カテゴリー
DWTNCS S04 Ep07 Report UFC ブログ マイケル・ロンバード

【DWTNCS S04 Ep07】ロンバードがコピーに判定勝ちも、コンテンダーシリーズ向きの試合はできず

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・ロンバード(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
コリー・コピー(米国)

サウスポーのワイドスタンス、サイドキックから左ミドルを見せたコピー。距離を詰めたロンバードが右フックを当てる。左ミドルを入れたコピーに対し、右を打ち込んだロンバードが組んでボディロックでケージに押し込む。掌底を打ち込むコピーは、倒されそういなると引き込むように下になる。ハイガードからクローズドになったコピーは殴られながらも下からエルボーを入れ、ミッションコントロールへ。

ヒザを抱えるロンバードが上体を起こしたので、もう一度クローズドに戻り背中をマットにつける。ロンバードが右エルボーを打ち下ろし、ボディにパンチを続ける。再びラバー狙いのコピーに対し、離れたロンバードがスタンドに戻る。後ろ回し蹴り、跳び蹴りを見えたコピーは、ロンバードのダブルレッグに非常にタイトなノーアームギロチンを仕掛けるも、時間がなかった。

2R、ロンバードが組んで腰をコントロール、クリンチでテイクダウンを狙う。ケージにもたれて防ぐコピーはバックを許すと、顔面にパンチを打たれ何やら言葉を吐く。ロンバードはスタンドのバックコントロールを続け、ハイクロッチからスラムでテイクダウンを決める。ボディにパンチを入れるロンバードだが、動きがないままラウンド終了を迎えた。

最終回、ロンバードはすぐに組んでバックへ。後ろから足を払い、コピーが胸を合わせたところでテイクダウンを決める。ガードの中にロンバードを収めたコピーが、細かいパンチ、エルボーを被弾する。ダナ・ホワイトが苦虫を噛み潰したような表情をしていると思われる試合は、レフェリーがファイトを促す。

音程が多少外れようが、元気に歌うことが命題のコンテストで、音律を守って慎重に歌うような試合は残り1分まで続く。ようやく立ち上がったコピーだが、ロンバードがボディロックでテイクダウン。コピーの三角狙いを耐えながら、ロンバードがパンチを入れる。タイムアウト後に何やら言い合いをする両者、見事なまでに今、このタイミングで何をすべきかを理解できていない試合はロンバードが判定勝ちを収めた。

ロンバードはバックステージインタビューで「ショートノーティスで、あのリーチの空手ガイ。対戦相手も最初は違った。KOを狙える相手を当てて欲しい」と打った桁。