カテゴリー
Interview Special UFC ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー 岡田遼

【Special】岡田遼が語りたい、UFCプレリミ戦─06─ローレン・マーフィー✖ロクサン・モダフェリ

【写真】ロクサンのファイトが岡田の胸を突き刺した理由は? (C)Zuffa/UFC

修斗暫定世界バンタム級チャンピオン岡田遼が語りたいUFCプレリミマッチ。

第6回からは20日(土・現地時間)のUFC ESPN11で行われた女子フライ級戦=ローレン・マーフィー✖ロクサン・モダフェリ戦について話してもらった。


──本来は岡田遼のGreat UFCプレリミファイト、1カ月で3試合ということなのですが、どうしても語りたい試合がもう1つあると。

「ハイ。ねじ込ませてください(笑)」

──その1試合というのは?

「ローレン・マーフィー✖ロクサン・モダフェリのロクサンなんです。ロクサンがロックダウンの間も凄く練習しているって聞いていて。で、1月のメイシー・バーバーとの試合が良い勝ち方だったじゃないですか」

──ハイ。

「あの試合のイメージがあったので、『アレっ?』って感じがして。そう思わなかったですか」

──ローレン・マーフィーがこんなにデキるのか、と思って視ていました。

「マーフィー、強かったですねぇ。ロクサンは打撃が凄く伸びていて、ちゃんと練習してきたんだと思うんです。だから打撃ばかり使ってしまったような……。本当ならもっと組み技とか、臨機応変に使える選手のはずなのに。

怪我か何かで、余りレスリングに行けなかったのかと思ってしまうぐらい、寝技が強いのに打撃ばっかりになってしまったなぁっと。

打撃ができなかった時の組みへの執着心と、打撃ができるようになってから組みへの拘りって、やっぱり選手も変わってしまう。いや、本当に練習してきている選手だなっていうは、試合を見ていると伝わってくるんです。そして、余りにも練習してきたことを出して、正々堂々と戦い過ぎていて」

──ロクサンは試合の度に打撃の成長が見える。そんな選手です。

「そうなんですよ。まさにメイシー・バーバー戦なんて、本当に打撃が良くなっていた。思うのですが……ロクサンって僕と同じで、青木さんがいう『素養でいえばBクラス』の人だと思うんです」

──……。

「だからこそ、すごく真面目で、必死に練習してきたことで愚直なまでに勝負をしようとしていた。本当に良い人で頑張ってきた人が、そのままの人の良さで戦っていました。でもMMAってもっと狡くないと。勝つためにも狡猾になる必要もあります。

勝負になると愚直は美徳じゃない。それでも、人が良くて一生懸命にやってきたロクサンに、それを求めるのは僕の気持ちが苦しくなってしまって……。ロクサンって絶対に良い人なんだって、切なくなる試合でした。努力して、積み上げてきて」

──勝負だから勝ち負けは絶対です。でも戦っているのは人間で。ファイターだけど、人間。そこにロクサンらしい素晴らしさがあった。でも、試合は勝たないといけない。

「最終回になり、逆転を掛けて戦いたいロクサンに対して、マーフィーが上手く時間を使った。それでも、ロクサンは打撃でいくしかなかった。そして、打撃を効かせたようになった時にマーフィーがテイクダウンしてしまう。

それこそMMAなんです。でも、いくしかないって打撃で前に出るロクサンもMMAです。ただし、勝つために全力を尽くすってことでいえば、狡く戦うことも全てに含まれている。もちろん、反則はダメですよ。でも、ロクサンはああ戦わないと良さが出ないのかもしれないし。

僕とロクサンは同じで、素養ならBの選手です。でも、ロクサンは僕と違って良い人で、真っすぐで。僕もまぁ、努力ということでは負けていると思わないですが、性格は良くないし、腹黒です。だからこそ、ロクサンの真っすぐさが切なく、心に突き刺さる試合になりました」

カテゴリー
UFC ESPN11 UFC Result ジム・ミラー ジョシュ・エメット ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】試合結果 半端ない打撃戦でエメットがバーゴスに殴り勝つ。ロクサンはマーフィーに敗れる

【写真】ガチガチの殴り合いを制したエメット(C)Zuffa/UFC

20日(土・現地時間)、UFC ESPN11がネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催された。

第2試合に出場したロクサン・モダフェリは2Rにパンチを被弾し足が泳ぐシーンが見られ、3Rの勝負を掛けた打撃戦の最中にテイクダウンを許すなど取り切れず──ローレン・マーフィーに敗れた。

ファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得したジョシュ・エメット✖ショーン・バーゴスは殴っても殴っても、効いた風でないバーゴスのローにエメットは苦しむ序盤だとなった。それでも勝負を投げずにやるべきことをやり抜くと、3Rに左でダウンを奪い勝ち切った。

UFC35戦目、ドナルド・セラーニと並び最多出場となったジム・ミラーは、腕十字で一本勝ちしパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトも獲得している。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ジョシュ・エメット✖シェーン・バーゴス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ジム・ミラージャスティン・ジェインズ

UFC ESPN11「Blaydes vs Volkov」
<ヘビー級/5分5R>
○カーティス・ブレイズ(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)
<フェザー級/5分3R>
○ジョシュ・エメット(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×シェーン・バーゴス(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ラケル・ペニントン(米国)3R
判定
×マリオン・ルノー(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ベラル・モハメッド(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ライモン・グッド(米国)
<160ポンド契約/5分3R>
○ジム・ミラー(米国)1R2分25秒
腕十字
詳細はコチラ
×ルーズベルト・ロバーツ(米国)
<ライト級/5分3R>
○ボビー・グリーン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×クレイ・グィダ(米国)
<女子ストロー級/5分3R>
○ティーシャ・トーレス(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブレアナ・ヴァンビューレン(米国)
<ミドル級/5分3R>
○マフクアンドレ・バリユー(カナダ)2R4分50秒
TKO
×オスカル・ピホタ(ポーランド)
<女子フライ級/5分3R>
○ジリアン・ロバートソン(カナダ)3R4分32秒
RNC
×コートニー・ケイシー(米国)
<158ポンド/5分3R>
○ジャスティン・ジェインズ(米国)1R0分41秒
KO
詳細はコチラ
×フランク・カマチョ(グアム)
<女子フライ級/5分3R>
○ローレン・マーフィー(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ロクサン・モダフェリ(米国)
<ライト級/5分3R>
○オースチン・ハバート(米国)2R5分00秒
TKO
×マックス・ロスコフ(米国)
カテゴリー
Report UFC UFC ESPN11 ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】ロクサン、要所でマーフィーのパンチを被弾し、テイクダウンを取られ競り負ける

<女子フライ級/5分3R>
ローレン・マーフィー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ロクサン・モダフェリ(米国)

マーフィーのローに左ジャブを合わせようとしたロクサン。するどいローを入れたマーフィーは右を回りながらロクサンの間合いを外していく。ワンツーからパンチを纏めたロクサンが右フックを当ててクリンチへ。左を差したロクサンはボディロックに取ると小外狙いからヒザを見せる。マーフィーは左を差し返しながら回って離れると右ストレート、ロクサンの右に左を被せようとする。

テイクダウンのフェイクを入れたマーフィーに対し、ロクサンは左ジャブをヒット。マーフィーはロクサンの前進に右フックを当て、左ハイを狙う。右を返したロクサンだが、右を被弾し左ジャブももらう。ほぼ互角の打撃戦、終盤にマーフィーが2発を当てたのをジャッジがどのように判断するか。

2R、インターバル中に「1発だけじゃなく、それ以上の手を出そう」という指示を受けたロクサンはまず左の蹴りを見せて、パンチをまとめて前に出る。後ろ回し蹴りを見せたロクサンはジャブの相打ちから、右を伸ばしたところに右を被弾して足が泳ぐ。圧力を高めるマーフィー、ロクサンも右を返す。左を入れたマーフィー、距離が近づくとロクサンがクリンチからヒザを見せる。

すぐに離れたマーフィーのローにパンチを当てたロクサンがクリンチ、首相撲で対抗したマーフィーにダブルレッグを仕掛ける。右を差しているマーフィーが逆にボディロックからテイクダウンを奪い、スクランブルでバックに回る。両足をフックしようとしたマーフィーを前方に落としたロクサンは、上を取るも胸を蹴られて立ち上がることを許してしまう。そのままケージにマーフィーを押し込んだロクサンのボディロックテイクダウンをマーフィーはウィザーで耐え、同体からスタンドで戻ったところでラウンド終了。マーフィーが取った。

3R、「ケージに押し込んでから時間を使い過ぎずに、シングルやダブルを仕掛けよう。1Rはタイ、2Rはとられたから行くんだ」とジョン・ウッドに言われたロクサンが右ロー、ローに右を当てる。左ジャブ、右ローを蹴り右を当てたロクサンに、マーフィーは右アッパー。エルボーを返したロクサンは、右を被弾しても左右のフックを纏めて組みシングルレッグへ。右腕を差し返したマーフィーを首相撲に捕え、ヒザを突き上げるロクサン。さらに右腕を差すが、テイクダウンは奪えない。

残り2分、打撃の間合いとなりロクサンが右をヒット。マーフィーが右フックを打ち返す。頭を一旦下げて、右を振るうロクサン。ここから頭を振って右を当て、マーフィーが左ジャブを返し、回りながらパンチを放つ。左を伸ばしたロクサンは、パンチを受けながら前に出るも気持ちが打撃に集中し、最後の20秒でテイクダウンを奪われる。下のままで試合を終えたロクサンは、0-3で敗れ唇を噛んだ。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN11 アレキサンダー・ヴォルコフ カーティス・ブレイズ クレイ・グィダ ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】計量終了 ロクサンはしっかりとパス。クレイ・グィダがマスクをずらして動き回る

【写真】筋量がアップし、水抜きが大変だと言っていたロクサンはしっかりとパス(C)Zuffa/UFC

19日(金・現地時間)、 20日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN11「Blaydes vs Volkov」の計量が行われた。

メインはカーティス・ブレイズ✖アレキサンダー・ヴォルコフのヘビー級マッチが組まれた今大会。計量をパスすることの大切さをMMAPLANETのインタビューで訴えていたロクサン・モダフェリは、対戦相手のローレン・マーフィーはともに125.5ポンドと無事フライ級の規定内に落としステアダウンを行った。ロクサンはマスクを二重にしてフェイスオフに臨み、笑顔でマーフィーと会話を交わしていた。


今大会の計量失敗は対戦相手がマット・フレヴォラからジャスティン・ジェインズに代わったフランク・カマチョだった。カマチョは158ポンドで、1ポンドオーバー規定からも2ポンド重く20パーセントのファイトマネー没収となりキャッチウェイト戦に挑むこととなる。

フェイスオフで安倍首相ばりにマスクがズレんばかりと動き続けていたのが、クレイ・グィダだ。

ボビー・グリーンと向き合いジャンプし、何やら挑発し握手を拒否られる。と、最後にはマスクを外して言葉を発し、正面に向かったガッツポーズを見せたグィダだった。

■UFC ESPN11計量結果

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ: 261ポンド(118.38キロ)
アレキサンダー・ヴォルコフ: 247ポンド(112.03キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット: 146ポンド(66.22キロ)
シェーン・バーゴス: 146ポンド(66.22キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン: 136ポンド(61.69キロ)
マリオン・ルノー: 136ポンド(61.69キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ライモン・グッド: 170.5ポンド(77.34キロ)
ベラル・モハメッド: 170.5ポンド(77.34キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ: 160ポンド(72.57キロ)
ジム・ミラー: 159.5 ポンド(72.34キロ)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ: 154.5ポンド(70.08キロ)
ボビー・グリーン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス: 116ポンド(52.62キロ)
ブレアナ・ヴァンビューレン: 115ポンド(52.16キロ)

<ミドル級/5分3R>
マフクアンドレ・バリユー: 185.5ポンド(84.14キロ)
オスカル・ピホタ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<女子フライ級/5分3R>
コートニー・ケイシー: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジリアン・ロバートソン: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ: 158ポンド(71.66キロ)
ジャスティン・ジェインズ: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ: 125.5ポンド(56.92キロ)
ローレン・マーフィー: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ライト級/5分3R>
オースチン・ハバート: 156ポンド(70.76キロ)
マックス・ロスコフ: 155ポンド(70.31キロ)

カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN11 ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】マーフィーと対戦、ロクサン・モダフェリ「減量に男も女もない。できないなら上の階級で」

【写真】どのような成長の跡が、特に打撃で見られるのか楽しみなロクサン (C)Zuffa/UFC

20日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN11「Blaydes vs Vokov」で、ロクサン・モダフェリがローレン・マーフィーと対戦する。

1月に超新星メイシー・バーバーに完勝したロクサンは、減量失敗に対して日本のMMA界育ちらしい厳しい意見と、どのような状況でもポジティブさを失わない──ハッピー・ウォリアーらしい話を聞かせてくれた。


──ラスベガスは6月18日の朝の10時です。土曜日に試合を控え、今の気分を教えてください。

「自信はあります。楽しみです。計量を終えて、早くやりたいです」

──水抜き減量は、早く終わらせたいという気持ちですか。

「新型コロナ感染拡大でロックダウンされている間のフィジカルトレーニングのおかげで、筋肉が増えて体重も増えました。絶対的にクリアしますけど、きついかなって……心配しています」

──ロクサンの減量はそれほど厳しいという印象がなかったのですが……。

「実は厳しいんですよ。最後の水抜きは4キロぐらいかな……。でも私はプロフェッショナルだから、ちゃんと正しく体重を落として、皆の前でフラフラになるようなことはしないです。でもキツいです(笑)」

──先週の土曜日にシンシア・カルヴィーロに敗れたジェシカ・アイが結果的に2試合連続で計量に失敗していました。彼女がメディアデーで記者に対し「女は色々と男に分からないことがあって……それに私は子供も欲しいから」という風に言っていて驚きました。

「女とか男とか、別に関係ないと思います。契約書に体重が書いてあってサインをしたら絶対に、絶対にクリアしないといけないです。生理があっても、体重は落とさないと。できないなら、上の階級で戦えば良いって思います。『バンタム級でやりなさいよ』って」

──やはりロクサンは日本のMMAで育ちですね。

「そうそうそう、そういうことなんです」

──日本だと体重を落とせないと、罪悪感からパフォーマンスに影響が出てしまいそうなほど気にする選手が多いですが、UFCでは体重を落としていない選手が得をしていると感じることすらあります。

「でしょう!! 約束したことは守らないといけないです。だから、私はジェシカ・アイさんとは戦いたくないって言っているんです。皆さんが『ジェシカ・アイと戦いたいですか?』って聞いてくるけど、『いえ、やりたくないです』って答えてきました。だって彼女は計量をミスしますから。体重を落とさないと、イコールではないです」

──本当にその通りだと思います。ところで今、ラスベガスの街の雰囲気はいかがですか。

「変わりましたよ。レストランやお店が50パーセントのキャパシティでオープンになったので。シンジケートMMAも再開しました」

──おお、それはいつ頃ですか。

「今から3週間前ですね。ようやくチームの皆と練習できるようになったんです。少しグレーエリアですけどね。一般のジムの会員さんは、やはり50パーセントまでしかクラスに出ることはできないし、練習相手も同じ人で代わるとダメなんです。でも、プロはこれまでのようにやっていました。

それでも私はジョジョちゃん(ジョアン・カルダーウッド)、セリーナちゃん(セリナ・デヘスース)、BellatorやLFAで戦ってきた新しい練習仲間とやる感じでしたね。凄く良い調整ができました。コンディション的には……そうですね、ケージレスリングが足りないかなって思います。ガレージの練習が長かったので、ケージのなかでもう少しやりたかったです。でも99パーセント、大丈夫です!!」

──練習ができて、条件付きでもレストランが開くなど日常が戻ってきた感じがしますか。

「う~ん、まだビミョー。変です。皆がマスクをして生活をしているし、職場に復帰できない人も多いです。そしてBlack Lives Matterの暴動で、コロナを忘れてしまっているような感じで、ホントに変です」

──そうですね。集会していて、ソーシャルディスタンスではないですよね。

「私も練習していますけどね」

──確かに……。ではローレン・マーフィーの印象を教えてください。

「多分、パンチが強いです。そしてプレッシャーを掛けるのも上手いし、オールラウンダーだから……私の方が積極的に攻撃を仕掛けないといけないですね。それかテイクダウンからフィニッシュします」

──この間もムエタイ・コーチのAJ・マシューズとプライベートトレーニングをしてきて、打撃に自信がついたのでKO狙いかと思っていました。

「う~ん、KOで勝つのも良いですね。でも、どのような勝ち方でも、そのチャンスがあればKO、サブミッションのどちらも狙います」

──ロクサンは試合のたびに、打撃が成長しています。マーフィーは現状維持かと。となれば、ノビシロが残っている分ロクサンが優位でないかという見方が成り立ちます。

「そういってもらえると、嬉しいです。確かに彼女は特別、進歩しているとは思えないですね。何か特別な力はないかと」

──もちろん、今はこの試合に集中しないといけないですが、タイトル挑戦を考えると、ストロー級から転向してきたカルヴィーロがアイに勝ったことで、次のタイトルコンテンダーだという見方が強まっています。

「コーチのジョン(ウッド)は私がローレンに勝ってもタイトル挑戦権は回ってこないと考えています。きっとシンシアと戦うことになるだろうって。私は大丈夫です。UFCはいつも私に新鋭選手を当ててきます。アントニーナ・シェフチェンコに勝つと、今度はメイシー・バーバーというように期待の選手を、私の対戦相手に選んでくるんです。面白ですよね。でも大丈夫です(笑)」

──土曜日の夜、ファンに何を見せたいですか。

「コーチAJに教わった技術を見せたいです。ロックダウン後はジョンとは練習できず、AJとたくさんやってきました。だから、彼に教えてもらった打撃がどれだけ成長しているか、そしてストレングス・トレーニングで身に着けたパワーを見てもらいたいと思っています」

──では、最後に日本のファンへ一言お願いします。

「いつも応援ありがとう。私のことを忘れずに応援してくれてありがとうございます」

──さきほどグランドスラム横浜の勝村周一朗さんと電話で話した時に、ロクサンにインタビューをすることを伝えたら『ロクサン、ガンバレっ!』と伝えてほしいと言われました。

「Oh、ありがとう。嬉しいです!!」

■UFC ESPN11対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ(米国)
アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット(米国)
シェーン・バーゴス(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国)
マリオン・ルノー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ライモン・グッド(米国)
ベラル・モハメッド(米国)

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ(米国)
ジム・ミラー(米国)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国)
ボビー・グリーン(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス(米国)
ブレアナ・ヴァンビューレン(米国)

<ミドル級/5分3R>
マフクアンドレ・バリユー(カナダ)
オスカル・ピホタ(ポーランド)

<女子フライ級/5分3R>
コートニー・ケイシー(米国)
ジリアン・ロバートソン(カナダ)

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ(グアム)
マット・フレヴォラ(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
ローレン・マーフィー(米国)

<ライト級/5分3R>
オースチン・ハバート(米国)
マックス・ロスコフ(米国)

カテゴリー
News UFC UFC ESPN11 シェーン・バーゴス ジョシュ・エメット フランク・カマチョ ブログ ベラル・モハメッド マット・フレヴォラ ライモン・グッド ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】対戦カード ロクサン・モダフェリ✖ローレン・マーフィー──えっ、第2試合?!

【写真】女子フライ級6のロクサン。7位のマーフィーとの対戦が第2試合?!(C)Zuffa/UFC

2020年6月20日(土・現地時間)
UFC ESPN11
ネヴァダ州ラスベガス
UFC APEX

■視聴方法(予定)
6月21日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ(米国)
アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット(米国)
シェーン・バーゴス(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国)
マリオン・ルノー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ライモン・グッド(米国)
ベラル・モハメッド(米国)

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ(米国)
ジム・ミラー(米国)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国)
ボビー・グリーン(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス(米国)
ブレアナ・ヴァンビューレン(米国)

<ミドル級/5分3R>
マフクアンドレ・バリユー(カナダ)
オスカル・ピホタ(ポーランド)

<女子フライ級/5分3R>
コートニー・ケイシー(米国)
ジリアン・ロバートソン(カナダ)

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ(グアム)
マット・フレヴォラ(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
ローレン・マーフィー(米国)

<女子フライ級/5分3R>
オースチン・ハバート(米国)
マックス・ロスコフ(米国)