カテゴリー
Brave CF36 Other MMA Result トッド・スタウト ブログ マティス・ザハロフ モチャメド・マカエフ

【Brave CF36】試合結果 2週連続のブカレスト大会はハチャメチャ抑え気味で気になる新鋭も登場

【写真】Brave CFカードのオープニングマッチで勝利したマティス・ザハロフは見事な打撃を披露、今後に注目だ(C)BRAVE CF

27日(月・現地時間)にXFCとの合同興行で活動再開第2弾=ルーマニア・ブカレスト大会2週目となるBrave CF36がルーマニアのブカレストにあるベラリアHで開催された。

2週連続のブカレスト大会は前週よりもクオリティの高いカードとなっていたが、直前になったのカードも変更がメインであった。そして代役がMMA未経験のキックボクサーという1週間前と同じ力技が見られトッド・スタウトがクリスティアン・コンスタンティノフに圧勝した。

セミに登場のルーマニア・ウェルター級最強の誉れ高いイオン・ソルドゥは、まるでフルコンタクト空手のようなケンポーカラテ流の打撃でリードするも、ケビン・ルアートにまさかの逆転KOを負けを喫した。

今大会の質を良くしたのは第1試合と第2試合に出場したマティス・ザハロフと、第2試合出場のモチャメド・マカエフだ。ザハロフはアイルランド在住のラトヴィア人ファイターで、見事な打撃を披露し、カムザット・チマエフの従弟でIMMAF欧州王者から鳴り物入りでプロとなったビラル・ティプサエフに2戦目で黒星を与えた。

一方、マカエフはオーストリア在住のチェチェン人選手で、パワフルなボクシングを披露しチブリアン・マリシが3R前のインターバルで続行不可能となり、キャリア9連勝としている。

また前半戦として組まれたRXFでは第1試合に先週のBrave CF34でギロチンで秒殺されたマリアン・オラルがメチャぶりな出場で、マウント・エルボーでTKO勝ちを収めている。RXF最終試合はケンポーカラテ出身ながら寝技を駆使して戦ったダミアン・ザハリアが、アンドレイ・ヴァシンカにギロチンチョークで極めてプロ初陣を飾っている。

Brave CF36
<103.5キロ契約/5分3R>
○トッド・スタウト(トリニダードトバコ)1R2分12秒
TKO
詳細はコチラ
×クリスティアン・コンスタンティノフ(モルドヴァ)
<ウェルター級/5分3R>
○ケビン・ルアート(スイス)1R3分40秒
TKO
詳細はコチラ
×イオン・ソルドゥ(ルーマニア)
<72キロ契約/5分3R>
○マチェク・ギエルシェウスキー(ポーランド)1R1分08秒
TKO
詳細はコチラ
×ボグダン・ミハイ・スル(ルーマニア)
<フェザー級/5分3R>
○モチャメド・マカエフ(オーストリア)2R5分00秒
TKO
詳細はコチラ
×チプリアン・マリシ(ルーマニア)
<バンタム級/5分3R>
○マティス・ザハロフ(ラトヴィア)3R
判定
詳細はコチラ
×ビラル・ティプサエフ(スウェーデン)
<ウェルター級/5分3R>
○ダミアン・ザハリア(ルーマニア)1R4分49秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×アンドレイ・ヴァシンカ(ルーマニア)
<ウェルター級/5分3R>
○シモン・ダニエル・ムレシャン(ルーマニア)3R
判定
×フローリン・ピルタ(ルーマニア)
<フェザー級/5分3R>
○フローリン・シュトルグリ(ルーマニア)3R
判定
×セルジオ・マリス(ルーマニア)
<キックボクシング・ライトヘビー級/3分3R>
○アンドリュー・テイト(英国)1R0分49秒
KO
詳細はコチラ
×ユリアン・ストルガリウ(ルーマニア)
<ウェルター級/5分3R>
○マリアン・オラル(ルーマニア)1R1分25秒
TKO
詳細はコチラ
×ジョージアン・タブラ(ルーマニア)
カテゴリー
Brave CF36 other MMA Report ビラル・ティプサエフ ブログ マティス・ザハロフ

【Brave CF36】掘り出し物?? チマエフの従弟ティプサエフのスラムもキックボクシングでザハロフがTKO

<バンタム級/5分3R>
マティス・ザハロフ(ラトヴィア)
Def.3R2分16秒by TKO
ビラル・ティプサエフ(スウェーデン)

RXF最終試合終了から1時間30分後にBrave36がスタート。アイルランド在住のラトヴィア人ファイターのザハロフが、UFCで注目を集めるカムザット・チマエフの従弟ティプサエフと対戦する。

右ジャブを伸ばすサウスポーのザハロフ。ティプサエフはローシングルからボディロックに切り替えザハロフをケージに押し込む。ヒザを入れて離れたザハロフが左前蹴り、続いて左ハイを蹴っていく。さらに左三日月を蹴り込むザハロフは、ティプサエフの右フックを被弾しても左フックを打ち返す。引き続き左ミドルを決めるザハロフが、素早いインサイド左ロー、三日月を蹴っていく。

荒いワンツーから組みついたティプサエフだが、ザハロフはウィザーで耐える。ワキを潜ってバックに回ったティプサエフは後方へのスープレックス。サイドで抑えられたザハロフはブリッジからスクランブル、スタンドへ戻る。ハイ、ローを繰り出すティプサエフに対し、ティプサエフが左フックを当ててついにダブルレッグを決める。ザハロフはクローズドガードを取り、大きなパウンドを受けることはなった。

2R、左右にステップを生んだザハロフが左前蹴りを繰り出す。ティプサエフはテイクダウン狙いで距離を取る余り、ケージに詰められて懸命に右に回る最中にバランスを崩す。ここにザハロフは左を打ち込む。間合いを外したティプサエフは、思い切りステップインしてケージにザハロフを押し込むと、豪快なリストからスラムする。すぐにスタンドに戻ったザハロフは左ミドルからテンカオを決める。

ガードを下げ、構えを変える仕草も見せたティプサエフは組んだ時にヒジを受け、カットが見られる。ザハロフは左ボディストレートも決めるが、直後にティプサエフがダブルレッグでテイクダウンに成功する。完全なキックボクシング✖レスリングの対戦となり、ティプサエフは手首を掴んで必死にトップコントロールを続ける。

クラッチしているために立たせないが、パンチも打てないティプサエフはそのまま腰をコントロールし、立ち上がったザハロフをもう1度スラムする。マットに背中をつけたザハロフは、下のままでラウンド終了を迎えた。

最終回、ティプサエフが右オーバーハンドを当てると、ザハロフは前蹴りに続きテンカオをボディに突き刺す。さらに左前蹴りに続き、左ハイを受けたティプサエフの動きが止まる。ローシングルから引き込んだティプサエフは、シングルを切ってバックに回ったザハロフに殴られ背中を見せる。

バックコントロールから殴るザハロフは、ティプサエフの前転も泳がせてサイドをキープしエルボーを打ち込む。亀になったティプサエフは後方からのパンチを連続して立ち上がるが、ケージに押し込まれた状態でも殴られ続けレフェリーが試合をストップした。

ブレイブCF期待のティプサエフをTKOで破ったザハロフは、MMAレコードを4勝0敗とした。「あと数試合でバンタム級タイトルを狙いたい」と勝者は冷静に話した。