カテゴリー
DWTNCS S04 Ep02 Report UFC コリー・マッケナ ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【DWTNCS S04 Ep02】LFA王者デモパウロス、一本狙いファイトを打撃優勢のマッケナに凌がれ判定負け

<女子ストロー級/5分3R>
コリー・マッケナ(英国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ヴァネッサ・デモパウロス(米国)

LFA女子ストロー級王者デモパウロスが、声を挙げながらパンチ、蹴りを繰り出す。マッケナが左ジャブを当て、飛び込んでワンツーを纏める。蹴り足に左を打たれ、後方に倒れたデモパウロスはラバーガードへ。マッケナの左腕を取るデモパウロスだが、右足を越される。マッケナのパウンドのタイミングで足を戻したデモパウロスは、エルボーを被弾してショルダーロックへ。再びラバーのデモパウロスだが、右足にヒザを置いたマッケナが潰す。

これではオモプラッタにも移行できないが、左腕を引き寄せてネックロックの形へ。強引な仕掛けは長続きせず、足を解いた瞬間にマッケナが肩固め、ここから上体をおこしてパンチを纏めラウンド終了を迎えた。

2R、右を当てたデモパウロス、マッケナも左ジャブから右をヒットさえる。さらにダブルのジャブを伸ばすマッケナに対し、デモパウロスも左フックを入れる。ローにカウンターを合わせようとするマッケナは、バランスを崩してガードを取ったデモパウロスの誘いに乗らずスタンドで待ち受ける。

パンチの交換から、体が当たったタイミングでガードを取ったデモパウロスが、ここもラバーガードへ。初回と違い、右足が自由なデモパウロスは、マッケナが体重をかけてきたところでハイガードに移行する。腰を上げられた状態で三角クラッチを狙うデモパウロスが、  から三角へ。まだ腰が上がっていて、ルーズなクラッチでマッケナが担いでいく。

マッケナは腕十字を抜けバックに回り、パンチを打ち込むとスロエフ・ストレッチへ。さらにワンフックでツイスター気味に捻り、RNCを狙う。デモパウロスが胸を合わせてきたところでラウンド終了となった。

最終回、スタンドの攻防で足を統べられるデモパウロスが、いきなり側転を見せる。距離を取ったマッケナの左ハイがデモパウロスの顔面を捕える。一瞬、棒立ちになったデモパウロスは再びハイキックを顔面に受け、この蹴り足をキャッチしてもパンチを打たれる。クリンチにもすぐに離れたマッケナに対し、デモパウロスがイマナリロールへ。スプロールしたマッケナがハーフからパンチを打ち込む。

ハーフのデモパウロスにエルボー、左のパウンドを落としたデモパウロスが右からも勢いのあるパンチを打ちつける。残り2分、デモパウロスはハイガードから頭を引き寄せ、腕十字へ。ヒジを張って防ぐマッケナだが、デモパウロスが腰の位置を修正していく。マッケナは腕を組んで、多重をかけて耐えるがマッケナが体を跨いで腕を抜く。最後はスタンドに戻って殴り合った両者、極め切れなかったデモパウロスに判定勝ちの目はなく、マッケナが3-0の判定勝ちを収めた。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep02 News Preview UFC エイドリアン・ヤネツ ブレイディ・ファン ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【DWTNCS S04 Ep02】極め系LFA女子王者デモパウロス&パンクラス参戦のファンが参戦

【写真】URCCバンタム級王者でパンクラスで勝利しているブレイディ・ファンとLFA王者のデモパウロス。これまでUFCへのチケットだった戦績がコンテンダーシリーズ出場許可証になりつつある……恐ろしいものだ(C)Zuffa/UFC&KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

10日(月・現地時間)、11日(火・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるDana White’s Tuesday Night Contender Seriesシーズン04、エピソード02の計量が行われた。

ダナ・ホワイトの御前試合でUFCとの契約を賭けた戦う10名の選手は全員が計量をクリアしている。


過去3年、必ず最低1人は1エピソードから契約選手を輩出しているUFCへの登竜門、2020年シーズンの第2週も当然のように注目のファイターが集まっている。

女子ストロー級では7月17日にLFAで初代女子ストロー級王座に就いたばかりのヴァネッサ・デモパウロスが、コリー・マッケナと対戦する。色帯時代にパン柔術、USナショナルの表彰台の常連だったデモパウロスはMMAでは北米アマの頂点といえるTuff-N-Uff=タフイナフの王者となり、プロ転向後も5勝1敗の戦績を残している。

アーム・コレクター=ジヴァ・サンタナ直伝の腕十字や三角絞め、そして足関節も得意としているデモパウロス、打撃では気持ちの強さが全面に出ているが、スラッピーな一面も残している。

対するマッケナもプロアマMMAが盛んな英国の選手らしくアマMMAで7勝0敗、プロでは英国#01フィーダーショーのCage Warriorsで5試合を経験し、4勝1敗のレコードを残している。エセックス州コルチェスターのBKKファイターズとサクラメントのチーム・アルファメールでトレーニングを積むマッケナ。寝技も使いこなすオールラウンダーだが、デモパウロスの組みを避けて戦略を立てるのか、あるいは応じるのかが最初の見所だ。

セミに出場するエイドリアン・ヤネツは現UFCファイターのマイルズ・ジョンズに敗れ、LFAバンタム級のベルトを巻きそこなったが、その後はFury FCとLFAで3連勝を挙げ今回の出場にこぎつけた。

ヤネツと戦うブレイディ・ファンは今年2月のPancrase312にブラッディ・ファンというおっかないリングネームで出場し、福島秀和を判定で下している。

カンフーウォリアーの異名を持ちながら柔術&レスリングの融合を見せるファンは、テイクダウンからコントロールだけでなく下からも極めを狙うファイターだ。福島戦では徹底してテイクダウンを防御していたが、ヒザ蹴りを効かされる場面もあった。

父親の影響でボクサーを志したヤネツのボクシングをMMAにアジャストしたステップインに対して、ファンが如何に反応、対応できるか。その辺りが勝負の鍵を握ってくる。

■DWTNCS S04 Ep02計量結果

<ミドル級/5分3R>
ジョセフ・ピファー: 185.5ポンド(84.14キロ)
ダスティン・ストーツフス: 184.5ポンド(83.68キロ)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネツ: 135.5ポンド(61.46キロ)
ブレイディ・ファン: 135.5ポンド(61.46キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ヴァネッサ・デモパウロス: 116ポンド(52.62キロ)
コリー・マッケナ: 116ポンド(52.62キロ)

<フェザー級/5分3R>
TJ・ララミー: 146ポンド(66.22キロ)
ダニエル・スウェイン: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンソニー・アダムス: 184.5ポンド(83.68キロ)
インパ・カサンガネイ: 185ポンド(83.9

カテゴリー
LFA85 Other MMA Result ケビン・ナティヴィダッド ジョーダン・ラヴィット ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA85】試合結果 デモパウロス、大逆転で女子ストロー級王者に。キラリと光る新鋭ズラリ

【写真】ヒューズの打撃のレベルが相当に高いからこそ、この逆転勝ちは価値がある(C)LFA

17日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFA85「Hughes vs Demopoulos」が開催された。

メインのLFA女子ストロー級王座決定戦で、終始サム・ヒューズがフェイクとステップを交えた打撃でヴァネッサ・デモパウロスを圧倒する。

しかし、デモパウロスは4Rに足関狙いからリバース・トライアングルにスイッチしヒューズを失神させて初代王者となった。

カイル・エストラーダを右ストレートで沈めたケビン・ナティヴィダッド。

打撃の成長のあとを見せ、柔術でもジェイコブ・トロールを圧倒しレアンドロ・ゴミス──この両者がバンタム級王座に近づいたか。

徹底したグラップリング勝負で、レイヴォン・スミスをアナコンダで仕留めたジョーダン・ラヴィットなど、今大会もLFAらしくアグレッシブかつフィニッシュを狙う新しい力の台頭が見られた。

LFA85「Hughes vs Demopoulos」
<LFA女子ストロー級王座決定戦/5分5R>
○ヴァネッサ・デモパウロス(米国)4R2分21秒
リバーストライアングルチョーク
詳細はコチラ
×サム・ヒューズ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ケビン・ナティヴィダッド(米国)2R1分37秒
KO
詳細はコチラ
×カイル・エストラーダ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○レアンドロ・ゴミス(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ジェイコブ・トロール(米国)
<ライト級/5分3R>
○ジョーダン・ラヴィット(米国)2R2分01秒
アナコンダ
詳細はコチラ
×レイヴォン・ルイス(米国)
<バンタム級/5分3R>
○クリスチャン・ナティヴィダッド(米国)1R2分48秒
TKO
×マイケル・アキラ(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ミッチェル・サイプ(米国)1R1分37秒
TKO
×ダリオン・アビー(米国)


カテゴリー
LFA85 other MMA Report サム・ヒューズ ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA85】フェイクを交えた高精度の打撃で攻めたヒューズ、逆三角絞めで失神。デモパウロスが王者に

<LFA女子ストロー級王座決定戦/5分5R>
ヴァネッサ・デモパウロス(米国)
Def.4R2分21秒by リバーストライアングルチョーク
サム・ヒューズ(米国)

飛び蹴りを見せたヒューズ、スリップしバランス崩したデモパウロスに左フックを当てる。右ローからワンツーのデモパウロスに対し、ヒューズもロー&ボディストレートを返す。デモパウロスはローをチェックし、ミドルもブロック、しっかりと打撃が見えている感じだ。さらにヒューズのハイをスウェイでかわしたデモパウロスは右オーバーハンドを狙う。しかし、デモパウロスは打った後にガードが下がったところで右を打たれる。

ヒューズは続くシングルレッグを切られると、キャンバスに手をついて旋回蹴りを繰り出す。デモパウロスはクリンチではギロチンで固めて、ヒザを顔面に突き上げる。離れたヒューズがステップイン&左ジャブ、デモパウロスがフックを返すもヒューズが細かいパンチを纏めてロー、左リードジャブを入れる。アグレッシブかつ、ディフェンスにも注意払った初回の攻防はヒューズが微差で取ったか。

2R、ワンツー&ローで前に出るデモパウロスに対し、左ジャブ、左ミドルを見せるヒューズ。互いに左インサイドローで前足を削り、クリンチではヒューズがケージにデモパウロスを押し込む。ダーティーボクシングで攻めるヒューズは、体を入れ替えられるが押し返して離れる。デモパウロスの右ストレートをヘッドムーブでかわし、ワンツー&ロー、続いて右ストレートをヒューズが決める。デモパウロスは左フックを打ち返し、左前蹴りをボディに突き刺す。ヒューズは左ローに右ストレートを合わせ、左ジャブ、ワンツーを打ち込む。ミドルをキャッチされ下になったデモパウロスが足を抱えるも、ヒザを畳んだヒューズが防御。デモパウロスはラバーガードへ。

頭を抜いたヒューズがヒザをマットに着いているにも関わらず、デモパウロスは顔面を蹴り上げてしまい1Pの減点に。直後にラウンド終了を迎えたデモパウロスは3Pのビハインドを背負うことになった可能性がある。

3R、デモパウロスのイマナリロールをかわしたヒューズが左ジャブをヒットさせ、右ローを蹴り込む。右オーバーハンド気味のパンチを当て、デモパウロスをケージに押し込んだヒューズがパンチを纏めクリンチゲームへ。デモパウロスは押し返して離れるが、左ジャブを被弾する。デモパウロスは右のパンチは大振りで当たらないが、左ジャブを届かせる。その左ジャブに右を合わせたヒューズはフェイクを多用し、ステップで惑わせるとスーパーマンパンチのステップで右をフェイントに、左アッパーを決める。

左ジャブを被弾し、後退したデモパウロスだが左フックを打ち返し、懸命に流れを引き寄せようと踏ん張る。ヒューズは視線を下げての右ハイ、ブロックしたデモパウロスが前に出て右フックを振るう。ジャブの差し合いからワンツーを決めたヒューズが攻撃を纏め、間合を取り直す。デモパウロスが右ボディから左フックを当てるも、ヒューズは組んでラウンド終了を迎えた。

4R、ワンツーを振るいながら前に出て組みつこうとしたデモパウロスがスリップして、バランスを崩すもすぐに組みつく。ケージに押し込まれ回って離れたようとしたヒューズは、デモパウロスの左フックをダッキングでかわしバックに回る。足関節を警戒して、足を引くヒューズに対し、デモパウロスは前転から足を取りにいく。鉄槌を落とされ、両足を振り上げてリバーストライアングルを仕掛けると、胸を張って耐えていたヒューズがヒザをマットに着く。

時計回りに回り、絞めを無効化しようとしたヒューズのマットに着けていたヒザと背中が伸びる。デモパウロスの胸の上でヒューズが落とされ、大逆転で初代LFA女子ストロー級王座にデモパウロスが就くこととなった。

「この瞬間が来ることを願っていたの。チャンピオンシップラウンドを戦ったのは初めてだけど、スタミナは問題なかったし最高の気分よ。リバーストライアングルはヒザ十字を狙っていたけど、ヒザの位置が高かったから切り替えたの。私はKOか、サブミッションするしか勝ち目がなかったから。新しい人生の一歩よ」とチャンピオンは話した。


カテゴリー
LFA85 other MMA カイル・エストラーダ ケビン・ナティヴィダッド サム・ヒューズ ブログ ヴァネッサ・デモパウロス

【LFA85】対戦カード LFA4weeks、第2弾のメインは女子ストロー級王座決定戦

【写真】タイトル戦以外の注目マッチは、写真のカイル・エストラーダ✖ケビン・ケビン・ナティヴィダッドのバンタム級戦か(C)LFA

7月17日(金・現地時間)
LFA85「Hughes vs Demopoulos」
サウスダコタ州スーフォールズ
サンフォード・ペンタゴン

■視聴方法(予定)
3月18日(土・日本時間)、午前10時~UFC Fight Pass

■ 対戦カード

<LFA女子ストロー級王座決定戦/5分5R>
サム・ヒューズ(米国)
ヴァネッサ・デモパウロス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ケビン・ナティヴィダッド(米国)
カイル・エストラーダ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ミッチェル・サイプ(米国)
ダリオン・アビー(米国)

<フェザー級/5分3R>
レアンドロ・ゴミス(ブラジル)
ジェイコブ・トロール(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョーダン・ラヴィット(米国)
レイヴォン・ルイス(米国)

<ライト級/5分3R>
イグナシオ・バハモンデス(チリ)
クリス・ブラウン(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリスチャン・ナティヴィダッド(米国)
マイケル・アキラ(米国)