カテゴリー
other MMA Report Titan FC63 ブログ モハメド・ウスマン

【Titan FC63】一周回ってアッパレ。ウスマン──掛け率マイナス1700の相手に手堅く、手堅く判定勝ち

<ヘビー級/5分3R>
モハメド・ウスマン(ナイジェリア)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
テランス・ホッジス(米国)

賭け率で-1700と、余り見たことがない数字のホッジスフックに対し、ウスマン弟モハメドは打撃戦でなくテイクダウンを選択する。ハーフでパンチを入れるウスマンは右腕を差してきたホッジスを潰して右のパンチを落とす。ケージに押し込んだ状態でエルボーから鉄槌、さらにパンチを入れるホッジスが背中を見せて立ち上がる。

ウスマンはバックをキープし、後方から右のパンチを入れる。クラッチし後方にテイクダウンしたウスマンがサイドバックで左から右を連打。ホッジスはここでも背中を取られたまま立ち上がるが、ウスマンはすかしてテイクダウンしサイドで抑える。左ショートエルボーを続けられたホッジスは、ひたすら我慢の展開が続く。ケージキックで足が伸びたホッジスに対し、ウスマンは自ら足を一本入れてハーフで抑え最後の10秒でパンチをまとめたが、初回で仕留め切れない意外な展開となった。

2R、兄カマルのアドバイスを受けたウスマンは左フックから左右ショート、そしてテイクダウンを決める。ホッジスはクローズドガードを取り、ウスマンが右のパンチをワキ腹と顔を入れて抑える。頭を上げない抑え重視のパンチから、上体を起こしたウスマンが右の重い一発を入れる。ホッジスは手首を掴んで防御に徹し、パウンドの連打には蹴り上げを見せて抵抗する。

その蹴り足を捌いてサイドに回ったウスマンは、手首を掴まれ足を戻される。構わず抑えてボディにパンチ、顔面にエルボーとコツコツと攻撃を続けたウスマンは──兄譲りといっても良いだろう、堅いファイトに徹する。ウスマンはまた最後の10秒で体を起こして左右のパウンドを落としラウンド終了を迎えた。

3R、完全にカウンター狙いのホッジスが焦れて左を伸ばす。ウスマンはここで左右のショートを見せるが、ホッジスが距離を取り直す。右に回るホッジス、中央に構えるウスマンは右フックを振るって組みつくとバックへ。正面に回ってヒザを入れたウスマンが、ケージにホッジスを押し込む。ダブルレッグで簡単に背中をつけたホッジスは前腕パンチで顔面を殴られ、エルボー、左の振り幅のあるパウンドを打たれる。

上体を起こしてパンチ、エルボーを落とすウスマンだが、すぐに頭を胸につけて抑え息を整える。残り45秒、ウスマンは体を起こしてパンチを連打しつつ、胸を合わせて休む。絶対的な安全策を取り続けたウスマン、この手堅さ──対戦相手だけでなく視る者にもストレスを与えるファイトは一蹴回ってアッパレなフルマーク判定勝ちとなった。


カテゴリー
News other MMA Titan FC63 クリスチャン・イナストリラ ブログ モハメド・ウスマン ワスカル・クルーズ

【Titan FC63】計量終了 メインにウスマン弟=モハメド出場。イナストリラ✖クルーズでフライ級王座決定戦

【写真】フライ級王座を賭けて戦うイナストリラとクルーズ(C)TITAN FC

28日(金・現地時間)、フロリダ州マイアミのインターコンチネンタルホテル&リゾート・ビスケーンベイで開催されるTitan FC63 「Usman vs Hodges」の計量が27日(木・同)に行われた。


今大会のメインはUFC世界ウェルター級王者カマル・ウスマンの実弟モハメド・ウスマンが、テランス・ホッジスと対戦するヘビー級マッチだ。

対戦相手のテランス・ホッジスはフロリダのキックボクシングイベント=Xtreme Fight Nightのキックトーナメントで優勝こそしているが、MMAは2勝6敗──6勝1敗で5試合で1Rでフィニッシュしているウスマンが、タイタンFCでインタビュアーを務める兄カマルにどのような勝ち方でマイクを向けられるだろうか。

セミでは元王者フアン・プエルタがCombate Americasに転出し空位となったフライ級王座をクリスチャン・イナストリラとワスカル・クルーズが争う。

キャリア6勝1敗のイナストリラはTitan FCで2連勝中。一方のクルーズはキャリア11年のベテラン。タイタンFCでは豆タンク=グスタボ・バラルトに20秒で敗れたこともあり、ATTで揉まれるイナストリラが優位の王座決定戦だ。

■ Titan FC63計量結果

<ヘビー級/5分3R>
モハメド・ウスマン: 245.4ポンド(111.31キロ)
テランス・ホッジス: 239ポンド(108.4キロ)

<Titan FCフライ級王座決定戦/5分5R>
クリスチャン・イナストリラ: 124ポンド(56.25キロ)
ワスカル・クルーズ: 123ポンド(55.79キロ)

<ライト級/5分3R>
デヴォン・ディクソン: 155.6ポンド(70.57キロ)
ホセ・バスケス: 154.4ポンド(70.03キロ)

<フライ級/5分3R>
グスタヴォ・ヴィラーミ: 124.8ポンド(56.6キロ)
ネコロ・バンジー: 124.6ポンド(56.51キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
ライアン・クース: 124.8ポンド(56.6キロ)
アーネスト・ウォールズ: 124.6ポンド(56.51キロ)

<バンタム級/5分3R>
ライアン・クース: 124.8ポンド(56.6キロ)
アーネスト・ウォールズ: 124.6ポンド(56.51キロ)

カテゴリー
News other MMA PFL2020 ケイラ・ハリソン ジェイソン・ソアレス ジョニー・ケース ナタン・シュルチ バッバ・ジェンキンス ブログ マーチン・ヘルド モハメド・ウスマン ランス・パーマー レイ・クーパーIII ローリー・マクドナルド

【PFL2020】ロリマク=ウェルター、ヘルド&ケース=ライト、過去最高が期待されたシーズンが1年先延ばしに

Kayla Harrison【写真】ケイラ・ハリソンは「2020年は試合をしない」ことを明言した (C)PFL/RYAN LOCO

20日(月・現地時間)、PFLが5月21日(木・同)からスタートを切る予定だった2020年シーズンを2021年の春まで延期することを発表している。

レギュラーシーズン→プレーオフ→ファイナルというフォーマットを持つPFLは、ピーター・モーリー代表が「新型コロナウィルスの感染拡大を受け、シーズンフォーマットを重視するPFLでは今シーズンのスタートを2021年春に延期する。PFLではファイター、ファン、PFLの社員、パートナーの健康こそ第一かつ最大に優先させるべきだと考えている」と話している。


ジェイソン・ソアレス(C)TITAN FC

ジェイソン・ソアレス(C)TITAN FC

2020年は女子ライト級、男子はフェザー級、ライト級、ウェルター級、ライトヘビー級、ヘビー級と2019年と同じクラスでシーズンが進められる予定だった。

女子ライト級はケイラ・ハリソン、シンディ・ダンドワ、フェザー級はランス・パーマー、バッバ・ジェンキンス、ジェイソン・ソアレス、ライト級はナタン・シュルチを筆頭にマーチン・ヘルド、ジョニー・ケース、ウェルター級ではブラダボーイことレイ・クーパー3世にローリー・マクドナルド、ヘビー級にカマル・ウスマンの弟モハメド・ウスマンらの出場が決まっていたシーズンは事実上1年間スライドされることとなった。

バッバ・ジェンキンス(C)BRAVE CF

バッバ・ジェンキンス(C)BRAVE CF

この間、ランディ・クートゥアーをホストに関連番組の放送を始めるようだが、モーリーは無観客のノンシーズン大会の開催に関しては、大いに興味を持ちながら「PFLはESPNを通じてファイトをファンに届けることに特化した大会だが、今はそのことについて話す時ではない」としている。

マーチン・ヘルド(C)ACA

マーチン・ヘルド(C)ACA

いずれにせよロリマクが参戦するウェルター級、パーマーの3連覇がかかったフェザー級には前Breve CFフェザー級王者ジェンキンス、Titan FCフェザー級王者フアレスという注目団体の王者が参戦し、ライト級にはケース&ヘルドと過去最高のメンバーといっても過言でないロースターが揃っていただけに、まる1年の延期は非常に残念。

せめて注目選手が勢ぞろいする前哨戦のようなワンマッチ大会を開催して欲しいものだが、この事態を受け、看板ファイターのハリソンはツイッターで「今年は戦うことはないことを皆と約束するわ」と呟いている。

また2021年には2020年シーズンを詰め込み、本来の2021年シーズンとともに2シーズンを実行するのかなども明らかとはなっていない。