カテゴリー
DWTNCS S04 Ep05 Report UFC ウィリアム・ナイト ジミー・フリック ブログ メルシック・バダザリアン ロニー・ローレンス

【DWTNCS S04 Ep05】元K-1戦士のバダザリアン、激闘制するも契約はナイト、ローレンス、フリックに

<フェザー級/5分3R>
メルシック・バダザリアン(アルメニア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
デニス・ブズーキア(米国)

K-1で久保優太と対戦経験のあるバダザリアンはWLFで67キロ級世界王者になっている。MMAでは4勝1敗、14秒、09秒、07秒でのKO勝ち記録しているサウスポーのバダザリアンが鋭いミドルから右ジャブ、左ミドルを入れてパンチを纏めにいく。組んだブズーキアはヒザを被弾して離れると、左三日月を受けてケージに下がる。左ミドルからエルボーを受けたブズーキアはヒジを纏められ防御一辺倒に。ダーティーボクシングでアッパーを受け、首相撲からヒザを返したブズーキアだが、一旦離れたバダザリアンのヒザ、ヒジに厳しい時間続く。

バダザリアンも攻め疲れてきたか、蹴り足を掴まれ姿勢を乱すシーンが2度見られた。それでも左ミドル、左ストレートを入れ下がったブズーキアに左ボディショット、ボディを蹴られてもバダザリアンが重い左ミドルを蹴り込む。動きは重くなったバダザリアンだが、それでも強烈な勢いの左を打っていく。しかし、バダザリアンの攻め疲れは決定的でズブーキアはシングルからテイクダウン、バックに回る。立ちあがったバダザリアンは初回を圧倒的に攻めたが、スタミナに不安を残す2R突入となった。

2R、右前蹴りのバダザリアンが右フックを振るうも、距離を取ったファイトに。鋭い左ストレート、右フックにズブーキアは距離を詰めるが逆にヒジ打ちを受ける。それでも左ボディ、ローと手数が増えたズブーキアに対し、バダザリアンの打撃はパワフルながら単発になっている。ローから右を入れたズブーキアは、右ミドルを返す。バダザリアンは首相撲からヒザ蹴りも、首投げでテイクダウンを許す。バックを譲らないように立ち上がったバダザリアンは、自らの左オーバーハンドで姿勢を乱してしまう。

ズブーキアはクリンチでエルボーを入れ、ケージにバダザリアンを押し込む。シングルレッグでテイクダンを許したバダザリアンは胸を合わせて立ち上がるも、ヒザをボディに受ける。バダザリアンも左エルボーを入れたが、ケージ中央でバックを許す。ズブーキアはテイクダウンこそ奪えなかったが、このラウンドは取った。

最終回、初回がビッグラウンドでバダザリアンの可能性もあり、ポイント上は互角がバダザリアンという状況で、余力が残っているのはズブーキアか。ローから右を被弾したバダザリアンが左ストレートを当てる。前蹴りで突き放したいバダザリアンが左ハイを狙う。ズブーキアも距離を詰めることができず、キックボクシング戦に。バダザリアンが左ロー、後ろ回し蹴りを繰り出す。バダザリアンが左を当て、テイクダウン狙いを切って逆に後方に崩しに掛かる。

尻もちをつき、すぐに起き上ってリバーサルを狙ったズブーキア。バダザリアンもここは譲らず、組み合いのなかで強烈なヒザをボディに入れる。ズブーキアはキムラ狙いから引き込み、腕十字へ。腕を抜きに掛かったバダザリアンは、体を並行に移行させスクランブルへ。疲れた両者、距離を取った状態で打撃戦は続かず、バダザリアンがテイクダウンへ。ズブーキアはキムラを抜かれ、疲れ切った状態での打撃戦では大きな動きがなくタイムアップに。

スタミナで劣勢と見られたバダザリアンだが、ズブーキアも消耗が激しく最終回に2Rの勢いを維持できず、ジャッジは3-0でバダザリアンを支持した。「その場に応じて、正しい判断をして戦った。ダナは分かっているだろう」と話したが──ダナ・ホワイトの判断は。

ダナ・ホワイト
「素晴らしい夜だった。だからこそ決断を下すのが、難しかった。ルッツは10勝1敗、タフな相手とタフな試合をした。でもまだプライムタイムじゃない。11月にコンテンダーシリーズをもう1度開くから、彼にはもう1度戦ってもらう。今夜は凄く良い経験になっただろう。

ナイトは序盤に追い込まれRNCを仕掛けられそうなところから、逆転でフィニッシュした。前回は契約できなかったけど、今夜はしよう。ローレンス、私は対戦相手のジョンソンに注目していたんだ。180センチの長身でリーチアドバンテージもある……ロニー・ローレンスは特別だ。彼は何かを持っているんだろう。こっちに来て契約したい。

ジミー・フリック、凄い試合だった。素晴らしいサブミッションの仕掛けを見せてくれた。これほどコンテンダーシリーズで一本を狙った選手はいないだろう。私はフィニッシュを狙う男が好きだ。ネイト・スミスは6勝0敗のファイターだ。彼のエスケープ能力は信じられないモノだった。負けたスミスもまた11月に見てみたい。そしてジミー・フリック……素晴らしい、彼はUFC入りだ。

最後の試合。両者とも4勝1敗、シリアスでイカした2人だった。バダザリアンは11月にもう1度、コンテンダーシリーズに呼ぶことにした。彼はもう一度、バッドアスと戦うためにここに戻って来てもらう」

2020年コンテンダーシリーズ第5週はウィリアム・ナイト、ロニー・ローレンス、ジミー・フリックがUFCとの契約を果たした。


カテゴリー
DWTNCS S04 Ep05 Report UFC ブログ ロニー・ローレンス

【DWTNCS S04 Ep05】10度のテイクダウン、グラウンドコントロール9分。ローレンスがジョンソンに完勝

<バンタム級/5分3R>
ロニー・ローレンス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ホゼ・ジョンソン(米国)

右ミドルハイを見せるジョンソン。ローレンスは右に回るが、右を被弾しヒザをボディに受ける。直後にボディロックテイクダウンを決めたローレンスは、蹴り上げから立ち上がってきたジョンソンをがぶってヒザ蹴りからボディロックテイクダウンを決める。足を捌きパスを決めたローレンスに対し、ジョンソンも足を戻す。もう1度パスを決めたローレンスは、続くジョンソンのスクランブルにギロチンから後方回転。ここでも立ち上がったジョンソンにシングルレッグ、そしてバックへ。

背中に飛び乗ったローレンスは前方に落とされると、スタンドで右ローを連続する。バックキックをキャッチしにかかるジョンソンは、上への打撃は良く見ているがカーフは蹴られる。ローレンスは残り40秒でニータップを決め、クリーンテイクダウン。クローズドガードのジョンソンのスクランブルにギロチンを合わせるが、頭を抜かれる。それでもすぐに立ち上がりながらバックを取るなど、ローレンスのグラップリング能力の高さが目立った初回となった。

2R、ローレンスが右カーフ。ジョンソンは右ミドルを蹴る。サイドキックを入れたローレンスがダブルレッグでテイクダウン、サイドからマウントへ。ジョンソンは足を戻すも、ここでは背中をマットにつけて即スクランブルとはできず、削られてきたか。それでも蹴り上げから立ち上がると、ヒザを入れたジョンソンはシングルを蹴り、逆にバックを伺う。胸を合わせたローレンスは、ボディロックテイクダウン。ジョンソンはケージを蹴って、離れるとそのままバックに回る。

立ち上がって離れたローレンスが、またもボディロックテイクダウンを決めサイドで抑える。マウント狙いに振り返りシングルからトップを取ったジョンソンは腕十字、三角に反応して鉄槌を落とす。ローレンスのリバーストライアングルからの腕十字を凌いだジョンソン、受けが多かったが攻めているローレンスも疲れているのは確かだ。

3R、後ろ回し蹴りを頭に入れたローレンスは続いて腹を蹴り、サイドキックへ。ジョンソンは右ハイを狙い、シングルをキムラで切り返す。このスクランブルで譲らなかったローレンスは9度目のテイクダウンを決めて、腕十字をすかしてバックへ。立ち上がったジョンソンはまたもテイクダウンを許し、背中をつける展開に追い込まれる。

明らかにサバイブを選択したジョンソン。契約のために判定勝ちは十分でないという状況で、守りに入られたローレンスはマウントへ。こうなると足を戻すジョンソンに対し、ローレンスは左のパンチを落とすが、勢いはない。ローレンスはパスからクルスフィックス、ジョンソンが腕を抜いた直後にタイムアップに。と同時にケージサイドのダナ・ホワイトは立ち上がってローレンスに拍手を送った。

「ジョンソンはバンタム級で見たことないほど大きかった。もっと僕に期待してほしい。もっと良くなるからサインしてほしい」とローレンスは話した。