カテゴリー
LFA87 Other MMA Result カイ・カマカIII ブライス・ローガン ブログ

【LFA87】試合結果 7月4連戦のオーラスでライト級王者ローガン誕生も注目はカイ・カマカ3世??

【写真】ソアレス代表期待のスタックを破ったカマカ3世。Bellatorのハワイ大会ではプレリミで2年連続勝利している(C)LFA

31日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFAにとって7月の4連戦、最終戦となったLFA87「Logan vs Rosales」が行われた。

4週連続王座決定戦の大トリはライト級王座決定戦で、ブライス・ローガンが2度ダウンを奪い、ジェイコブ・ロサレスを破った。

エド・ソアレス代表が推していたニック・ブラウンは序盤はベン・エグリを打撃で圧倒するが、終盤に柔術で反撃を受け辛くも判定勝ち。マイケル・スタックにいたっては、ハワイアンMMA第3世代=カイ・カマカ3世の勢いのある打撃の前に判定負けを喫した。

7月の4連戦を経て、今後のスケジュールはまだ出ていないLFA。本来は8月も大会を開く予定だったが、米国での感染拡大第2波の影響が出た可能性もある。

LFA87「Logan vs Rosales」
<LFAライト級王座決定戦/5分5R>
○ブライス・ローガン(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×ジェイコブ・ロサレス(米国)
<ライト級/5分3R>
○ニック・ブラウン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ベン・エグリ(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ホアキン・バックリー(米国)2R1分47秒
KO
詳細はコチラ
×ジャッキー・ゴッシュ(イスラエル)
<フェザー級/5分3R>
○カイ・カマカ3世(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×マイケル・スタック(米国)
<ライト級/5分3R>
○ジェラルド・スコット(米国)3R4分33秒
TKO
×キース・ファテム(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ザック・パウガ(米国)3R
判定
×サック・カベンダー(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ライアン・シャーリボア(米国)1R3分37秒
TKO
×アンドリュー・リップ(米国)
カテゴリー
J-CAGE LFA87 Report ジェイコブ・ロサレス ブライス・ローガン ブログ

【LFA84】2Rにダウンを奪ったローガンが終盤は徹底して足を使い続け、ロサレスに勝利。新ライト級王者に

<LFAライト級王座決定戦/5分5R>
ブライス・ローガン(米国)
Def.3-0:48-47.48-47.48-47
ジェイコブ・ロサレス(米国)

ロサレスがケージ中央、ローガンがその周囲を右に回りつつ右ローへ。ロサレスは右を伸ばし、両者のパンチが交錯する。ローガンはスイッチを繰り返し、右を見せてクリンチへ。離れたロサレスが右オーバーハンドを放つ。直後にローガンが右をヒットさせ、ロサレスは左ジャブを返す。ローガンの右ローに右を合わせたロサレスが、左ハイにも踏み込んでボディを入れる。

ジャブを続けるロサレスは、近距離での右の打ち合いでも引かずにスイッチを混ぜる。最後の局面はローガンが右の蹴りから左を当て手数では優った。

2R、ローガンの右フックにロサレスが右を合わせる。構えを変えたローガンにロサレスが左を伸ばす。さらに右を当てたロサレスだが、ローガンが右ショートフックをヒットさせる。ローガンは踏み込みと同時に左を当て、ロサレスが右をカウンターで決める。と、完璧なタイミングの左ジャブでダウンを奪ったローガンは、ロサレスの足関節狙いに鉄槌を落としていく。

足を絡ませるロサレスだが、足を抜いたローガンはスタンドで待ち受ける。立ちあがったロサレスは鼻血を流しながら、ワンツーを打っていく。ローガンはここでも左ジャブを当て、スピニングバックフィストをかわす。恐らくは鼻が折れたロサレスは、引き続き左ジャブを被弾し、左ミドルを蹴られる。試合はローガンの間が続き、左フックから右を打ち込む。残り10秒でロサレスもワンツーを入れて前に出たが、ローガンがラウンドを制した。

3R、前に出るロサレスが、ワンツーを打ち込む。さらに右オーバーハンドをカウンターで入れ、右ストレートにつなげる。ローガンの左をかわしてパンチを出せるようになったロサレスだが、小刻みに構えを変えられると再び左を被弾するようになる。ローガンは左ミドルから、右ストレートを当てる。足を使ったロサレスのパンチをかわすローガンは、右ボディをヒット。ロサレスがワンツー、スピニングバックキックで反撃も流れを変えることできずラウンドが終わった。

4R開始直後に組みついたロサレスが、肩パンチ。離れてからも、右のカウンターを当てる。ロサレスが軽い左ハイを見せ、ローガンは足を使って極端に手数を抑えている。左ミドルをブロックしたロサレスもカウンターを警戒してから、レンジがやや遠い。それでもローに右を合わせたロサレスに対し、ローガン徹底して足を使うと思いきや、一気に組んでバックに回る。ロサレスは前進して足関狙いも潰したローガンがパンチを落とす。ガードからも足を取りに行ったロサレスだが、ローガンがヒザを畳んで防ぎトップをキープして立ちあがった。

最終回、ローガンの左に右アッパーをロサレスが合わせる。サークリングを続けるローガンは、そのなかでも小刻みに構えを変える。ロサレスとしては前に出るしかなく、パンチのコンビから蹴り、スーパーマンパンチと手を変えて攻めようとする。ついにはケージ中央で止まったロサレスだが、それでもローガンは攻めない。

恐らくはこの回を失っても良い覚悟のローガンは、ハイキックをブロックしケージの前で左右に動き続け、必死に追いかけるロサレスにダブルレッグを仕掛ける。ロサレスはテイクダウンを許さなかったが、ケージに押し込まれただ抑えつけてくるローガンに左右のパンチを耳の辺りに入れながらタイムアップを迎えた。

ジャッジの裁定は3者揃ってローガンを支持。新チャンピオンになったローガンが、終盤の戦い方で果たしてUFCからコールはあるのだろうか……と危惧する試合内容ではあった。


カテゴリー
LFA87 News other MMA ジェイコブ・ロサレス ブライス・ローガン ブログ マイケル・スタック.カイ・カマカIII

【LFA87】計量終了 ライト級ニック・ブラウン、フェザー級のスタック✖ハワイアン第3世代カマカも注目

【写真】メインでライト級王座を賭けて戦うロー月とロサレス (C)LFA

7月30日(木・現地時間)、同31日(金・同)にサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンで開催されるLFA87「Logan vs Rosales」の計量が同地のホリデーインで行われた。

メインのLFAライト級王座決定戦に出場するブライス・ローガンとジェイコブ・ロサレスを筆頭に全7試合、14人の出場選手に計量オーバーは見られなかった。


LFAからBellatorプレリミ、CESライト級選手権試合と連敗を喫し、LFA再出場で再起を図ったローガンは、現在2連勝中でロサレスとのライト級王座決定戦に駒を進めてきた。ロサレスもLFAからコンテンダーシリーズで敗れ、出戻りしライト級王座を目指す。

ハーベイ・パクが返上したライト級王座が争われるメインだが、セミで出場するニック・ブラウンは次期挑戦者、もしくは新チャンピオンがUFCにステップアップを果たした際は王座に最も近いライト級ファイターといえる。レスリング&柔術を融合させた鉄板スタイルは要注目だ。

またフェザー級マッチではLFAのエド・ソアレス代表の一押しマイケル・スタックと、PFL世界ウェルター級王者ブラダボーイことレイ・クーパー3世と従弟でベラトール・ハワイ大会では2年連続勝利を挙げながら、本土での大会にオファーがなかったカイ・カマカ3世のマッチアップも見逃せない。フィニッシャー=スタックとドミネイター=カマカ3世、メジャーを目指す両者、ここで躓くことは許されない。

■ LFA87計量結果

<LFAライト級王座決定戦/5分5R>
ブライス・ローガン: 154.6ポンド(70.12キロ)
ジェイコブ・ロサレス: 155ポンド(70.31キロ)

<ライト級/5分3R>
ニック・ブラウン: 155.4ポンド(70.48キロ)
ベン・エグリ: 156ポンド(70.76キロ)

<フェザー級/5分3R>
マイケル・スタック: 144.2ポンド(65.4キロ)
カイ・カマカ3世: 144.8ポンド(65.68キロ)

<ミドル級/5分3R>
ホアイン・バックリー: 184.4ポンド(83.64キロ)
ジャッキー・ゴッシュ: 184.8ポンド(83.82キロ)

<ライト級/5分3R>
キース・ファテム: 155.8ポンド(70.66キロ)
ジェラルド・スコット: 154.8ポンド(70.21キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
サック・カベンダー: 204.8ポンド(92.89キロ)
ザック・パウガ: 203.2ポンド(92.16キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アンドリュー・リップ: 168.4ポンド(76.38キロ)
ライアン・シャーリボア: 168.8ポンド(76.5キロ)

カテゴリー
LFA84 LFA85 LFA86 LFA87 News other MMA グレッグ・フィッシャー サム・ヒューズ ジェイク・チルダース ジェイコブ・ロサレス ジミー・フリック ジャスティン・ゴンザレス ブライス・ローガン ブログ 未分類

【LFA84,85,86&87】コロナ後のLFAは、サウスダコタ州スーフォールズで4週連続開催&4週連続王座決定戦!!

【写真】活動再開=4連戦、一発目のメインでフェザー級王座を賭けてジャスティン・ゴンザレスと戦うジェイク・チルダース(C)LFA

17日(水・現地時間)、FLAが7月10日(金・同)から4週連続でサウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでイベントを開き、毎大会でタイトル戦を組むことを発表した。

1週間前に7月10日の活動再開を発表したLFAだが、想像を上回る形でリスタートを切ることとなった。


サウスダコタ州スーフォールズはLFAのエド・ソアレス代表が、6年前のRFA時代に同州で初めてサンクションされたMMA大会を開催した思い出の地で、会場となるサンフォード・ペンタゴンはHardknocks365を買収したサンフォード・ヘルスが所有する会場だ。サンフォード・ヘルスはゴルフの全米男子ツアーのシニア大会の冠スポンサーであり、また男子ツアーのウィルス検査体勢をバックアップすることが報じられている。

LFA4連戦も無観客で行われ、ソアレス代表は「選手、セコンド、大会スタッフには厳格なCovid19の検査が行われる」と話しており、サンフォード・ヘルスが関係していても不思議でない。

4大会連続のタイトル戦は、全て王座決定戦となっている。まず10日=LFA84では昨年4月にデイモン・ジャクソンがPFLと契約したデイモン・ジャクソンが返上したフェザー級のベルトを賭けて、ジャスティン・ゴンザレスとジェイク・チルダースが戦う。

ゴンザレスはキャリア10勝0敗で、これがLFA初出場だ。既に昨年のコンテンダーシリーズに出場経験があり、延期となった4月3日大会で試合が決まっていた。対するチルダースは8勝0敗、LFAで既に2勝しており──うち1試合はスラムでKOとインパクトを残している。

17日=LFA85では初代LFA女子ストロー級王座決定戦がサム・ヒューズとヴァネッサ・デモパウロスの間で行われる。

LFAでは過去にバンタム級とフライ級でチャンピオンとなった3選手が揃ってUFCにステップアップを果たしている。今回はヒューズが4勝0敗、デモパウロスは4勝1敗と経験は決して多くない選手の一騎打ちとなる。

ジミー・フリック

24日=LFA86のメインでフライ級のベルトが争われる。ブランドン・ロイヴァルがUFCへ行き返上したベルトをShogun Fightsバンタム級王者グレッグ・フィッシャー=10勝1敗と、FCFバンタム級王者でLFAでは1年9カ月振りのファイトとなるジミー・フリックの間で争われる。

4連戦オーラス、31日のLFA87では前王者ハーベイ・バクが負傷&返上したライト級王座を狙うブライス・ローガンとジェイコブ・ロサレスの試合が組まれた。既にBellatorで勝利した経験もあるローガンはLFAで3勝0敗、満を持してコンテンダーシリーズの敗北からLFAに転じ1勝を挙げているロサレスと相対することとなった。

まだ他のカードの発表がないが、既にイベントを再開しているTitan FCに倣いコンパクトな試合数になることも十分に考えられる。とはいえ世界一のMMA市場を誇り、世界の頂点=UFCが存在する米国では、フィーダーショーやアマチュア大会が再び動き始めている。選手の絶対数が多いとはいえ、ここでの大会開催数の多さは米国人ファイターの成長をさらに後押しすることになる。