カテゴリー
Report UFC UFC ESPN16 ジン・ユ・フレイ ブログ ローマ・ルックンブンミー

【UFC ESPN16】首相撲からヒザ蹴り、ヒジ打ち。ローマ・ルックンブンミーが持ち味発揮しフレイに勝利

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー(タイ)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジン・ユ・フレイ(米国)

まず右ローを蹴ったローマ。フレイはそこに左を合わせる動きを見せる。右ハイをガードの上から蹴ったローマは、フレイのクリンチにオーバーフックでヒザを2発突き上げる。左腕を差し込みケージに押し込みたいフレイだが、首相撲に取ったローマがエルボーを入れる。フレイもエルボーを打ち返して離れると、左ストレートをヒット。ローマは右ミドルを蹴り、首相撲からヒザを2発、右エルボーから左エルボー、さらにヒザと見事なタイ・クリンチワークでフレイを攻め込む。

ケージに詰まったフレイはヒザとヒジを受けて離れると、ハイからのワンツーに真っすぐ下がる。組んだフレイだが、ボディロックで崩され首相撲でヒザ、エルボーの連続で受ける。離れたフレイにも踏み込んでエルボー、ワンツーのローマ、フレイも左エルボーを返すが初回は完全に首相撲にやられた。

2R、右頬をカットしたフレイにローマが前蹴り、右ローを入れる。フレイは距離を詰めると首相撲に捕まり、ヒザ&ヒジを受ける展開が続く。ケージに詰まってヒザとヒジの餌食になるフレイは左フックから距離を取り直す。右ハイに下がったフレイは蹴りの距離から詰めると、首相撲が待っており成すすべがない。

それでも左のカウンターを入れたフレイに対し、ローマは落ち着いて足と時間を使って戦う。自らの左ハイでバランスを崩したフレイが立ち上がるのを待っていたローマだったが、ここで左を受ける。ローに右エルボーを合わせようとしたローマが右ミドル、右前蹴り、ロー、フレイはこの回も失った。

最終回、ワンツーのフェイクから思い切って飛び込みテイクダウンを決めたフレイ。ローマはクローズドガードを取る。フレイは腰を上げ、蹴りを捌いてパスしサイドで抑える。スクランブルでバックを譲ったローマは手首を掴んで向き合い──離れる。

一つのテイクダウンがどのような影響を与えるか。ローマはワンツーで前に出て、右ローやミドルを繰り出し、近い距離ではヒジと変わらず攻めの姿勢を貫く。フレイはテイクダウン狙いを続けることがなく、スタンドでローマの間で戦ってしまった。走り込んでローを見せたローマは、左に回りながら右ロー、右ハイを見せる。ワンツーで前に出たフレイは、首相撲からヒザをボディに受けると、ここでようやくダブルレッグを仕掛けてケージに押し込んでいく。

左フックを入れて離れたフレイは、ローに左ストレートを合わせる。前蹴りを2発、右ミドルを入れたローマはタイムアップとともに勝利の雄叫びを挙げた。「フレイが良いファイターだって分かったから、しっかりと準備をしてきたの。これからも成長し続けて、前進していきたい」と勝者は話した。


The post 【UFC ESPN16】首相撲からヒザ蹴り、ヒジ打ち。ローマ・ルックンブンミーが持ち味発揮しフレイに勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC ESPN16 アイリーン・アルダナ アラテンヘイリ カーロス・コンディット ケイシー・ケニー シャルル・ジョーダン ジャーメイン・デランダミー ジュリアナ・ペニャ ジン・ユ・フレイ ブログ ホーリー・ホルム ローマ・ルックンブンミー

【UFC ESPN16】計量終了 アラテンヘイリがケイシー・ケニ―に挑み、ローマはフレイと真っ向勝負

【写真】アラテンヘイリがケイシーを相手に、どかまでやれるのか。日本のファンからすればメインよりもプレリミが興味深いかもしれない大会だ(C)Zuffa/UFC

2日(金・現地時間)、4日(日・同)にUAEはアブダビのUFC Fight Islandで開催されるUFC on ESPN16 「Holm vs Aladana」の計量が行われている。

今大会のメインは女子バンタム級のホーリー・ホルム✖アイリーン・アルダナで、セミ前も同級のジャーメイン・デランダミーとジュリアナ・ペニャ戦と、世界を制した経験のあるファイターに下位ランカーが挑む一戦が用意されている。


プレリミでもカーロス・コンディットやシャルル・ジョーダンという注目すべきファイターが出場しているが、序盤に組まれたアジア勢絡みの試合がやはり気になる。第2試合のLFA2階級制覇からUFCにステップアップし、オクタゴンで3勝1敗のケイシー・ケニーはRoad FCやクンルンファイトで活躍し、佐々木郁矢に勝利、朝倉海に敗れている中国人ファイターのアラテンヘイリと戦う。

UFCで連勝中のアラテンヘイリ、簡単ではないがケニーのテイクダウン込みの打撃と渡り合えることができれば、上位進出も見えてくるカードだ。

また第3試合ではタイのローマ・ルックンブンミーが、元Invicta世界アトム級王者で、そのインヴィクタやRoad FCで浜崎朱加、ハム・ソヒと戦ってきたジン・ユ・フレイと対戦する。

ストロー級としては小さな2人だが、今回の試合は技術的にも真っ向から渡り合えるだけに本領発揮が期待できる。そしてフレイというモノ差しを持つことで、ローマの力がどれほどなのかも図ることができる興味深いマッチアップだ。

■視聴方法(予定)
10月4日(日・日本時間)
午前8時30分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN16計量結果

<女子バンタム級/5分5R>
ホーリー・ホルム: 136ポンド(61.69キロ)
アイリーン・アルダナ: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ヨーガン・デ・カストロ: 261ポンド(118.38キロ)
カルロス・フィリッピ: 263ポンド(119.29キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ジャーメイン・デランダミー: 136ポンド(61.69キロ)
ジュリアナ・ペニャ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<バンタム級/5分3R>
カイラー・フィリップス: 136ポンド(61.69キロ)
キャメロン・エルス: 136ポンド(61.69キロ)

<ミドル級/5分3R>
デクアン・タウンゼント: 186ポンド(84.37キロ)
ドゥスコ・トドロビッチ: 186ポンド(84.37キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カーロス・コンディット: 171ポンド(77.56キロ)
コート・マッギー: 170.5ポンド(77.34キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュア・クリバオ: 145.5ポンド(66.0キロ)
シャルル・ジョーダン: 145ポンド(65.77キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジョーダン・ウィリアムス: 182ポンド(82.55キロ)
ナソーディン・イマボフ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブンミー: 116ポンド(52.62キロ)
ジン・ユ・フレイ: 116ポンド(52.62キロ)

<バンタム級/5分3R>
ケイシー・ケニー: 136ポンド(61.69キロ)
アラテンヘイリ: 136ポンド(61.69キロ)

<ライト級/5分3R>
イエシン・アヤリ: 156ポンド(70.76キロ)
ルイジ・ヴェンドラミニ: 156ポンド(70.76キロ)

The post 【UFC ESPN16】計量終了 アラテンヘイリがケイシー・ケニ―に挑み、ローマはフレイと真っ向勝負 first appeared on MMAPLANET.