カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+37 UFN179 イリャ・トプリア ブログ ユーゼフ・ザラル

【UFN179】テイクダウン&フロントチョークを軸に攻め続けたトプリアがザラルを下し、UFC初陣飾る

<フェザー級/5分3R>
イリャ・トプリア(ジョージア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ユーゼフ・ザラル(米国)

ケージウォリアー・バンタム級王者からBrave CFで連勝後、UFCにステップアップを果たしたトプリア。対するザラルは今年2月に初めてオクタゴンで戦い、3連勝中だ。

軽く左ハイを見せたザラルが左に大きく回り、跳びヒザを狙う。トプリアは右ボディを当て、ジャブから腹を狙う。ザラルは左右にサークリングを続け、そこから追いかけてくるトプリアにヒザ蹴りやジャブを放つ。トプリアの右にザラルは、ダブルレッグを合わせケージに押し込むとシングルレッグへ。右を差したザラルが体を入れ替えると、トプリアは体を回しながらベリートゥベリー・スープレックスで大きく投げ、マウントからバックへ。

落とされる前にがぶるように首を取ったトプリアはアナコンダチョークに移行し、首を固めて上を取りつつ、ギロチンにスイッチし背中をつける。再びトプリアはアナコンダに組み替え絞め続けるが、ケージを蹴って耐えたザラルがスクランブルへ。バックに回ったトプリアはトラックポジションを狙う。ザラルが耐えて倒れず最後はパンチの交換から、トプリアがダブルレッグを狙ったところで初回が終わった。

2R、サークリングを止めたザラルがシングルレッグからケージにトプリアを押し込み、ダブルレッグ。ウィザーのトプリアは耳の辺りにパンチを落とし、ダブルはがぶって倒されない。エルボーを打たれ頭の位置を高くしたザラルは再び姿勢を低くしてダブルレッグを狙う。トプリアはここもエルボーを落とし、ザラルは姿勢を高くして離れると動きが明らかに落ちている。

ヒザ蹴り、ワンツーフックからダブルレッグで尻もちをつかせたトプリアが腰をコントロールして背中をつかせると、三角狙いを担いでパス。スクランブルに狙いには、即ギロチンを合わせる。これでトップを取り、もうノーアームギロチンに入ったトプリアはここも防がれてもバックに回り足をフックする。ロールから振り落とし、逆にスクランブルでバックに回ったザラルは落とされると内ヒールからヒザ十字へ。大丈夫だとトプリアが合図を送ったところでラウンド終了を迎えた。

最終回、ザラルのヒザ蹴りにダブルレッグを合わせたトプリアがテイクダウン。キムラからスイープ狙いのザラルだが足を殺しておらず、キムラを支点に上を取ったトプリアがスクランブルでトラックポジションからバックマウントへ。足を一本入れた状態でRNCを狙うが、胸を合わせてきたザラルがそのまま抜いてトップへ。

スクランブルからスタンドに戻り、トプリアがダブルレッグ。走って倒そうとすると、ザラルがギロチンへ。頭を抜いたトプリアはハイガードを捌いて左足を抜くと、一気にマウントから三角を狙う。跳ねのけてスクランブルに持ち込もうとしたザラルだが、トプリアはバックを取り両足をフック。RNC狙いにも足のフックを外して胸を合わせたザラルはスタンドに戻ると、トプリアが疲れてケージ際で動けない。

それでも左フックにダブルレッグを合わせバックに回ったトプリアは、胸を合わせてきたザラルをケージにおしこむ。残り30秒で離れたトプリアは、跳びヒザにダブルを合わせてテイクダウン。ザラルのトップでタイムアップに。判定勝ちしたトプリアは「8日前のショートノーティスだけど、それが何だって。いつでも戦える」と話した。


The post 【UFN179】テイクダウン&フロントチョークを軸に攻め続けたトプリアがザラルを下し、UFC初陣飾る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN12 ジョーダン・グリフィン ブログ ユーゼフ・ザラル

【UFC ESPN12】テイクダウンのグリフィンに対し、ザラルがボディ、ヒザ、エルボーで逆転判定勝利

<フェザー級/5分3R>
ユーゼフ・ザラル(モロッコ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョーダン・グリフィン(米国)

LFAからUFCデビューを迎えたザラル。両者サウスポーで構え、ザラルが左ロー、グリフィンがロングフックを伸ばす。時折りオーソに構えを変えるザラルは、グリフィンの前進に対し、走るようにサークリングを駆使し下がりながらパンチを当てようとする。ならばとグリフィンはパンチでなく、走り込んだ先にダブルレッグを狙いバックへ。スタンドでワンフックを取るグリフィンが背中に飛び乗った際に、ザラルが胸を合わせて離れた。

打撃の間合いになりパンチ&ヒザで前に出たザラルが、逆にグリフィンをケージに押し込む。押し返したグリフィンがワキを潜ってバックに回り、前方に崩しラウンドを取った。

2R、オーソから右ハイを放ったザラルがクリンチで押し込んでヒザを突き上げる。離れると、グリフィンがハイキックもバランスを崩す。ヒザを織り交ぜ、積極的に攻めるようになったザラルが右ボディストレートを効かせる。ダブルレッグに出たグリフィンは、立ち上がろうとしたザラルのバックを取る。胸を合わせたザラルが離れて、右ボディ。左ジャブから右を当てるも、ヒザ蹴りで姿勢を乱してガードを強いられる。下からパンチを放つザラルは、大きな振りのパウンドに背中を見せて逃げようとしバックを許す。

ロールからシングルに出たザラルが、立ち上がったグリフィンをケージに押し込む。右を差したグリフィンがバックを伺うが、ザラルも譲らずラウンド終了を迎えた。

最終回、ワンツーで前に出たグリフィン。さらに右ジャブを放つとザラルは右ハイを入れ、エルボーとパンチでラッシュを掛ける。ケージにグリフィンを押し込み、右エルボーを入れたザラルは離れてワンツー、ヒザ蹴りを狙う。グリフィンはここも走って組みついてテイクダウン、そのままサイドを取る。ザラルはケージを蹴って後転、立ち上がり際にバックを許す。胸を合わされるタイミングで上を取り切ったグリフィンだが、ザラルは後転からスクランブル、立ち上がって離れる。

すぐにダブルレッグを仕掛けたグリフィンは徹底して組んでいく。ザラルは離れてヒザを入れ、ダブルレッグにもウィザーで耐える。左を差し返し、逆にダブルを狙ったグリフィン。シングル、さらにダブルに戻すがテイクダウンは奪えない。ザラルはここで離れてヒザ蹴り、さらに右エルボーを入れてケージにグリフィンを押し込む。最後は左ヒザを入れザラルはタイムアップと同時に両手を高々と広げて勝利をアピールした。

初回はグリフィン、2Rと3Rはグリフィンのテイクダウンとザラルの打撃のどちらをジャッジが支持するか。結果、ジャッジ3者とも29-28をつけザラルが判定勝ちした。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN12 ケイ・ハンセン ジン・ユ・フレイ ダスティン・ポイエー ダン・フッカー ブログ ユーゼフ・ザラル ラミズ・ブラヒメジ 佐藤天

【UFC ESPN12】対戦カード 佐藤天、UFC3戦目。LFAからザラル、そしてジン・ユ・フレイがUFCデビューへ

【写真】Invicta FC、Road FC、そしてRIZINとアトム級で活躍してきたフレイが、同じくインヴィクタからステップアップのハンセンと対戦。5日前のオファー!!(C)INVICTA FC

2020年6月27日(土・現地時間)
UFC ESPN12
ネヴァダ州ラスベガス
UFC APEX

■視聴方法(予定)
6月28日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<ライト級/5分5R>
ダスティン・ポイエー(米国)
ダン・フッカー(ニュージーランド)

<ウェルター級/5分3R>
ミッキー・ガル(米国)
マイク・ペリー(米国)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・アレン(米国)
カイル・ダウカウス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
モーリス・グリーン(米国)
ジャン・ヴィランテ(米国)

<ライト級/5分3R>
ルイス・ペーニャ(米国)
カーマ・ワーシー(米国)

<ヘビー級/5分3R>
タナー・ボーザー(カナダ)
フィリッピ・リンス(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
ロメロ・ボレラ(イタリア)
ミランダ・マーヴェリック(米国)

<150ポンド契約/5分3R>
ショーン・ウッドソン(米国)
カイル・ネルソン(カナダ)

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天(日本)
ラミズ・ブラヒメジ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョーダン・グリフィン(米国)
ユーゼフ・ザラル(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ジン・ユ・フレイ(米国)
ケイ・ハンセン(米国)