カテゴリー
UFC Result UFN ESPN+31 UFN173 ジェニファー・マイア デレック・ブルンゾン ブログ ボビー・グリーン ヴィセンチ・ルケ

【UFN173】試合結果 ブルンゾン快勝、カルダーウッドは気の毒な一敗。ルケの接近戦、揺ぎ無し

【写真】現王者イスラエル・アデサニャに敗れて以降、3連勝としたブルンゾンは、タイトル挑戦へ向けウィンニングトラックに戻ってきた(C)Zuffa/UFC

1日(土・現地時間)、米国に戻ってきたUFCはネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでUFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」を開催した。

メインのミドル級ではデレック・ブルンゾンが勢いのある打撃とテイクダウンのコンビネーションでエドマン・シャバジアンを寄せつけず3RでTKO勝ち。

セミでは世界女子フライ級王者ヴァレンチーナ・シェフチェンコへの挑戦が決まっていながらチャンピオンの負傷でタイトル戦が流れたジョアン・カルダーウッドが、ジェニファー・マイアの腕十字で一本負け──気の毒な敗北となった。

ヴィセンチ・ルケはCOVID19問題で対戦が流れていたジェイソン・ブラウンと対戦し、リーチの差をものともせずキックボクシングで優位に立ち、最後は冷静な判断で顔面にヒザを入れTKO勝ちに結びつけた。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ボビー・グリーン✖ランド・バンナータ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ジェニファー・マイアヴィセンチ・ルケ

UFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」
<ミドル級/5分5R>
○デレック・ブルンゾン(米国)3R0分26秒
TKO
詳細はコチラ
×エドマン・シャバジアン(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○ジェニファー・マイア(ブラジル)1R4分29秒
腕十字
詳細はコチラ
×ジョアン・カルダーウッド(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)2R4分56秒
KO
詳細はコチラ
×ランディ・ブラウン(米国)
<ライト級/5分3R>
○ボビー・グリーン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ランド・バンナータ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ジョナサン・マルチネス(米国)3R0分57秒
TKO
×フランキー・サエンツ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ネイサン・マネス(米国)3R
判定
×ジョニー・ムニョスJr(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ジャマール・エマース(米国)3R
判定
×ヴィンセント・キャチェロ(米国)
<バンタム級/5分3R>
△クリス・グティエレス(米国)3R
Draw
△コディー・ダーデン(米国)

■対戦カード

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
エドマン・シャバジアン(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国)
ジェニファー・マイア(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
ランディ・ブラウン(米国)

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン(米国)
ランド・バンナータ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
エド・ハーマン(米国)
ジェラルド・マーシャート(米国)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド(米国)
トレヴィン・ジレス(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・サエンツ(米国)
ジョナサン・マルチネス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ネイサン・マネス(米国)
ジョニー・ムニョスJr(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジャマール・エマース(米国)
ヴィンセント・キャチェロ(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリス・グティエレス(米国)
コディー・ダーデン(米国)

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+31 UFN173 ブログ ボビー・グリーン ランド・バンターナ

【UFN173】エルボーで2度ダウンを奪ったグリーンが、バンターナとの再戦でしっかり決着つける

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
ランド・バンナータ(米国)

2年10カ月前にドローだった両者の再戦。右ローを蹴ったグリーンが、左ジャブを伸ばす。左フックから右フックをヒットさせたバンナータ、直後にグリーンがフックを打ち返し笑顔を浮かべる。バンナータは左フックに左ストレートを合わせ、ローには右ボディストレートを入れる。

直後の右フックで体が揺れたグリーンが、蹴り足を掴まれバックを許す。パンチを打ってすぐに離れたバンナータは右リードフックで前へ。互いに構えを変えて力の入ったパンチを打っていく中で、グリーンの右エルボーがバンナータを捕えダウンを奪う。直後のクリンチ戦でバックを取ったバンナータは、ここもリリースし打撃の間合いに戻る。右の相打ちで打ち勝ったバンナータだが、グリーンも右を返す。両者、既に息が荒くなり、右を打ち合ったところで初回が終わった。

2R、組みを選択したバンナータは、すぐには離れてショートのコンビから右ロー、続く右ハイでバランスを崩す。グリーンもパンチから組むが、両者ともクリンチを続けることはない。ここからグリーンは鋭い右ジャブを見せ、オーソに戻し左ジャブを繰り出す。右ハイキックからフックで前に出たバンナータは、グリーンのテイクダウン狙いにギロチンで引き込む。

頭を抜いたグリーンは蹴り上げられると、寝技に固執することなくスタンドへ。今度はバンナータはテイクダウンを決め、スクランブルでバックに回る。ここも放してパンチを狙ったバンナータだが、グリーンが右をヒットさせ2Rも終わった。

最終回、グリーンが右を打った直後にバンナータが右を返し、ローを蹴る。グリーンは首相撲でヒザをボディに纏めると、離れ際にエルボーを入れてダウンを奪う。ハーフでエルボーを連打するグリーンは、しっかりとトップコントロールしマウントへ。背中を見せたバンナータはRNCの仕掛けのタイミングで胸を合わせ、スクランブルからスタンドへ戻る。

右ジャブを当てたグリーンは、バンナータのワンツーにダブルレッグを合わせ、ギロチンを防いでトップに。エルボーを落とし、バックに回ったグリーン。ここでもRNCのタイミングでバンナータが正対する。残り90秒、右を打ち合った両者。グリーンはここから受け身となり、流すようなファイトに。足を使ってジャブを放つグリーンに対し、バンナータはスピニングバックフィストでバランスを崩しタイムアップに。結果はフルマークでグリーンに凱歌が挙がった。

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN11 クレイ・グィダ ブログ ボビー・グリーン

【UFC ESPN11】突進力低下、押し込み続けることができずグィダがグリーンに判定負け

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン(米国)
Def.30-27.30-27.29-28
クレイ・グィダ(米国)

55戦目のグィダ、46戦目のグリーン。長髪を結ったグィダは、左右のフックから組みつきシングルレッグ、ハイクロッチで大きく持ち上げてテイクダンする。スクランブルでバックに回ったグイダは、グリーンが胸を合わせると即ダブルレッグへ。グリーンのギロチンに自ら背中をマットにつけて防御し、立ち上がり際にヒザを受けたグイダは離れて右を振るっていく。

グリーンは右ジャブを伸ばし、グィダのステップインからの右に右を合わせていく。さらに左ジャブを当て、右につなげるグリーンが関節蹴り、さらに左アッパーを打っていく。グィダは飛び込んでここもハイクロッチでリフト&レイクダウンを決める。スクランブルでシングルに出たグィダ、グリーンはキムラでテイクダウンを防ぐ。執拗にケージに押し込んだグィダが、エルボーを頭に受けながら最後に尻もちをつかせた。

2R、グィダの前進にパンチやヒザを合わせようとするグリーンは、組みを防いで右ボディから右前蹴り。この前蹴りがアゴをかすめたグィダは、パンチからテイクダウン狙いを潰され、ダブルレッグから首相撲に移行したグリーンのヒザを受ける。一旦離れたグリーンは再び首相撲からヒザを連続で繰り出す。攻めてなお口が開き気味のグリーンは、テイクダウン狙いを徹底して切り、ヒザを蹴り込む。さらに左ジャブから右を見せたグリーンが、テイクダウン狙いをギロチンに切り返す。

体を捻って頭を抜いたグィダは間合いを掴めず、手数が増えない。グィダは右ハイも空振りした、最後に組んでバックに回るとグラウンドへ。すぐに時間が来た。

最終回、インターバルでゲップの音を無観客の会場に響き渡らせたグィダはジャブ、関節蹴りにも右ストレートを伸ばす。ローから右、直後に組みついたグィダはダブルレッグで、テイクダウンを決める。キムラで切り返したグリーンは、スクランブルでスタンドへ。打撃で打開できないグイダは残り半分で、組んでシングルレッグ、グリーンはスイッチ、コブラでリバーサルを狙う。グィダはこれを許さず、ケージに押し込み組み続ける。残り30秒で離れた両者、グィダは飛び込んでダブルレッグも、潰されパンチを打たれながらタイムアップを迎え、グリーンが判定勝ちを決めた。