カテゴリー
JJ Globo Report SUG16 ケビン・ケイシー ブログ リッチー・ブギーマン・マルチネス

【SUG16】リッチー・ブギーマン・マルチネス、ヒクソンの黒帯ケイシーをOT腕十字で破る

<5分1R>
リッチー・マルチネス(米国)
Def.OT1R
ケビン・ケイシー(米国)

立ちレスから足払いでテイクダウンを決めたケイシーに対し、ブギーマンはハーフガードの状態で抑え込まれる。ケイシーは足を抜いてパスから即マウントに移行する。首を抱えてブリッジもエビを許さないケイシーは、ワキをこじ開けにいく。腰を押して足を戻そうとしたブギーマンだが、ケイシーはサイドに戻ることでガードのなかに入ることを阻止する。

しかし、極めにいかないと試合はオーバータイムに移行する。枕でプレッシャーを掛けるケイシーだがサブミッションには移行できず時間を迎えた。先攻のケイシーはスパイダーウェブを選択し、足を抱えてまずは固定し腕を伸ばしに掛かる。下になったケイシーは腹ばいなるがブギーマンが腕を抜いてエスケープに成功した。ブギーマンもスパイダーウェウを選択し、ケイシーは8秒で脱出する。

OTは2Rへ。ここも腕十字狙いのケイシーに対しマルチネスはヒザを臀部に当ててエスケープに掛るが、そのまま前方に崩されてタップを強いられた。しかし、ケイシーは2秒で腕十字を後攻めのブギーマンに許し敗れた。


カテゴリー
JJ Globo News SUG16 UFC アマンダ・ローウェン クレイグ・ジョーンズ ケビン・ケイシー ジェイク・エレンバーガー ジリアン・ロバートソン ブログ メイソン・ファウラー リッチー・ブギーマン・マルチネス

【SUG16】5分で極めることができるか!! クレイグ✖ファウラー。ロバートソンがUFCより出場

【写真】マイク・ブラウンから陽性反応が出たATTからの参戦となる──キックを繰り出すロバートソン。彼女はATTの中でもディン・トーマス組だが、無事出場できるのか(C)Zuffa/UFC

12日(日・現地時間)にチェール・ソネンがホストのSubmission Underground16が開催され、UFC Fight Passでライブ中継させる。

今回もSUGアイランドと名付けられたスタジオで収録される大会は、前回大会の1万ドル争奪の8人トーナメントでコンバット柔術世界王者コディ・スティーグや、IBJJF柔術の新鋭ロベルト・ヒメネスを破ったメイソン・ファウラーが、クレイグ・ジョーンズとメインで戦う。


セミでは同じく前回大会でUFCファイターのジェシカ・アイを破ったアマンダ・ローウェンが、ジリアン・ロバートソンと対戦。ロバートソンもまた6月20日のUFC ESPN11でコートニー・ケイシーをRNCで破ったばかりのUFCと契約下にある選手だ。前回、ロバートソンより格上のアイをオーバータイムでアイに腕十字を極めてローウエンは、道着でも活躍していたように守りの堅さも5分✖1R&OTのSUGのレギュレーションに適している。その一方で、打撃を効かせず極める術をロバートソンが持っているのかが鍵となる。

この他、ジェイク・エレンバーガー✖マイカー・ブレイクフィールドというMMAからグラップリングに活躍の場を移しながら、なかなか結果が出せない者同士の崖っぷち対決、10thPLANET柔術のリッチー・ブギーマン・マルチネス✖ヒクソン・グレイシー柔術のケビン・ケイシーと戦う一番も組まれている。

5分✖1Rは守りに入ると、なかなか極め切ることが難しいフォーマットだけに、OTに勝負を掛ける出場者も増えてきた感があるSUGだが、サブオンリーの醍醐味がOTより印象に残る大会となるか、注目だ。