カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+34 UFN176 ブログ モンタナ・デラロサ ヴィヴィアニ・ゴメス

【UFN176】祖母の死を乗り越えて、ヴィヴィ・アロージョがデラロサをほぼ完封

<女子フライ級/5分3R>
ヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
モンタナ・デラロサ(米国)

左ジャブを出し合った両者、ヴィヴィが右を振るう。ワンツーで右を当てたデラロサにヴィヴィが右ボディストレートを入れる。左フックを返すデラロサは、右ローに左を合わせていこうとする。カウンター狙いのデラロサに対し、右オーバーハンドを入れ、右ローを蹴ったヴィヴィは頭を振って再び右オーバーハンドを当てる。

ローキックにカウンターを合わせたデラロサだが、スクランブルでバックに回ったヴィヴィがパンチを入れて離れる。右カーフで前足を蹴られ構えを一瞬変えたデラロサは、ボディを打たれて、再びカーフを受ける。デラロサも左ローを蹴り返すと、ジャブの相打ちに。スイッチを織り交ぜて戦うヴィヴィは、テイクダウン狙いを切り右アッパーを繰り出す。声を挙げて右を振り最後にダブルレッグで組んだヴィヴィが初回を取った。

2R、ヴィヴィは左ミドルを入れ、右カーフでデラロサがバランスを崩す。続いて右オーバーハンド&左ストレートと顔を攻撃したヴィヴィが、またも右カーフを入れる。デラロサはダブルレッグを切られ、左フックを被弾。前に出るタイミングで左を打たれるデラロサだが、右ストレートから左ハイを狙う。ヴィヴィは右ミドルから左フックを当て、さらに左ストレート。気持ちで引かないデラロサがクリンチアッパーを繰り出す。

残り90秒、左ハイをブロックしたヴィヴィが右オーバーハンド、左ジャブから右ストレートを当てる。ジャブの差し合いに続き、ヴィヴィは続いて2発左を打ち込む。デラロサも左ローを蹴るが、気が付けばケージを背負いジャブを被弾する。さらにワンツーを入れたヴィヴィが、右ボディを入れこの回もモノにした。

最終回、左ジャブを当て、デラロサの前進に左フックを見せて組ませないヴィヴィ。デラロサはスイッチし、すぐにオーソに戻す。大量の鼻血を流すデラロサの腹を抉ったヴィヴィが、左ジャブを2つ連続で当てる。デラロサはジャブを受け続け、テイクダウン狙いからアッパーもヴィヴィの左を止めることはできない。ローには右を合わせたヴィヴィは右オーバーハンドを打ち込む。

残り1分、ほぼ危ない場面がないまま攻勢を続けてきたヴィヴィは、ここで右を被弾してクリンチに持ち込まれる。それいでもヴィヴィはケージを背にし、差し返して離れローに右を打っていく。タイムアップと迎えると、笑顔を浮かべたヴィヴィがフルマークの3-0の判定勝ちを手にした。

「祖母を亡くし」と涙を浮かべたヴィヴィは「作戦はドミネイトをすること。強い相手だったので嬉しい」と話した。