カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+31 UFN173 ブログ ランディ・ブラウン ヴィセンチ・ルケ

【UFN173】リーチの差も何のその。ヴィセンチ・ルケ、蹴って、殴り、冷静にブラウンをパウンドアウト

【写真】あの場面でヒザを顔面に入れることができるとは、余裕を持って戦っていた(C)Zuffa/UFC

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
Def.2R4分56秒by KO
ランディ・ブラウン(米国)

ブラウンが左ジャブを伸ばし、ルケが右ローを蹴る。ローを蹴られたタイミングでスピニングバックフィストを狙ったブラウンだが、ルケはしっかりと見ている。リーチの長いブラウンに対し、いつもよりやや遠めの距離のルケが右ローを続ける。ブラウンもローを返すが、ルケは左でも前足を蹴り、右オーバーハンドを当てる。ローを引き続き被弾するブラウンが前に出たところで、ルケは右アッパーでダウンを奪う。

パウンドの追撃からトップを取ったルケに対し、ブラウンは頭を抱えていく。コレを抜いたルケはスタンドに戻り、立ち技勝負を選択する。ブラウンの左フックをブロックして左を返すルケは、左ハイもガードしてロー。ブラウンも勢いよく飛び込んでいくが、ルケがカウンターで待ち受ける。左ミドルを入れたルケの次の手=右で姿勢を乱したブラウンがクリンチへ。残り10秒で離れ、ブラウンは見せ技のような飛びヒザを繰り出した。

2R開始直後のパンチの交換に続くルケのローがブラウンの急所を直撃する。再開後、左フックを当てたルケは右カーフへ。反転したブラウンも負けじと左ジャブを伸ばすが、勢いはルケにある。ついにカーフで倒れたブラウンがガードを取る。ブレイク後、ブラウンはカーフに続き左フックを被弾し、構えを変える。一瞬のクリンチから、左を当てたルケがローに続き左フックを打ち込む。

ブラウンも首相撲からヒザ蹴りと、懸命の反撃へ。ルケの左ミドルをキャッチし、スピニングエルボーを放ったブラウンはパンチの回転数が上がる。さらにヒザを繰り出し、残り1分でボディロックをテイクダウンを決めたブラウン。ルケはスクランブルからスタンドに戻り、右カーフ&左エルボーを入れる。スタンドで頭を抱えたルケは、これをリリースし頭が下がったブラウンの顔面にヒザを蹴り込む。

ブラウンが手をキャンバスにつける前で、ルールで許されたヒザ蹴りを受けたブラウンはヒザをつき、パンチの連打で敗れた。「ダースを狙おうかと思ったけど、頭を下げて手がマットについてないことを確認してヒザを入れたんだ。まだ28歳、もっと成長できる。スティーブン・トンプソンに負けてから、凄くボクシングを練習してきたんだ。頭を振るようにして。良い試合をしたいけど、あまりダメージを受けないよう考えるようになった。エキサイティングな試合はしたいけどね。ニック・ディアズはスーパーファイトしかないけど、ランキングを考えているようなら彼と戦いたい。絶対に良い試合になるから」と勝者は話した。