カテゴリー
Interview ONE ブログ ヨッカイカー・フェアテックス 大沢ケンジ

【ONE】7&8月度・大沢ケンジの気になるONE MMAアスリート─2人目─ヨッカイカー「日本が5位に……」

【写真】タイが日本をアジア第5位にしてしまうのか。ヨッカイカーのような選手が増えると楽しみだけど、怖い…… (C) ONE

ONE Championship非公認・大沢ケンジ監修非公式ランキングと勝手に月間・三賞から、新しく生まれた連載=「大沢ケンジの気になるONE MMAファイター」!!

7月&8月度の2 人目は、No Surrenderでジョン・シンクをKO、A New Breedでアレックス・シールドをTKOしたヨッカイカー・フェアテックスだ!!


──No Surrenderの3大会とA New Breedの1大会から大沢さんが気になった選手、2人目は?

「ヨッカイカー・フェアテックスですね。あれは強い。ジョン・シンクとアレックス・シールドと1カ月で2回勝ったのですが、シールドとの試合ではバックを取られたり、下になっても寝技で対応できていましたね。

フェアテックスはジムが全体的に寝技が出来てきてきています。スクランブルも良くなっていますし。タイ人がしっかりとMMAをやって来ると怖いですね」

──ムエタイでバリバリやっている選手以上に、ムエタイではトップ中のトップでなくても打撃ができて、本気でMMAをやってくると選手層も厚くなりそうです。

「そうですね、そういう選手はムエタイの打撃フォームを崩せますからね。スタンスを広げて、リズムも軽く跳ねられるぐらいで。それでいて、強い蹴りを出せる。ヨッカイカーがまさにそういう感じです。

ジョン・シンクには投げられけど、スクランブルから左のカウンターを当てて下がったところで右フックとアッパー、最後は左ストレート。2Rに入ってからは1分少しで仕留めました。

それからシールドはバックから逃げると、ローキックでダウンを取りまくって勝った。

シールドは内藤頌貴選手と去年、東京のONE Warrior Seriesで戦ってパンチを打ち合って判定負けした選手ですからね。あれだけ出来た選手を一方的に下した。ちょっと怖いです。

テイクダウンがある戦いで、あの打撃ができる。ヨッカイカーはもうトップ10に入っている感じがしますね」

──フライ級でどこまで上がって来るのか。

「日本人でも佑弥、和田竜光、仙三……はストロー級という話も聞きますが、ちょっと仙三君との試合とか見てみたいですね。ガツガツになりそうで。

ヨッカイカーはこの2つのKO勝ちで、これからも確実に試合のチャンスは与えられるだろうし、また見てみたいですね」

──タイ人が強くなると日本人として厳しいですが、ONEとしては面白くなりますね。

「日本人選手も腹を括らないと、アジアで5番目の国になってしまいますよ。もっとね、日本の若い選手とかアジアで何が起こっているのか、ちゃんと見てないと日本はヤバイです。格闘技は強くなるしかないんだから。

ヨッカイカーとか見ていると、タイがこうなるのかって……。中国、韓国、フィリピン、そしてタイがやってくると、日本はその次になってしまうかもしれないです」

──もう怖いですよ。そういう風に数えていくと。

「ホントにヤバいですよ。UFCとか凄く遠くなっている……でも、さらに下の世代……コロナ禍の影響でMMAが視られています。前まではONEとかUFCを知ってHEARTSに入門してくる若い子っていなかったんです。

知っていてもRIZINまでで。それがコロナ時代になってから、他のジムでも聞きますが、UFCやONEを知っている10代が増えています。ココを鍛えて、タイに負けないようにしないといけない。格闘技の知識がある人間が入ってきて……続くかどうか分からないけど、ちゃんと育ててヨッカイカーに負けない選手を育てますよ」

カテゴリー
ONE ONE111 A New Breed Report アレックス・シールド ブログ ヨッカイカー・フェアテックス

【ONE111 A New Breed】止めないレフェリー、仕留めないヨッカイカー。シールドが生き地獄のTKO負け

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)
Def.3R by TKO
アレックス・シールド(米国)

まず左ハイを見せたヨッカイカー。続いてローを蹴る。シールドは右ハイを空振りしてすぐに立ち上がるが、バランスを崩し気味だ。シールドは圧力を受け、シングルレッグも切られる。スクランブルからバックに回ったシールドが、バックを取ってグラウンドに持ち込むと両足をフックする。ワンフックに切り替えたシールドが、再び両足フックへ。

立ち上がったヨッカイカーが前転も、バックを取られる状態が続く。四の字フックのシールドに対し、ヨッカイカーが胸を合わせてトップを取る。腕十字を察したヨッカイカーはスタンドに戻り、左ローを走らせる。ワンツーから組んだヨッカイカーは、離れて左ロー。続く左フックにダブルレッグを狙ったシールドだが、ヨッカイカーはワキを差して倒れない。コーナーにシールドを追い込むと、ヨッカイカーが左を当てダウンを奪い初回をリードした。

2R、左ローから左を伸ばすヨッカイカー。パンチを怖がるようなテイクダウン狙いから引き込んだシールドは、スクランブルからクローズドへ。立ちあがったヨッカイカーは、左ローからワンツーを受けて寝転んだシールド、寝技に付き合わないヨッカイカーを見て、レフェリーが立たせる。倒れても立たされるシールドは、コーナーに詰められ組んで引き込む。

離れたヨッカイカーが左ミドルハイ、左ストレートからローを蹴る。左ロー、左ハイでダウンを奪ったヨッカイカーは、ここもスタンドで待ち受ける。ローで倒れたシールドは、ガードを取るがスタンドに戻される。ローで倒れて、立たされるという地獄のような時が続くシールドは何度倒れても立たされる。MMAのレフェリングになっていないが、ローを蹴られたダウンをしても、立たされ続けるシールドはMMAとしてはあり得ない展開となった。

最終回、ローから左ハイをいれるヨッカイカーは、パンチを見せてローを蹴る。シールドはダブルレッグから引き込んでヒール狙いも、足を抜いたヨッカイカーがスタンドに戻り、ここも左ロー。倒れたシールドに、立ったままローを続けたヨッカイカーを見てようやくレフェリーが止めた。


カテゴリー
News ONE ONE111 A New Breed アレックス・シールド デニス・ザンボアンガ ドレックス・ザンボアンガ ブログ ヨッカイカー・フェアテックス

【ONE111 A New Breed】最終計量結果 全選手、体重&尿比重問題なし。MMAは視られるか!?

【写真】去年の10月に来日しWarrior Seriesで戦っているシールド。この時は打撃主体だったが基本はグラップラーだ (C)MMAPLANET

28日(金・現地時間)にタイはバンコクのインパクト・アリーナで開催されるONE111 A New Breedの最終計量及びハイドレーション結果が発表された。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


スーパーシリーズ4試合とMMA3試合の7試合からなる今大会。オープニングマッチに出場するアレックス・シールド✖ヨッカイカー・フェアテックス、ドレックス&デニスのザンボアンガ兄妹の試合は7月のNo Surrenderシリーズで見られたほぼ打撃戦という内容にならないMMAが視られるか。

■ONE No Surrender III計量結果

※赤字の選手の名前をクリックすると、インタビューページに移動します。

<ONE女子ムエタイ・アトム級選手権試合/3分5R>
[王者]スタンプ・フェアテックス:52.2キロ/1.0095
[挑戦者]アリシア・エレン・ホドリゲス:52.2キロ/1.0083

<ムエタイ・バンタム級準決勝/3分3R>
ロドレック・PKセンチャイムエタイジム:65.45キロ/1.0074
クラップタム・ソーチョーピャッウータイ:64.9キロ/1.0009

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
デニス・ザンボアンガ:51.9キロ/1.0095
ワシャピニャ・ガオコー:50.65キロ/1.0124

<ムエタイ女子ストロー級/3分3R>
ワンダーガール・フェアテックス:56.55キロ/1.0136
KC・カルロス:56.25キロ/1.0070

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ドレックス・ザンボアンガ:60.95キロ/1.0229
ディッチャディン・ソンシリスッパティン:60.9キロ/1.0156

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン:61.05キロ/1.0095
ソク・ティー:61.05キロ/1.0210

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス:61.1キロ/ 1.0120
アレックス・シールド:61.2キロ/1.0210

カテゴリー
News ONE ONE111 A New Breed アレックス・シールド デニス・ザンボアンガ ドレックス・ザンボアンガ ブログ ヨッカイカー・フェアテックス

【ONE111 A New Breed】MMAは3試合──ザンボアンガ兄妹、揃い踏み。シールドはヨッカイカーと

【写真】レスリングもできるのが強みのザンボアンガ(C)MMAPLANET

24日(月・現地時間)、ONEチャンピオンシップより28日(金・同)にタイはバンコクのインパクト・アリーナで開催されるONE111「A New Breed」の対戦カードが発表された。

メインとセミはNo Surrender=3大会と同じようにムエタイの試合が組まれ、スタンプ・フェアテックスがONE女子ムエタイ・アトム王座の防衛戦をプーケット・ファイトクラブ所属のブラジル人選手アリシア・エレン・ホドリゲスを相手に行う。ホドリゲスのムエタイ戦績は30勝5敗とのことだ。

セミはNo Surrenderシリーズで組まれてきたムエタイのバンタム級トーナメントの決勝戦で、ドロレック・PKセンチャイムエタイジムがクラップタム・ソーチョーピャッウータイと相対する。そしてMMAマッチは3試合組まれた。


一番の注目は2月のシンガポール大会で山口芽生を破り、女子アトム級王座挑戦権を手にしていたデニス・ザンボアンガだろう。ONE女子、特に東南アジア系の選手では珍しいウェルラウンダーのザンボアンガに対し、ワシャピニャ・ガオコーは肩書としてタイの柔道王者で、ムエタイも46勝12敗の戦績を持っているが──MMAの実力は未知数だ。

さらにタイトル挑戦権を持つザンボアンガを支える、兄のドレックス・ザンボアンガがディッチャディン・ソンシリスッパティンを相手にONEデビューを迎える。URCCバンタム級王者で、修斗ではフェザー級で斎藤裕、バンタム級で石橋佳大に敗れているが、ONEの階級制の下フライで戦うということは、ナチュラルでユニファイドのバンタム級の体格の持ち主だったのか。

いずれにせよ、ザンボアンガ妹がウェルラウンダーなのも、ドレックスがフィリピンの武芸百般と言ってよりキャリアの積み方をしてきたからだ。極真空手、ブラジリアン柔術、グラップリング、ムエタイ、草キックボクシング、そしてMMAと多くのイルールで戦ってきた。素質的には非常に面白いザンボアンガ兄と戦うのは、ディッチャディン・ソンシリスッパティンだ。どういう組織で結果を残したのか不明だが、タイのアマMMA王者で、キャリアは8勝5敗、立ち技中心のMMAが多いバンコク・シリーズのなかで、MMAらしい試合になることを期待したい。

またオープニングファイトのMMAは、昨年のONE Warrior東京大会で内藤頌貴と対戦したタイガームエタイの所属選手アレックス・シールズが、コロナ禍でONEとの契約を果たした。

対するヨッカイカーは14日中継のNo Surrender IIでジョン・シンクを左ストレートでKOしたばかり。

テイクダウンされても、体のバネでスクランブルに持ち込んでいたヨッカイカーに対し、シールドはそれこそMMAらしい総合力で対抗したいところだ。

■ONE111「A New Breed」対戦カード

<ONE女子ムエタイ・アトム級選手権試合/3分5R>
[王者]スタンプ・フェアテックス(タイ)
[挑戦者]アリシア・エレン・ホドリゲス(ブラジル)

<ムエタイ・バンタム級準決勝/3分3R>
ドロレック・PKセンチャイムエタイジム(タイ)
クラップタム・ソーチョーピャッウータイ(タイ)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
デニス・ザンボアンガ(フィリピン)
ワシャピニャ・ガオコー(タイ)

<ムエタイ女子ストロー級/3分3R>
ワンダーガール・フェアテックス(タイ)
KC・カルロス(米国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ドレックス・ザンボアンガ(フィリピン)
ディッチャディン・ソンシリスッパティン(タイ)

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン(中国)
ソク・ティー(カンボジア)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)
アレックス・シールド(米国)

カテゴリー
ONE Result ONE110 No Surrender II ブログ ヨッカイカー・フェアテックス 藤沢彰博

【ONE110「No Surrender II」】試合結果 バンコクフォーマットPart.02で藤沢彰博が1年8カ月振りの勝ち名乗り!!

【写真】今回もMMAは2試合、藤沢とヨッカイカーがともにKO勝ちしている(C)ONE

14日(金)、タイはバンコクのインパクトアリーナで収録されていたONE110「No Surrender II」が世界発信・中継された。

7月31日のライブ大会=No Surrender Iと同じくリング、スーパーシリーズ4試合、MMAが2試合のバンコク・フォーマットで今大会も行われた。

そのMMAでは鋭い打撃が持ち味のポンシリ・ミートサティートに左フックを決め、藤沢彰博がKO勝ち──1年8カ月振りの勝ち名乗りを受けた。

もう1試合組まれたMMA戦ではヨッカイカー・フェアテックスが、タイガームエタイ所属の英国人選手ジョン・シンクをこれもKO。バンコク・フォーマット第2弾=A New Breedでも彼らのMMAが見られるか、楽しみだ。

ONE110「No Surrender II」
<ムエタイ・バンタム級T準決勝/3分3R>
○セーマーペッチ・フェアテックス(タイ)3R
判定
×ロドレックP.K.センチャイムエタイジム(タイ)
<キックボクシング・バンタム級/3分3R>
○メヂ・ザッツプッツ(アルジェリア)3R
判定
×レオ・ピント(フランス)
<59.5キロ契約/5分3R>
○藤沢彰博(日本)1R4分55秒
KO
詳細はコチラ
×ポンシリ・ミートサティート(タイ)
<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
○ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー(タイ)3R
判定
×ポンシリP.K.センチャイムエタイジム(タイ)
<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)2R1分11秒
KO
詳細はコチラ
×ジョン・シンク(英国)
<ムエタイ・フライ級/3分3R>
○ファディ・カレッド(チュニジア)3R
判定
×ファン・ディン(中国)
カテゴリー
ONE ONE110 No Surrender II Report ブログ ヨッカイカー・フェアテックス

【ONE110 No Surrender II】ヨッカイカー・フェアテックス、シンクに抑え込ませず左でKO勝ち

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス(タイ)
Def.2R by KO
ジョン・シンク(英国)

サウスポー同士、ヨッカイカーが右フックを振るう。シンクが左ロー、ヨッカイカーはワンツーを入れる。足を使ってコーナーから逃れたシンクが組んでヒザ蹴り、投げを打ったヨッカイカーにボディロック・テイクダウンを決める。左ワキを差しシングルで立ち上がったヨッカイカーだが、シンクはダブルレッグからスラムで叩きつける。

サイドからニーインベリーに取ったシンク、ヨッカイカーはそのまま手をついて立ち上がる。ヨッカイカーは左を殴るフェイクから左を見せ、首相撲で転がす。すぐに立ち上がったシンクをケージに詰めたヨッカイカーに対し、シンクがエルボーを当てて離れる。強烈な左ローを入れたヨッカイカーがワンツー、シンクが右を2発入れる。打たれても怯むことなく左フックから展開を決めると、ヨッカイカーは蹴り足を払ってシンクを再び転がした。

2R、ヨッカイカーが左ローから左フック、シンクが右フックを返すが右ローを蹴り込む。クリンチからシングルレッグでテイクダウンに出たシンクは、ヨッカイカーのギロチンを防ぐもスクランブルに持ち込まれ試合がスタンドに戻る。直後にシンクの右にヨッカイカーが左のカウンターを入れ、下がったところで右フック&右アッパー、最後は左ストレートでKO勝ちを決めた。 


カテゴリー
News ONE ONE110 No Surrender II ジョン・シンク ブログ ポンシリ・ミートサティート ヨッカイカー・フェアテックス 藤沢彰博

【ONE110 No Surrender II】最終計量結果 ヨッカイカー・フェアテックス──尿比重1.0005!!!!

【写真】素晴らしいミドルの防御、メインに出場のセーマーペッチ・フェアテックスら12選手が体重、尿比重のいずれもクリアしている
(C)MMAPLANET

14日(金・現地時間)に中継される無観客大会=ONE110「No Surrender II」の計量及びハイドレーション結果が発表された。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


今夜の中継で戦う12人のファイターの計量とハイドレーションテストの結果は以下の通りだ。尿比重に関してはロドレックP.K.センチャイムエタイジムとレオ・ピントが上限に近く、逆にヨッカイカー・フェアテックスの1.0005は水分過剰摂取ともとれる低い数字だ。尿比重は水分摂取、食事制限、運動負荷ばかりか発汗状況でも数値が変わってくるので、この数値を見る限り非常に上手くコントロールできる陣営が出てきたといえるだろう。

■ONE No Surrender II計量結果

※赤字の選手の名前をクリックすると、インタビューページに移動します。

<ムエタイ・バンタム級T準決勝/3分3R>
セーマーペッチ・フェアテックス:65.3キロ/1.0040
ロドレックP.K.センチャイムエタイジム:65.65キロ/1.0244

<キックボクシング・バンタム級/3分5R>
レオ・ピント:65.65キロ/1.0241
メヂ・ザッツプッツ:65.75キロ/1.0218

<59.5キロ契約/5分3R>
ポンシリ・ミートサティート:58.3キロ/1.0112
藤沢彰博:59.25キロ/1.0095

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ソーグラオ・ペッティンディーアカデミー:69.8キロ/1.0018
ポンシリP.K.センチャイムエタイジム:70.3キロ/1.0183

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ヨッカイカー・フェアテックス:61.0キロ/1.0005
ジョン・シンク:60.3キロ/1.0061

<ムエタイ・フライ級/3分3R>
ファン・ディン:60.9キロ/1.0083
ファディ・カレッド:60.852キロ/1.0074