カテゴリー
Brave CF38 Other MMA Result アブドゥル・アブゥラギモフ エリン・アーベリ ブノワ・サンドニ ブログ ベルナルド・ソバイ

【Brave CF38】試合結果 アブゥラギモフ圧巻。サンドニ、アーベリ&ソパイ──気になる新鋭ゾロゾロ

【写真】クォーターネルソンでセットアップし、ダースを極めたアブゥドラギモフ(C)BRAVE CF

8日(土・現地時間)、スウェーデンのストックホルムでBrave CF3連戦の2大会目=Brave CF38が行われた。

メインで前Brave CFウェルター級王者アブドゥル・アブゥラギモフが、カール・ブースを一蹴し最近を飾った。

今大会ではフランスのブノワ・サンドニ、女子ではスウェーデンのエリン・アーベリなど、新しい力が確実に力をつけていることが確認できた。

なかでもまだまだ粗いがライオンキングの異名を取る19歳のアルバニア人ファイター=ベルナルド・ソパイなど、今後が非常に楽しみだ。

Brave CF38
<175ポンド契約/5分3R>
○アブドゥル・アブゥラギモフ(ロシア)1R4分20秒
ダースチョーク
詳細はコチラ
×カール・ブース(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ブノワ・サンドニ(フランス)2R1分49秒
KO
詳細はコチラ
×マリオ・サイード(英国)
<バンタム級/5分3R>
○ベルナルド・ソパイ(アルバニア)3R
判定
詳細はコチラ
×タリク・イスマイル(カナダ)
<165ポンド契約/5分3R>
○イッサ・イサコフ(ベルギー)3R
判定
詳細はコチラ
×ジャミル・チャン(オランダ)
<56キロ契約/5分3R>
○エリン・アーベリ(スウェーデン)3R
判定
詳細はコチラ
×マーリン・ヘルマンソン(スウェーデン)
<74キロ契約/5分3R>
○ダーヴィド・ヤーコブソン(スウェーデン)3R
判定
×ディルムロド・モブロノフ(スウェーデン)
<72キロ契約/5分3R>
○ロバート・ニストロム(スウェーデン)1R4分46秒
ギロチンチョーク
×ヨアキム・ヤンコビッチ(ノルウェー)
<バンタム級/5分3R>
○ジョニー・トーマ(スウェーデン)3R
判定
×モヘブ・アジジ(スウェーデン)
<68キロ契約/5分3R>
○PK・ザデー(英国)3R
判定
×ワイ・イッド(スウェーデン)
カテゴリー
Brave CF38 other MMA Report ブログ ベルナルド・ソバイ

【Brave CF38】アルバニア発19歳のライオンキング=ベルナルド・ソバイ、イスマイルに勢い勝ち

<バンタム級/5分3R>
ベルナルド・ソパイ(アルバニア)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
タリク・イスマイル(カナダ)

クウェート生まれのカナディアン、6勝0敗でボクシングとムエタイがベースのイスマイルに対し、19歳のソパイのレコードは7勝1敗だ。鋭いローを蹴ったソバイは、打撃戦のなかで右オーバーハンドをヒットさせる。組みついたイスマイルを押し返し、間合を取り直したソバイはジャブから飛びヒザ、組まれて小手を決めた投げを打つ。

荒くアグレッシブなソバイに対し、イスマイルが右ストレートを綺麗に当てる。ミドルを蹴られると、ミドルを蹴り返すソバイはとにかく気持ちが強そうだ。頭を若干沈めて左フックを打ち込んだソバイに対し、イスマイルも即フックを打ち返す。ダブルレッグを切られ下になったソバイ、イスマイルはローを蹴って初回が終わった。

2R、ソバイは構えを変えながら戦い、右ハイをガードの上から蹴り込む。ローを返したイスマイルに左ジャブを入れたソバイが、左ハイを狙う。イスマイルはソリッドに右ボディストレートを返すが、粗くても躍動感のあるソバイに分があるように映る。そのソバイが左ハイを蹴り、左ストレートで前へ。イスマイルも左フックを入れるが、後手を踏んでいる感は否めない。ボディから組んでいったイスマイル、体を回して逃れたソバイは右オーバーハンドを振るっていく。

イスマイルは右ミドルをキャッチされテイクダウンを許すが、即スクランブルからスタンドに戻る。ソバイはここから力の入った右を空振りしタイムに、大きく息をついた。

最終回、キャリア2度目の3Rとなるソバイは右ローから左ジャブ、さらに右に続き左ミドルでイスマイルの腹を抉る。プレッシャーを強めるイスマイルが右ボディフック、右ローを入れ、右ストレートをヒットさせる。ソバイも右ローを蹴り、左を当てるが圧力を感じているか。それでもソバイはワンツーから左ミドルを入れ、攻めの姿勢を崩さない。さらにローを蹴り、左を当てたソバイは右アッパーから左フックを打ち込む。

ソバイは右を見せておいて、後ろ回し蹴りでイスマイルの側頭部を狙うなど、圧を高めたイスマイルに対し、臆することなく攻撃を仕掛ける。ソバイは空振りの後で体当たり──正確な攻撃を見せたイスマイルを上回る戦闘意欲が備わっている19歳のライオンキングがキャリア8勝目を挙げた。

「スペースを与えないで戦うことを心掛けていたんだ。彼は試合前は勢いが良かったけど、ケージに入るとチキンだった。トップと戦い。世界のベストになりたいから」。16歳の時からプロで戦うソバイ、唯一の敗北はロシアのWFCAで喫したもの。完成度はまだまだ、つまりノビシロが多く残しているソバイの今後に注目したい。