カテゴリー
other MMA Report UAEW13 アグシン・ババエフ ブログ ムン・ギボム

【UAEW13】何と!!!! 今度はムン・ギボムのヒザ蹴りがババエフの急所を直撃し初回ノーコンテスト!!

<フェザー級/5分3R>
アグシン・ババエフ(アゼルバイジャン)
NC.1R
ムン・ギボム(韓国)

じりじりと距離を詰めるババエフ。ムンは右に回って間合を取り直す。ババエフの右ハーフで姿勢を乱したムンは左から右を被弾し、一瞬腰が落ちてケージにもたれる形に。さらに右カーフを蹴ったババエフは、ムンのワンツーをかわし、後ろ回し蹴りを繰り出す。左を当てたムンは、急所蹴りがあったとブレイクを要求する。すぐに再開し、ムンは右オーバーハンドを空振りし、組んでいったババエフが右を当てて離れる。カーフを続け、左ジャブを入れたババエフに対し、ムンが左フックをヒットさせる。組みに行ったババエフはシングルで上を取ると、そのままサイドで抑える。ブリッジのムンは、すかされ背中を譲る。

後方から殴るババエフは正面に回ってボディロックテイクダウンへ。ここでケージを掴んでいるとムン陣営がアピールもレフェリーが流す。直後にムンの左ヒザを急所に受けたババエフがうつ伏せに倒れる。その後、上を向いたババエフだが、その表情を見る限り5分のインターバルでは試合に戻れそうにない。

やはりババエフは試合続行不可能で、2試合連続で急所蹴り決着──ここは初回でインテンショナルとは誰も判断できず、ノーコンテストとなった。


The post 【UAEW13】何と!!!! 今度はムン・ギボムのヒザ蹴りがババエフの急所を直撃し初回ノーコンテスト!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News other MMA UAEW13 キム・ギョンポ クリス・バーネット サーシャ・パラトニコフ チャイ・ルイスペリー ファビオ・マルドナド ブログ ムン・ギボム

【UAEW13】計量終了 トンプソン欠場でバーネットはプロ初陣の相手と。AFC王者サーシャは相手が陽性に

【写真】メインのヘビー級王座決定戦は問題なく行われそうだ(C)UAE WARRIORS

24日(木・現地時間)、25日(金・同)にアラブ首長国連邦のドバイ首長国、シーザースパレス・ブルーウォーター内ザ・ロタンダで開催されるUAE Warriors13の計量が行われている。

日本で活躍してきたキム・ギョンピョ、トップノイ・タイガームエタイらが出場する同大会、メインはADWヘビー級選手権試合=チャイ・ルイスペリー✖ファビオ・マルドナドが組まれているが、計量結果はオフィシャルでもアップされていない。

そんななか、いくつかのカード変更が見られた。


まずクリス・バーネットと対戦予定だったオリ・トンプソンが欠場となり、英国のアマチュアファイターのアーメッド・ティジャニ・シュフと戦うことになった。

シェフはアマ戦績2勝1敗、2年半ぶりの実戦がプロ初陣でバーネット戦というまさにスクランブル発進だ。

トンプソンの欠場理由は発表されていないが、Angel’s Fightミドル級王者サーシャ・パラトニコフと戦う予定だったオマル・フセインが、新型コロナウィルスの検査で陽性となり欠場に。

パウロ・セオパルドなる相手がスクランブル発進することが明らかとなっている。

■視聴方法(予定)
9月25日(金・日本時間)、
午後11時00分~ YouTube UAE Warriors Official Channel

■UAE Warriors13対戦カード

<ADWヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]チャイ・ルイスペリー(英国)
[挑戦者]ファビオ・マルドナド(ブラジル)

<73キロ契約/5分3R>
キム・キョンピョ(韓国)
イスラム・マメドフ(ロシア)

<62キロ契約/5分3R>
フアレス・ディア(カメルーン)
ザビエル・アラウイ(カナダ)

<ミドル級/5分3R>
タリク・スレイマン(シリア)
ピョートル・バラウスキー(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
アーメッド・ティジャニ・シュフ(英国)
クリス・バーネット(米国)

<女子フライ級/5分3R>
マノン・フィルホ(フランス)
ナオミ・タタログル(オランダ)

<ミドル級/5分3R>
パウロ・セオパルド(──)
サーシャ・パラトニコフ(香港)

<ミドル級/5分3R>
イマンシャフ・アリエフ(ロシア)
イライアス・パクニク(ノルウェー)

<ミドル級/5分3R>
ハシェム・アルハガ(ヨルダン)
ユーリ・フラガ(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
クリスティアン・ステリオ(ギリシャ)
ケイシー・オニール(英国)

<74キロ契約/5分3R>
アブドゥラ・アルブシェリ(クウェート)
ディーン・ベリー(アイルランド)

<59キロ契約/5分3R>
イザック・ピメンテウ(ブラジル)
トップノイ・タイガームエタイ(タイ)

<フェザー級/5分3R>
アグシン・ババエフ(アゼルバイジャン)
ムン・ギボム(韓国)

The post 【UAEW13】計量終了 トンプソン欠場でバーネットはプロ初陣の相手と。AFC王者サーシャは相手が陽性に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
other MMA Preview UAEW13 オリ・トンプソン キム・ギョンピョ クリス・バーネット トップノイ・タイガームエタイ ブログ ムン・ギボム

【UAEW13】キム・ギョンピョ、トップノイ、キム・ギモムら日本で活躍したファイターがドバイに集結

【写真】キム・ギョンピョ、トップノイ──日本で活躍した選手がシルクロードを越えて中東で戦う (C)MMAPLANET

25日(金・現地時間)、UAE Warriors13がアラブ首長国連邦のドバイ首長国、シーザースパレス・ブルーウォーター内ザ・ロタンダで開催される。人口島ブルーウォーター内の最高級ホテル内に建てられた小ぶりな会場名通り、ロタンダ=円形建築物で今大会は行われる。

メインはADWヘビー級選手権試合=チャイ・ルイスペリー✖ファビオ・マルドナドが組まれているが、全13試合には韓国勢を中心に日本にも馴染みのファイターが数多く出場しており、現状・鎖国状態のJ-MMA界にあって思い入れを持てるイベントといえよう。


そんな日本と関係のあるファイターの一番手はPFL2019ライト級で準々決勝進出もドロー→マスト判定で敗退(※正式記録はドロー)したイスラム・マゴメドフと対戦するキム・ギョンピョだ。

韓国の名門MMAストーリー第4の男として注目を集めてきたキム・キョンピョはキャリア3戦目でOutsiderに来日を果たしてからRoad FCで期待の新鋭として注目を集めた後、Gladiatorではウェルター級王者レッツ豪太を破り、続いて修斗でキャプテン☆アフリカを110秒でKO、昨年7月にはHEATでトム・サントスを破るライト級王者(※返上)に輝いている。

攻防どちらもテイクダウンに強く、中間距離での打撃もタッチキックボクシングもアジアでは最高クラスにある。しかし、マゴメドフはダゲスタンの戦闘民族の一員でゴツゴツとした寝技の名手である。テイクダウンをされずに、打撃を入れる。そんなファイトができればキム・キョンピョは世界に飛び出す一歩になることが間違いない。

同じ韓国からプロ初陣が広島県福山で開催されたKING KUZ FIGHTの佐々木信二戦だったムン・ギボムがオープニングファイトに出場する。

その後も韓国、台湾、そして日本でキャリアを積んだムン・ギボムはAngel’s Fightでフェザー級チャンピオンになり、DEEPでは横山恭介に敗れたものの3度防衛に成功している。防衛戦の相手にはONEで戦うURCCバンタム級王者ドレックス・ザンボアンガ、そして現ADWフェザー級王者のイ・ドギョムが含まれている。

団体王者に勝利している状況で、22勝6敗のアゼルバイジャン人ファイター=アグシン・ババエフと戦うムン・ギボム。動き出したK-MMA界にあってこの選択がもたらした結果が、何になるのかを確認したい。

IGFで対戦経験のあるオリ・トンプソンとクリス・バーネットが、5年振りの再戦。この2人は互いに頓挫したRoad FC無差別級GPに出場するなどニアミスもあった。

40歳になり勝ち負けを繰り返すトンプソンに対し、MMAでは5連勝のバーネットがリベンジを期す。

タイからはRIZINベテランのトップノイ・タイガームエタイがブラジル人のイサック・ピメンタウと戦う。ケージで戦うことで、金網を背にした状態で安定度を増したヒザ蹴りなど、日本で見せていた以上にナックモエらしさをトップノイは見せることができるのか。

またJ-MMAは経由していないが、Angel’s Fightミドル級王者でUAEW2戦目にして初勝利を狙うサーシャ・パラトニコフのファイトも気になるところだ。

■視聴方法(予定)
9月25日(金・日本時間)、
午後11時00分~ YouTube UAE Warriors Official Channel

■UAEW13対戦カード

<ADWヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]チャイ・ルイスペリー(英国)
[挑戦者]ファビオ・マルドナド(ブラジル)

<73キロ契約/5分3R>
キム・キョンピョ(韓国)
イスラム・マメドフ(ロシア)

<62キロ契約/5分3R>
フアレス・ディア(カメルーン)
ザビエル・アラウイ(カナダ)

<ミドル級/5分3R>
タリク・スレイマン(シリア)
ピョートル・バラウスキー(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
オリ・トンプソン(英国)
クリス・バーネット(米国)

<女子フライ級/5分3R>
マノン・フィルホ(フランス)
ナオミ・タタログル(オランダ)

<ウェルター級/5分3R>
オマル・フセイン(パレスチナ)
サーシャ・パラトニコフ(香港)

<ミドル級/5分3R>
イマンシャフ・アリエフ(ロシア)
イライアス・パクニク(ノルウェー)

<ミドル級/5分3R>
ハシェム・アルハガ(ヨルダン)
ユーリ・フラガ(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
クリスティアン・ステリオ(ギリシャ)
ケイシー・オニール(英国)

<74キロ契約/5分3R>
アブドゥラ・アルブシェリ(クウェート)
ディーン・ベリー(アイルランド)

<59キロ契約/5分3R>
イザック・ピメンテウ(ブラジル)
トップノイ・タイガームエタイ(タイ)

<フェザー級/5分3R>
アグシン・ババエフ(アゼルバイジャン)
ムン・ギボム(韓国)

The post 【UAEW13】キム・ギョンピョ、トップノイ、キム・ギモムら日本で活躍したファイターがドバイに集結 first appeared on MMAPLANET.