カテゴリー
Invicta FC42 other MMA Report ブログ ラケル・カヌート リサ・ヴェルゾサ

【Invicta FC42】ほぼほぼ何も起こらないまま15分終了。ヴェルゾサがカヌートにスプリット判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
リサ・ヴェルゾサ(米国)
Def.29-28.29-28.28-29
ラケル・カヌート(米国)

まず右ローを蹴ったヴェルゾサが、カヌートの左ローに合わせワンツーを打っていく。軽くハイ、サイドキックの繰り出すカヌートが蹴り足を左手で払って右を当てる。ヴェルゾサは足を使って時折りワンツーを繰り出す静かな立ち上がりに。カヌートは前足で左ハイを狙う。カヌートが右ローを蹴り込んだぐらいで、非常にスローな展開となった戦い。蹴り足を取られかけたヴェルゾサが右を一発当て、組みの中でヒザという流れになるが、コンタクトが少ないまま終わった。

初回はヴェルゾサが2票、カヌートが1票を獲得し、2Rに。ヴェルゾサは変わらず左右の回り、時折ワンツーを放つ。カヌートは蹴りを遠い距離で繰り出し、右ローを3連続で当てる。ヴェルゾサも右ローを返すが、組みもなく拳の距離にもならない。残り半分でカヌートが右を当て、組み狙いから再び右をヒットする。ヴェルゾサはローに右を合わせるという変わらぬ動きを見せ、蹴りで誘ってワンツーを届かせる。タイトル挑戦権が掛った試合、両者の動きは少ないまま、ヴェルゾサが右をヒット。緊張感ではなく、弛緩するような流れでこの回も終了した。

2R終了時点で20-18、20-18、19-19とヴェルゾサがリードし、最後の5分へ。組みを切られヒザをボディに入れたカヌートだが、テイクダウンは奪えない。前蹴りを腹に受け、蹴り足をキャッチされてもテイクダウンを許さないヴェルゾサは、サークリング&スイッチでパンチアウト。カヌートは蹴りヲキャッチしたあまりに真正面を向いて、両が揃っている場面もある──が、ヴェルゾサはそこまで横に回る。

カヌートは蹴りからパンチのテンポを速くしたが、ヴェルゾサはテイクダウンは許さない。試合をリードされているカヌートは、ヴェルゾサを追いかけても蹴りの距離まででそれ以上はなかなか距離を詰めることができない。詰まるとヴェルゾサはカウンターを狙うが、ついに残り10秒というところでカヌートがワンツーをクリーンヒットさせる。ヴェルゾサは離れて時間をとり、タイムアップに。ヴェルゾサがスピリット判定勝ちした。