カテゴリー
LFA90 other MMA Report デヴィン・スミス ブログ マイコン・メンドンサ

【LFA90】スピニングバックフィストに、右ストレートを合わせたマイコン・メンドンサが見事なKO勝ち

<ウェルター級/5分3R>
マイコン・メンドンサ(ブラジル)
Def.2R4分21秒by TKO
デヴィン・スミス(米国)

左ミドルハイを蹴ったメンドンサ。さらに蹴りを続け、左ジャブを伸ばす。リーチでアドバンテージがあるメンドンサは、スミスの右の空振りに続く後ろ回し蹴りをかわす。左ミドルをキャッチしたスミスが、ここでテイクダウンを決める。ハーフで抑えたスミスは、スイープを防いでトップをキープ。

ブリッジに合わせてマウントを取ったスミスだが、メンドンサも即逆側の足を入れてハーフ、さらにクローズドに戻す。残り半分、スミスが自らスタンドに戻る。打撃の間合いになると、メンドンサが左ミドル、ワンツーでヒザのフェイク、離れたスミスに後ろ回し蹴りを入れる。スピニングバックエルボーに組みついたスミスが2度目のテイクダウンに成功──もすぐに立ったメンドンサは縦ヒジを思い切り狙う。続いて右ローを蹴り下ろし、左ミドルを入れるなどスミスはスタンドに戻ったのが悔やまれる後半戦となった。

2R、右ストレートから左ミドルのコンビを見せたスミス。さらに左ハイを狙うなど、打撃でメンドンサに対抗する。メンドンサは右ローを入れ、左ミドル。さらにローを続け、ミドルにつなげる。スイッチしたスミスが左ロングアッパーを繰り出すが、しっかり見たメンドンサが上・中・下の蹴りを続ける。

ローに右を合わせる素振りを見せるスミスは、左ミドルをキャッチしてフックを振るう。間合いを取り直した両者、メンドンサの後ろ回し蹴りが急所に入ったと動きを止めたスミスだが、蹴りはボディに当たっておりレフェリーは試合を止めない。ここで後方から左フックをメンドンサが打ち込む。驚いた表情を見せたスミスは逆に左ジャブを当てる。

バランスを崩したメンドンサは立ち上がって、左ジャブから右ハイへ。これは空振りとなり、スミスは前に出ていく。メンドンサがローからジャブを当て、右ミドル。スミスは蹴り足をキャッチしてリリースすると、一旦間合を取り直す。

直後にスミスが左フックに続き、右スピニングバックフィストへ。メンドンサは狙いすました右を側頭部に突き刺す。腰砕けになったスミスにパウンドの追撃を入れたメンドンサが見事なKO勝ちを決めた。


カテゴリー
LFA84 Other MMA Result ジャスティン・ゴンザレス ブログ マイコン・メンドンサ

【LFA84】試合結果 コロナの影響大の再開第一弾。ジャスティン・ゴンザレスがフェザー級チャンピオンに

【写真】チルダースをよせつけなかったゴンザレスが新LFAフェザー級王者に(C)LFA

10日(金・現地時間)にサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFAの活動再開イベント=LFA84「Gonzales vs Childers」が開催された。

COVID19の影響でファイトウィークになり、カードの減少と組み換えが見られ全4試合でLFAは再び動き始めた。メインのLFAフェザー級王座決定戦はジャスティン・ゴンザレスがジェイク・チルダースを完封し、ベルトをその腰に巻いた。

タイラー・レイとアンドレ・フィアーリョの欠場により、対戦カードがシャッフルされたセミファイナルでは、マイコン・メンドンサが三角絞めでカシアス・ケインを破っている。

LFA84「Gonzales vs Childers」
<LFAフェザー級王座決定戦/5分5R>
○ジャスティン・ゴンザレス(米国)4R0分45秒
TKO
詳細はコチラ
×ジェイク・チルダース(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○マイコン・メンドンサ(ブラジル)2R2分16秒
三角絞め
詳細はコチラ
×カシアス・ケイン(米国)
<150ポンド契約/5分3R>
○ボストン・サルモン(米国)2R0分53秒
DQ
詳細はコチラ
×ショーン・ウエスト(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ブルーノ・ソウザ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×カムエラ・カーク(米国)


カテゴリー
LFA84 other MMA Report カシアス・ケイン ブログ マイコン・メンドンサ

【LFA84】後ろ回し蹴りを聞かせたメンドンサが、テイクダウンを許した直後に三角絞めでケインを破る

<ウェルター級/5分3R>
マイコン・メンドンサ(ブラジル)
Def.2R2分16秒by 三角絞め
カシアス・ケイン(米国

タイラー・レイの陽性&欠場により、ケインと対戦することになったメンドンサ。右ローから右フックを伸ばし、左フックを当てたカークがクリンチでケージにメンドンサを押し込む。そのまま試合が進み、首相撲からワキをくぐったメンドンサはヘッドロック状態のケインをボディロックからスラム気味に後方へ叩きつける。

サイドを取ったメンドンサ、ケインがクローズドに戻ると右エルボーを振り下ろす。メンドンサは腰を上げて鉄槌、必死に腕を抱えるケインを振りほどき左右のパウンドを落とす。立ちあがってローを蹴るメンドンサに対し、ケインは足を絡めて潜っていく。足を抜いてパンチを落とすメンドンサだが、ケインはヒールへ。反転して足を抜いたメンドンサは再び足関節を狙われ尻もちをつかされる。メンドンサが足を抜いたところで初回が終わった。

2R、フックで前に出たケインがケージにメンドンサを押し込む。離れたメンドンサは左フックを被弾し、左ローを返す。左ジャブ、ヒザ狙いをフックで押し切ろうとしたケインだが、逆に左ジャブからジャブを被弾する。メンドンサは当てて離れるファイトのなかで、後ろ回し蹴り。腹を効かされ下がったケインは、続くヒザ蹴りにテイクダウンを合わせてトップを取る。直後に三角締めをセットしたメンドンサが、一本勝ちを極めた。