カテゴリー
BELLATOR Bellator243 Report ブログ ヴァレリー・ルレーダ

【Bellator243】テコンドーの華麗な蹴りでなく、ワイルドな右フックでルレーダがグラフからKO勝ち

<女子フライ級/5分3R>
ヴァレリー・ルレーダ(米国)
Def.2R5分00秒by TKO
テラ・グラフ(米国)

前に出るグラフに対し、大きくサークリングするルレーダが向き合って右を打っていく。すぐに右に回るルレーダは柔術ベースのグラフと距離を取り続け、組まれても離れる。打撃で行く手を阻むことはできず、追ってパンチから組もうとするグラフに対し、ルレーダは「来い」と挑発する。そして、前に出てきたところで左右のフックを打ったルレーダは残り90秒でグラフに組みつかれると、手を取られた状態で右の蹴りを見せた。

続くクリンチの展開でヒザを腹に受けたルレーダだが、離れて右ロー、左右のフックを繰り出し、最後に右ミドル、左フック、そして右ミドルを入れた。

2R、初回と同じにように右に回りつつロングのワンツーフックを繰り出すルレーダを追いかけるグラフ。ルレーダは左ハイを繰り出し、少し手を変えてきたか。ルレーダの左ジャブとグラフの右が交錯し、ルレーダは右だけでなく左にも移動するようになる。

パンチ、蹴りを被弾しながら意を決したようにクリンチに持ち込んだグラフだが、ここからルレーダは離れる術を身に着けている。その離れ際に逆にグラフが右ミドルを蹴っていくも、追いかけて組むことでかなり消耗してしまったか。ルレーダはステップジャブを当て、右フックを続けるなど手の攻撃で試合をリードする。グラフもルレーダのサークリングが止まる時間が長くなると右フックを当てることができるように。

蹴りで突き放す、あるいは効かせるというファイトでなく、サークリング&パンチというファイトを見せていたルレーダは、ラウンド最終盤になりローからパンチで前に出てきたグラフに右ロングフックを打ち込みダウンを奪う。大声を挙げながら鉄槌、パウンドを落としたルレーダがパンチでKO勝ちし、テコンドーの道着を身にまとった。


カテゴリー
BELLATOR Bellator243 Preview ブログ ヴァレリー・ルレーダ

【Bellator243】テコンドーマスター&モデル&女優=MMAファイター。ヴァレリー・ルレーダに注目

【写真】テコンドー流の華麗なかつ威力のある蹴りが見られるか (C)BELLATOR

7日(金・現地時間)、コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator243「Chandler vs Henderson 2」。今大会のプレリミに注目の女子ファイターが出場する。

計量ではスパンコールのマクスを着用していた(C)BELLATOR

それがエラ・グラフと対戦するヴァレリー・ルレーダだ。

テコンドーUSオリンピックチームで活躍し、モデルやスペイン語放送局ではタレントとしても活躍してきたルレーダがプロMMA3戦目、ベラトール3勝目を狙う。


ルレーダの父はマイアミにスクールを持つテコンドー・マスターで、母は彼女を妊娠中に黒帯の昇段審査に受かっているという逸話の持ち主だ。また父のテコンドーはポイントゲームに特化した現在のテコンドーと比較すると、オールドスクールな効かせる打撃が主流のスタイルだったという。

結果、ルレーダはポイントゲームより倒す蹴りを武器とし、テコンドーの試合でも対戦相手のワキを蹴り折ることもあったそうだ。MMA転向後はまずアマチュアからキャリアをスタートさせ、その時に彼女は好きに蹴ることができ、自由を感じたと振り返っている。

5日(水・同)に行われたバーチャル・メディアデーでルレーダはマーシャルアーツ・マスター、モデル、女優業で何を優先させたいのかという問いに対し、「マーシャルアーツよ。私には才能もパッションもある」と返答している。

もちろん、テコンドーだけでMMAでは勝てない。強烈無比な右ミドルを筆頭に、前足となる左の蹴り、サイドキックや後ろ回し蹴りと多彩なキックを見せる一方で、ルレーダはムエタイ流の崩しなども見せてきた。もちろん所属するATTではスクランブルや柔術の修得にも余念がなく、同門のヨアナ・イェンジェチックには多大なる影響を受けているという。

テコンドーをMMAで効果的に使うファイターと言えばONEで活躍中のタン・リーが真っ先に思い浮かぶが、彼のテコンドーは質実剛健。華麗さを兼ね備えたテコンドー・メソッドをサークルケージで魅せることができるか、「テコンドーの美しい蹴りをMMAにフィットさせて、KO勝ちする」と宣言していただけに、非常に楽しみなルレーダの試合だ。

■Bellator243 試合結果

<ライト級/5分3R>
マイケル・チャンドラー: 155.9ポンド(70.71キロ)
ベンソン・ヘンダーソン: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオン: 262.6ポンド(119.11キロ)
ティモシー・ジョンソン: 263.2ポンド(119.38キロ)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー: 155.6ポンド(70.57キロ)
ジョージ・カラキャニャン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<175ポンド契約/5分3R>
サバウ・ホマシ: 175ポンド(79.37キロ)
カーティス・ミランダー: 174ポンド(78.92キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ: 150.2ポンド(68.12キロ)
マイク・ハメル: 154.6ポンド(70.12キロ)

<フェザー級/5分3R>
クリス・レンチオーニ: 145.8ポンド(66.13キロ)
AJ・アガザーム: 145.3ポンド(65.9キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴァレリー・ルレーダ: 125.3ポンド(56.83キロ)
テラ・グラフ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
グラント・ニール: 204.7ポンド(92.85キロ)
ハムザ・サリーム: 205.1ポンド(93.03キロ)

<ライト級/5分3R>
ネイノア・ダン: 155.1ポンド(70.35キロ)
チャーリー・キャンベル: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ミドル級/5分3R>
ダルトン・ロスタ: 185.7ポンド(84.23キロ)
マーク・ガードナー: 184.8ポンド(83.82キロ)

カテゴリー
AJ・アガザーム BELLATOR Bellator243 News アダム・ボリッチ ジョージ・カラキャニャン ブログ ベンソン・ヘンダーソン マイケル・チャンドラー マイルズ・ジュリー ヴァレリー・ルレーダ

【Bellator243】計量終了 チャンドラー✖ベンヘンII待ったなし。アガザームの相手は股間にスネーク!!

【写真】セレモニアル計量、すでにかなり戻っているチャンドラーに対し、ベンヘンはここから本格的にリカバリーか (C)BELLATOR

6日(木・現地時間)、7日(金・同)にコネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator243「Chandler vs Henderson 2」の計量が行われた。

3年9カ月振りの再戦となるチャンドラーとベンヘンは問題なく計量をクリアしている。


メインカード4試合、プレリミ6試合の計10試合。無観客大会とあって、通常時のベラトールのようにプレリミにローカル勢が大挙出場するということはない。

ヘビー級でマット・ミトリオンが出場するメインカードでは、ジョージ・カラキャニャンのライト級2戦目──ベラトールで2戦目となるマイルズ・ジュリー戦は通好みのマッチアップだ。

スイッチヒッターでKOパンチを持つウェルラウンダーのジュリーと、空手ベースながら卓越したグラップリング技術の持ち主カラキャニャンの対戦は、両者が中堅ではないことを示すファイトとなる。

一方プレリミでは本戦に出場してもおかしくない実力者&注目株の名前が確認できる。フェザー級ワールドGPの台風の目と目されていたが、ダリオン・コールドウェル戦でワンテイクダウン&RNCで敗れたアダム・ボリッチが再起戦に挑む。

対戦のマイク・ハメルは今大会で唯一の体重オーバーに。150ポンド契約を4ポンド以上も上回る154.6ポンドもあったハメル、ボリッチは事実上ライト級マッチに臨むこととなる。

ベラトールの活動休止期間もF2Wでグラップリングマッチに出場していたAJ・アガザームは勝ち星も負け星も揃って彼の倍、6勝2敗のクリス・レンチオーニと戦う。とにかく組んで、倒して、寝技勝負が必要なアガサームはフェイスオフでレスリングの低いスタンスで立つ。と、目前には蛇の膨らみが股間あるレンチオーニのアンダーウェアがあった。

■Bellator243 試合結果

<ライト級/5分3R>
マイケル・チャンドラー: 155.9ポンド(70.71キロ)
ベンソン・ヘンダーソン: 155.6ポンド(70.57キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオン: 262.6ポンド(119.11キロ)
ティモシー・ジョンソン: 263.2ポンド(119.38キロ)

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー: 155.6ポンド(70.57キロ)
ジョージ・カラキャニャン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<175ポンド契約/5分3R>
サバウ・ホマシ: 175ポンド(79.37キロ)
カーティス・ミランダー: 174ポンド(78.92キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
アダム・ボリッチ: 150.2ポンド(68.12キロ)
マイク・ハメル: 154.6ポンド(70.12キロ)

<フェザー級/5分3R>
クリス・レンチオーニ: 145.8ポンド(66.13キロ)
AJ・アガザーム: 145.3ポンド(65.9キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ヴァレリー・ルレーダ: 125.3ポンド(56.83キロ)
テラ・グラフ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
グラント・ニール: 204.7ポンド(92.85キロ)
ハムザ・サリーム: 205.1ポンド(93.03キロ)

<ライト級/5分3R>
ネイノア・ダン: 155.1ポンド(70.35キロ)
チャーリー・キャンベル: 155.8ポンド(70.66キロ)

<ミドル級/5分3R>
ダルトン・ロスタ: 185.7ポンド(84.23キロ)
マーク・ガードナー: 184.8ポンド(83.82キロ)