました。だから、この間はグラップリングの強度の高いスパーリングはしていなかったです。ただ久米選手との試合前にMMAの練習が少なかったので、そっちに重点を置いていたというのもあります」

──では、そのMMAスパーはどこで行ってきたのですか。

「KRAZYBEEですね。ただ、松岡選手との試合がなくなった直後にロータスには戻っています。僕にはあの練習が必要なんだと思いました。これをやっていかないとなって、改めて感じました。そうそう、こないだロータスで松岡選手もやってきて『こんにちは』って(笑)」

──パンクラスに戦場を移した最大の理由であった久米選手との再戦ですが、その久米選手がRIZINで戦うようになりました。同じ日に雑賀ヤン坊達也選手が暫定王者になっています。2月に思い描いていたパンクラスでのキャリアアップの方法とは違ってきたのではないでしょうか。

「久米選手と戦いたいからパンクラスに来たのですが、それはパンクラスで一番強いヤツに勝たないと意味がないということで。そこが変わらない限りで、ブレることはないです」

──そうなると、日曜日の試合をクリアすると暫定王者のヤン坊選手と戦うことも考えていますか。

「暫定王者って言ってみれば、次期挑戦者ですよね。だからヤン坊選手が久米選手に挑戦するモノだと僕は思っています。今回、メインで組んでもらっているんですけど、僕も上迫選手もノーランカーなんですよ(笑)。上迫選手に勝てば、グンとランクアップすると考えていたんですが、まさかのノーランカーでした」

──そこは落とし穴でした(笑)。では上迫選手の印象は?

「大きな舞台でも戦っているし、武器もあります。パンチを振り切っているで、そこが強味なんだと思います」

──対して松本選手は、どのような戦いをしないといけないでしょうか。

「上迫選手は僕より一回り大きいので、しっかりと自分の距離で戦うことですね」

──では、この一戦へ意気込みを最後にお願いします。

「何カ月間とお預けを食らっていたので……でも、延期が続いても、自分を見失うことなくコツコツと積み上げてきたと思っているので、まだ当日じゃないので分からないですけど……そこを発揮できる場があれば、全部出そうと想いってます。

大会がなくなってもすぐに次の試合を組んでくれたことは、パンクラスさんに凄く感謝しています。そのおかげでずっと積むことができたので、そうしてきたものを全て出したいです」

■視聴方法(予定)
10月25日(日)
午後2時30分~TIGET LIVE

■Pancrase319対戦カード

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
上迫博仁(日本)
松本光史(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
春日井たけし(日本)
TSUNE(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
田村一聖(日本)
アキラ(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
田中半蔵(日本)
透暉鷹(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
滝田J太郎(日本)
Ryo(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
平岡将英(日本)
関原翔(日本)

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
近藤有己(日本)
小林裕(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
宮澤雄大(日本)
井島裕彰(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
神田T800周一(日本)
ジェイク・ムラタ(日本)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
河村泰博(日本)
RYUKI(日本)

<ネオブラッドTバンタム級(※65.8キロ)準決勝/5分3R>
MG眞介(日本)
井村塁(日本)

<ネオブラッドTフライ級(※61.2キロ)準決勝/5分3R>
山中憲次(日本)
前田浩平(日本)

<ネオブラッドTフライ級(※61.2キロ)準決勝/5分3R>
聡-S DATE(日本)
梅川毒一郎(日本)

<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
岩﨑大河(日本)
川和真(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
赤崎清志朗(日本)
橋本薫汰(日本)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
山北渓人(日本)
大塚智貴(日本)

<女子ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
華蓮DATE(日本)
青木文菜(日本)

The post 【Pancrase319】デカゴン初戦&上迫博仁戦、松本光史「パンクラスで一番強いヤツに勝たないと意味がない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 TSUNE アキラ ジェイク・ムラタ ブログ 上迫博仁 岩﨑大河 春日井たけし 松本光史 田中半蔵 田村一聖 神田周一 近藤有己

【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始

【写真】パンクラスも10月からPPV配信を開始する (C)MMAPLANET

6日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319でPPV配信を行うことを発表した。

同大会では上迫博仁✖松本光史、春日井“寒天”たけし✖TSUNE、田村一聖✖アキラ、田中半蔵✖透暉鷹、神田T800 周一✖ジェイク・ムラタ、近藤有己✖小林裕、滝田J太郎✖Ryo、宮澤雄大✖井島裕彰などがメインカードで、プレリミでは岩﨑大河✖川和真を筆頭に3試合、このほかネオブラッドTが組まれている。


PPV視聴に関しては、視聴料金は税及びシステム使用料抜きで4000円。本日・6日からイベント終了時まで購入可能となっている。

またライブ配信は途中から視聴した場合はその時点からの配信となり、ライブ中の再生はできず、配信終了後にチケット購入者はアーカイブ配信を視聴できる。アーカイブ視聴はイベント終了後1週間となっている。

The post 【Pancrase319】10月25日大会より、パンクラスがPay Per View配信を開始 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase319 ブログ 上迫博仁 松本光史

【Pancrase319】流れ、流れて、来たっ!! ライト級トップ・プロスペクト対決=上迫博仁✖松本光史

【写真】(C)MMAPLANET

15日(火)、パンクラスより10月25日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されるPancrase319で上迫博仁と松本光史のライト級戦が組まれることが発表されている。

メインカードではウェルター級の近藤有己✖小林裕、バンタム級の春日井“寒天”たけし✖TSUNE、そしてストロー級の宮澤雄大✖井島裕彰に続き4試合目の正式決定だ。


上迫は4月に粕谷優介と対戦することが決まっていたが、大会中止でスライドとなり最終的には9月大会で組まれたが、粕谷が8月の大会中止を鑑みて出場を取りやめていた。一方の松本は、修斗世界王座を返上しパンクラス参戦を決め、上迫✖粕谷戦と同様に4月大会で松岡嵩志とのデカゴン初陣が決まっていた。

その後、5月31日、そして8月大会とスライドは続き、計量も済ませ大会開始食前にイベントは中止が決まり、ついには松岡戦でなく上迫戦が決まった。勝者は即タイトル戦線に絡むことになるであろう対戦は、打撃+組みの上迫と組み+打撃の松本というなかで、よりMMAらしい動きが必要な、1人総力戦となる。

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ ライリー・ドゥトロ 上迫博仁 中島太一 堀江圭功 秋葉太樹 粕谷優介

【Pancrase318】上迫博仁✖粕谷優介&ドゥトロ✖秋葉太樹 OUT。中島太一✖堀江圭功&前山✖尾崎 IN

【写真】残念だが致し方ない粕谷とドゥトロの欠場だ(C) MMAPLANET

3日(水)、当日計量とテンポラリー階級を用いることが発表されたばかりのPancrase318のカード変更が明らかとなった。

27日(日)に東京都江東区のスタジオイーストで開催されるPancrase318では77.1キロ以下で暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源治と共に組まれていて、ライト級の上迫博仁✖粕谷優介と、フライ級の国際戦=ライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹が取りやめとなり、フェザー級次期挑戦者決定戦=中島太一✖堀江圭功、ストロー級の前山哲兵✖尾崎龍紀戦が追加された。


ライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹はコロナ禍の影響で米国は未だに入局拒否対象地域であることからドゥトロの来日は困難で、取りやめざるをえない状況に。また上迫博仁✖粕谷優介は後者がコロナ禍を考慮して出場辞退した。粕谷は一社会人として高校卒業時から一企業に務めており、8月大会の中止などもあり企業人として判断せざるを得なかったことが推測される。

そして今回追加された2試合=中島✖堀江と前山✖尾崎は中止されたPancarse317からスライドされ、実施されることとなった。なお上迫、秋葉に代役が用意されるのかは、現時点では明らかとなっていない。

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase318 ブログ ライリー・ドゥトロ 上迫博仁 林源平 秋葉太樹 粕谷優介 雑賀ヤン坊達也

【Pancrase318】上迫✖粕谷に続き、暫定ライト級KOP決定戦=雑賀✖林、ドゥトロ✖秋葉も9月に

Saika vs Hayash【写真】上迫✖粕谷、ドゥトロ✖秋葉ととも暫定ライト級王座は決定戦も9月に行われる。ところで正規王者のネクストマッチは?(C)MMAPLANET

13日(水)、パンクラスより9月27日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase318のカードが発表された。

今回明らかとなったのは、7月大会からのスライドが既に伝えられていたライト級=上迫博仁✖粕谷優介に加え、暫定ライト級KOP王座決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平、そしてライリー・ドゥトロ✖秋葉太樹のフライ級戦という3試合だ。

雑賀✖林とドゥトロ✖秋葉は3月から4月、そして5月と延期が続いたことで、今回が4度目の対戦発表となる。6月も大会の中止発表が続くなか、選手としては格闘技イベント再開の目途が立つのか予想ができない7月よりも、さらに2カ月後の9月というタイミングの方が、頭も気持ちもリセットしやすいかもしれない。


カテゴリー
J-CAGE News Pancrase316 ブログ 上迫博仁 小森真誉 田村一聖 粕谷優介

【Pancrase316】上迫✖粕谷が9月大会に延期。一聖✖小森は中止に & 2試合のプレリミマッチが追加

Pancrase316【写真】上迫✖粕谷は9月に延期が決まった(C)MMAPLANET

11日(月)、パンクラスより7月5日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase316で予定されていた上迫博仁✖粕谷優介が9月27日大会に延期、田村一聖✖小森真誉が中止になるという発表があった。

長引く自粛にそれぞれの選手の事情も、試合のオファーを受けた時点から変化が起こるのは致し方ないといえるだろう。

なお今回の発表ではプレリミでフェザー級=櫻井裕康✖風間敏臣、そして5月31日大会からバンタム級の力也✖聖王DATEがスライドされ、フェザー級=ISAO✖アキラ、女子フライ級のライカ✖端貴代、バンタム級の土肥潤✖関原翔などとともに7月大会のラインアップに加わることが明らかとなっている。


カテゴリー
ABEMA Fighter's Diary Interview J-CAGE ROAD FC ブログ 上迫博仁

【Fighter’s Diary con on that day】「試合がない日々」を生きる上迫博仁の声 on 2016年9月17日

Hiroto-Uesako【写真】フェザー級への減量、その過酷さが感じられる当時の上迫 (C)ABEMA&MMAPLANET

全世界を巻き込む新型コロナウィルス感染拡大の影響は当然のように日本の格闘家たちの人生にも影響が出ている。試合がない、大会が開かれない、練習場所の確保も困難だ。

そんな今、格闘技を愛する全ての人へ──ABEMA格闘CH が公式YouTubeチャンネルで Fighter’s Diary Ep.03が25日(土)より、アップされている。

完結編=第3弾でクローズアップされた格闘家は那須川天心、山本美憂、松嶋こよみ、和田竜光、大沢ケンジ&上迫博之、藤野恵実の7人だ。

Fighter'sDiaryFighter’s Diaryは3週に渡り、3つのエピソードで総勢16人の格闘家たちの声をYouTubeで伝え、26日(日)より、ABEMA格闘CHにて Fighter’s Diary完全版が放送されている。

そんなFighter’s Diaryでは「試合がない日々」を格闘家たちはどう生きるのか? ──という今の声を集めた。MMAPLANETでは、タイアップ企画ならぬボーディング企画を提案。MMAファイター達が今を発せられるようになった原点を探る上で、あの日の彼らや彼女達の声=on that dayとして、MMAPLANETインタビュー初登場時の声を紹介したい。

題してFighter’s Diary con on that day、第17回は2016年9月20日公開、9月17日に取材した── Road FC33でのホン・ヨンギとの対戦 を控えた──上迫博仁のあの日の声をお届けしよう。


<リードを含めた完全版はコチラから>

──すでにかなり頬もこけていますね。

「ハイ、体重はあと4キロか5キロぐらいなので見えています。あとは調整って感じですね」

──この時点で(※取材は9月17日)残りそれだけということは、あまりドライアウトはしない方ですか。

「半身浴やサウナで落とすことはなく、動いて落とします。なので計量前夜にソウルに行くので、ほぼほぼ落とした感じで行って、あとは代謝で落ちるぐらいにしておきます」

──水抜きは水抜きで大変ですが、それでも前日に現地入りして計量会場はホテル内。対して、日本で体重を落としていくとそれでも計量前日に6、7時間ぐらいの移動があります。

「そういう経験がなかったのですが、いつも通りの感じであまり気にしないようにしています。計量の日に移動するわけでもないですし。大丈夫だと軽く考えています。フェザー級に落として最初の方はライト級の感覚でやっていて辛かったですけど、最近はカレンダーに目標値を入れて、その通りに落ちるようになっていますし。いつも通りという感覚になっています」

──水抜きをしないのは?

「やっぱり2年前の10月の高橋(憲次郎)戦で計量をミスした時のことがあります。あの時に半身浴で落としていたんですけど、もう呼吸もできないような感じで動けなくなってしまって。あれから水抜きでなく、体を動かして落とすことにしました。それ以来、試合の時も体が軽く感じられて、よく動けるようになりましたね」

──水抜きなしだとリカバリーはどれくらいですか。

「10キロぐらいですね」

──そんなに戻るものなのですか。

「ハハハハ。僕は戻ります。体を動かして、筋肉から水分を取る。バスタブでやっていることを動いてやっているようなものですし。もうお風呂とかサウナは怖くて入ることができなくなりました」

──追い込みのピーク後も動き続けているということなのですね。

「計量の前日は代謝で落とすので、2日前までは普通に動いています。自分と向き合うというイメージでは、動いて落とす方が好きです。計量オーバーで色々な人に迷惑をかけてしまいましたし、大沢(ケンジ)さんにも心配を掛けるなら、体重でなくて技術面や試合の組み立て方で心配してもらう。そうでないと申し訳ないので」

──では開催日時、開催国も代わっていよいよ試合を迎えます。

「実はロードFCのことは何も知らないんです。全階級、チャンピオンが誰かも分かっていなくて。いや、福田(力)選手がチャンピオンなのは知っています」

──そう自信満々に言われても、福田選手は1月に王座陥落しウェルター級王者はチャ・ジョンファンですよ(笑)。

「アッ、そうだったんですか(苦笑)。そんなぐらいしかロードのことはイメージがなくて。ただ、韓国自体は今MMAが盛り上がっていること、選手が強くなっていることは伝わってきています。

そこで戦えることがまず、嬉しいです。日本を出て、お隣の韓国で試合をするのも良い経験だと思っています。いずれ僕は海外で勝負をしたいと思っているので、まずは隣の国から攻めてやろうと(笑)」

──では対戦相手のホン・ヨンギについては、どのような印象を持っていますか。

「映像を見ていると、ホン・ヨンギ選手は何か人気がありますよね。凄い応援を受けていますし。日本の全盛期の雰囲気も伝わってきます。色々と煽りもしているようだし、そういうロードFCに出られることは本当に良かったと試合前でも思っています」

カテゴリー
J-CAGE News Pancrase316 ブログ ライカ 上迫博仁 端貴代 粕谷優介

【Pancrase316】上迫✖粕谷、ライカ✖端、田村✖小森など7月大会に4月12日からのスライドが発表される

Pancrase316【写真】3月~4月と試合が流れた選手から、出場が決まっていっている(C)MMAPLANET

16日(木)、パンクラスより7月5日(日)に東京都江東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase316の対戦カードが発表された。

5月31日大会に続き活動再開第2弾となる同大会、メインカードではライト級で上迫博仁✖粕谷優介と平良信一✖葛西和希、フェザー級の田村一聖✖小森真誉、バンタム級では平岡将英✖花レメ紋次郎TK及び土肥潤✖関原翔、フライ級の杉山廣平✖有川直毅、女子フライ級=ライカ✖端貴代の6試合が組まれることが明らかとなった。


上迫博仁✖粕谷優介とライカ✖端貴代の軸となるカードは4月12日の夜の部=314大会からスライドされる形となる。

一方、田村一聖✖小森真誉、平良信一✖葛西和希、平岡将英✖花レメ紋次郎TK、土肥潤✖関原翔の4試合は4月12日の昼の部=313大会から組み直されることとなったが、もともと田村はコンバ王子、小森は高橋祐樹、葛西は友實竜也、関原は三村亘と当初同大会が開催されるはずだった3月8日に試合が組まれていた。

このように3月の第2週と海外の主な大会と同じ時期にイベント延期を決めたパンクラスは、その後3月&4月大会のメインカードに出場予定だった選手たちに特別手当として3万円を支給していた。

この他、プレリミではフェザー級の&渡辺謙明✖透暉鷹、フライ級=安永有希✖渡辺達也の2試合とネオブラッドTの5試合も発表されている。

なお活動再開の第一弾として予定されている5月31日(日)の315大会では、暫定ライト級KOP決定戦=雑賀ヤン坊達也✖林源平、ライリー・ドゥトロ✖ 秋葉太樹、松本光史✖松岡嵩志、中村勇太✖菊入正行、神酒龍一✖荻窪祐輔などが行われるパンクラスだ。