カテゴリー
UFC ESPN14 UFC Result アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ カムザット・チマエフ ファブリシオ・ヴェウドゥム ブログ マウリシオ・ショーグン モフサル・エフロエフ ロバート・ウィティカー

【UFC ESPN14】試合結果 ホジェリオ、ショーグンにスプリット判定負けで引退もやり切った笑顔

【写真】ホジェリオの現役最後の1戦はショーグンにスプリットの判定負け。それでも試合後は爽やかな表情を浮かべていた(C)Zuffa/UFC

26日(日・現地時間)、UFC ESPN14「Whittaker vs Till」がUAEはアブダビのヤス島に建設されたUFC Fight Islandで開催された。

奇跡のような4大会、ファイトアイランド4連戦のトリとなったミドル級戦でロバート・ウィティカーが初回のダウンを挽回し、2Rにダレン・ティルからダウンを奪い返すと、中盤以降は消耗戦以降はスコアメイキングし判定勝ちした。

セミではこの試合を最後に現役引退を公表していたアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラが、マウリシオ・ショーグンにスプリット判定負け。やり切りたいホジェリオに対し、現役を続けるショーグンがテイクダウンで勝ちに行くという拘りを見せた戦いだった。

セミ前ではヘビー級に階級を上げたアレキサンダー・グスタフソンに対し、動きが戻ったファブリシオ・ヴェウドゥムが腕十字を極めて快勝している。

また16日のESPN13に続き、10日間で出場となったカムザット・チマエフは、リース・マッキーをパウンドアウトにオクタゴン連勝、キャリア8勝0敗とした。英国のテイクダウン&グラインダーのマイク・グランディはモフサル・エフロエフの打撃の前に2R以降は得意の展開に持ち込むことができず判定負けを喫している。

パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ファブリシオ・ヴェウドゥム、ポール・クレイグ、カムザット・チマエフ、ジェシー・ロンソン、トム・アスピナル、タナー・ボーザー

UFC ESPN14「Whittaker vs Till」
<ミドル級/5分5R>
○ロバート・ウィティカー(豪州)5R
判定
詳細はコチラ
×ダレン・ティル(英国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○マウリシオ・ショーグン(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)1R2分30秒
腕十字
詳細はコチラ
×アレキサンダー・グスタフソン(スウェーデン)
<女子ストロー級/5分3R>
○カーラ・エスパルザ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×マリナ・ホドリゲス(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ポール・クレイグ(英国)1R2分06秒
三角絞め
×カジムラッド・アンデグロフ(ロシア)
<ウェルター級/5分3R>
○アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)3R
判定
×ペーター・ソボタ(ドイツ)
<ウェルター級/5分3R>
○カムザット・チマエフ(スウェーデン)1R3分09秒
TKO
詳細はコチラ
×リース・マッキー(英国)
<160ポンド契約/5分3R>
○フランシスコ・トリナルド(ブラジル)3R1分30秒
KO
×ジェイ・ハーバート(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ジェシー・ロンソン(カナダ)1R2分38秒
RNC
×ニコラス・ダルビー(デンマーク)
<ヘビー級/5分3R>
○トム・アスピナル(英国)1R0分45秒
KO
詳細はコチラ
×ジェイク・コリアー(米国)
<フェザー級/5分3R>
○モフサル・エフロエフ(ロシア)3R
判定
詳細はコチラ
×マイク・グランディ(英国)
<ヘビー級/5分3R>
○タナー・ボーザー(カナダ)3R
判定
×ハファエル・ペッソア(ブラジル)
<女子バンタム級/5分3R>
○パニー・キアンザド(スウェーデン)3R
判定
×ベチ・コヘイア(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○ラマザン・エメエフ(ロシア)3R
判定
×ニクラス・ストルツァ(ドイツ)
<バンタム級/5分3R>
○ナサニエル・ウッド(英国)3R
判定
×ジョン・カスタニエダ(米国)
カテゴリー
Report UFC UFC ESPN14 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ブログ マウリシオ・ショーグン

【UFC ESPN14】引退試合でボクシング勝負のホジェリオ、現役を続けるショーグンがTDで競り勝つ

<ライトヘビー級/5分3R>
マウリシオ・ショーグン(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)

左に回るホジェリオ、ジリジリと前に出るショーグンが右ローを蹴る。引き続き右ローを見せたショーグンに対し、ホジェリオは手を出すことなくケージに押し込まれる。離れたショーグン、ホジェリオが左ストレートを当てる。ショーグンは右ハイから右ロー、続く左フックにホジェリオはワンツーを放つ。

左右フックを打ち合った両者、距離を外したのはショーグンだがすぐに詰めてワンツーを繰り出す。ホジェリオはここで左を当て、下がったショーグンにラッシュをかける。と、ショーグンはテイクダウンを選択し、トップを取りラウンド終了を迎えた。

2R、右を当てたショーグンが組んでケージへ。離れたホジェリオは足を使い、左フックも空振りに。ショーグンは右ミドルを蹴り込むが、前に出たホジェリオが左を当て、ダブルレッグを切る。ここで右を受けたホジェリオだが、肩からぶつかってくとショーグンが後方に倒れる。

ガードを取ったショーグンにパンチを落とすホジェリオは、スクランブルでバックを選択せず離れる。そんなホジェリオに対し、ショーグンはダブルレッグ。スプロールしたホジェリオは右フックと右ローを受ける。ショーグンは右ミドルを入れ、左フック。空振りになったところでホジェリオが左を打っていく。最後の10秒は互いに手を出さず、試合は最終回へ。

3R、右を振るって前に出るショーグン。ホジェリオはステップを踏みつつ、右ジャブ、左のカウンターを狙う。左をヒットさせたホジェリオは、間合を取り直し左に回る。ホジェリオはガードの上からも左を打ち、ショーグンは右ミドルの直後に右ストレートを決める。

勝ちたいホジェリオと、負けられないショーグン──ショーグンの右ミドルにも、ホジェリオは左を返し、蹴りをブロック。直後にワンツーで前に出て、左を伸ばす。ホジェリオの右ジャブに左を合わせたショーグンが、ショートのコンビからテイクダウンへ。残り1分で、背中をマットにつけたホジェリオ。完全燃焼させないのが、現役を続けるショーグンのやるべきことだ。

ホジェリオは最後にディープハーフで揺さぶり、ショーグンがパンチを入れるという形でタイムアップを迎えた。ジャッジの裁定は割れ、ショーグンが判定勝ち。悔し気に拳を叩いたホジェリオが印象的だった。

「ずっとボクシングをトライしていた。接戦だったと思う。ショーグンはUFCとPRIDEのチャンピオン、もう休む時が来た僕が彼とオクタゴンをシェアできて良かった」とホジェリオはインタビューで笑顔を見せた。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN14 アレクサンダー・グスタフソン アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ カムザット・チマエフ ダレン・ティル ファブリシオ・ヴェウドゥム ブログ マイク・グランディ マウリシオ・ショーグン モフサル・エフロエフ ロバート・ウィティカー

【UFC ESPN14】計量終了 ウィティカー✖ティル。グスタフソンがヘビー級で。10日前に続きチマエフ

【写真】ファイトアイランドの大トリはウィティカー✖ティル(C)Zuffa/UFC

24日(金・現地時間)、26日(日・同間)にUAEはアブダビ・ヤス島=UFC Fight Islandで開催されるUFC ESPN14「Whittaker vs Till」」の計量が行われた。

全15試合のロングランイベント。メインは元UFC世界ミドル級王者ロバート・ウィティカーとウェルター級タイトルコンテンダーのダレン・ティルのミドル級戦が組まれている。そんなファイトアイランド4連戦、最後のイベントに出場する30名のファイターが計量に臨み、ライト級でジェイ・ハーバートと戦うフランシスコ・トリナルドが5ポンド・オーバーで、30パーセントのファイトマネーの没収を受けキャッチウェイト戦でファイトすることとなった。


メインカードではセミでは今回のマウリシオ・ショーグン戦がリタイアメントマッチとなるアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ。

そしてアレキサンダー・グスタフソンがヘビー級に階級を上げて、5月にアレクセイ・オレイニクに敗れたファブリシオ・ヴェウドゥムと相対する。

ベウドゥムは「リモートワークでの調整がいかに不十分であったかを前回の試合で学んだ」とメディアデーで語っており、ヘビー級で戦うグスタフソンとともにどれだけコンディションを整えることができたかも勝敗の鍵を握ってくるだろう。

またメインカードのオープニングに出場するカムザット・チマエフは、10日前のファイトアイランド大会第2弾でジョン・フィリップスをダースチョークで破ったばかり。ケージウォリアーからUFCデビュー戦を迎えるリース・マッキーを相手にオクタゴン2連勝を狙う。

修斗に来日経験があり、パンクラス来日は幻に終わったマイク・グランディがキャリア13勝目(※1敗)を目指し、デビュー以来12連勝中で負けなしのロシアン=モフサル・エフロエフと戦う一戦も注目だ。

■UFC ESPN14計量結果

<ミドル級/5分5R>
ロバート・ウィティカー: 186ポンド(84.37キロ)
ダレン・ティル: 186ポンド(84.37キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マルリシオ・ショーグン: 206ポンド(93.44キロ)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ: 206ポンド(93.44キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ファブリシオ・ヴェウドゥム: 242ポンド(109.77キロ)
アレキサンダー・グスタフソン: 240ポンド(108.86キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ: 116ポンド(52.62キロ)
マリナ・ホドリゲス: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ポール・クレイグ: 206ポンド(93.44キロ)
カジムラッド・アンデグロフ: 206ポンド(93.44キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・オリヴェイラ: 171ポンド(77.56キロ)
ペーター・ソボタ: 171ポンド(77.56キロ)

<ウェルター級/5分3R>
カムザット・チマエフ: 171ポンド(77.56キロ)
リース・マッキー: 170.5ポンド(77.34キロ)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド: 160ポンド(72.57キロ)
ジェイ・ハーバート: 156ポンド(70.76キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ニコラス・ダルビー: 171ポンド(77.56キロ)
ジェシー・ロンソン: 171ポンド(77.56キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジェイク・コリアー: 264 ポンド(119.74キロ)
トム・アスピナル: 248ポンド(112.49キロ)

<フェザー級/5分3R>
モフサル・エフロエフ: 146ポンド(66.22キロ)
マイク・グランディ: 146ポンド(66.22キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ハファエル・ペッソア: 264 ポンド(119.74キロ)
タナー・ボーザー: 235ポンド(106.59キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ベチ・コヘイア: 136ポンド(61.69キロ)
パニー・キアンザド: 136ポンド(61.69キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ラマザン・エメエフ: 171ポンド(77.56キロ)
ニクラス・ストルツァ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<バンタム級/5分3R>
ナサニエル・ウッド: 136ポンド(61.69キロ)
ジョン・カスタニエダ: 136ポンド(61.69キロ)

カテゴリー
Interview UFC UFC ESPN14 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ブログ マウリシオ・ショーグン

【UFC ESPN14】ラストファイトへ、ホジェリオ・ノゲイラ「日本での一番の思い出はサクラバ戦」

【写真】Webexの画面越し、日本が恋しいと話したホジェリオ。この笑顔は日本のファンに向けてのものだ (C)Zuffa/UFC

26日(日・現地時間)に、UAEはアブダビ・ヤス島=UFC Fight Islandで開催されるUFC ESPN14「Whittaker vs Till」」で、19年間の現役生活に別れを告げるアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ。

21日(火・同)に行われたバーチャルメディアデーで、各国の記者から最後の試合やキャリアを振り返る質問が続き、「PRIDE時代、そしてUFCと最高のキャリアを送れた。僕らは第1世代で、ジョゼ・アルド達が第2世代、今は第3世代がUFCで戦っている」とホジェリオは話した。

同日の会見で対戦相手のマウリシオ・ショーグンも引退の日が近いことを匂わせ、またアレキサンダー・グスタフソンと戦うファブリシオ・ヴェウドゥムも残り数戦と明言している。今回のメディアデーでMMAPLANETでは質疑応答の機会を得たが、最後の返答後に「I miss Japan」と再び日本と言う言葉がホジェリオの口から発せられた。

日本のメディアの質問を通し、日本を思い返したような彼の笑みはバーチャル会見中、他には見られない表情だった。


──日本のDEEPでMMAファイター・キャリアをスタートさせてホジェリオですが、日本での一番の思い出を教えてもらえますか。

「一番の思い出は、サクラバと戦った時かな。たしか2002年(※実際は2003年12月31日)、右腕の大手術を行った後でずっと試合ができなかった時に、サクラバと凄く良い試合ができた。キャリアの序盤では最高のファイトだったよ。ビッグネームと戦うチャンスを貰えてね」

──引退試合がアブダビ、ファイトアイランドで戦うことになりました。最後の舞台が母国でないことをどのように感じていますか。

「ブラジルにはファミリー、友人、教え子たちがいる。でも、ここで戦うことになった。今、世界は本当に大きな問題を抱えている。COVID19と全世界の戦いになっている。UFCは米国に入国できないブラジル人が戦うことができるファイトアイランドという場所を作ってくれた。素晴らしいことだよ。

ファイトアイランドで戦わないと、今年は戦う機会を失ってしまう。ここで今、戦えることは素晴らしい機会を与えてもらったと思っている。ファイトアイランドで、新しい世代の皆とこれまでと違った経験をさせてもらっているよ」

──いつも気持ちで負けない試合をしてきましたが、最後にどのような試合を見せたいですか。

「とにかくベストを尽くしたい。今の僕ができる限りの試合をね。今は2005年のようなベストシェイプではないけど、あの頃のような試合をしたいと思っている。そうショーグンと戦った時(※2005年6月26日)のようなビッグファイト、エキサイトな試合をしたいね」

■UFC ESPN14対戦カード

<ミドル級/5分5R>
ロバート・ウィティカー(豪州)
ダレン・ティル(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
マルリシオ・ショーグン(ブラジル)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
アレキサンダー・グスタフソン(スウェーデン)

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ(米国)
マリナ・ホドリゲス(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
ポール・クレイグ(英国)
カジムラッド・アンデグロフ(ロシア)

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)
ペーター・ソボタ(ドイツ)

<ウェルター級/5分3R>
カムザット・チマエフ(スウェーデン)
リース・マッキー(英国)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
ジェイ・ハーバート(英国)

<ウェルター級/5分3R>
ニコラス・ダルビー(デンマーク)
ジェシー・ロンソン(カナダ)

<ヘビー級/5分3R>
ジェイク・コリアー(米国
トム・アスピナル(英国)

<フェザー級/5分3R>
モフサル・エフロエフ(ロシア)
マイク・グランディ(英国)

<ヘビー級/5分3R>
ハファエル・ペッソア(ブラジル)
タナー・ボーザー(カナダ)

<女子バンタム級/5分3R>
ベチ・コヘイア(ブラジル)
パニー・キアンザド(スウェーデン)

<ウェルター級/5分3R>
ラマザン・エメエフ(ロシア)
ニクラス・ストルツァ(ドイツ)

<バンタム級/5分3R>
ナサニエル・ウッド(英国)
ジョン・カスタニエダ(米国)

カテゴリー
News UFC UFC ESPN14 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ダレン・ティル ブログ マウリシオ・ショーグン ロバート・ウィティカー

【UFC ESPN14】対戦カード ホジェリオ・ノゲイラ、最後のファイトでマウリシオ・ショーグンと!!

【写真】日本にも馴染みのアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ=ミノトゥロがついに現役最後を試合を戦う(C)Zuffa/UFC

2020年7月26日(日・現地時間)
UFC ESPN14「Whittaker vs Till」
UAE アブダビ
UFC Fight Island

■視聴方法(予定)
7月26日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<ミドル級/5分5R>
ロバート・ウィティカー(豪州)
ダレン・ティル(英国)

<ライトヘビー級/5分3R>
マルリシオ・ショーグン(ブラジル)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)
アレキサンダー・グスタフソン(スウェーデン)

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ(米国)
マリナ・ホドリゲス(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
ポール・クレイグ(英国)
カジムラッド・アンデグロフ(ロシア)

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)
ペーター・ソボタ(ドイツ)

<ウェルター級/5分3R>
カムザット・チマエフ(スウェーデン)
リース・マッキー(英国)

<ライト級/5分3R>
フランシスコ・トリナルド(ブラジル)
ジェイ・ハーバート(英国)

<ウェルター級/5分3R>
ニコラス・ダルビー(デンマーク)
ジェシー・ロンソン(カナダ)

<ヘビー級/5分3R>
ジェイク・コリアー(米国
トム・アスピナル(英国)

<フェザー級/5分3R>
モフサル・エフロエフ(ロシア)
マイク・グランディ(英国)

<ヘビー級/5分3R>
ハファエル・ペッソア(ブラジル)
タナー・ボーザー(カナダ)

<女子バンタム級/5分3R>
ベチ・コヘイア(ブラジル)
パニー・キアンザド(スウェーデン)

<ウェルター級/5分3R>
ラマザン・エメエフ(ロシア)
ニクラス・ストルツァ(ドイツ)

<バンタム級/5分3R>
ナサニエル・ウッド(英国)
ジョン・カスタニエダ(米国)

カテゴリー
News other MMA エヴァンゲリスタ・サイボーグ ジョン・リネケル ハファエル・コルデイロ ファブリシオ・ヴェウドゥム ブログ マウリシオ・ショーグン ヴァンダレイ・シウバ

【NEWS】サイボーグがオークションにPRIDE勝利者トロフィーを出品。コロナ感染で人々の救済訴える

E.Cyborg【写真】サイボーグの試みに、旧チームメイトが声を挙げてサポートする(C)BELLATOR

28日(木・現地時間)、ブラジルのナンバーワンMMA&柔術記者であるマルセーロ・アロンソ氏からMMAPLANETに、ぜひとも日本のMMAファンに伝えて欲しいという連絡があった。

アロンソ氏によると、シュートボクセ所属時代にパンクラスやPRIDE、戦極で戦い、その後もStorikeforceやBellatorで活躍したエヴァンゲリスタ・サイボーグが、PRIDEで獲得した勝利者トロフィーをLeilão Cidadão Solidário=一致団結した市民オークションに出品し、そこで得た全金額を寄付し新型コロナウィルス感染拡大で苦しむ人々をサポートするという活動を始めたとのこと。
Special Thanks to Mrs.Yuko Hirakawa Queiroz Sousa


Cyborgサイボーグは現在ブラジル・マットグロッソ州のホンドノーポリス在住で、ブラジルでは7万人以上の感染者が確認されており、死者は5000人を超える状況だ。

マットグロッソ州では300人を下回る感染者数とはいえブラジルではジャイール・ボルソナーロ大統領が「コロナ封じ込めより、経済優先」という方針を露にし、「国民の7割が感染、どうしようもない」などという発言をし、世界からヒンシュクを買っている。

結果、新型コロナ感染の実態がつかみきれないばかりか、主要官僚の離反が相次ぎ、通貨安が止まらず経済の悪化が進むという負のスパイラルにある。そして経済活動がストップすることで、真っ先に困窮する弱者の救済にサイボーグは取り掛かった。

今回サイボーグは2006年9月10日のPRIDE無差別級GP決勝大会で 西島洋介と対戦しRNCで勝利した際に、手にした勝利者トロフィーをオークションに出品する。最初の価格を1000ドル(約10.8万円)からだ。

このサイボーグの試みにシュートボクセ時代の師匠やチームメイト等から以下のような賛同の声をLeilão Cidadão Solidárioがアップした動画で挙げている。

フジマール・フェデリコ
「このトロフィーは計り知れない価値がある。サイボーグ、私もこのオークションに参加するよ」

ハファエル・コルデイロ
「チャンピオンの行いだ。君を誇りに思う。皆が、彼を我々と同じようにサポートすることを願っている」

ヴァンダレイ・シウバ
「自分もPRIDEのトロフィーをいくつか持っているし、ファイターにとってどのような意味があるか理解している。MMAが好きで、このトロフィーを収集したいならこの機会を活かして欲しい」

ファブリシオ・ヴェウドゥム
「もうPRIDEは存在しないけど、あそこで誰が戦っているのは皆が知っている。さぁ、助け合おう。サイボーグ、本当にありがとう」

マウリシオ・ショーグン
「試合で勝って、このトロフィーを手にした時の気持ちは僕も知っている。この斬新なアイデアに賛同してほしい。サイボーグが多くの食事を必要な人に届けられることを願っている」

ジョン・リネケル
「このトロフィーは日本で最大の団体だったPRIDEのモノなんだ。人々を助けたいという行動を祝福したい。皆に神のご加護を」

「日本のMMAファンの皆さんも、ひぜこの動画に目を通して欲しい」というのが、ブラジルのルタドール達、そしてマルセーロ・アロンソの願いだ。