カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

長浜ナンバーワン@大岡山

3A743145-3591-44DB-B337-6F48C2C19A78
大岡山で本格的な豚骨ラーメン。目黒区の片隅でなぜ?と思うかもしれませんが、因果関係があってもなくても間違いなく美味しいのが長浜ナンバーワンです。ストレートな名前でしょ?博多豚骨ラーメンの本場・長浜で屋台から成り上がった老舗が大岡山に上陸。渋いチョイスからセンスの良さが滲み出ています。

大岡山の駅から徒歩5分弱。お店が近くなると徐々に漂ってくるスープの香り。豚骨系だと一歩間違うと臭みになりますが、動物系の野性味は残しつつ上品な香りは食欲をそそってくるじゃありませんか。早速豚骨ラーメンにネギのトッピング、そして半チャーハンの食券を買って席に着きました。

登場したラーメン。想像通り白く濁った豚骨スープを一口。思っていた以上にクリーミーです。やはり豚骨の嫌な匂いは一切なくマイルドな口当たり。濃厚とサラサラのちょうど中間くらいでしょうか。これならクセがなくて万人に好かれるのでしょう。

豚骨スープにはやっぱり細麺。これを固めでいただくのが長浜スタイル?ボクボクした歯応えのある麺がスープをよく吸ってまた美味い。あっという間に完食です。しかも替え玉は破格の130円ですって?そりゃ気軽に頼むでしょ。

そして個人的にポイントが高かったのがトッピングのネギ。豚骨のワイルドさをみずみずしいネギがうまい具合に中和してくれて実によい仕事をしています。スープを吸ったシャキシャキしたネギの美味い事!豚骨スープを引き立てる名バイプレイヤー。激しくトッピングする事をオススメします。
882546B3-790E-4EA6-AC4D-CA3B5FEB6993
最後にいただいたのは替え玉したい気持ちを抑えて注文した半チャーハン。ネギ、チャーシュー、かまぼこというシンプルな組み合わせだけど完成度高し。付け合せの福神漬けがいい味出してます。上質な豚骨スープで流し込むチャーハンは格別。炭水化物×炭水化物の罪悪感も忘れさせてくれました。

あまり機会がない大岡山ですが、豚骨ラーメン目当てに行くのもアリでしょう。せめてもの罪滅ぼしとしてウォーキングでいざ。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

食堂 多万里@大宮

仕事で下車した大宮。せっかくなのでご当地の美味しいものでも食べようといろんな人に聞きまくって、ネットを頼りにした結果、浮上してきたのが食堂 多万里です。場所は高島屋の裏手。どんなハイソなスポットかと思いきや、昭和にタイムスリップしたかのような古めかしい建物じゃありませんか。何かの間違いじゃないかと二度見したほどです。

意を決してお店に入ると目に飛び込んできたのは緑色のシートが映える折り畳める椅子。プロレスの会場で凶器として使われているアレです。そして会議室でよく見る長机。ん?この組み合わせは間違いなくドライブイン。まさか高島屋の裏手にこんな庶民的なお店があるなんて夢にも思いませんでした。
9D7FB4DD-2022-4FAD-8F5B-96AE8D57F3AF
しかもまさかの前払い制。何から何まで予想を裏切ってくる。これは逆に期待が高まってきます。そんな中で注文したのはラーメンと半チャーハンのセット。店頭のおばちゃん曰く、「この辺がよく出ますよ」という合いの手についつい乗せられてしまいました。

まず初めに運ばれてきたラーメン。見た目からして昔ながらの古き良き中華そば。ナルトにメンマにグリーンピースですよ。完璧です。スープは少しだけ酸味と鶏ガラが効いた醤油味。子供の頃にどこかで食べたような記憶を辿りたくなる素朴な味わい。これ、これ、こういうのを無性に食べたくなる事があるんです。

麺はボクボクした歯応えが特徴的な細打ち。どこかインスタント麺に通じる食感がクセになります。これがもう親の仇のようなボリューム。食べても食べてもなくならない感じすらします。それでも常連であろうおじいちゃん、おばあちゃんもぺろっと平らげてる姿は圧巻。多万里のラーメンの美味さを象徴しているワンシーンです。
A4D1A60A-F4EB-4D98-A237-14DF8BF41152
やや満腹になりながらも遅れて登場したのはセットのミニチャーハン。小皿に盛り付けるだなんて実家かとつっこみたくなりますが、でもこれが侮れない。しんなりしたお米にしっかり味が染み込んでいて、そして脂の旨味が噛んだ時にじわじわと溢れてくる。街中華のお手本のようなチャーハンです。今度はこれで満腹になるのもよし。大宮また来よう。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒@神田

からしび

全国的に危険な猛暑。40℃オーバーなんて正気の沙汰とは思えません。食欲がなくなって冷麦やざる蕎麦に走りがちですが、逆に熱と辛さを持って立ち向いたくなる反骨精神。そんな思いで神田にあるカラシビ味噌らー麺 鬼金棒に行ってきました。

お店のネーミングからしてもう既に辛そう。カラ、シビ、鬼、そして金棒ですよ。字面だけでツバが出てきそう。もはやパブロフの犬的な感じでスタンダードにカラシビ味噌らー麺を注文しました。

まず目を引くのがスープの色。妙に明るいオレンジ色が不気味で仕方ない。今までに出会った事がない色味です。待っているのは果たして天国か地獄か。恐る恐るいただくと最初にやってきたのは味噌の濃厚なコクと甘味。これだけでも十分に美味しい。

しかも具のクオリティの高い事。ボリューム満点の豚肉の角煮が圧倒的な存在感。スープにたっぷりと浸して味の染みたところをおかずにしてご飯を食べたらどれだけ美味いか。そしてヤングコーンを起用するセンスの良さ!なかなか見かけませんが、味噌ラーメンの隠れたベストパートナーと言っていいでしょう。シャクシャクした食感を久しぶりに味わいました。

そしてここからが鬼金棒の本領発揮。辛さと痺れが徐々にやってきます。辛さは唐辛子をふんだんに使った特製のスパイス、痺れは山椒の痺れ油だそうな。これがオレンジ色のスープの正体。辛さと痺れの2つの刺激で汗が流れていくのはなんとも心地いいじゃありませんか。今日も辛さと痺れでデトックス体験。猛暑日にこそ味わいたい一杯です。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

しお貫@恵比寿

恵比寿の塩
あまり近寄らない恵比寿の東口方面。白金方面に10分くらい歩いたところに本格的な函館の塩ラーメンを出すお店があると聞いて早速行ってきました。

お店の名前はしお貫。横に長い造りの建物が特徴的。厨房に沿ってカウンターが一列に並んでいます。清潔な店構えといい、函館の塩にこだわる辺りは「出来る」感じがプンプン匂ってきます。まずは塩の味をダイレクトに楽しむため、一番ベーシックな塩らーめんを注文しました。

丼の底まで見えるような澄んだスープ。その上に乗ったほうれん草の緑色となるとのピンクの色合いがなんともきれい。こんなにもシンプルで昔ながらの雰囲気が残った塩ラーメンを出すお店は今日日貴重です。

スープのダシは鶏ガラと香味野菜を煮込んで作った逸品。鶏と野菜の旨味がジワジワと溢れ出た繊細な味わいです。この出汁を活かすには醤油でも豚骨でも味噌でもなくやっぱり塩でしょう。

もちもちした麺との相性もいいし、シンプルな具材もスープと麺をじっくり味わうにはうってつけ。久しぶりの塩ラーメンを満喫です。次回はこれにバターを。。。欲が出てきてしまった。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

大勝軒まるいち@渋谷

A1894581-10CC-4BCC-8E01-4E3C9C3A437A
思い出したように食べたくなるのが大勝軒のつけ麺。もちもちした麺を酸味の効いた甘めのつけダレにたっぷり浸していただく幸福感は定期的に身体がほっしているようです。

この日は渋谷にある大勝軒まるいちに。以前は並木橋通りにあった記憶がありましたが、銀座線の駅近くに移転していたんですね。渋谷の移り変わりの凄まじさ。

券売機で購入したのはもちろんつけ麺。個人的に大勝軒を美味しく食べるこつは麺少なめ。並が普通のお店の大盛り以上に大容量なので要注意。ちょっと足りない、もう少し食べたいくらいが1番美味しい食べ終わり方なんじゃないかと。

そんなこんなで初めてのまるいちのつけ麺。思った以上につけ汁が濃厚。大勝軒と言えばさっぱりした口当たりでしゃばしゃばのイメージですが完全に一線を画しています。でもこれはうれしい不意打ち。思いがけない濃厚さに完全に意表を突かれました。

少なめと言えど余裕で300gはありそうな麺を見事に完食。大勝軒の甘酸っぱさと濃厚さがほどよく交わった一杯。久しぶりの大勝軒熱を満たしてくれました。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

我武者羅@幡ヶ谷

生姜ラーメン
一般的な醤油味だけどインパクトのあるラーメンに妙に惹かれるのは私だけでしょうか。「普通」にどうやって変化をつけて差別化を図るのか。料理人の腕の見せ所だと勝手に思い込んでいます。

最近食べた中で印象深いインパクト醤油は幡ヶ谷にある我武者羅。新潟県長岡市のご当地ラーメンをインスパイアした生姜醤油ラーメンのお店です。

濃い目の醤油がキリっと効いたスープはそれだけでもやみつき度高し。そこにたっぷりの背脂と生姜が山盛りでのっかる背脂生姜醤油ラーメンはインパクト抜群です。しかも感動的に美味い。

醤油の濃さも背脂の脂身も相当なものですが、これをスッキリした生姜が中和してくれてちょうどいい塩梅に仕上がっています。全てを大量を入れた事でマイルドになったという事か。やりすぎっぷりがたまりません。

塩分を取り過ぎてはいけないとわかっていてもスープを飲み干したくなる美味さ。これが我武者羅の魔力です。しかもサイドメニューに生姜カリーがあるのが見逃せない。生姜が効いたカレー。。。これも美味しいに決まっている。次回マストで!
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

鳥政@表参道

鳥政ラーメン
焼鳥の名店でランチタイムだけ提供されるラーメンがあると聞いて表参道にある鳥政に行ってきました。焼鳥屋が作る本気のラーメン。。。拘ってないはずがない。そして美味しくないわけがない。

お店は大通りから細い路地を一本入ったところ。歴史を感じる店構えに完全に腰が引けてしまいましたが、行列の流れに身を任せてそのまま雪崩込みました。

気難しそうな大将に促されるままに着席。ちょうどよく入れ替わりのタイミングだったようで待たずに座る事が出来ました。その後はひっきりなしに来店していたので奇跡的だったようです。

ランチメニューは焼鳥丼、焼鳥定食、そしてラーメンとミニ焼鳥丼のセットの3種類。ラーメンは醤油、塩、味噌から選ぶ事が出来ます。ここは迷わずラーメンのセット。味は出汁が一番感じるであろう塩を通ぶってチョイスしました。

まずは待望の塩ラーメン。スープは当然ながら鶏ガラベース。あっさりにはあっさりなんだけど意外にパンチ力がある。凝縮した鶏ガラの旨味に加わってくるのはニンニクでしょうか。後を引くんだな、これが。

具はワカメ、ネギ、メンマ、うずらの卵だけというシンプルな組み合わせ。それだからこそスープの美味さが際立っています。
鳥政焼鳥
そして豪華なのはセットのミニ焼鳥丼。いやいやいやミニというには失礼でしょう。お茶碗一杯にご飯がよそられて、その上に3種類の焼鳥がたっぷりとのっています。

豪快に大ぶりにカットされた焼鳥はプリプリの歯ごたえ。鶏肉の良さがまざまざと伝わってきます。紛れもなくホンモノの焼鳥。思わず顔がほころびました。

そしてまたタレが美味い事。タレがしみた白飯に焼鳥の香ばしい香り。そこに流し込むラーメンのスープ。。。幸せです。1400円と少しお値段は張りますが、味とボリュームを考えた納得。ちょっとリッチなランチにオススメです。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

麺処 花田@池袋

池袋ラーメン
場所柄なかなか行く機会のない池袋。勉強不足でしたが予想以上のラーメン天国なんですね。午前中のうちから至るところに行列が出来ているじゃありませんか。そんな状況に置かれるとラーメンを食べなきゃいけない気分になるから不思議なもの。パッと周りを見回してビビッと来たのが麺処花田です。

イチオシメニューは味噌ラーメン。ポタージュ系の濃厚スープはどろんどろの食感。重たいかと思いきや味噌と野菜の甘味のおかげで優しい味に仕上がっています。そこにニンニクが効いてインパクト抜群。こりゃ行列が出来るわけだ。
もちもちした麺とたっぷり盛り付けられたシャキシャキ野菜の組み合わせも絶妙。分厚くて程よく脂が乗ったチャーシューも存在感あるわ。これでライスを食べたらさぞ美味しいでしょう。次回はマスト。でも他のラーメン屋も気になる。池袋、もっと行かなければ。。。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

鶏そば そると@下北沢

0ED82015-B9EB-4411-9020-3CB2B64C911A
カレーの街下北沢にあって根強い人気を博しているのが鶏そばそるとです。カレーの茄子おやじや老舗喫茶店のトロワシャンブルなどの名店がひしめく一角にあっても、いつ行っても大盛況。そるとの美味しさを物語っています。

ベーシックな鶏そばはスープをあっさりした清湯と濃厚な白湯から選べる趣向。つけ麺もつけ汁が清湯はもりそば、白湯がつけそばに分かれています。初めての時は悩んでしまい、入店前にうなりを上げる人が何人も見てきました。

この日の私の気分はこってり濃厚の白湯をベースにしたつけそば。真っ白く濁ったつけ汁が何とも幻想的で美味いオーラが漂っているじゃありませんか。思ったよりもつけ汁はしゃばしゃばですが、鶏の旨味が凝縮されていて旨味が身体中に染み渡っていく感じです。
そこに合わせるのは平打ち麺。モチモチした食感が心地良くてつけ汁との相性も抜群です。

そしてお楽しみはソルトトッピング。トマトに揚げ茄子、揚げたさつまいもという組み合わせ。素揚げした茄子とさつまいもは軽い口当たり。そこに白湯スープが染み込むとワンランク上の揚げ野菜に変化します。その後にいただく水々しいトマトが口の中をスッキリさせてくれるからまた美味い。この組み合わせを考えた人、天才だな。コロナ後にまた食べたい。
カテゴリー
ブログ ラーメンは地球を救う

麺亭しま田@恵比寿

40C4548B-E6AC-450D-949F-4F07C70894DF
暖かい日が増えてきた今日この頃。醤油がキリッと効いたつけ麺が食べたくなって向かったのが恵比寿にある麺亭しま田です。駅から程近い商店街の一角。明るくて清潔感のある外観からは仕事が出来る雰囲気が漂ってきます。

注文したのはもちろんつけ麺。運ばれてくるなり、店員さんから「昆布水はご存知でしょうか?」の一言。こ、こんぶすい??当然ながら知りません。どうやら半分くらい食べたら麺に掛けて食べると味変するという魔法の小瓶だそうです。否応なしに期待が高まります。

まずはそのままいただくと、つけ汁は期待通りの醤油がキリッと効いた淡麗系。そこに鶏の旨みと脂身が閉じ込められていて口の中に広がります。大山鶏をふんだんに使ってるからそりゃ旨いわけだ。つけ汁に多めに浮かんだネギが脂分をうまく中和してくれて良い仕事をしてくれます。
麺はつけ麺の中では細めのストレート麺。なんともきれいに盛り付けられている事。舌触りはつるんとしてモチモチした食感は言うことなしです。

途中まで食べ進めた後で満を持して昆布水を投入。麺にかけてよく絡ませてからつけ汁につけていただきます。一気に存在感を増した昆布の香り。でも逆に鶏の香りや旨みが際立つから面白い。まさかの味変まですっかり堪能させてもらいました。これはラーメンも期待出来そう。また行ってみましょう。