カテゴリー
Brave CF42 other MMA Report ブログ マチェク・ギエルシェウスキー ロランド・ディ

【Brave CF41】余りにも攻撃がなかったギエルシェウスキーが、ロランド・ディにスプリット判定負け

<ライト級/5分3R>
ロランド・ディ(フィリピン)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
マチェク・ギエルシェウスキー(ポーランド)

本来は1階級下のディに対し、圧倒的なフィジカルの差を持つギエルシェウスキーが左ジャブを伸ばす。ダブルレッグで組みついたディが、ケージにギエルシェウスキーを押し込む。ウィザーから払い腰を狙ったギエルシェウスキーに対し、耐えたディはシングルレッグもテイクダウンを奪えない。エルボーを入れて離れたディが、ローを蹴られるがワンツーで前に出る。

直後のダブルも切られたディは、左ジャブを当てられる。ギエルシェウスキーは左右のロー、さらに右カーフから右前蹴り、さらに右ハーフを入れる。ディはボディから左フック、ギエルシェウスキーが左ミドルハイを返す。ディは右ミドルハイの直後にダブルレッグへ。ギエルシェウスキーは尻もちをつくが、すぐに立ち上がる。ここでディが左フックをヒットさせ、ギエルシェウスキーのリードフックにも左フックを合わせる。終盤も右を当てたディがダブルレッグを仕掛けたところでタイムアップに。テイクダウンを1度以外はギエルシェウスキーだが、自らの攻撃も右カーフが2発ほどでディのラウンドとなった。

2R、ギエルシェウスキーの左ローに左フックを合わせたディが、右ハイを狙う。ワンツーにも左を被せたディは、ボディを殴りガードの上から右ハイを蹴っていく。ディはギエルシェウスキーのローにフックを合わせ、ワンツーから前へ。右を伸ばしても左を打たれたギエルシェウスキーが、スイッチを織り交ぜローでディのバランスを崩す。

そのローに飛び込むようにパンチを伸ばすディは、前足にダメージの蓄積はないか? 内側、外側、左右から左足を狙うギエルシェウスキーだが、パンチでは数、精度ともにディがリードする。ディのダブルレッグは決まらなかったが、直後にギエルシェウスキーの左に右フックを合わせる。続いて左をヒットしたディはワンツーに左でカウンターを狙う。ギエルシェウスキーはディのステップインにようやく右を当て、左インサイドローでディが前方に姿勢を乱す。左の相打ちからシングルに出たディ、ギエルシェウスキーは切ってエルボーを入れた。

最終回、左ふくらはぎが赤くなっているディが、すぐにダブルレッグへ。ケージを背負ったギエルシェウスキーはヒザをボディに入れる。離れたディはミドルに左フックを繰り出す。ほぼ効果的な攻撃はカーフしかないギエルシェウスキーは、右ジャブを見せるとディの前進に距離を取る。右ボディ、左フックを当てたディは、右ショートを被弾。ギエルシェウスキーは右オーバーハンドから左ロー、組んできたディを突き放す。蹴りの位置を維持するギエルシェウスキー、ディもなかなか踏み込めなくなっている。

ジャブを見せて離れたギエルシェウスキーに、ディが右ハイを2度空振りする。指を差して、全然違うところを蹴っていると嫌らしいアピールをするギエルシェウスキー。ディは残りの30秒でシングルから押し込み、スピニングバックエルボーを狙う。離れたギエルシェウスキーは右ジャブ、ディはフック、ハイキックを放つもクリーンヒットはしない。

リーチの差がありながらカーフ以外で目立った攻撃はなく、最終回はその足への攻撃も減ったギエルシェウスキー──テイクダウンを切り続けることが主体の期待外れのファイトで、スプリット判定負けを喫した。

勝者は「もうフェザー級で戦わない。ライト級の方がコンディションが良かった」と話した。


The post 【Brave CF41】余りにも攻撃がなかったギエルシェウスキーが、ロランド・ディにスプリット判定負け first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF42 News other MMA ショーン・センテーラ ダーヴィド・ヤーコブソン フラービオ・ケイロス ブログ ホゼ・トーレス マチェク・ギエルシェウスキー ロランド・ディ ヴィリムラット・アルカソフ

【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目

【写真】センテーラ✖トーレス、北米フィーダーショーのタイトル戦以上のマッチアップだ(C)BRAVE CF

23日(水・現地時間)、24日(木・同)にバーレーンはリファーのバーレーン・ナショナル・スタジアムで開催されるBrave CF42の計量が行われた。

コンバット・キングダム・シリーズ02メインとセミで、フライ級第3の核になる可能性すらあるBrave CFフライ級王座決定トーナメント準々決勝が組まれている。


バーレーン王国と王室とも関わりのあるIMMAF世界大会を2連覇した元祖IMMAF上がりのワールドクラスファイターといっても過言でないジョセ・トーレスは、米国フライ級のパイオニア=ショーン・センテーラは、セミで組まれたもう1つの準々決勝で戦うフラービオ・ケイロス、ヴェリムアド・アルカソフと揃って問題なく計量をパス。トーレスとセンテーラは言葉を発することなくフェイスオフを終えている。

今大会はコロナ禍中断から活動再開後のルーマニア&スウェーデンの6大会で飛躍のきっかけを掴んだ2人のファイターが出場するのも注目だ。

8月に8日と24日、16日でキャリア7勝目と8勝目を挙げたヤーコブソンは本来ライト級だが、スクランブル発進ということもあり先のスウェーデン2連戦では74キロキャッチウェイト、そしてウェルター級で出場し、今回はブレイブ特有のスーパーウェルター級=80キロでイブラヒム・マネと戦うこととなった。

ウェルラウンダーながら、左ミドルでKO勝ちもしているヤーコブソンがEFCやBellatorではミドル級で戦っていたマネに体力負けしないかは気になるところだ。

そのヤーコブソンがライト級として対戦を要求していたマチェク・ギエルシェウスキーは、ロランド・ディと対戦する。英国は北アイルランド在住のポリッシュ・ストライカーのギエルシェウスキーは寝技に課題が残るがゆえレコードも綺麗ではない。

それゆえに強引な組みや寝技へのトライで良さを失っていたディが、打撃勝負でいけば手があう。逆にMMAとして総合力勝負をしたときに、穴を広げずに戦った者が勝利に近づくだろう。

■視聴方法(予定)
9月25日(金・日本時間)、
午前1時00分~ FITE

■Brave CF42計量結果

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
ホゼ・トーレス:56.8キロ
ショーン・センテーラ:56.9キロ

<Brave CFフライ級王座決定T準々決勝/5分3R>
フラービオ・ケイロス:56.9キロ
ヴェリムアド・アルカソフ:56.8キロ

<バンタム級/5分3R>
ハムザ・コヘジ:63.0キロ
エイデン・ジェイムス:62.7キロ

<スーパーウェルター級/5分3R>
ダーヴィド・ヤーコブソン:79.5キロ
イブラヒム・マネ:79.2キロ

<ライト級/5分3R>
ロランド・ディ:70.7キロ
マチェク・ギエルシェウスキー:70.5キロ

<アマチュア・フェザー級/3分3R>
アリ・ヤコブ:65.7キロ
アリーズ・アフメッド:66.0キロ

The post 【Brave CF42】計量終了 ホゼ・トーレス✖ショーン・センテーラ、待ったなし。ヤーコブソンも注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF36 other MMA Report ブログ マチェク・ギエルシェウスキー

【Brave CF36】マチェク・ギエルシェウスキー、スクランブル出場のスルを68秒でパウンドアウト

<72キロ契約/5分3R>
マチェク・ギエルシェウスキー(ポーランド)
Def.1R1分08秒by TKO
ボグダン・ミハイ・スル(ルーマニア)

サメル・シラジの代役で急遽出場となったスルに対し、北アイルランド・ベルファースト在住のポリッシュ・ファイターのギエルシェウスキーがワンツーを放つ。リーチで優るギエルシェウスキーはスルの蹴りに対し、ワンツーの連打でラッシュをかけ、首相撲からヒザ蹴りを3発、さらにフックを叩きこんでダブルレッグでテイクダウンを奪う。

ハーフで抑えたギエルシェウスキーが左右のパンチを連打し、レフェリーが試合を止めた。