カテゴリー
ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 Report アレクシ・トイヴォネン ブログ リース・マクラーレン 未分類

【ONE Reign of Dynasties】リース・マクラーレン、打撃戦でトイヴォネンをリードしボディへのヒザでKO

<フライ級(61.2キロ)/5分3R>
リース・マクラーレン(豪州)
Def.1R4分18秒by KO
アレクシ・トイヴォネン(フィンランド)

笑顔でタッチグローブを行った両者。まず右ローを蹴ったマクラーレン。拳を握らないマクラーレンは左ハイを空振りし、尻もちをつく。すぐに立ち上がったマクラーレンに対し、トイヴォネンがフックを放つ。組んだマクレーランはケージにトイヴォネンを押し込みテイクダウンへ。小手を決めて耐えたトイヴォネンはヒザを入れて離れる。

トイヴォネンは左リードフック、マクラーレンが左ジャブを伸ばす。右ローを蹴ったトイヴォネンは、右ミドルを蹴っていく。マクラーレンはスイッチからオーソに戻すが、左足をローで蹴られる。マクラーレンも右ローを返し、ここからローを蹴り合った両者──マクラーレンが左ハイから右ストレートを当て、前進にもショートの右をヒットさせる。圧力を高め、右ストレートでダウンを奪ったマクラーレンは、立ち上がったトイヴォネンに左ミドルからワンツーフックを打ちこむ。組んできたトイヴォネンに右ヒザを入れたマクラーレンが、倒れたところに一発パウンドを落としTKO勝ちを決めた。

「最後の一発はレフェリーが止めないから入れたけど、申し訳なかった。今はこれからのことは考えられない。家族に会いたい。この状況でシンガポールに呼んでもらえて感謝している」とマクラーレンはリモートインタビューで話した。


The post 【ONE Reign of Dynasties】リース・マクラーレン、打撃戦でトイヴォネンをリードしボディへのヒザでKO first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Reign of Dynasties ONE112 アミール・カーン アレクシ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!!

【写真】脳腫瘍で闘病中の父のために戦うという記事がシンガポールで大きく報じられているアミール・カーン (C)MMAPLANET

本日9日(金・現地時間)。シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE112「Reign of Dynasties」の最終計量及びハイドレーション結果が発表されている。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


いよいよ本拠地シンガポールで、海外かの出場選手を迎えて行われONE Championship。2度に渡って行われたバンコク・シリーズと違い、6試合中5試合がMMAの今大会──いよいよONEも本来の形を取り戻す一歩となる。

アレクシ・トイヴォネン、アミール・カーン、エコ・ロニ・サプトラ、デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク、そしてロシャン・マイナムらイヴォルブMMA在籍ファイターが、豪州や中国からのやってきた選手たちを迎える今大会。計量、ハイドレーションともにパスできなかったファイターはなかった。

以下、ハイドレーションと計量結果だ。
※赤字の選手の名前をクリックするとインタビューに跳びます

■ONE Reign of Dynasties計量結果
<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ:56.0キロ/ 1.0140
[挑戦者]ジョシュ・トナー:56.35キロ/1.0116

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
アレクシ・トイヴォネン:60.9キロ/1.0095
リース・マクラーレン:60.1キロ/1.0040

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
アミール・カーン:76.4キロ/1.0222
ラウル・ラジュ:76.7キロ/1.0070

<63.5キロ契約/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ:63.0キロ/1.0218
ムルガン・シルブラージョ:63.3キロ/1.0152

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク:56.65キロ/1.0214
ハシガトゥ:56.0キロ/1.0083

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ロシャン・マイナム:61.15キロ/ 1.0218
リュウ・ペンシュアイ:60.5キロ/1.0070

The post 【ONE Reign of Dynasties】計量&ハイドレーション結果 さぁ、MMAもEvolveも本格的に再始動!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE Reign of Dynasties ONE112 アレクシ・トイヴォネン ブログ リース・マクラーレン 未分類

【ONE Reign of Dynasties】トイヴォネンと戦うマクラーレン「世界王座に挑戦する力があることを示す」

【写真】公式ランキングでフライ級5位のマクラーレン。2位のキンガド、3位のアクメトフに対して全く遅れを取っていない実力者だ(C)MMAPLANET

9日(金・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE112「Reign of Dynasties」。パンデミック後、初めて行われる国際大会で豪州のグラップラー=リース・マクラーレンがアレクシ・トイヴォネンと対戦する。

活動再開後、スタンプ・フェアテックスに続き2人のTOP5ファイターとして、トイヴォネンと戦うマクラーレン。これまでとは違う状況でのファイトウィークを過ごす彼に、豪州クイーンズランドでの半年間、そしてこの試合に向けての意気込みを尋ねた。


──アレクシ・トイヴォネン戦に向けて、今回のシンガポール入りはこれまでの海外遠征とはまるで違ったかと思います。

「ホントにその通りだよ。まぁ、もう基本的にはホテルでまたロックダウンを経験しているようなもんだからね(笑)。クイーンズランドを離陸する4時間前にテストをして、シンガポールについてからはホテルの部屋から出ることはできない。トレーニングするのも手続きが必要だし、でも凄くチャレンジングだよ」

──メンタルやフィジカルの方は問題ないですか。

「それは問題ないよ。それだけのことをやってきたし。もう1度計量とハイドレーションが残っているけど、まるで問題ない。あとはパスして戦うだけさ。

何だかんだといっても、ようやく試合ができるんだ。正直なところ、もう今年は試合ができないんじゃないかと思っていた。でもこのチャンスを手にすることができたんだからね。ウォーの準備はできているよ」

──クイーンズランドでは、どのような半年間を送って来たのでしょうか。

「クイーンズランド政府は素晴らしい仕事をして、感染をよく抑えることができたと思っているよ」

──豪州では国が全土的に一つのルールを設けるのではなく、州ごとの判断があったのですね。

「広い国だからね。クイーンズランド州とビクトリア州は違う。国の政府は全てを統制することはできない。そこが他の国とは違うところだよ。

クイーンズランドでは12週間ほどのロックダウンがり、当然ジムも閉められていた。人との接触は最低限に留めないといけなかった。だからロックダウン中は走ったり、シャドーボクシングをするだけだった」

──その間にもUFCだけでなく他のプロモーションでは試合が続々と再開されました。

「そうだね……3月にパンデミックが起こって、もう10月だ。信じられないよ。凄くフラストレーションが溜まった。特にONEのフライ級は世界でもベストの階級なのに、動きが取れない。だから他のプロモーションでフライ級の試合が行われているのを眺めているのは、もうたくさんだって思ったよ(笑)。

6週間ほど前にこの試合のオファーを貰い、全てクリアになった。だって4カ月以上、そんな状況が続いていたわけだからね」

──では対戦相手の印象を教えてください。

「良い選手みたいだね。ヨーロッパというレベルの高いサーキットでチャンピオンになってきたんだから、それだけの力を持っているんだろう」

──ONEでは1試合しか試合をしていないですが、トイヴォネンのスタイルを研究することはできましたか。

「ヨーロッパで戦っていた時代の試合をいくつかチェックすることはできたよ。ONEでの試合も当然見たし、あれだけの試合をして勝利しているからこそ、僕の対戦相手に選ばれたんだろうね」

──しかし、ONEフライ級でトップ5のリースにとっては得るモノは少ない試合ではないですか。

「そんなことはないよ。この試合でしっかりと勝って、世界王座に挑戦する力があることを示す。つまり、この試合に全てを賭けているってことさ」

──ところでダニー・キンガド戦やカイラット・アクメドフ戦ではきわどい判定を落としています。特にキンガド戦はリースが勝っていたという意見も多いです。

「いや、キンガド戦だけでなくカイラットとの試合も僕が勝っていたよ(笑)。ジャッジは打撃が好きな傾向があるけど、ああいう判断をされることは好ましくはない。どちらが有効かは戦っている人間は分かっているはずだから。

その一方でラウンドマストじゃないし、そこにアジャストしてフィニッシュという部分を考えて試合を組み立てないといけないことも確かだ。僕自身もそうやって戦うようにして前回の試合(※昨年12月のグルダージャン・マンガット戦)ではフィニッシュできたからね」

──それから10カ月、今回の試合は無観客で行われます。

「もちろんファンの前で戦いたいよ。でも、どんな雰囲気になるのかはとても興味深い。コーナーの声が良く聞こえるってことだけど、以前と変わりないように戦う自信はあるよ。

前の試合より強くなった。それをファンに見てもらうよ。全ての局面で成長しているからね。とにかく、いつ試合が終わるか分からないから、日本のファンも見逃すことなく集中して試合を見てほしい」

■視聴方法(予定)
10月9日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE App
毎週木曜、26時05分~テレビ東京「格闘王誕生! ONE Championship」

■ONE 「Reign of Dynasties」対戦カード

<ONEムエタイ世界ストロー級選手権試合/3分5R>
[王者]サムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)
[挑戦者]ジョシュ・トナー(豪州)

<フライ級/5分3R>
アレクシ・トイヴォネン(フィンランド)
リース・マクラーレン(豪州)

<ライト級(※52.2キロ)/5分3R>
アミール・カーン(シンガポール)
ラウル・ラジュ(インド)

<63.5キロ契約/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
ムルガン・シルブラージョ(マレーシア)

<ストロー級(※61.2キロ)/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)
ハシガトゥ(中国)

<フライ級/3分3R>
ロシャン・マイナム(インド)
リュウ・ペンシュアイ(中国)

The post 【ONE Reign of Dynasties】トイヴォネンと戦うマクラーレン「世界王座に挑戦する力があることを示す」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE112 Reign of Dynasties アミール・カーン アレクセイ・トイヴォネン エコ・ロニ・サプトラ デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク ブログ リース・マクラーレン

【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。

【写真】セミのフライ級マクレーラン✖トイヴォネン、アミール・カーン、デェダムロンとタイ大会とは違ったMMAが見られそうだ(C)MMAPLANET

28日(月・現地時間)にONE Championshipより、10月9日(金・同)に本拠地シンガポールでONE Reign of Dynasties=無観客大会を行うことがついに発表された。

ONEのオフィシャル・ホームページでは既に同大会の日時、大会名、サムエー・ガイヤーンハーダオとジョシュ・トナー、MMAではリース・マクラーレンとアレクセイ・トイヴォネンのグラフィックが発表されてきた。が、それ以外のカード発表はなく、シンガポール政府から許可が下りていないのではないかという憶測も聞かれたが、大会12日前にしてようやく正式にアナウンスされた。


今回のリリースによると、メインとセミはやはりグラフィックが用いられていた選手のアッチアップとなり、メインでサムエーがトナーを相手にONEムエタイ世界ストロー級王座防衛戦を戦う。

セミはマクラーレン✖トイヴォネンのMMAフライ級マッチだ。今回のリリースではこのほか3試合、アミール・カーン✖シンガポール在住のインド人選手ラウル・ラジュのライト級戦、63.5キロ契約でインドネシアのエコ・ロニ・サプトラ✖マレーシアのムルガン・シルブラージョ戦。

さらにはストロー級のデェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク✖中国のハシガトゥ、第1試合ではインドのロシャン・マイナム✖中国のリュウ・ペンシュアイという顔合わせが明らかとなっている。MMAが5試合とムエタイが1試合、ここはタイ・シリーズのようにリング使用でなく、7カ月ぶりのケージ大会になる見込みが高そうだ。

さらにいえば全6試合中、第1試合のマイナムからデェダムロン、エコ・ロニ、カーン、トイヴォネン、サムエーと片側のコーナーは全てがEvolve MMA所属選手で固められている。

海外からの入国は中国勢とクアラルンプールからのシルブラージョ、そして豪州勢が2名となっており──10月に開催が噂されるスーパー・メガショーへの布石、あるいは試金石となる本拠地イベントだ。

The post 【ONE112 Reign of Dynasties】スーパーメガ・イベントの布石? ついに本拠地シンガポールでイベント再開。 first appeared on MMAPLANET.